youtube一覧

プリテンド(Pretend)歌ってみました

 元歌はナットキングコールです。三連バラードってことで路線的には TwilightTime と同じようなもんですが、自分としては今回の方が少しマシに歌えたかなと。音を外してる箇所が前回より少なめだと思う(笑)

 MusicCreater5 にもだいぶ慣れてきたんで、それを使って一曲と思ったんですが、どうしてなかなか手強い。CubaseLE5 でできることはMC5でもだいたいできるし、CubaseLE5でできないことも MC5 で出来るんだってことはわかってきました。音源はさすがにきれいだし、悪い買い物ではないんですが。ごにょごにょ。

 MIDIで作る歌のバッキング、私はMIDI入力用のキーボード(ピアノの鍵盤だけみたいなもの)持ってないし、ソフト上のピアノロールに一音ずつ打ち込んで作ります。早い話がその打ち込み速度や編集が「慣れ」に大きく依存します。テキストエディタやワープロのキー操作が慣れ次第なのと似たようなもんです。

 最初に使ったフリーのMSP,さらにフリーのDomino。そして CubaseLE5。どれも少しずつ違うけど、とくに違和感もなくすぐに慣れました。MC5 だけなぜそんな設計になってるのかわかんないんですけど、微妙に違うんです。編集で範囲指定したり、打ち込んだりするのを一々ツールバーアイコンかメニューバーから選択しないと切り替えられない。打ち込み中に置いた音の上下移動はできるけど左右の移動はできない。編集モードに切り替えないとできないので、ちょっと聞いてちょっと打ち込んでちょっと直すって作業がめちゃかったるい。音の長さも固定されなくて、最後に置いた音符の長さに勝手に変わっちゃう。これは設定でなんとかなるんじゃないかと思うんだけど、設定方法が発見できない。たぶん、マウス操作主体じゃなくて、エディタみたいにショートカットキー主体で操作するんだろうけど、それに慣れるのはかなり大変だと思う。

 というわけで、途中までいろいろやったのは仕上げるのをあきらめて、音源だけ MC5 のを使い、中身は CubaseLE5 で作っちゃうことにしました。結局はいつものやつ、ベースとドラムとギターです。でも間奏のストリングスのところは MC5 についてきた「Cakewalk Sound Center」の音源を使いました。これを延々とバックに流したらかっこいいなと思ったんですが、それなりに大変なので今回はやめました。今回「も」だな(笑)

 画像は、右側の男の子が孫2号です。左側の女の子は知りません(^_^;)お友達なのかな?


トワイライト・タイム(TwilightTime)歌ってみました

 オリジナルはプラターズです。

 バックコーラス、ウーとかアーがほとんどなので、簡単かなとチャレンジしてみました。でも思いの外難しかったです。途中響きが気持ち悪い箇所がいくつかあります。音を外してるのと、エフェクトのせいだと思うけど、いじってもよくわからなかったので気にしないことに(笑)

 ヴォーカルも音程外しまくりだけど歌い直しても切りがないので、ここらでこの曲は一段落させることにしました。ずいぶん歌ってなかったし。前回から二ヶ月近く過ぎたかな。セミのせいでもあるんだけどね。

 なお、今回はギターの弦交換に失敗しちゃって、弦を買い直さないといけなくなってしまい、ギターは無しです。リズムギター風に聞こえてくるのは Cubase LE5 の付属音源を使ったMIDIのアコースティックギターの音です。「これはギターの音だ」と決めて聞かないと、なんの音だかわからなくなるような音色。リズム強調のためだけならこれでもいいかなと。手抜きです。

 画像は http://www.s-hoshino.com/ 様のフリー画像を使わせていただきました。


想い出のグリーングラス、歌いました

 英題は長いですね。The Green Green Grass Of Home です。

 酔った勢いで弾き語り一発録りしてみたものの、テンポが一定じゃなくて後付けでのMIDIのバッキングが乗りませんでした。どんどん走っちゃうとかじゃなくて、全体としてはつじつまはあってるんだけど、部分的に早かったり遅かったり。歌として聞く分には言われてもわからない程度だと思うんだけど、MIDIの機械的なテンポと合わない。

 仕方ないんで、先にドラムをごく単純に一小節作って全部コピーしてメトロノーム代わりに。つまりリズムボックス代わりにしてギターと歌をやりなおし。ちなみにシラフです(笑)テンポも若干遅くしました。トムジョーンズ他、プロのはさらにもう少し遅いです。

 実はそこまででかなり飽きちゃった(^_^;)

 いまさら説明するまでもないけど、私の目的はDTMじゃなくて、単に歌いたいだけなんですよね。MIDIで歌のバッキングを作ろうとしてるだけ。だから先に歌っちゃうとそれだけでかなりの部分は満足しちゃって、そのあとバッキング作るモチベが続かないです。
 でもまあ、乗りかかった船だしせっかくここまでやったんだからとベースを入れてピアノを入れて。どちらもかなり適当なところで妥協です。ドラムもリズムマシン代わりに入れたのをそのままです。

 テンポと言えば、メトロノームも鳴らしていたんだけど、あれって思いっきり単純に、ピッピッピッと鳴ってるだけだから、歌にのめり込んじゃうと聞こえているんだけど聞いてない状態になっちゃうみたい。同じように単純でもドラムになると一応テンポだけじゃなくてリズムもあるんで外さないでいられる感じかな。

 次回からはバッキングを先に作り、それをバックに歌うなり弾き語りするなりし、最後に全体的な手直しをするという基本に戻ります。弾き語り一発録音のままでいいじゃないかって言われると、まあそれはそうなんですが。ベースくらいは入れたい。ベースが入ってるのと入ってないのとじゃ感じが全然違いますからね。