健康一覧

明け方に尿閉やらかしました。

 やってしまいました。一年ぶりです。夜9時を過ぎたら水分摂らないようにしてるんですけどね。
 前日夕方、久しぶりにコーラをコップいっぱい飲んだけど、それか?
 飲んだ分が体に取り込まれちゃって寝るまでに排出できなかったってことかな。水分補給にはコーラがいいのかも。
 毎日一錠飲む薬(タムスロシン)のおかげで一年間なんでもなかったので油断してたのかも。

 いつもは就寝後から起床までの間に二回程度トイレに起きます。一回目は就寝後二時間くらい。二回目は早くて三時間、四時間くらいあくときもあります。その後また寝るわけですから睡眠時間は確保されてるし、日常生活に支障は来してません。昨晩は一回目のトイレのとき、なんか出が悪いなと思ったんですが、とくに気にしませんでした。二回目のトイレで尿閉。初めてだったら焦りまくるだろうけど、二回目ですから、ああ尿閉しちゃったと。この時点ではそんなに深刻に考えてません。水分摂り過ぎたわけじゃないし、一気に深刻なほど膀胱満タンにはならないだろ、タクシー呼んで夜間診療所とやらに行けばそれで済む、程度に考えてました。

 ところがそうはいかなかった!

 昨年春の尿閉は平日夕方だったので、前立腺肥大で通ってる泌尿器科クリニック(センター南の木村クリニック)で処置してもらい、思いのほか痛くなく、医療の発展はすごいなと思ったのに(前立腺肥大による排尿障害、そしてめまい(1))(ブログ内リンクです、別窓で開きます)、今回はもう拷問並の激痛でした。医療の発展じゃなくて医者の腕だったんだと痛感。

 寄りによって日曜の朝。ま、日曜じゃなくても木村クリニックが開くまで我慢出来ないと思うけど。
まずは検索して近くの夜間救急センターに電話。と、メッセージが流れて24時までなんだって。知らなかった。夜間というのは普通のクリニックが終わった後の20時~24時のことらしい。
 流れるメッセージにあった、時間外(夜中とか)に診てくれる病院を探してくれる「なんとかセンター(気持ちが焦ってるので電話番号書き留めるだけで精一杯)」へかけなおし。
 こっちの住所を言いながら状態を話し、とても長時間は我慢出来ないと言ってるのに、最初に紹介されたのは、なんと中区の診療所。無理。港北か都筑でないですかと質問し、次に教えてくれたところに行くことに。そこに電話してOK取ってタクシーでいって、タクシー代4600円也。
 尿閉に気づいてからここまでですでに1時間半くらいかかってます。尿意感がもうせっぱ詰まりそう。

 焦ってるから、今思えばなんで気づかなかったんだろうってことが一つ。横浜労災病院の救急外来に電話して確認するのが先だったんだよね。断られる可能性もあるけど聞くだけ聞いて損はなかった。泌尿器科はかかってないんだけど、診察カードあるし、一応かかりつけ病院だし。そっちだとタクシー代4千円弱。

 病院に着いてから受付し、割とすぐに処置室へ。でも医者が来ない。仮眠でもしてたんだろな、と待つことしばし。
 ER緊急救命室見てるから、わかるよ。明け方の急患にベテラン医師があたるとは限らないよね。マスクしてるからわからなかったけど、しゃべり方は若い感じの女医さんだった。尿パイプ入れていくとき、拷問並の痛さ。持続する痛みかつ少し進むと激痛。痛いだけじゃなくなかなか導尿出来なくて尿パイプを前後に動かすから痛み倍増。動くと危ないから力抜いて動かないでって言われるんだけど、ズキッときたら「うっ!」なりますって。あれを耐えて、ビクッとも身動きしない人がいるとは思えないです。
 でも導尿(尿パイプ)って医者になるための学校で最初のうちに教え込まれるって聞いてたんだけど、やっぱりそれでも専門にしてないと不慣れなんだろね。

 処置後の痛みがまだ続いてる。排尿時の出血は二回で止まったけど、しみる痛みはまだ続いてる。
 ストレスで食欲無し。怖くて水分もあまり取れずに帰宅してからさっきまで横たわってた。


 帰宅してから時効型インスリン(トレシーバ)だけ定量打ち、水分はここまで麦茶コップ一杯半くらい。食事はまったく無しなのに血糖値が上がりっぱなし。ストレスで高血糖っての、またも検証してしまったw
 膀胱や尿道が変に傷ついてないか心配なので、一晩経っても排尿時の痛みが消えなかったら、明日一番で木村泌尿器科に行ってきます。痛みがなくなってたら次回定例診察時まで待つことに。

 久しぶりのブログ更新がこんなのでアレだけど、まあ備忘録なのでお許しをw

日本ブログ村
にほんブログ村 病気ブログ 1型糖尿病へ
にほんブログ村


今年も今日で終わりですね

 ずっと更新をサボってきましたが、一年最後の大晦日くらい更新しないといけませんよね。
 最近は、思いついたときに思いついたことをサッと短文で書き殴れるツイッター(https://twitter.com/mn2516)で書き欲は落ち着いちゃってます。

 さてさて。今年はいろいろありました。世間で、ではなくて私の身辺で。

★大きなのが「めまい」と「尿閉」

 先に来たのは排尿障害(尿閉)。「前立腺肥大による排尿障害、そしてめまい(1) ブログ内リンク」

 めまいとほぼ同時期だったのでなんらかの関連はあるのかもですが、症例的には全然関係なさそう。尿閉はもちろん初めてです。
 めまいはその四年前(2015年春)、季節も同時期に救急車で救急外来に運んで貰ったほどのめまいを経験してます。「めまいと吐き気 ブログ内リンク」
 そのときの経験のおかげで「これで死ぬことはなさそう」という安心感は持てました。なんでも経験様々ですね。

 尿閉は初めてです。当面は薬だけです。薬名「タムスロシン」。他はおしっこをためすぎないように努力するだけ。前立腺の手術はいまのところまだお薦めしないと言われました。手術は難しいものではないが、それなりに危険を伴わないわけじゃない。尿閉は尿パイプで導尿すればいいだけで命に係わることじゃないから、と。「あ、出なくなった」と気づいた時点でどんな病院でもタクシーで駆けつければ大丈夫。導尿はドクターなら誰でもできるそうな。最初の時は切羽詰まるまで医者に行くかどうか迷ってたからつらくなっただけ。だそうだ。

 めまいは8月ごろにほぼ収束、その後少し様子を見て10月には耳鼻科から解放されました。排尿障害は続いてます。これはもう今後ずっと一生物、最悪な場合は肥大しすぎて手術を免れなくなればそこで薬は解決、となるらしい。めまいがおさまってから、反動だと思うけど、食欲旺盛になって体重増加を抑えるのが大変です。過去形じゃなく、いまだに食欲がすごくて長年の平均体重より2Kgほど多く、なんとか元に戻さねばと思うのにそこから減らないで困ってます。幸い、これ以上太っては行かないんだけどね。BMIもまだ24弱なんで年齢から考えるとこれくらいあったほうが良いらしい。

★孫三号が小学生になりました。
 これで娘(私の娘、孫の母)は保育園の送り迎えがなくなった分、少しだけ楽になったらしい。孫一号は六年生に。あと数ヶ月で中学生だ。早いよねぇ。あと10年もしたら、もしかしたらひ孫が居る可能性だってゼロじゃない。私は24で結婚して25で最初の子を持ったから。
 ちなみにロンドン在住の息子一家のとこの孫二号も来年秋に中学生になります。60歳も70歳も大差ないけど、2歳と12歳じゃ全然違う。

★ツイッターも、このブログも8月で満10年を過ぎました。
 どちらも2009年の8月に始めてます。ツイッターは淡々と継続してます。ブログは最初の頃の勢いはもうないし、そこまでの気持ちもないですね。
 やはり何かに特化したブログじゃないと継続は難しいのかもしれません。継続は力なりと言いますが、だらだらと継続してるだけになっちゃってます。閉鎖するつもりはないのでしばらくはこんな状態ですかね。ツイッターでは書き切れないときとか、備忘録的に書いておいた方があとで思い出しやすいな、とか。そんなときにはブログ、ですよね。ツイッターはそういう目的には使いにくいです。

★FreeStyleリブレ
 本年のできごとってわけじゃないですが、FreeStyleリブレ、昨年初頭から使い始めたので今月で丸二年経過です。もうこれなしじゃ1型糖尿病生活できないくらいになってます。1型糖尿病患者としてのQOLは飛躍的に改善されたと思います。
 製品自体はまったく変わってない(見た目も仕様も)ですけど、少しずつ改良されてるのではないかと思ってます。とくに肌との接着面。昨年夏はあれほど辛かった痒みが今年の夏はそれほどでもなかったし、普段の剥がした跡も以前ほど真っ赤ではないです。ライバル製品も出はじめてますし、改良しないとライバルに喰われちゃいますもんね。
 さらに精度というのか感度というのか、そこらも改良された気がします。じっとしてて以前ならなだらかな横向きトレンドの状態(飲み食いしてない)でもトレンドが真上指したり真下指したり。
 グラフ的にはそこまで上下動してないから自分の身体の変化ではなく、短い周期で変動をチェックしてるみたい。問題はなさそう。でもやはり真上や真下を矢印が指すと気にはなります。

★本年もいろいろお世話になりました。
 来年もぼちぼちだらだらと毎日が日曜日な生活を送る予定です。よろしくお願いします。

日本ブログ村
にほんブログ村 病気ブログ 1型糖尿病へ
にほんブログ村


初めてインスリン(超速効)を打ち忘れた

 1型糖尿病歴14年と半年。初めて食事のときの超速効を打ち忘れました。
(たぶん、初めてだと思う。記憶にないだけかもしれないけどw)
 なぜ忘れたかなぁ。とくに思い当たる節はないです。食事前に計算して打つ単位を決め、いつもならセットして目の前に置いてから食事の用意をしつつタイミングを見て注射します。食べる直前ではありません。5分程度前かな。食べる物によっては15分くらい前に打つと良いらしいんだけど、あまり早く打って、もし何らかの事情で食事が出来ない状態になったらイヤだなとか考え過ぎちゃって、だいたい5分程度前~直前です。

 なぜか、今日の夕飯時にそれをしなかった。リブレで血糖値はかり、食事予定の炭水化物を計算してリブレには打ち込んだんですが、実際に注射器を目の前に出す用意をなぜかしなかったようです。

 食事(20時頃)をしてそのままアマゾン動画を見て2時間後、血糖値をはかってびっくり。


 22時の段階でこんなになってました。なぜか右側に「↑」が出てない。一瞬何がどうなったかピンと来ず、もしかしてインスリン打ってないのか?と思うも、外出したときに家の鍵かけたかどうか思い出せないのと一緒でどうしても思い出せない。でもこれは絶対に打ってない状態だよなと、打つ予定だった単位を注射。

 

 22:30ごろ、さらに急上昇中。インスリン打って30分じゃ効いてこないですね。

 

 23:00ごろ、ようやっと上げ止まり。「→」に。

 

 23:30ごろ、トレンドは「→」だけど、少し下がり始める。

 

 24:00ごろ、注射してから二時間。やっと下がり始めた。
 ここで、ふと不安にw
 食べる前に計算したインスリン量を打ってしまったけど、これってやばいよね。
 だって、上がらないように食前に打つんであって、食後二時間ですでに300以上に上がっちゃってるわけです。それを下げる分+まだ上がりきってなく、これから上がる分を推測して打たないといけなったんじゃないかな。つまり食前の計算より数単位少なく打たないとダメだった気がする。

 実際、これ書いてるあいだに血糖値、急降下中。怖くてあと二時間くらいは起きてないとダメだな。たぶん寝る前に要補食になると思う。

 事後報告はとくに書かないと思いますが、14年と6ヶ月も失敗してなかったのが奇跡で、きっと「1型あるある」の一つでしょうねw

日本ブログ村
にほんブログ村 病気ブログ 1型糖尿病へ
にほんブログ村