検査一覧

1型糖尿病と骨粗鬆症(骨密度)

 ブログネタにしたつもりだったのですが、すっかり忘れていたようです。昨年秋から年末にかけての話しです。

 私は凝り性なので仕事や遊びに関係なく、はまると徹底的にはまります。昔は何かにはまると、まずは入門書購入。そして情報雑誌の定期購読。実践しつつ、より詳しい書籍の購入と進み、見渡す限り本の山という状態になった物ですが、いまは良い時代でほとんどの部分はネットでわかってしまいます。ペーパーレス極めたりの心境(笑)

 1型を発症してまる8年。当然調べまくってます。1型糖尿病に関してはかなり詳しくなりました。でも1型糖尿病のことなら、いま知られていることはもうなんでも知ってる、わかってると思ってましたが、そうじゃなかったです。インスリンと骨密度って密接に関係してるんですね。

 昨年秋の定期診察のときに主治医がカルテをひっくり返しながら言いました。ちなみに、私は40代半ばまでほぼ医者知らずの体であり、バセドウ病発症以降ずっと同じ病院なのでカルテはここにあるものですべてです。かなり分厚いバインダーになってるけど、これ見れば私の病歴と経過がすべてわかる(笑)
 ああ、さらにちなみにですが、大きな病院だとよく主治医って変更になりますよね。私はなぜかそうじゃないんです。バセドウ病発症のときの主治医は一年足らずでいなくなりましたが、いまのドクターになってもう20年くらいずっと同じドクターです。いくつもの診療科を受診して、それぞれすぐに医者がかわりましたけど、分泌内科だけずっと同じドクター。

 医者『なかのさん、前回骨密度調べたのはいつでしたっけ』
  私『え? 骨密度なんて一回も調べてませんけど?』
 医者『え?って、え?』..カルテをめくり、パソコンの画面をアレコレ見てから..『じゃあ骨密度検査しますので日程を..』

 ということで調べたのであります。骨密度は加齢とともに悪化していくのは知ってました。女性の場合、更年期などでも骨密度が減っていくなんてのも知識としては知ってました。でも1型糖尿病と関係してるなんて知りませんでした。

 後日、腰と股関節と足首を検査した結果を見ながらのお医者様。

 『腰..ギリギリセーフだけどちょっと危ない』
 『股関節..ああ、もう危険信号ですね』
 『足首..もう骨粗鬆症と言うしかない段階です』

 待ってよ、待って。聞いてないです。加齢以外に骨密度が悪くなるの?1型糖尿病で骨密度がどうとかって、検索しまくっても出てなかったですけど...

 帰宅してから検索しなおしました。そうなんだって。骨密度を維持するにはインスリンが必要なんだそうです。血糖値を高め安定(合併症には関係ない程度の高め)にすると骨密度維持にまでインスリンが行き渡らなくなるかもしれないんだって。だからといって血糖値を低めに保つと低血糖での脳細胞破壊が怖い。インスリンを「血糖値消化以外に余らせる手段なんてない」ようです。

 じゃあ、どうすれば?

 ドクター曰く、『普通なら牛乳飲めと言うんですが』と。ダメなんです。私、乳製品大好きで牛乳とかチーズとか大好きなんですけど、牛乳は計算以上に血糖値が上がります。鬼門って言ってもいいくらい相性が悪い(私の場合ですよ)。しかも乳製品は大腸ガンへの影響が、とか言われ、チーズなども極力避けてました。ポリープ怖いし。
 カルシウムの多い食品って、炭水化物が多い食品がけっこう多いです。もちろんそうじゃないのもありますが、カルシウムだけを目的に食品を選べないんでめんどうです。

 あちら立てればこちらが立たずの典型みたいな感じがします。

 それと、メタボ体型の人は骨密度維持に有利なんだそうです。骨に負担がかかるから。あとはとにかく歩け、日に当たれと。今年に入ってからの「夫婦Deお散歩」は、実はそういう背景もあるのでありました(笑)

 薬はカルシウム剤ではなく、「ワークミン(ビタミンD3の補給剤)」を処方され、一日一錠飲んでます。一年くらい続けて、また検査して様子を見ましょうと言われてます。でも、骨密度って、いったん薄くなった物は復活しないんですってね。なんとかこれ以上悪化しないように維持するしかないようです。

 腰も股関節も足首も、自分では全然違和感ないです。一応、転んだりしないように気をつけて散歩してます。ってか、歩いてるときにそんなこと意識してないってのが本音かな。そんなおっかなびっくり歩いたら散歩になりませんって。

 次回、秋くらいかな。骨密度検査がちょっと楽しみです。より悪くはなってないはず。

日本ブログ村
にほんブログ村 病気ブログ 1型糖尿病へ
にほんブログ村


1型糖尿病とブドウ糖入り点滴の関係

 再び大腸ポリペク(ポリープ切除)に行ってきました。ポリペク自体は三年前やったときとまったく一緒。台本がある再現ドラマみたいに同じです。ポリペクがどんなだか知りたい方は「大腸ポリープ切除」をどうぞ。読み返してよかった。うっかりまた同じことを書いちゃうとこでした(笑)

 三年前に書いたときは点滴の話しをサラッと流しましたけど、1型糖尿病患者とブドウ糖入りの点滴の話を検索してみてもあまり出てこなかったので、それこそまた自分用備忘録(いつかまたポリペクやるかもしれないし)のために書いておきます。

ACETOKEEP_3G_1この点滴はアセトキープ3Gというもので、こんな成分になっていて、予定ではこれ一本を6時間で落とし、計4本で24時間の点滴となります。

組成/成分 500mL中
塩化ナトリウム:730.6mg
塩化カリウム:261.0mg
塩化マグネシウム(6水塩):254.2mg
リン酸二水素カリウム:680.5mg
酢酸ナトリウム水和物:1360.8mg
ブドウ糖:25.0g

 問題はこれ→「ブドウ糖:25.0g」。前回もこれで困ったのですが、今回もまたまた困りました。2型の人なら6時間で25gのブドウ糖なんて誤差のウチです。1時間あたり約4gですからね。自前のインスリンで消化できる範囲でしょう。絶飲食中なんですから。でも1型はそうじゃないのです。連続して(継続して?)延々と1時間あたり約4gのブドウ糖が入ってくる状態は想定してません。

 インスリンの注射は二種類ありまして、食前に打つ超速効型インスリンは効き目のピークがピンポイントで来ますから、こういうときには使えません。もう一つの基礎インスリン(ランタス)がこういう事態に対応できると思うのですけど、どう変化するか自分でデータを持ってないので、怖くて普段打ってる量しか打てません。逆に低血糖になったら危険ですから。カーボインスリン比は人によって違うし、朝昼晩でも違います。私は朝が炭水化物10gに対して超速攻インスリンが2単位。昼が10gで1.2、夜が10gで1.5くらいかな。持続型基礎インスリン(ランタス)は朝一回で7単位。これも季節で若干違う。かなり複雑怪奇でありまして、個人差がありすぎるので自分を被検体として自分なりにデータを積み上げないと医者でもわからないです。

 前回三年前に、規定どおりに点滴を落としたら260まで上がったことをドクターや看護士に説明し、最初から一本6時間を一本12時間程度の速度で落としてもらいました。予定では24時間で2本となります。

血糖値 こんな感じになりました。点滴開始前から150近いのは、私はランタスを朝打ちなんで、普段から朝一番はこのくらいあるのです。半分の速度で落として血糖値が60~70くらい上がるようです。指定どおりに流し込んだら200オーバーは当然だと思います。あくまでも「私の場合」です。どのくらいのカーボでどのくらい血糖値が上がるかは人によって違います。
 ネットでアセトキープを検索したら、出てきた説明に「慎重投与:糖尿病」と書いてありました。

 私の血管は点滴チューブ挿入したままで24時間は保たないようです(^_^;) そういえば前回も途中で漏れて入れ直したんでした。今回は点滴チューブの入れ直しは断りました。どうせ半分のペースでしか落としてないんだし、目的が水分の補給とブドウ糖によるエネルギー補給だそうで、血糖値コントロールと天秤に掛けたらこの点滴はしないほうがマシ、と主張しました。何かの治療のために点滴してるなら、どんなにイヤでも痛くても点滴チューブ入れ直すしかありませんが。

 点滴を中止したらブドウ糖が入らなくなったので見事に下がりました。やはり何も食べないと下がりすぎるなってのを実感できました。基礎インスリン7単位でうまくバランスが取れてるってことですよね。
 でも絶食の影響が大きいのでしょう。下がりすぎて夜中に低血糖を感じて目が覚めてしまいました。看護師を呼ばずに勝手に手持ちのブドウ糖を摂取。朝方同じくらいでしたからブドウ糖を摂取しないと低血糖だったな。

 退院前にドクターが様子を見に来てくれましたので、この件を話しました。ドクターの意見では、この点滴はやはり必要なんだそうです。ポリペクってのは痛みがないので簡単に考えてしまう患者さんが多いけど、内臓を傷つけるわけだからかなり大変な施術なんだそうで、予後の安全のためにもこれが必要だと。点滴しないと必ずどうにかなるってわけではないそうで、医者の側からすれば掛けられる保険はすべて掛けておきたいってことのようです。血糖値についてはもし次回があれば点滴にインスリンを混ぜることもできるそうで、事前に相談してほしいと言われました。って、事前に何度も何度も、そして点滴を始めるときにも、点滴中にも、何回も1型糖尿病だから血糖値が云々とドクターにも看護師さんにもお話したし、いつもはこんなに測定しないけど、こまめに測定したのを毎回看護師さんがメモしてました。それでも結局はわかってくれてなかったってことになりそう。血糖値コントロールは自分の未来がかかってるんだから、もっと強くしつこく主張しないとダメですね。

日本ブログ村
にほんブログ村 病気ブログ 1型糖尿病へ
にほんブログ村


末梢神経伝導検査やってきました

 検索してもこの検査を受けた記事がほとんどヒットしなかったので、せっかくやってきたんだからブログネタにしておきます(笑)

 末梢神経が壊れるのは糖尿病三大合併症の一つです。高血糖による毛細血管破壊の影響で末梢神経がやられちゃうやつね。毛細血管も末梢神経も壊れちゃうと再生できません。だから、検査して異常がわかったからといって何をどうすることもできません。普段から血糖値対策をきちんとやるしかないのです。

 検査の意味は「いま自分がどの辺にいるのか」を知ることに尽きます。血糖値コントロールって自分自身の制御ですから、だんだんと考えが甘くなってきます。何度も言いますが、高血糖で「その場で困る(痛いとか苦しいとか痒いとか)自覚症状」って、自殺行為的な暴飲暴食でもしない限りないし、あるとしてもその場では一過性(吐き気がするとか、目が回るとか)なんで、過ぎちゃえば忘れます。

 今回の検査もすでに自覚症状があって必要に迫られての検査ではなく、健康診断的な検査なので左手と左足、つまり片半身のみです。高血糖によって異常が進行するとすればだいたい両側同時に進行するはずだから片側調べればわかるということらしい。自覚症状としては手足の指の先が痺れる感じがしてくるようです。

 手は肘から指先まで。足は膝から指先まで。これを細かくわけて通電します。

 針を刺すわけじゃないので、そういう痛みはないです。電気ショックだけですから、終わればそこで痛みも終わり。痛みが残ることはないです。前回、五年ほど前にやったときはけっこうバチンバチンと痛かった記憶があるんですが、今回はバチンじゃなくてビクンって感じで痛さはあまりありませんでした。全然痛くない訳じゃないですけど(^_^;) 痛みより、来るぞ来るぞという怖さですかね。

 最近よくテレビで見る心肺停止のときのAED。電気ショックを与えると体が「びくん」となりますよね。もちろんあそこまですごくないです。でも、脚気の検査で膝小僧の下を叩いたときよりはずっと大きくはねます。電気流した手とか足とかだけですけど。検査は一瞬じゃなくて、数秒間ビクンビクンとさせられます。

 検査中、あまりしゃべることもないんでじっと黙ってたんですが、ふと思いついたことがあって、きっとほとんどの人が同じこと言うんだろうなと思いつつ、やっぱり言ってしまったこと。「この電気ショック、肩に流してもらったら肩こり取れそうですね」って。先生、うふふって笑っただけでした。きっとみんな言うからでしょう。肩こり低周波治療器、あれをもっとずっと強くして自分で加減できずにバチンと来るのイメージしてくれるとだいたいそんなもんです。

 結果はその場で出る訳じゃないのでまだわかりません。次回分泌内科の内診のときに教えてもらうことになってます。12月中旬かな。たぶん何ともないでしょうけど、結果が出たらまた報告することにします。

日本ブログ村
にほんブログ村 病気ブログ 1型糖尿病へ
にほんブログ村