PC関連一覧

パソコンを七年ぶりに入れ替えました(2):パソコン内容と苦労編

 新パソコンは前回と同じくドスパラのBTOです。前回64110円と書いてありますね。今回、68500円。ほぼ同じ。価格は一緒ですが、SSDが128ギガから240ギガになりました。128ギガでサイズは問題なかったので(データはDドライブに入れてたから)240もあれば余裕です。

 とにかく選択肢としてはシステムドライブ(Cディスク)はSSD以外考えられないです。一度使ったらもうこの快適さを捨てられない。

 そういえば前回は導入当時Windows7で、その後8.1を経てWindows10に。二世代もOS乗り継いだ。七年って長いですね。
 Windows7 まであったパフォーマンスを視覚的に見せてくれるツール「Windowsエクスペリエンスインデックス」はWindows8からなくなってしまいました。なので旧パソコンがWin10になったときにパフォーマンスがどうなったのか見てませんでした。だって方法がわからなかったw
 でも、パフォーマンス計測のツール的なものはいまだに内蔵されていて、それを視覚化する部分がなくなっただけだそうです。検索して方法を見つけました。

 なんだかややこしいですが、やってみればそんなに難しいことではないです。cmdコマンドの入力というWindowsからパソコンに入った人にはなじめない部分があるけど、MSDOS時代の生き残りにはどうってことないです。書いてあるとおりに実行するとXMLファイルができあがるので、それを視覚化するサイトにD&Dするだけです。コマンドはPowerShellでも実行できます。
 以下Windows10での旧パソコンのパフォーマンスと新パソコンのパフォーマンス。以前(Win7まで)の内蔵されたパフォーマンス視覚化ツールのときは満点が7.9でしたけど、これは満点が9.9です。

旧パソコン(Windows1載せ替え後)

新パソコン

 七年ぶりの新パソコンだけどそんなに「おお!」となるほどはパフォーマンス上がってないですね。ほとんど変わらないって言ってもいいくらい。グラフィックボードは元々積んでません。七年前に三年でパソコンを入れ替えたときは価格は同じくらいでかなり上がった気がしました。パソコンの進化も昔ほど光陰矢の如しではなくなったのかな。いまはPCというよりスマホ(モバイル機)の進化ですね。

 乗り換えるにあたって一番心配だったのはソフトウェア。いまどきの言い方だとアプリ?
 データ類は時間かかっても最悪外付けHDD経由で移動すればいいだけなんで不安はなかったです。アプリの設定もエクスポートできるタイプのはそれを移して再インスト-ル後インポートすれば良いし。ここらは長年培った経験と勘でなんとかできます。

 でも購入したソフト類、リタイアして四年たちますし、仕事で必要ならと有償でアップデートしてたものも四年間そのまんま。アップデートしてないです。
 といっても仕事で使ってた有料アプリは一太郎とアドビアクロバットくらいですかね。一太郎は七年前のパソコン入れ替えから一年後、Windows8.1にしたときにサポート外になったので一太郎2013に載せ替えてそのまんま。アクロバットはAcrobatXのまま。これ、何年前だろ。そんな前じゃない気がするんだけど。どちらもサポート終了してます。新パソコンにインストールしなおせるのか不安。

 あと、DTM(音楽系)ソフトもありますが、これらはだめならだめで諦めるだけだし、インストールメディア(CD)もあるのでたぶんなんとかなると楽観。
 オンラインでゲットしてるフリーソフトは最新版の確認を兼ねてダウンロードすればいいだけだし、前回の入れ替え時に書いたように「ゴミ屋敷のゴミをそのまま持ちこむのは好きじゃない」ポリシーはいまだに持ってることは持ってる。のでありますがw

 一太郎はざっくりいえばリタイアしたあとほとんど起動してないです。ただ、ATOKが使えればいいだけの状態。

 アクロバットも、もうPDFを編集したりはしない(仕事してないから)のでアクロバットリーダーがあればよさそう。でもアクロバットリーダーって有料版のアクロバットを買わせようって圧がけっこう気になっていやなんだよね。それにマカフィーを同時に入れさせようとするのがいやらしいし、気がつかないで入れちゃうとあとでめんどい。

 などなどの思いが錯綜して、つい「パソコン引っ越しソフト」を約4千円も出して買ってしまいました。これがうまく使えていれば名前も出して宣伝するところなんですが、これお金を捨てたようなものでしたし、そういうのは要らないと再確認できたので名前はさらしません。
 そのソフトなにがダメだったか、まず第一にうまく起動までいけなかった。有料版ですから認証が必要なわけです。パソコン二台で使えることになってる。引っ越しなんですから二台になるのは当然です。
 アマゾンで買ってダウンロード、認証コードをゲットして旧パソコンでインストール、起動して認証完了。
 サイトに行ってみたらそっちにも当然ダウンロードがある。もしかしてアマゾンより新しいバージョンかもと思ってそっちをダウンロード。前のはアンインストールして再度インストール。起動して認証。ここまで新パソコンが届く前にやりました。
 新パソコンが日曜日に届いていそいそとセットアップののちに引っ越しツールをインストール。認証。だめです、このコードは使用済みで使えない旨で認証できません。えー?と思ってサポートに連絡。24時間サポートなんて書いてあったけど日本語でのサポートは日本時間の土日と夜はお休みだそうで、月曜まで待ち。せっかく新パソコンが届いたのに何もしないのはもったいないので先に手動で外付けHDD使って少しだけ移す。
 連絡がとれて認証コードリセット。認証できて引っ越し開始。LAN経由での引っ越しなんだけど、片方Wifiだから遅いこと遅いこと。途中でOneDriveがパンクしたってアラートが。。昨日手動で一部移したのがいけなかったらしいけど、重複(同名)ファイルは当然無視(スキップ)すると思ったんだよね。そしたら重複ファイルはなぜかOneDriveのドキュメントフォルダに勝手に移動。いやあ、どれが元々OneDriveにあってどれが重複で入り込んだんだか一つ一つみないとわからない。ファイル名は変更されてるんだけど、OneDriveはいままでバックアップ気分で使ってたから細かなファイル名など思い出すのが大変。
 やれやれと思いながらOneDriveをきれいにしてから、いったん新パソコンを購入時にリフレッシュして再再度一からやりなおし。引っ越しツールを入れて認証を....できませんw
 なによ、パソコン二台でインストール可能ってマシン情報関係なく、インストール回数(認証コードの使用回数)だけみてるのか?
 夜だったので翌日昼間にメールで連絡。返信が、回数だけ見てるとは書いてないんだけど「もう一度リセットしました」、と。そしてこちらを疑うように「複数台で引っ越しするならその本数買ってほしい」旨(要約)書かれてる。そうなんども回数リセットを要求してくるのはおかしいという雰囲気。
 切れて、このツール捨てました。ダウンロード購入なのでアマゾンへの返品効かず、販社のサイトにも返金については遠回しにユーザーの都合での返金はできないと書いてある。まあそりゃそうです。ほぼ一回こっきりのツールですからね。緩くしたら使ってから返金求める奴が絶対出てくるから。高い授業料払った、自分は思うほど衰えてない、まだまだ出来ると再認識できたと諦めて手動でデータ移行です。このツールがすんなり動いちゃったらそこらに気づかないまま衰えるのが早かったかも。などとポジティブにw

 結局、七年前と同じように手動でデータ類をコピー、ソフトウェアは新規インストールとしました。旧パソコンで設定をエクスポートできるものはやってOneDrive経由で持ってきてインポート。
 もう、勢いでそれをやりました。疲れた。
(続く)

パソコンを七年ぶりに入れ替えました(5):さらに細かな設定など
パソコンを七年ぶりに入れ替えました(4)設定など
パソコンを七年ぶりに入れ替えました(3):いろいろ
パソコンを七年ぶりに入れ替えました(2):パソコン内容と苦労編
パソコンを七年ぶりに入れ替えました(1):きっかけ編


パソコンを七年ぶりに入れ替えました(1):きっかけ編

(長いので数回にわけます)

 七年前に入れ替えたときの様子は「パソコンを入れ替えました(2012/8/26)」参照。

 七年も使ってるのに、特に不都合も出ず動作として気になるところはありませんでした。でも一つだけ(じゃないですけど)そろそろだめかなと思うことが。
 Windows10 って毎年二回大きなアップデートがありますよね。昨年春のアップデートまでは問題なく普通にアップデートできました。
 昨年秋のアップデート、1809にどうしてもなりません。最初の頃、バグがあったので延期と報じられてましたから、そのうち来るだろうと放置。
 数ヶ月前にふと気になりまして。あれこれ検索してもバグなんかとっくになくなって普通にみなアップデートされてる気配。
 しかたないので自分でWindowsのダウンロードサイトに行き、アップデート実行。だめでした。事前のチェックではすべてOKがついたので実行。なんどか再起動してたぶんこれでおしまいってところまで行ってエラーで中断します。いったん元に戻して数回やってみましたがだめ。

 この使用中パソコン、当初はWindows7 でした。そこから8.1を経て10に。そこらも関係してるのかなと思ったのに加え、メインドライブがSSDで、これって確か寿命があったよなと思いだして検索したら、やはり寿命が近い。HDDと違って機械的動作部分がないので壊れる予兆の音などはしないわけです。詳細は「SSD 寿命」で検索してみてください。うちのは36テラバイト(36000GB)だった気がします。
 なお、CrystalDiskInfoを使うと状況がわかります。SSDの寿命はメーカーや方式によって異なるようですが、いずれにしても毎日ほぼ欠かさず起動して使い込んで七年ですからね。心配した方が良さそうな時期に間違いない。壊れなくても寿命が来るのがSSDのデメリットだそうな。快適さのメリットの方がずっとでかいですけどね。
旧パソコンのSSD情報

 ほかにも、新パソコンに乗り換えての結果論になりますが、GoogleChromeの表示がサイトによってなんかおかしかったのはOS乗り換えが数代にわたったからもしれません。BIGLOBEやMixiのトップページがおかしかった。どちらも自分のせいだとは思わずシステムに異常報告メールだして「おかしくないです」と言われました(^^ゞ 新パソコン(+windows最新バージョン)で全然問題なく表示されてます。Chromeのバージョンは同じです。

 乗り換えにあたって、前回(七年前)までは「新しいパソコン買うぞ!」ってことでワクワクできたんですけど、さすがに歳なのか今回はワクワクよりも不安のほうが大きかったです。無事に移行できるのだろうか、という不安ね。その二年前(いまから9年前ですね)にXPからWin7にOS移行したときも「めんどくさい感」はあってもできるか?の不安感はなかったです。それだけ年取ったってことですよねぇ。しみじみ。

いったん切ります。
(続く)

パソコンを七年ぶりに入れ替えました(5):さらに細かな設定など
パソコンを七年ぶりに入れ替えました(4)設定など
パソコンを七年ぶりに入れ替えました(3):いろいろ
パソコンを七年ぶりに入れ替えました(2):パソコン内容と苦労編
パソコンを七年ぶりに入れ替えました(1):きっかけ編


行動ターゲティング広告をいろいろと設定してみる

 以前にも似たような話を書いたんですが、かなり前なのでリンク切れが多発してるし、整理してもう一度書いておきます。ちょっとまとまりに欠けた長ったらしい文章ですが、興味があったら読んでみてください。

 あちこちのサイトで広告が出ます。一応「興味関心がある」ようなものが出てくる仕様になってます。これを行動ターゲティング広告といいます。こちらの心を読んでそれらを表示しているわけではないのは当然ですw ではなにをもって「興味関心がある」と判断して選択表示しているのでしょうか。

 一言で言えば、どのサイトでどんな内容のものを見たのかを記録し、集めて分析してるのです。あらためて聞くと怖いですか? でもそんなに怖いことでもないんですよね。

 インターネットでの通信ってのは、決してこちらからこっそりと知られずに相手を覗き見してるわけではありません。一見、こちらから「見に行ってる」ように思いますが、そうではなく、ブラウザがこちらから相手のサイトにリクエストを出し、相手のサイトはそのリクエストを受けて、表示する内容を「こちらのブラウザに送ってくる」のです。送ってもらうためにリクエストを出すときに一緒にこちらのIP情報(他、ブラウザなどいくつかのこと)を相手に伝えてます。そこらに「個人情報」が含まれることはありません。インターネットでは自らが提供しない限り自分の個人情報は相手が勝手に知ることはできません。ウィルスにでも感染してない限り、自分の個人情報を相手に送信することはありません。ただし、自らが提供した物(どこかの会員になるときとか)が意図しない理由(原因)でよそに流れることはあります。

 ちょっと余談ですが、最近NTTを語ったような(実際はNTTでもプロバイダ本体でもなく単なる悪質代理店)プロバイダ勧誘の電話が多いと思います。それにたいして「自分の情報を知ってる、誰が流したんだ、NTTか?」と怒る人もいます。が、ほとんどの場合、最初は何も知らないままランダムで勧誘電話を掛けてるんです。カマを掛けてくるというか。最初はフレッツのお得な情報とか誰にも通用する会話から入ってくる。で、いまの通信速度に不満はありませんかとか会話に入ってしまうと、その中でついいま使ってるプロバイダの名前とか言ってしまう。するとあちらのメモには「この電話番号の相手の使ってるプロバイダは..」などと情報が蓄積されていき、その濃い内容の個人データが高値で取引されまた別の業者に廻る。買った業者は最初から「現在どこそこのプロバイダをお使いと思いますが、プロバイダはそのままでお安くする方法があります」などと、より具体的に勧誘してくるようになります。めんどくさくなって「資料を送ってくれ」などとなれば住所氏名まで知られてしまう。つまり自分でばらしてるのに、ばらしてる意識がない、あるいはずっと以前のことで忘れてしまってるだけってのが多いです。
 電話勧誘なんてそれに限らずろくなもんじゃないので「話を始めたらダメ」です。電話番号が表示されるなら0120は出ないか、出ても即切る。この件については総務省も注意喚起を出してます。リンク張っておきます。
余談終了

 でも、どのIPの端末と通信してるのかは相手が知っても、その端末を「誰が」使ってるのか、つまり個人を特定してるわけではないです。
 基本は電車の切符みたいなもの。駅で切符を買って改札通って目的地まで行き、そこで改札通って外に出る。切符を見ればどこから乗ったかわかります。でもその切符を持ってた人がどこの誰かはわかりません。Suica(モバイルSuicaなど含む)などはもっと細かく知られてしまいますけど、みんな気にしてませんよね。知られる、というか最初にこちらから登録してるんですから相手は知ってて当たり前。

 インターネットの通信はそんなもんです。Suica(モバイルSuicaはクレカ情報なども情報提供してるわけでw)などと比べればなにも把握されてないも同然なくらいしか知られないです。

 Googleなど、こちらの動きを記録して、「興味ありそうで、効果がありそうなな」広告を表示してくるんです。そしてGoogleは「パートナー」と称していますが、早い話がそのデータを商品として他社に売ってます。それがGoogleの商売です。それらの儲けを元にGmailやら検索やら金がかかるコンテンツを無料で提供してる。民放が無料で視聴できる(実際は無料ではなく広告を見させられてる)のと同じ。ただし、すでに書きましたが「いわゆる個人情報」を収集して販売してるわけではありません。Googleのアカウント取得の時などに提供する個人情報は別の話です。

興味ない広告がよく出てくる?

 それはいくつか理由が考えられます。

 1:こちらの興味と関連させるために広告側にキーワードが設定してあります。そのキーワードとして内容に全然関係なく、多くの人が興味を惹くキーワードを仕込んであったら? こちらの興味に関係なく表示されますよね。かなり前はこれけっこうありましたが、この仕込みをGoogoleは鬼のように嫌います。広告で喰ってるGoogleの根源に係わりますから。で、徹底的にそれらの広告主を排除してますので、いまでは滅多にないと思います。Google以外でも同じような制限をつけてるはずですが、取り締まりが甘い広告配信社があるのかもしれません。

 2:キーワードに関連づけって「キーワード一致」だけではないのです。連想というか、風が吹けば桶屋が儲かる式に「え?それとこれが関連してくるの?」みたいなものもあります。ほとんどこっちです。

 いずれにしても、無関係な広告が出るようになってきたら、自分のデータがどうなってるか確認することをお勧めします。

Googleの広告表示は「Google広告設定」である程度制限できます。以下に入り、好みのトピックとなってるところを眺め、入らないのは×をクリックしておきましょう。
広告のカスタマイズ
GOOGLE 広告の仕組みについての詳細 ← 目から鱗的な人もいるかもしれない

Youtubeおすすめ動画と検索結果を管理する」で方法を確認してください。

Yahoo!は「行動ターゲティング広告」で無効にできます。

アマゾンは「表示履歴の管理」に入り、そのページ内にある「表示履歴」に進むのと、左側にあるメニューから「おすすめ商品を絞り込む」などを使ってコントロールします。

楽天は「行動ターゲティング広告」で無効にできます。
 上記の楽天は「行動ターゲティング広告」に入るとここまでに羅列したところプラスそれ以外のリンクが載ってます。でも飛んだ先で何をしたら良いのかよくわからないサイトもあったりしますし、行動ターゲティングを制御しても広告の量が減るわけではないです。「関心がある」と思われた広告が減ってランダムのが増えるだけです。あまり細かく設定する意味ってなさそうに思う。

 あと、使ってるブラウザによって違いますが、ブラウザの設定にもそこら関連があります。

GoogleChrome:「設定(ブラウザ上部右端の縦三点)」→「詳細設定」→「プライバシーとセキュリティの項目内」「閲覧トラフィックと一緒に「トラッキング拒否」リクエストを送信する」をオンです。

FireFox:「設定(上部右端≡)」→「オプション」→「プライバシーとセキュリティ」「トラッキング防止」

MicroSoft Edge:「設定(上部右端…)」→「設定」→「詳細設定」→「プライバシーとサービス」「トラッキング拒否要求を送信する」をオンです。

 なお、どのブラウザにもクッキー関連の設定がありますが、いまどきのサイトはクッキーを拒否するとまともに表示されない可能性が高いです。クッキーは悪者ではないのでオフにしないことをおすすめします。

 なんでユーザーがこんなめんどくさいことを、と思う方もきっといると思います。が、コンテンツってタダじゃないんです。かなり金がかかってる。それを無料無償で利用できるってのはそれなりの理由がある。何度も書きますが、民放と同じ。広告収入でまかなってるのです。それがいやなら「有料コンテンツ」を利用するしかないです。テレビで言えばNHKですかね。

日本ブログ村
にほんブログ村 病気ブログ 1型糖尿病へ
にほんブログ村