健康一覧

幸せのピノ

 ピノってアイスクリームです。私は甘い物をさほど好きではありません。でもアイスクリームとチョコレートだけは大好きなのです。いまは残念ながらそれらはたくさん食べられません。アイスもピノを一日に一個くらい。一箱じゃないですよ。あの小さなピノを一個です(もっと食べたい)。チョコは、森永ダースを一日に一粒くらい。

 本題とは関係ない余談になりますけど(^_^;)、そのくらいだとね、血糖値の調整にちょうどいいです。血糖値が低めなときね。ブドウ糖は摂取して10分で血糖値が一気に上がるけど、一気にまた下がる。普通の糖分だと摂取して血糖に反映されるまで30分かかるけど、それなりに持続してくれる。だから、まだ低血糖を起こしてはないけど放っておくとやばいって感じに血糖値が下がってきたら、ケースにも寄るけど「ブドウ糖を3g」と「普通の糖分を3g」くらい摂取すると良い案配です。ほんとの低血糖状態になると「やばい、死んじゃう」って焦りが出まして、ブドウ糖でも10分は待たないといけないのが待ちきれず、焦ってたくさん摂取しちゃうと30分後に極端な高血糖になってしまいます。でもそういうときの10分って実に長いです。低血糖症状がおさまるまでじっとして待つ10分。


 ブドウ糖って言われて特別な薬品を想像する人がいるかもしれないから写真を。私が常備(家にも置いてるし、カバンにもいれて常に持ち歩いてます)してるブドウ糖はこれです。ドラッグストアや薬局で買えます。一粒3gの個別包装になってます。味は普通の砂糖です。甘いだけ。
余談終わり。

 ピノに「幸せのピノ」と呼ばれるハート型のピノが、数箱に一個の割合で入ってると以前どこかで読みました。それからは食べるたびに気にしてたんですが、いっこうにそんなの見つかりません。都市伝説なのかと思ったりしてました。

 でも昨晩見つけたんです! ハート型のピノ。あるんですね。お皿に乗せてみました。

 

 やっと見つけて喜んでいたら、今朝、なんとお星様のピノも発見。同じ箱の中です。6個入りの箱じゃなくて、26個入ってる「チョコアソート」です。一箱にハートと星が両方あった。

 

 ついっぷるくじも当たったし(tweet-sen だけどね)、良いことがありそうだ。


循環器内科から無罪放免された

 今日、循環器内科の診察がありまして、先日(6月21~22日)にホルター心電計でデータを取ったのを見ながら先生とお話。

 ホルター心電計で24時間計測しているあいだに一度不整脈(期外収縮)はあったものの、期外収縮は誰でも起きる物なので気にしない方がいいと。今回記録されたのは始まってから収まるまで1時間弱。もちろん発生中はそれに気づいてます。頻繁に起きるようなら話はまた別だそうで、頻度を自分で感じて「しょっちゅう」なのか「たまに」なのかと訊かれ、「たまにです」と言ったらこれはおしまい。

 その他の不整脈に関しては、心臓カテーテルまでやったし、造影剤いれてCT検査もやった。他にもいろいろ検査した。結果的に循環器内科としては問題が見つからない、まだ重篤な症状が出ている、続いているなら究明を続けるが、そういう症状もないので今回はここで終わりということになりました。

 私の場合、甲状腺に異常があり、さらに副腎が一つしかなく、そしてスイ臓のランゲルハンス島が壊れている。そこらから判断して「ストレスと体調不良」が引き金になって心臓への電気信号が乱れるのではないかということらしいです。ストレスには要注意だと。私の異常部分三つ、全部分泌内科の守備範囲なんですよね。私が診てもらってる先生、そこらの関連を何も言ってくれない。定期的な血液検査によるデータだと「正常値」の範囲に入ってるから問題ないという態度なんだけど、あくまでも検査したときの値だし、平均値のやつもあるし。

 セカンドオピニオンって言うんだっけ。分泌内科、他でも診てもらおうかな。でも、いまの病院は歩いていけるし、総合病院だからいざってとき緊急外来にいけるんで離れたくはない。電車に乗って医者通いって、たぶん私には続かない。

 ま、自己管理しかないんだろうね。死ぬも生きるも自分次第という当たり前の話に落ち着きそうだ。


不整脈のその後

 ゴールデンウィーク直前に心臓カテーテル検査を受けまして、その場でのアブレーション(焼杓)ができず、当面は薬を服用しつつ定期的に診察を受けて様子を見ることになったのですが。

 その薬、「メインテート」なるものが主に高血圧治療に使われる、つまり血圧を下げる薬なんですね。心臓を休める=血圧を下げることらしい。
メインテートの説明

 その説明だと糖尿病云々とありますが、私はそこらは関係ありません。そこでいうところの糖尿病とは2型糖尿病のことです。

 それはともかく、この薬、よく効きます。心臓のドキドキ感はほとんどなくなりました。なんだかとても楽です。

 が、しかし(笑) なんどか書きましたが私は低血圧なんです。なんかの拍子で上が60くらいまで落ちると数時間動けなくなることもあるくらいの低血圧。まあ、そこまでは滅多に下がりませんけどね。上80くらいまでなら普通に動けます(ちとだるさは感じるけど)。70まで下がると、動けはしますけど、やばいって気になってきます。

血圧グラフ
 低血圧の人が血圧下げる薬飲むとどうなるか。心臓カテーテル検査を受けることに決まった4月中旬から血圧を記録してありますのでみてください。メインテートは4月29日から服用を始めてます。

 グラフ部分の140と90にラインがあるのは、「上と下がその範囲に収まっていれば正常」という意味です。普通は「血圧の管理」といったら高血圧のことしか考えないです。

 グラフを見れば一目瞭然。薬を飲む前と飲んでる最中と上下で10は違います。脈もかなり遅くなる。数値は平均値しか出てませんけど、5月中の「上の最低記録」は75で「下の最低記録」は42です。脈も普段は70前後だったのが、50~60くらいに落ちてます。

 あまりにも低すぎるので6月7日の診察で、この薬はやめることになりました。8日から服用してません。グラフでもその日を境に上下が上がってます。血圧は良いんですが、脈拍数も少し上がり気味かつ動悸も再び気になるようになってしまいました。ということは、不整脈の心配も出てくるってことかもしれないのが気になります。

 薬の影響が切れるのに10日くらいかかるってことで、影響が切れた頃の21日からまた24時間心電計「ホルター」ってのをやることになってます。数値には出てこなくても影響が切れるにはそれなりの日数かかるのかも知れないですね。

 この暑さの中、ホルター心電計取り付けて電極は汗で剥がれたりしないんだろうか。それと汗でかゆくなったりしたらイヤ。どうなるんだろか。それがいまから気になってます。