とりとめのない話し一覧

ラジコ(radiko.jp)って、なかなかいいです(1)

 まずは雑感から。

 地域限定話でもうしわけない。http://radiko.jp の話です。早い話がインターネットラジオ(IP ラジオ)の一種なんですが、実際のラジオ放送がそのままインターネット経由で流れてくる。いままであったような、本放送とは違う録音された独自の番組を流している擬似的なラジオとは違います。数秒の遅延がありますが、同じ物が流れてきます。音質も良いです。AMはモノラルですけど音質はかなりいいです。

聴取地域は

東京局(TBSラジオ、文化放送、ニッポン放送、ラジオNIKKEI、InterFM、TOKYO FM、J-WAVE)については、東京都、神奈川県、千葉県、埼玉県。大阪局(朝日放送、毎日放送、ラジオ大阪、FM COCOLO、FM802、FM OSAKA)については、大阪府、京都府、兵庫県、奈良県で聴くことができます。
その他の地域は聴くことができません。
ただし、ネットワーク環境(社内LAN、移動体通信など)によってはエリア内でも聴取できない場合もありますのであらかじめご了承ください。

 となってます。IP ラジオなのに地域限定にできる技術がすごいのかもしれない。どうやってチェックしてるんだろう。流すのは地域網だとしても、そこに外部からアクセスさせるとき、どうやって地域を限定してるのか不思議。県境などで地域から外れるとかのチェックは..とか考えたら疑問は尽きない(笑)

 でもそれが出来たから、放送法を乗り越えられたんだと思う。FM放送って電波の届く範囲が狭いから、「そういうこと」という前提で成り立ってる部分あるよね。広範囲に「放送」ができちゃうと法律がというより「既得権とかなんとかかんとかいろいろと」問題があるはず。一応は3月15日から8月までの試験放送だけど、きっとそのままなくなるって事はないと思うけどね。

 これだけ進歩が早いと、どんなに頑張っても法律が現状について行けない。電波や有線で流す「範囲の限られた放送を流す放送局」に対して出来てる法律をインターネットにどう適合融合させるか。利権やら思惑やらがドロドロと絡む話がそう簡単にまとまるはずもなく、いつか、どこかの時点で無法地帯になっちゃいそうだ。地デジ問題だって、まさかインターネットのストリーム動画の普及がここまで早いとは想像も出来なかっただろうし。ユーストリームなんてのも登場したし。ラジコの登場で、商用音声放送がインターネットで流せることになったら、テレビも同じ方向に向かうのは間違いない。キー局だネット局だ地方局だという分類もなくなって、新たな構造不況業種の誕生かな。

 ところで、私、恥ずかしながら「Inter FM」の存在知らなかったです。80MHz のFM東京より下は長い間NHKの管轄だと思ってました(東京地域の話ね)。東京を抜けて北のほうの現場に行ったとき、車で流しっぱなしのFM横浜が入らなくなってオートチューニングで入ってきたのが「ナックファイブ(79.5MHz)」、へぇ、こういうのもあるんだと。ラジオって、そんなにチャンネル変えないんですよね。よほどつまらない(好みじゃない)番組に当たらない限り、私はFM横浜に固定ですから。

 今回 InterFM の存在知り、Wiki 調べたら、96年に外国人向けの「外国語放送局」として開局、平常時は音楽(それも洋楽)中心、関東では最後に開局、開局以降首都圏での聴取率調査は万年最下位と振るわない。など、なかなか興味深い事項が並んでた。私としては、今後はFM横浜より InterFM 聴く比重が高まりそう。

 長くなりそうなので切りがいいところでいったんおしまい。あとでまた続きを書きます。


関連すると思われる投稿


酒の肴、その2

 カロリーを気にしないでいい「野菜主体の肴」。幸いなことに私は大根が好き。でも、大根を煮ちゃう系のはあんまり好きじゃないんだよね。もちろん嫌いってことではなくて、わざわざ煮るのを選択して注文出すほど好きじゃないって意味。

 例によって話がちょっと逸れるけど、大根って「ふろふき大根」にしろ「おでん」にしろ、煮ちゃうと辛みが飛んじゃって甘さが出てくるでしょ。あれが好きじゃない。野菜の旨みは好きだけど、野菜の甘みってあんまり好きじゃないんです。大根に限らないですね。キャベツも大好きなんだけど、ロールキャベツはNG、タマネギも味噌汁に入れたらダメ。白菜も漬け物(含むキムチ)は大好きだけど、鍋に入れた白菜は嫌い。

続きを読む


関連すると思われる投稿


酒とその肴

 酒が好きです。当然肴(さかな)も好きです。もしかしたら肴が好きだから酒が好きなのかも。あ、ここでいう「酒」とはアルコール全般のことであり、日本酒だけを指しているわけではありません。言わずもがなですが、念のため。

 40代前半ころまでははしご酒が趣味と言っても良いくらい飲み歩きましたが、いまは酔いを感じるほど飲めない状況で少し悲しいです。

余談:「のむ」って酒の時は「呑む」だと思ってたんだけど、ATOK様がどうも違うと言ってるようだ。「飲む」が、液体などを口にする、とくに酒を飲む。飲食飲酒。と言われてしまった。そうだったのか。「呑む」はかまずに丸呑みとか、受け入れる、とかの意味みたいだ。うーん、かなり長い間間違って覚えてたことになるな。どこかの日本酒の宣伝のせいだ。そういうことにしておこう。

 で、肴。いわゆる「珍味」と言われる少量で味と旨みが濃いもの。魚卵系や内臓系、発酵食品とかですね。これがまた美味いんだ。私は肴と酒の組み合わせはこだわりません。ワインだって肉だから赤で魚は白だなんて全然気にしない。そこに白ワインがあって肉があったらそれでいいし、魚に赤ワインだって文句言わない。酒も肴もないよりあったほうがずっといい。極端な話、カレーで日本酒だっていけます。チョコレートでウィスキー...は普通か。チョコで日本酒は..わざわざは組み合わせないな。

 年取ってくると脂っこいものからあっさりとしたものへ嗜好が変わるとかいうけど、私の場合そうなってない。まだ若いからか(^_^;) でもって食べ物って「大好物なもの」から順に禁止指定くらっていくんだよね。好きだからこそ食べてきた→偏ってくるからその弊害が出る→禁止、と。

 ちなみに、体に何かあると医者に酒禁止って言われることが多いけど、これって意味は一つじゃないです。使ってる薬とアルコールの関係で禁止されるときは、これまあ当たり前に仕方ない。そうじゃない場合、アルコールそのものがダメって事じゃないことの方が多い。酒飲みは飲み始めると止まらなくなる人多いですからね。単純にはアルコールもカロリー計算のうち。きっちりと計算したカロリー分だけで我慢できるなら酒も別に禁止じゃないんだけど、って場合が多い。実際にそうできるかどうかは、やってみないとわからないわけで、ダメだったときは手遅れだから医者は絶対に「適量なら良いですよ」とは言わない。「酒禁止」と言うだけです。

 私はきっちり計算した分だけで終わらせられる人です←マジです。昔は飲み始めると止まらない人だったけど、いまは違います。一日一回晩酌として計量カップで焼酎を100cc 計って、同量の水かお湯で割って飲む。一升瓶一本で18日もちます。そうまでして飲みたいかって言われそうだけど、飲みたい。飲みたいのと同時に「肴を味わいたい」。でも、味わいたいような肴は少量でもカロリーとコレステロールが高くてね。

 好きなものを並べると、生ハム・ソーセージ類・魚卵類各種・塩からとか酒盗等の魚内臓系・チーズ・チョコレート・マヨネーズ系・他たくさん。豆知識としては、鶏卵の黄身一個と小さめの豚肉ソテー10枚分と同じくらいのコレステロールって知ってました? 「卵」ってのはそこから命が発生するくらいにこってりとしてます。高脂血症予防には「卵を食べ過ぎない」ってのが効果的。筋子とかタラコとかも似たようなもので、コレステロールがすごい。ソーセージも「肉と脂身」をわざわざ混ぜてるわけで、あの旨みは脂ですからカロリー高い。チョコもカロリー高い。私の場合、いわゆる「食事制限」ってのは受けてませんので食べるものに制限はないんですが、カロリーが問題。一日に体が消費できるカロリーが物理的に決まっちゃってまして、その摂取カロリーを超えると死に繋がるので絶対に妥協できない。一日の総量だけじゃなくて、一食の量も決まってまして、一食500キロカロリーまで。カップ焼きそばも「一平ちゃん」が好きなんだけど、一箱全部は食べちゃいけないので、残すのいやだから食べない。ファミレスのランチ定食なんか、一食1000キロカロリーだったりします。二人で半分こしたいくらいだ。

 唯一問題ないのが「野菜」。これらはカロリー的にもコレステロール的にも問題ない。ということで結果的に肴は野菜主体。漬け物が多いと言えば多いけど、漬け物主体ではないんだよね。唯一の救いは低血圧気味ですから、塩分を気にしないでいいということかな。塩分制限があったら一気に悲しくなりそうだけどね。

 ということで、私の定番酒の肴、お気に入りのレシピを一つ紹介。下の娘がどこかで見つけてきてくれたレシピです。

 野菜は冬は大根とかで夏はキュウリ。まあなんでも良さそうだけど私はそれが好きなんで。

まず、漬け汁を作ります。水300cc・お酢40cc・塩(大さじ軽く一杯、適当に加減する)・ダシ昆布(適当、あとで食べるんで食べやすいサイズにする)・鷹の爪(適当、辛いの好きだからうちは多めに入れる)・ニンニク(スライスして好みで)、をタッパにいれて混ぜておく。

 大根4cmくらいを1cmくらいの輪切りにしてから四等分。太い大根だったら輪切りにしてから縦三等分横三等分の九つ割くらい。ころんとした一口大の大きさに。キュウリなら適当にぶつ切り。あんまり小さくしないのがコツ。

 それを漬け汁の入ったタッパにぶち込めば準備完了。数時間後には食べられるけど、一日くらいあとだともっと美味しい。

 これのおかげで大根の皮むきが上手になりました。


関連すると思われる投稿