とりとめのない話し一覧

Gllgle Adsens(広告)の不思議

 先日からこのブログにも GoogleAdsense の広告ガジェット(ブログパーツ)をつけています。サイドバー右上です。

 アマゾンとかの普通の広告ガジェットだと、「どの商品を広告するのか」は自分で決めて、自分ならこれ買うぞとか、このサイトに来る人はこんなものを買うかも知れないな、とか考えて無数の商品から選んで貼り付ける。

 ところが、GoogleAdsense は設置者が自分で広告を選んで出すのではないのです。Google と言えばキーワード検索ですよね。サイトの中をクロールして仕分けするのは得意中の得意技。Adsense のガジェットに出てくる広告は「1:そのサイトの内容に応じたもの」「2:検索サイトから何らかのキーワードで入ってきた場合はそのキーワードに関連したもの」が自動的に出てきます。ちょうどいいのが無かったときは公共広告機構の広告が出る。

続きを読む


関連すると思われる投稿


高度一万メートル

 高度一万メートルって言えばジェットストリームの世界ですよね。ものすごーく高い空のイメージがある。

 でも、一万メートルって、わずか10kmです。横に10kmの距離といったら、すぐそこ。空じゃなくて海もそう。一万メートルの深海って、すっごく深い海だけど距離にしたら10km。

 BGMにジェットストリームを流していて、ふとそんなことを思いました。上下に一万メートルって、地球の大きさからいったら「地表」って言ってもいいくらいなんじゃない?って。

 地球の赤道上に密着して紐を巻く。イメージとしてね。真円じゃないですけど、わかりやすく円周4万キロメートルの球体としたら長さにして4万キロメートル=4千万メートルの紐が必要です。その密着状態から1m浮かせる(地表から均等に1m離れる)には、4千万メートルの紐にあとどのくらい足さないといけないか。つまり4千万メートルの紐をどのくらい長くしたら1m浮くか、なんて話も思い出しました。

 これ、直感だけで考えるとけっこうな長さの追加が必要になりそうに思うんですが、円周が1メートルだろうが4千万メートルであろうが関係ないんですよね。円周は「直径*パイ」なんだから。半径を1m増やすってことは直径で2m大きくなるだけ。だから2m×パイ(3.14)で6メートル28センチ。それだけ長くすれば半径は1m増える。つまり地表から1m浮くんですね。4千万メートルの紐で考えれば6.28メートルなんて誤差のうち。0.000000157 です。でも1mも浮くんです。これ、すごいと思った。

 太陽からの距離なんかもすごいですよね。公転軌道が楕円だって言われて、ふーーん、そうなのか、程度にしか思わないし、楕円って言われると普通の円を引き延ばした楕円を頭に浮かべちゃう。でも公転軌道は地球の直径ほどもぶれてないんです。だって、小さな地球のその地軸が少し傾いてるってだけで夏と冬があるんですよ。もし公転軌道が楕円というほどの楕円だったら、地球は凍り付くのと焼けつくのを繰り返す。地球は太陽の廻りを正確な真円に近い軌道で廻ってる。オゾンがどうの温暖化がどうのって言ったって、ぜーーーんぶ誤差のうちみたいな気がする。神様の気まぐれで、ほんのわずかに太陽との距離が変わったら、もういま生存してる生命の生き残る余地はなさそう。人類の存在そのものが誤差のウチだよね。

 地球って山あり谷ありで、でこぼこしてる星みたいなイメージがあるけど、高度1万メートル、深海1万メートルってことはですね。地球の直径が約6370000メートルなんで、直径60cmくらいの地球儀を作ったとすると、約1mmのでこぼこです。針で引っ掻いた程度。3000mの山なんて0.3m。世界一の高さ「828.0mのビル」なんて 0.1m 以下。そこだけ針みたいに尖ってるわけじゃないし、海だって全体に深くなってる中に一万メートルの深海もあるわけだから。球体としては全体にピカピカに磨き上げた真鍮の球くらいにすべすべしてる 続きを読む


関連すると思われる投稿


大きな液晶の地デジテレビ

 子ども達三人とも独立しちゃって夫婦二人だけだし、テレビから距離おいて座らないとみんなで落ち着けないってこともなく、小さいテレビでもとくに不満はなかった。

 それに来年のアナログ廃止に近づけば、きっと地デジへの変換政策で補助金やら古いテレビの処分やら、なんやらかんやらといまよりもっとワラワラと出てきて、めちゃくちゃお得に買い換えると言うより「交換してください的な」条件までいくのではないかと想像してみたり。

 そんなこんなで小さいテレビのままだったんだけど、還暦のお祝いに子ども達三人から32インチワイドの地デジ液晶テレビを貰った。最近のテレビはすごいってウワサでは聞いていたものの、実際に自分のところに来るとほんとにすごいね。

 何を今更って言われそうで恥ずかしいから、どこがどうすごくて驚いたってのは言わないけど、一つだけどうしても言いたい(笑)
 いままでがいまにも壊れそうなアナログ17インチのテレビだったと言うだけでわかると思う。前に見てたのが壊れちゃって、むすめが置いていったパーソナルユースの小さいのをそのまま使ってた。ギャップありすぎ。

 録画がすごい。録画しておくとCMのとこなんかスキップできちゃうんだよね。この機能、家電メーカーとして自分で自分のクビ絞めてることにならないのか? さらにHDD録画機能を活かした、「番組キープボタンを押すだけで、見ているテレビ番組を画面上で一時停止させ、ハードディスクに自動的に録画を開始。後から「追っかけ再生」で番組の続きを見ることができます。」ってやつ。

 わざわざ録画してあとで見るほどでもないのを、これ使うと数分遅れでほぼリアルタイム的に視聴できて、「ほぼリアルタイム」だけどやはり録画してるわけで、CMんとこだけスキップできちゃう。数分遅れで見始めると、番組終わる頃にほんとのリアルタイムに追いつく感じになる。気分的にはリアルタイムで見てるのにCMを飛ばせるような気分。

 ほんとは私はCM大好き人間でありまして。CMの時間にトイレ行くなんてもったいないと思うくらいCM好き。CMの情報量ってすごいと思うし、そのセンスによっては何回見ても飽きないのがある。中には「またかよ! テレビ局もスポンサー確保に大変だな」と思うしつこくて粗悪なのあるけどね。最近はそういうのが多いかな。「自信があるから電話しません」がなくなって良かったと思ってる。あと、「かつら」のも好きじゃない。ハゲたらハゲたでいいじゃないか。なんで隠すんだと思ってるし。自分はAU派だけど、CMはSBの勝ちだなとか。ああ、話がそれた。

 ってなわけでCM大好きなんだけど、映画を録画して一気に見るときはCM飛ばせて嬉しい。気分がそこで落ちないですむ。「もののけ姫」なんかそうやってみた。すっごくよかった。

 ルータのポートも余ってたのでインターネットにも繋いでみた。うー、好きなサイトを見に行けるわけじゃないのね。ブラウザエージェントとしてどんな表記になるのか見たかったんだけど、そういうふうに使えるわけではなかった。アクトビラってのね。天気予報だとかニュースだとか、あちらで用意されてるものだけみたい。

 いずれにしても、ちょっとしたカルチャーショック的な驚きでありました。時代は進歩してるなあ。

 たぶん子ども達三人ともここ見てる。だって、私がパナソニック(松下)信者だなんて家で言った覚えないもん。長男が見てるのはコメントもらったりしてるから知ってるけど、彼はそんなこと気にするような子じゃないし。ありがとね、子ども達。良い子供に育ったもんだ。自画自賛。


関連すると思われる投稿