とりとめのない話し一覧

めまいと吐き気

 私、実はかなり強烈なめまい持ちです。

 眼振というらしい。検査しても病的な原因は不明。とにかく立てない、歩けない。黒目が文字どおりグルグル回ってる。

 ブログを始めてからひどいことになってなかったのでブログネタにもしてないし、自分でも忘れてました。ブログを始めてもう6年近くですか。6年以上平穏無事にめまいに襲われてなかったってことになります。

 ひどかったのは1型糖尿病を発症した前後、9年ほど前になりますかね。もともと低血圧だったのと、1型発症のストレス加算だと思ってました。

 めまいが原因で床屋さんにもいかなくなりました。決して行くほど髪がなくなったからではありません(笑) 床屋さんでイスを倒してひげ剃りなんかしますでしょ。事前にしつこく言ってあっても、終わるとさくっとイスを立てちゃうんです。当時は寝た状態から強制的に体を起こすと必ず目が回っちゃうのです。何度言っても、「あ、ごめん」って起こされちゃうんで行かなくなりました。そろそろ終わりそうってときに再度言えばいいんでしょうが、何度も何度も言うのもね、悪いような気がして言いにくい。いまは奥さんに散髪してもらってます。

 本題。十日ほど前(って書き出してから何日も経ってしまいました。毎日ダラダラと過ごしてるとキーボードに向かうのがなにげにおっくうになってきてます(笑))、

 もう二週間ほど前ですね。5月16日の土曜日。お昼ちょっと過ぎ頃。かつてないほどの強烈なめまいと吐き気に襲われました。

 事の次第を順に書きますと、お昼を食べようと立ち上がったときに、ふわっと嫌な感じがしたんです。でも「めまい」ってのを思いつかず低血糖かしらと血糖値測定。普通に133。こりゃ気のせいだ、ちょっと変な感じがしただけと。

 運悪くめったにないことで奥さんが娘と一緒に外出してまして、一人だったんです。血糖値も普通だし食事しなきゃと思い、インスリンを注射。だんだんと目が回ってきて、ああそういえば以前もあったな、これは眼振だと思ったんですけど、インスリン打っちゃいましたからね。食べないわけにいかない。食べたら吐くかも、これはまずいと思いつつ、食べないわけにいかずむりやり食べました。インスリン打って食べなきゃ低血糖ですから。

 食べた直後くらいから、もろに目が回ってきましてどうにもならない。さらに吐き気がものすごい。食べちゃったからよけいに吐き気が。これは文字で書いてもたぶん伝わらない。

 そばにあったくずかごを抱え込んだまま床に横たわりじっと我慢。少しでも動くと一気にこみ上げてくるんです。携帯を手元に置いてなかったんで奥さんにも娘にも連絡できない。据え置き電話は立たないと使えないところにあるし立つのは絶対無理。

 一時間くらいそうやって横たわってたんですが、だんだん手が指の先の方からしびれてきまして。こりゃ本気でまずい。でも足はしびれてこないし、頭痛もないんで、脳梗塞はないなとか、変に冷静だったりします。焦ってるけど頭は冷静というか。

 でもとにかく奥さんにしろ救急車にしろ連絡できなきゃ死んじゃうかもと思い、もうそれこそほんとに必死でくずかごを押しながら床を少しずつ這いずって携帯電話の置いてある方向に進みました。眼開けるとひっくり返っちゃうので眼つぶったまま。眼をつぶってても目が回ってるのでまっすぐ這いずれないんですね。少し進むと壁にぶつかります。10数歩分進むのに30分くらいかかった。

 やっと携帯電話を手にできたので外出中の奥さんに電話。電話でない。一緒にいるはずの娘に電話。電話でない。留守電に「帰ってきて」の一言をいれるだけ。声がもう出ないんですよ、まじで。声を出すって体力使うんだなとか思いました。

 しばらくして娘から連絡あり。うるさい道路を歩いてたんで着信気づかなかったと。救急車呼べと言われたような気がするんですけど、一人ですからね。119番はできてもどうやってこの部屋まで来てもらうのかとか考えたらわけわかんなくなっちゃって、帰宅を待つことに。

 奥さんが帰ってきてすぐ救急車呼びました。生まれて初めての救急車体験です。吐き気があるときの救急車って地獄ですね(笑)
 救急車ってワンボックスで車高高いでしょ。そこに横たわるんです。車に酔う人ならわかると思うけど、進んだり止まったりカーブ曲がったりするたびに吐き気がものすごい。

 なんとか病院につきまして、いろいろ検査。すぐにCTです。もう食べた物全部出たろうと思うくらい吐いてるのに不思議にまだまだ吐きます。CT取るためにベッド移動したり少し動くと吐きます。でもとにかくCT最優先なんですと。ちょっとだから我慢しろと。一回吐いて、次の吐き気までのわずかな隙間にCTです。脳梗塞だったら大変だからですね。ストレッチャーに乗って横たわったまま移動するのも地獄です。吐き気がなくても気持ち悪くなります。何度か経験済み。それをこのめまいと吐き気ですからね、思い出したくもないほどつらいです。

 結果的に頭は異常なく、前にもなった「原因不明の眼振」だったようです。

 手先のしびれについては一つ勉強になりました。過呼吸、ほら、苦しいし吐き気がするから必死で息をするわけです。それがいけないんだそうです。過呼吸は血液をアルカリ性にするんですって。血液がアルカリ性になるとまずは手の指先から痺れてくるようです。検索すると過呼吸でめまいになるって出てきましたけど、私の場合、鶏と卵だな。先にめまいがあったわけだから。悪循環に陥ってたのかも。

 病院についた直後、「ゆっくり息をして」と何度も何度も言われました。救急車の中では言われなかった。

 救急外来に一泊し、翌朝までにめまいが収まらなかったら一週間入院と言われました。なんとか夜中までにめまいは収まり、翌朝退院できました。10日後に再診を受け、前回と同じでしょうということになり、二週間後にもう一度再診となりましたが、一週間以上問題がなかったら予約をキャンセルしてください、来なくて良いですと言われてます。

 そうそう、救急外来のベッドで頭をよぎったのは、トイレ。身動きできないんでまたあの恐怖の尿パイプかと思いました。けど、だいじょぶだった。これも生まれて初めて「しびん」を使いました。心臓カテーテルみたいに絶対に身動き禁止、体の向きも変えられないときだけ尿パイプなんですって。横向けるなら尿パイプなんかしないそうです。

 もう一つ、私は点滴が天敵なんです(笑) 毎回苦労します。入院と点滴はセットですからね。今回も最初右手の甲に刺し、数十分で痛みに耐えかね抜いてもらいました。刺したところから本来通っていくところじゃないところが腫れ上がり、二週間経ついまもまだ痛いです。次に刺した左腕。なんとか一晩持ちましたが、これまた二週間後のいまでもまだ黄緑色、打撲の青たん風になってて触ると痛いです。

 さらに、出ない声でか細く何度も「1型糖尿病です。ブドウ糖入り点滴は禁忌です」と伝えたんですが、聞いてもらえませんでした。無視されたわけじゃなく、緊急時に怖いのは低血糖なんで、一日くらいブドウ糖入りの点滴で高血糖になっても影響はない、それよりいまの緊急時をなんとかするのが先決、ということのようです。
 たしかにブドウ糖入りの点滴しても300を越えることはない(経験上)ので、問題ないっちゃ問題無いです。一日や二日くらいならね。

 その後、いまんとこは、めまいに襲われそうな兆候は出ていません。あまり首を左右に振らないように気をつけていようと思います。

日本ブログ村
にほんブログ村 病気ブログ 1型糖尿病へ
にほんブログ村


「毎日が日曜日」になって、早十日過ぎました

 だいぶ慣れてきました(笑)

 環境の変化は、悪化するとなかなか慣れずに落ち着かない物ですが、逆の場合はすぐ慣れますね。まるでずっとそうだったかのように自然に毎日が過ぎていきます。

 パソコンが新しくなったときもそうですよね。快適になっても以前とあまり差が感じられなかったりするんだけど、古い方のパソコンを触ってみると、「うわ!こんなのを使ってたんだ」とビックリしたりするのと同じかも。

 車がマニュアル車からオートマになったときもそんな感覚だった気がする。

 そんなわけで、まるでずっとそうだったかのような毎日が過ぎて行きます。ちょっと気持ちを改めないと時間がもったいないですね。

 たった10日ですが、今日が何日で何曜日だったかをふと忘れてるのに気がついたりして、ああ以前はそんなことなかったのにと思ったり(笑)

 朝起きたら日付と曜日を確認しないとダメですね。それでも忘れちゃって、テレビの番組欄見て、え?今日は水曜だったんだとかやってます。パソコンの画面に出てる日付と時間、曜日も見えてるのに見てないみたい。眼に入っちゃってるというか。見ようとしない物は見えないってやつでしょうか。

 まあ、とにかくまだ10日ですから。もうちょっとこのままゆるゆるとしてましょうかね。なんて言ってたら、きっと気がついたら一年くらい過ぎちゃってそうだけど(笑)


毎日が日曜日、になりました

 「毎日が日曜日」、城山三郎の小説名ですね。読んだのは高校生のころだったでしょうか。はっきり覚えてないのですが、内容的には決して「毎日が日曜日」では無かった気がします。

 それはともかく(笑)

 3月31日をもって、41年間続けてきた土地家屋調査士業を引退しました。今風に言えば「卒業」か。

 体調が悪いわけではないです。体調はたぶん、いままで生きてきていまが一番元気だと思います。いろいろと問題を抱えた体ですけど、どれもコントロールできてるし、逆に健康に気を遣って生活してますからね。

 思ったんです。動けなくなってから引退したっておもしろくないじゃないかって。頭も体も元気なうちに仕事を辞めないと余生が楽しめない。もう65歳です。どんなに運良く頑張れたとしても楽しめるのはあと15年あるかないかでしょう。私はそこまでいけないかもしれないしね。

 サラリーマンと違って自営業には定年がありません。続けようと思えばどこまでも続けられる。ただ、これでも一応資格商売なんで過去の知識で食っていけるわけではありませんから、研鑽は続けないといけません。

 仕事の後継者がいるなら、最新知識と現場仕事は任せ、経験が必要な案件担当でいけるんだろうけど、うちは夫婦二人だけ。老いてくるとそこらの解決も難しい問題なのです。そこらって、現場と最新知識、ね。なかなかついて行きにくくなってきてます。

 いずれにしろ、いつか自分で「ここまで」と定年しなければいけないわけです。私にはそれが「いま」だということです。

 60歳で還暦といいます。つまりゼロ歳に戻る。いま5歳ですね(笑) 幼稚園なら年長さん。そろそろ小学校入学って時期。633で高校を出るころまでの12年間、第二の青春を過ごすと喜寿です。ほら、そう考えるとリタイアは「いまでしょ!(ふる(^_^;))」ってことです。