健康一覧

初めてインスリン(超速効)を打ち忘れた

 1型糖尿病歴14年と半年。初めて食事のときの超速効を打ち忘れました。
(たぶん、初めてだと思う。記憶にないだけかもしれないけどw)
 なぜ忘れたかなぁ。とくに思い当たる節はないです。食事前に計算して打つ単位を決め、いつもならセットして目の前に置いてから食事の用意をしつつタイミングを見て注射します。食べる直前ではありません。5分程度前かな。食べる物によっては15分くらい前に打つと良いらしいんだけど、あまり早く打って、もし何らかの事情で食事が出来ない状態になったらイヤだなとか考え過ぎちゃって、だいたい5分程度前~直前です。

 なぜか、今日の夕飯時にそれをしなかった。リブレで血糖値はかり、食事予定の炭水化物を計算してリブレには打ち込んだんですが、実際に注射器を目の前に出す用意をなぜかしなかったようです。

 食事(20時頃)をしてそのままアマゾン動画を見て2時間後、血糖値をはかってびっくり。


 22時の段階でこんなになってました。なぜか右側に「↑」が出てない。一瞬何がどうなったかピンと来ず、もしかしてインスリン打ってないのか?と思うも、外出したときに家の鍵かけたかどうか思い出せないのと一緒でどうしても思い出せない。でもこれは絶対に打ってない状態だよなと、打つ予定だった単位を注射。

 

 22:30ごろ、さらに急上昇中。インスリン打って30分じゃ効いてこないですね。

 

 23:00ごろ、ようやっと上げ止まり。「→」に。

 

 23:30ごろ、トレンドは「→」だけど、少し下がり始める。

 

 24:00ごろ、注射してから二時間。やっと下がり始めた。
 ここで、ふと不安にw
 食べる前に計算したインスリン量を打ってしまったけど、これってやばいよね。
 だって、上がらないように食前に打つんであって、食後二時間ですでに300以上に上がっちゃってるわけです。それを下げる分+まだ上がりきってなく、これから上がる分を推測して打たないといけなったんじゃないかな。つまり食前の計算より数単位少なく打たないとダメだった気がする。

 実際、これ書いてるあいだに血糖値、急降下中。怖くてあと二時間くらいは起きてないとダメだな。たぶん寝る前に要補食になると思う。

 事後報告はとくに書かないと思いますが、14年と6ヶ月も失敗してなかったのが奇跡で、きっと「1型あるある」の一つでしょうねw

日本ブログ村
にほんブログ村 病気ブログ 1型糖尿病へ
にほんブログ村


めまいのその後、耳鼻科で仮釈放になりそうな感じでならなかった

 もうほとんどめまいの兆候はなくなりました。起床時にたまに「あら?」と思うことがあるものの、耳詰まり感や音割れまで行かずそのままおさまってます。

 本日、耳鼻科クリニックでも、そろそろ大丈夫そうだねと言われ、とりあえずいまは二週間に一度の通院が一ヶ月くらいにはなるのかなと思ったら、二種類処方されてる薬のうち、漢方薬(ツムラ五苓散17番)は当面止めておきましょうってなり、薬を減らしたので様子を見ないといけないからまた二週間後に来てね、と。

 経験上、たしかにそういうもんなんですよね。薬が増えると身体に合うかどうか副作用が出ないかどうかを診るために最初はわりと短期で診ることになる。薬が身体に馴染むまで10日~2週間くらいかかるのは身体で知ってる。
 その逆もありでありまして、離脱作用(離脱症状?)って言いましたっけ、薬をやめるときも二週間くらいで様子を診てもらった方が安心なのではあります。これがあるんで医者の処方薬を自己判断で勝手に増やしたりやめたり、もうよくなったからやめとこなんてしちゃいけないのです。痛み止めとかかゆみ止めとかの対処療法薬ならいいのかもしれませんけど、長期間にわたって服用する薬の自己判断は危険。
 逆に言うと、飲み始めて即効で効くような薬なんか怖くて服用できないですよね。じわじわと蓄積されて効き始めるわけで。まあ、漢方薬は離脱作用も少ないとは言われてるようですが。

 めまいも自然に収束してもう大丈夫なのか、処方されてる「アデホス」が効いてるからおさまってるのかわかりません。鹿威し(シシオドシ)みたいに少しずつ水がたまってきてそれが一気に排出されてめまい発生、って感じでしたから、もう水がたまらなくなったとは思いにくいんです。体質の問題もあるでしょうし。だから、薬の効果で水がたまらないうちに常に排出してる状態の可能性もある。アデホスを少しずつ減らして変化がないか見ていくことになるんだと思います。

 いずれにしても、医者は患者を離さない、って感じはしますw

 前回もらい忘れた「聴覚が一番悪かったときの検査結果」ももらってきました。

DSC_0464


 一番悪かったといっても、実際に一番悪かったときではないです。なぜって一番悪かったときは一歩も歩けなかったから。めまいがおさまり数日して外出できるようになったあと、耳鼻科に駆け込んだときの検査結果です。一歩も歩けないときも調べてみたいけど、たまたま入院でもしてるときに発作が起きないと無理でしょうね。
○で結線してるのが右、×が左です。

 ちなみにデシベル(dB)というのは音の強さ(音圧)の単位です。ゼロデシベルが人間の聴力限界でそれを1とし(1と決め)、20デシベルごとに10倍になります。20デシベルまで聞こえると40デシベルまでの人より2倍耳が良い、って意味ではありません。

 10デシベルで静かな息の音、20デシベル(ゼロデシベルの10倍)だと葉っぱが風でゆれてカサカサってする程度の音、40デシベル(ゼロデシベルの100倍)が静かな図書館内の音、一般的な会話は60デシベル(1000倍)程度と検索したら出てました。地下鉄内で100デシベル(10万倍)。

 聴力検査で20デシベルあれば上等もいいところみたいです。
 40デシベルでもたぶん日常生活にほぼ問題ないと思います。その一番悪かったときの左だけ30~40でもいわゆる難聴感はまったくなかったですから。もっとも右が聞こえてたからってのもあるでしょうけど、ステレオ的な音場定位感もおかしくなかったです。生活音って静かな図書館程度の音より大きそうですから。

 今日の検査分はまたまたもらい忘れちゃったのですが、前回検査したときの結果が以下のとおり。今回もそんな感じで前回から変化ないし、この歳でこれ以上はよくなりようがないと思う。

DSC_0465


 見てわかるとおり、なんで私はこんなに耳(聴力)がいいんだろってくらいすごいです。人間、取り柄はあるもんです。

 ただ聴力が良い(音が聞こえる)のと「良い音で聞こえるか」はどうやら別問題のようで、めまいが酷かったときは左耳の音割れが不快で音楽を聴く気になれませんでした。とくにイヤフォンとかヘッドフォンなんか全然ダメ。気持ち悪くなっちゃいます。
 そこらの不快感がなくなり再び音楽を常時聴くようになったら、スピーカー(とイヤフォン)に不満が出ちゃって。不満というよりいつまた耳がおかしくなるかわからないし、もういい歳だし、良い耳で音楽を楽しめるのもそう長いことはないだろなって考えたら少しでも良い音で聴いておきたいと思った、のほうが正解かな。
 でも部屋が部屋ですから「オーディオ」に凝るようなスピーカーもアンプ類も置けません。オモチャの延長でしかないんですけど、ちょっとだけいまよりマシな状態にしました。

 この話は「物欲」としてまた別の機会に。

★-------
10/13:編集追記

日本ブログ村
にほんブログ村 病気ブログ 1型糖尿病へ
にほんブログ村


「めまい」はそろそろ終わりに向かってそう(希望的観測)

 前回更新からかなり過ぎてしまいました。
 体調最悪ってことでは全然ないんですが、めまいがそのまま居座ってて「文章」を書く気にならなかったんです。ちょっと前からめまいは起きてないんですが、暑さのために文章を起こす気になれなくて、うだうだと少し書いてはそのままって状態に。短文で済むツイッターにはそれなりに投稿してたんですけどねw

 そんな風に良い状態になってきて、ブログも更新しないとなと。

 と、ここまで書いたのはもう10日ほど前。「暑さのため」状態がそのまま続いて放置してました。

 めまいは7月15日を最後に「めまいと言えるほどのめまい」は起きてません。もう一ヶ月近いですね。
 それまでのめまいはパターンが決まってて「耳詰まり感がひどくなる」「翌日音割れ感が顕著になる」「さらにその翌日目が回る」だったのですが、最後のめまい(7月15日)はそのパターンにはまらず突然目が回りました。ほぼ半日(8時間くらい)横たわったのはいつもと同じ。

 耳詰まり感はめまいの直前に顕著になるだけで、めまいとめまいの間もずーっと続いてはいたんです。気にしないときは気にしないけど、ふと気づくとわかる、という感じで。音割れも同じ。ずっと音が割れて(左耳だけ)るんですが、通常の生活での会話とか日常音はあまり気にならず、イヤホンなどは違和感(不快感)でダメって感じ。めまいの直前(と最中)だけ顕著に割れて聞こえてた。めまいがおさまると最初に戻ってそれの繰り返し。

 そんな感じだったのが7月15日の「前触れ無しの突然のめまい」のあと、数日後の起床時からまったく耳詰まり感も音割れも気にならなくなりました。

 耳鼻科の先生に報告しても「突然治癒するってことはあまり考えられない」と半信半疑な感じです。一ヶ月から二ヶ月めまいの発作が起きなかったらとりあえず今回の症状は一段落であろうと。でも薬が効いてるだけかもしれないので薬だけはしばらく続けた方が良いだろうとも言われました。いまは隔週通院ですが、あと二回ほど通院したらその後は一ヶ月に一度、状態確認と薬の処方のために通ってねって。うーーん、客を手放さない感じかなw

 今回は4月に最初のめまいが来てざっと三ヶ月強。四年前は5月に最初のが来て8月までやはり約三ヶ月。原因は違うだろうとの診たてだし、四年前は音割れなんかなかったので違うんだろうけど、なんだか不思議です。今回収束してもまた数年後に三ヶ月悩むのかも知れない。

 ちなみに、検査結果が悪かったときはこんな感じ。日付が写ってないけど7月3日です。

 もちろん一番悪い時じゃないです。だって、一番悪いときは一歩も外に出られないので検査なんかできないから。
 めまいが終わって何日かして、そろそろ外を歩けるかなってときの耳の状態です。
 ○のラインが右耳で×のラインが左耳。0(ゼロ)に近ければ近いほど「耳が良い」状態で20dBより上なら通常は問題ないとされるレベルだそうです。
 左耳が1000Hzより下がかなり悪い。125Hzまでしかないけど、それより下はもっと悪いはず。前(5月11日)に書いたけど、音割れとともに、低音部のピッチがわずかに違ってました。この検査ではそういうのは出ないけどね。前に書いたのを抜粋しておきます。

ただ、難聴にはなってなくて、「大人には聞こえない音」に書いたリンク先でチェックすると右は問題なく25Hzから13000Hzまで聞こえ、左も50Hzから12000Hzまでちゃんと聞こえる。この可聴域、ちょっと自慢だったりするw たしかここまで聞こえると耳年齢40代後半だったんじゃないかな。「耳年齢チェック」で検索するとわかります。40代後半ですねw 血圧(上100くらい)と耳だけは自慢できる。

 でも今回は左の低い方50Hzの聞こえ方が変。ピッチが少し狂って若干上にずれる。半音まではずれてなく、ほんとに若干だけど右と聞き比べるとわかる。75Hzからは左右同じピッチで聞こえる。

 検査結果表が125Hzから8000Hzまでしかないのは、そこまで聞こえれば生活するにはそれ以上はおまけみたいなもんだからなんでしょう。

 ゼロに張り付くような人もいるんですか?と訊いたら、小学生でとくに耳が良いという子くらいしかいないでしょうね、と。

 そして、耳詰まり感も音割れもピタッと止まった数日後の検査結果がこれ。7月17日。

 これがベストではないです。その二週間後に検査したときはもっと良い結果だったんですが、いろいろとこのめまいは今後どうなるのかなどを話し込んでたらこれをもらうの忘れちゃったw

 なお、処方薬は二種類もらってますが、一つ(漢方薬:ツムラ五苓散17番)はめまいの薬というより、主にめまい時の吐き気を押さえる薬です。酔い止めですね。これは今後処方無しでいいのかもしれない。
 もう一種類、アデホスコーワも直接の「めまいの薬」ではないんです。血流の流れをよくする薬となってます。
 めまいの原因って確定診断が難しく(MRIもエコーも内視鏡も不可)、症状にあわせて判断するしかないようで、私の場合、三半規管に水がたまってそれが鼓膜を押し、音が割れたりしてるのだろうってことで、利尿効果と血流をよくすることで水分除去を主体にしたみたいです。めまいがおきると水がほぼ排出され、また一週間かけてたまってくると目が回るという循環かな? なんだか「鹿威し(ししおどし)」的なものを想像してしまいました。
 それがなぜ突然水がたまらなくなったのかはドクターも首をかしげるだけでよくわからないらしい。元々がそういう原因じゃ無かった可能性もあるな、と自分では勝手に思ってます。通院しなくても(薬を飲まなくても)時間経過で治ったんじゃないかとも思ってます。なんとも言えないけどね。

 ついでに、「利尿作用ということならコーヒーや紅茶、アルコール飲料なども効果あります?」と訊いてみたところ、あるとは言われませんでした。症状改善以前に別の問題でお薦めはしないそうです。そして、この薬はコーヒー紅茶よりずっと利尿作用は少ないそうです。最初に処方された「イソバイド」なるゼリー状の薬は利尿作用が強く、前立腺肥大の排尿困難持ちの私には夜間かなりつらかったです。寝る直前にビール飲んだくらいの尿意と尿量で睡眠不足で倒れそうだった(誇張じゃなくマジで)。昼間はこまめにトイレ行けばいいだけなんですけど。

 ツイッターに書いた「無性に音楽が聴きたい症候群」については別のブログネタがあるので、後日またその気になったら書きます。ちょっとだけ書くと、いつまた耳がおかしくなるかわからないと思ったら、耳が大丈夫なうちはもっと良い音で音楽聴きたいなと、物欲の嵐に襲われたという話しでございますw

日本ブログ村
にほんブログ村 病気ブログ 1型糖尿病へ
にほんブログ村