宅録一覧

Music Studio Producer(MSP) で遊んでます

 前回はトラック三つ使いオーディオ録音してステレオミックスダウンしてみましたが、今回はMIDIの打ち込みにチャレンジしてみました。ベースです。ベースなら単音だし、音符の位置をマウスでクリックしていくだけなので、必要なのは根気だけでなんとかなるだろうと思ったのです。ベース音が入ると入らないでは聴いた感じがかなり違いますもんね。


 MIDIの打ち込み部分冒頭は見た目こんな感じ。音を置くのも削るのもマウスでポチッと。コピペもできるから同じコード進行のときはコピペで。最初はかなり細かく音を作り込んだんですけど、通して聴くと、ベースって「単純であるべき」って気がしてきます。もちろん曲によるんでしょうけどね。今回はそうでしたので、せっかく打ち込んだ部分もあっちこっち削りまくって単純に。

そのMIDIベース、冒頭部分の音はこんな感じになります

 ベースはそういうわけで思いの外簡単にできたんですが、MIDIのテンポとリズムマシンのテンポを同期(シンクロ)させる方法がわからない。MIDIのほうはテンポを数値で指定するんで、速度は目で見てわかりますが、ミニアンプ付録のリズムマシン、テンポの指定がボリュームを回すタイプなんです。数値で指定できないから、聞きながら合わせてみたりしたんですが、どうしても微妙に違うわけでずれちゃう。ほら、車に乗ってラジオ聴いてて、ウィンカーの「カッチカッチ」が曲とぴったりあってるような気がするときがあるじゃないですか。でもほんとは合って無くて、だんだんとずれてくる。あの感じです。

 三連のバラードなんで、あまり深く考えないでよさそうだし、なんとかなるだろうとドラムパートもMIDIで打ち込んでみました。ドラムのパーツの名前知らないんで何というかわからないけど、バスドラムとチッチッチってパートと、スティックで縁を叩く「カツン」ての。その三つの音を二小節分作って残りは全部コピペで済ませました。

 ドラムとベースをMIDIで作り、それを流しながらギターを2トラック分弾いて、さらに歌と、全部で5トラック使ってます。エフェクトは歌の部分のみコーラス+リヴァーブ(少し深めに)を掛けただけ。歌にエフェクト掛けるとなんだかかっこいい(笑)

 ギターは出だしから間違いかけてるけど、五つの各トラックを何度も何度もやり直してるわけで、全部が納得いくまでなんてとてもできないです。これだけやるのに土曜日ほぼ丸一日かかってます。失敗してるところだけ別テイクで取り直し、うまいこと貼り付けたりしの修正ができたりするんだろうけど、方法がわからないし、今回はここまでってことで。

 曲は「ミスターロンリー」です。ファルセットの部分がうまく声が出ませんでした。裏だか地だかわからん声になってしまった。キーはCで、最高音はG(ギター一弦3フレット)です。もう半音か一音下げたほうがよかったかも。それに、一日これやって、もういいやとなってからオリジナル聴いたら、テンポがもっとずっとゆっくりなのね。先に確かめればよかった。MIDIの段階でなら速度はいくらでも変更できるから。

「ミスターロンリー」

 なお、MIDIをオーディオトラックに移す方法は「MSPの使い方:オーディオ編」を参考にさせてもらいました。


エレキギターの演奏

 初めてのエレキギター で書いたとおり、アンプは見た目まるでグリコのおまけみたいな小さなアンプ。リズムボックス機能も「音色が変わるメトロノーム」であり、スタートとストップも手で押さないといけないので演奏中には制御できない。もちろんリヴァーブなどのエフェクターなんてのもなし。

 以前はサウンドミックス機能で二重録音などしてからソフト(サウンドエンジンなど)でリヴァーブをかけたりしてたんだけど、トラックという概念を持ったソフトではないんで、録音されてる音全体にエフェクトがかかってしまうのね。先に歌とかリードギターとかメロディラインを録音してエフェクトをかけ、そこにサイドギターなどを上乗せしていけばいいんだろうけど、先にメロディラインを録音してあとからリズムを乗せるのは難しい。

 高価なハードウェアが必要かな、ただの遊びにそこまで金をかけたくないな、とあきらめていたんですが、すごいソフトを見つけてしまったのです。「Music Studio Producer(MSP)」、これがまあすごいんです。マルチトラック使った多重録音ができます。本来はMIDIを使った作曲用のソフトなんだけど、MIDIは全然わからないのでそっちは触らずに、それのオーディオトラック部分を使って遊ぶわけです。ちなみに、正式対応はXPまででVISTA,Win7は対象外。使ってみたところ、ほとんど使えます。ただ、プラグイン系(一緒にセットアップされる同梱されてるものも含む)のエフェクト関連はNGみたいです。選択するとエラー表示になります。エラー無視して他のことをするとエラーダイアログ無限出現状態になって、止めるのに一苦労します。エラーを出したら一度ソフトを終わらせたほうが無難。それ以外はいまのところ(私の使い方では)Win7でもなんとか無事に動いています。

 さてこのMSPですが。あまりにも超がつく高機能故に使い方が全然わかりません。ソフトの主目的は「MIDIを使った作曲」なんで、起動した直後に適当にいじってもMIDIのソフトなんだなぁと思うだけです。オーディトラックなどの言葉もちらちら見えるので、普通の波形データも扱えるんだよな、と想像はつくものの、どうしたら良いのか見当もつきませんでした。
 さあ検索です。ありがたいもんです。目的にぴったりのレクチャーサイト見つけました。ケーナ奏者の方が作られた、ケーナを演奏して録音しようというサイトです。
「録音しよう」、そのサイトを最初から順番に見ていくだけで、マルチトラックを使った多重録音と、その録音したデータを wav に落とす方法がわかります。マルチトラックですから、パートごとにリテイクもできるし、パートごとにエフェクトもかけられる。パートごとにボリュームの調整も可。

 まあ、リテイク可とは言っても、一人で遊んでると同じパートをフルコーラスで二回リテイクしたら飽きます。普通に弾いてるとかなり長時間遊んでられるんですが、あれって長時間遊んでてもフルコーラスを毎回やってるわけではないんですよね。あちこちつまんで適当に弾いて遊んでるだけ。いざ録音しようとするといやでもそれに気づかされます。通してミス無くなんて弾けないのです。どこかで間違える。ミス無く最後まで行ったなと思って再生するとリズムに乗れてないところが多くて耳障りだったり。でも二回やるともうこれでいいやと思うくらい疲れます(ほんと)。

 それから、一人多重録音するとはっきりわかりますけど、リズムって難しいですねぇ。演奏してるときは頭の中で組み立てたリズムはそのまま手と連動してきっちりとリズムを取ってるつもりだし、演奏しながら聞こえてくる音はそうなってるのに、つまり、頭と手と耳はちゃんと一致してるのに録音再生してみるとバラバラ。私の場合、突っ込みが早すぎるのが多い。何分の一拍とは言えないくらいのわずかなんだけど、アタックが早い。前のめりというか、そんな感じになる。頭と手がきちんと連動してないってことだよね。リズムには自信あったんだけどな。うん、年のせいだってことにしておこう。

 ということで、「春がいっぱい(Spring is nearly here)」を録音してみました。シャドウズの曲です。コード進行やメロディなどの譜面まったくなしで、耳コピです。コピーまで行ってないですね。うろ覚えのメロディです。本物を何回聞き直しても正確に暗記できないのも「年のせい」ってことで(^_^;) メロディ進行もおかしなとこあるし、コードも適当なんであってないところ多いです。

 トラックは三つ(つまり三回にわけて録音ってことです)使いました。ドラム(リズムボックス)とリードギター(セミアコエレキ)、この二つはライン直結。それとサイドギター(アコギ)、これはマイク録りです。左右の定位も適当に割り振ってミックスダウン。エフェクトはリードギターにリヴァーブかけただけです。MIDIを駆使すればベースもドラムも鳴らせると思うんですけど、説明を読んだだけで気が遠くなりそうになりました。覚えるのも大変だけど、打ち込みに要する根気や時間が私には耐えられそうにありませんでした。

(検索で入ってきた人はわざわざ聴かない方が幸せだと思います。←本音)

「春がいっぱい」


録音してみました

 2ヶ月近く経って、ある程度勘を取り戻してくるとだんだん録音して自分で聞いてみたくなる。私だけじゃないと思うけど、そうだよね? 録音して聞くと欠点もわかるしね。

 「ギター再開4週間」で写真を載せたようにマイクはあります。古いけどね。ソニーのECMが二本。さらに実はダイナミックマイクも持ってましてそれも発掘済み。


 これを買ったのはいつだったかな。30歳のときに土地家屋調査士会の30周年記念式典があり、それに支部でバンド組んで出たことがありまして、そのときに買ったような気がする。ちなみに私はそのときはエレキベースをやりました。有志が8人ほど揃ったんですが、出来る楽器はスチールギター・ウクレレ・フルートの他、ギターが三人、楽器出来ずが二人。ギターが三人いてもなぁってことで私がベースをやることに。そのときは録音しなかったんですが、翌年だったかな、本会の賀詞交換会でも余興でそのバンドやりまして、そのときにテープに録音したのが出てきました。それはまた何かの機会に。


 ソニーのECM二本、ステレオアームやら変換プラグやらはきちんと同じ箱にしまってあったのに、マイクホルダーが見つかりません。どこかに紛れてると思うんですけど、いくつか開けてみた段ボール箱には入ってませんでした。他人と演奏するわけじゃないし、マイクを転がしておけばいいやと思いましたけど、けっこう不安定なのでステレオアームにビニール紐で縛り付けました。一本だけ縛り付けたら不安定だったので二本とも縛り付けてみました。別にステレオで録音する意味はないんだけど。

 あ、そうそう、録音は前回の「ギターのその後」で書いた三択のうちの三番目、audio-techinica AT-PMX5P を買いました。しばらくはこの趣味続きそうだしと思って踏み切りました。ギターは指使うし、老化防止に良さそうだしね。←自分を納得させる言い訳かも(笑)

 ギターの弦をこの二ヶ月張りっぱなしで取り替えてないんでさすがに音も変。弾き方が悪いせいもあるんだけど。そろそろ張り替えないといけないな。


 一つ目は「Don’t Think, Twice It’s All Right」を1コーラスと「Puff The Magic Dragon」を少し。ともに2フィンガーピッキングです。途中指は引っかかるし、違う弦叩いてるし、リズムも狂い気味(途中シンコペ気味で正確なリズムになってない)。まあ再開して2ヶ月弱のジジィがやってることだから、こんなもんだ。パフは少し歌ってみました。声を出して歌うのは10年(以上)ぶりだと思う。声も出てないね。声が細くて歌い方も貧弱だ。歌も歌い続けないと衰えるばかりだ。ムスメに頼んでカラオケでも行かないとダメだな。夫婦で行けばいいのか。一人じゃさすがに恥ずかしい(笑)


 二つ目。元々私のギターはいまで言うところのソロギターじゃなくて、歌の伴奏のため(ほとんどフォーク)だったので、フォークじゃないけど Route66 を普通に弾いて歌ってみました。弾き語り、難しいです。頭の中でのイメージと声と手が合わないし、コード進行忘れちゃう。コード進行に気をつけると歌忘れちゃう。最後の方1小節狂ってます。終わり方もおかしい。人に聞いてもらうほどのもんじゃないんだけど、ついでってことでだしときます。笑わないでね。

懐かしい品々 ←こっちの下の方に40年くらい前に録音したのを数曲入れてありますので、好奇心の強い方はどうぞ。あらためて聞いてみたら、いまよりは若干マシに思えます。