とりとめのない話し一覧

毎日が日曜日、になりました

 「毎日が日曜日」、城山三郎の小説名ですね。読んだのは高校生のころだったでしょうか。はっきり覚えてないのですが、内容的には決して「毎日が日曜日」では無かった気がします。

 それはともかく(笑)

 3月31日をもって、41年間続けてきた土地家屋調査士業を引退しました。今風に言えば「卒業」か。

 体調が悪いわけではないです。体調はたぶん、いままで生きてきていまが一番元気だと思います。いろいろと問題を抱えた体ですけど、どれもコントロールできてるし、逆に健康に気を遣って生活してますからね。

 思ったんです。動けなくなってから引退したっておもしろくないじゃないかって。頭も体も元気なうちに仕事を辞めないと余生が楽しめない。もう65歳です。どんなに運良く頑張れたとしても楽しめるのはあと15年あるかないかでしょう。私はそこまでいけないかもしれないしね。

 サラリーマンと違って自営業には定年がありません。続けようと思えばどこまでも続けられる。ただ、これでも一応資格商売なんで過去の知識で食っていけるわけではありませんから、研鑽は続けないといけません。

 仕事の後継者がいるなら、最新知識と現場仕事は任せ、経験が必要な案件担当でいけるんだろうけど、うちは夫婦二人だけ。老いてくるとそこらの解決も難しい問題なのです。そこらって、現場と最新知識、ね。なかなかついて行きにくくなってきてます。

 いずれにしろ、いつか自分で「ここまで」と定年しなければいけないわけです。私にはそれが「いま」だということです。

 60歳で還暦といいます。つまりゼロ歳に戻る。いま5歳ですね(笑) 幼稚園なら年長さん。そろそろ小学校入学って時期。633で高校を出るころまでの12年間、第二の青春を過ごすと喜寿です。ほら、そう考えるとリタイアは「いまでしょ!(ふる(^_^;))」ってことです。


「きれいな腸です」って褒められた(*^^*)

 大腸内視鏡検査に行ってきました。昨年三月にポリペク(ポリープ切除)したので、その一年後のアフターフォローです。なんでも切除から一年は再びポリープが出来る可能性が高いんだそうです。

 四年前にもポリープ切除してまして、一年後には再検査と言われていながら三年放置しました。で、三年後の昨年重い腰上げて検査したら見事にポリープが出来てたわけです。さすがに今回は「一年後に再診」をサボるわけにはいきません。
 「歯医者さんに褒められる歯を」ってCMを見たことがあります。でも、消化器医に褒められる腸を、なんて聞いたことないですよね(笑)

 今回の検査でポリープはありませんでした。その検査が終わったときに

「ポリープもありませんでしたし、とてもきれいな腸でした

と、お医者様に言われました。なんにしても褒められるってのは嬉しいものです。

 大腸内視鏡とかポリペクの詳細などは四年前に書いた「大腸ポリープ切除」をどうぞ。内容的にはまったく変わらないです。この日進月歩の医療の世界で余年前と変わらないってのもどうかと思いますけど、何年後かの次回はきっと変わってる。
 ほら、最近テレビで見た「カメラ内蔵カプセルを飲み込んで食道から肛門までの消化器系内部を検査する」やつが、きっと一般化してるはず。ん?でもまて。そうなったとしても事前に胃と腸の内部を空にしておくってのは同じかも。

 食生活のおかげですかね。私がって言うより奥さんの努力ですけどね。この歳になっても未だに肉大好き人間なんですけど、以前ほどは肉を食べてません。渋々、サカナで我慢する日もある(笑) 野菜と果物は欠かさず。

 けっこう難しい。骨密度を保つには乳製品が良いわけです。牛乳とかチーズとか。でも腸の側から見ると乳製品はあまり良くないらしい。まあ、牛乳はけっこう血糖値上がるんでほとんど飲まないんですが、チーズは大好きなので困ります。いまんところスライスチーズをせいぜい一日一枚くらいです。

 骨密度のためにヨーグルトを食べることにしたんですけど、実は私、酸っぱい物と苦い物が苦手でありまして、甘くしてあるヨーグルトは血糖値の関係でだめなんで、低糖ヨーグルトで我慢してたんですが、いつしか食べなくなってしまいました。ヨーグルトは乳製品ではないのかな? 胃腸に良い食品ですよね。

 乳製品と言えばアイスクリーム系も好きなんだけど、やはり血糖値コントロールがありますから、食べると言うほどは食べない。

 なんか書いてるうちに思った。結局「粗食」と言われてる旧来の日本人的食生活が腸のためにはいいんでしょうね。

 あと、豆乳がすごく良いんじゃないかな。「前立腺肥大と豆乳」を書いたのが2011年8月ですから飲み続けて三年半ですね。ブログに書いておくと自分メモになるな(笑)
 薬では無いんで即効性はないでしょうが、効果が出てるんじゃないでしょうか。

 いろいろと種類があって最初のころ何種類か飲んでみましたけど、結局落ち着いたのがこれ

 炭水化物が少なかったのと、私にはいちばん飲みやすかったから。一口に豆乳と言っても味がかなり違って、好みには個人差あると思う。

 豆乳は「肉を我慢して魚を食べる」よりははるかに楽な食生活改善なんで、これからもずっと飲み続けると思います。


クリニック(町のお医者さん)って良いですね

 私は40代半ばまで医者知らずでした。ごくたまに、それこそ何年に一度って感じで普通の風邪を引く程度だったし、風邪くらいで医者に行くこともなかったです。

 医者歴と言えば、就学前に「小児結核」というのをやり、大学病院に定期的に通院した(ほとんど記憶にない)のと、高校生のころ手首をねんざして外科に通ったくらい。ああ、小学生のころ夏休みに歯医者に通ったことはあるな。

 40代半ばで体調に異変を感じ、当時出来たばかりの横浜労災病院に行ったのが自分としては「初めての通院」の始まりでした。

 ですので、「病院という物はそういうもの」という固定観念がありました。何の観念かって、「とにかく待つ」「ひたすら待つ」「予約してあっても一時間は待つ」「予約してなくて突然行ったら、下手したら朝から夕方までひたすら待つ」、という固定観念。

 横浜労災病院、いまでは地域の中核病院(というのかな?)で開業医からの紹介状がないと予約も難しいようです。20年ほど前の完成直後は、紹介状が無くても飛び込みで普通に診てもらえました。いつからか基本的に紹介状が無いとダメ、というルールになったようです。

 そんなわけで、普通の町のお医者さんってのを知りませんでした。

 昨年末に「成人用肺炎球菌ワクチン」を接種してもらいに近くの内科に行きましたが、受診予約の話しが電話でかみ合わず、なんか不思議な気持ちで赴きました。予約なんかないんですね(^_^;) 床屋さんに行くのと同じ感覚でいいんだ。行ってみて、混んでたら出直せばいいだけな感じ。徒歩圏内ならね。

 先日血尿が出たときも、いままでだったら横浜労災病院に行って、延々と待って泌尿器科の受診を受けたと思います。でも、味をしめたというかなんというか、ネットで探して電車に乗ってクリニックに行ったわけです。大正解でした。

 大病院だと、原因がわからなかったりすると検査検査検査ですよね。なかなか終わりにならない。これ、サラリーマンと自営業者の違いかもしれませんね。クリニックだと、医者=院長=経営者=全責任を負う人、なわけです。評判悪かったら客(患者)が来なくなる。

 それに経費問題かしら。大病院ならではの高価な大がかりな検査機器があるわけで、さらにそれの操作のための技師さんなんかも大量に保持しないといけないし、間違いがあったら命に関わるから質の維持にも費用がかかる。償却もかなり負担だと思うので、とにかくいっぱい使って元を取らないとやっていけない。当然「検査しましょう」になっていくわけですよね。

 いまは横浜労災病院に定期的に通ってまして、もしなにか別の問題が発生したらすぐに他の診療科に診てもらえるからいいな、とか思ってましたが、ちょっと考え直そうかなと思ってます。

 クリニックで手に負えなかったら大病院(横浜労災とか)を紹介してもらえるわけだし、甲状腺と1型糖尿病、さらに副腎という慢性的な病気なんで、いますぐどこかがどうなっちゃうってわけでもなく、全部内分泌内科の領分だし専門のクリニックを探して良いお医者様に出会えたら、そっち行った方がいいかな。

 問題は「良いお医者様に出会えるか」なんでありますけどね(笑)
 結局、現状維持が一番楽なのかも知れません。