宅録一覧

Domino(MIDI編集ソフト)

 歌ったりギターを弾いて録音したりはMSPがいいんだけど、なにせ高機能なんでできることが多すぎて、思い立ったが吉日で急に始めたMIDI初心者にはわからないことだらけ。

 まずはとにかく用語になじもうといろいろと調べて行くウチに「Domino」なるソフトに行き当たりました。もちろんフリーソフトです。

 MIDI専用のソフトで、自分で歌うとか楽器を演奏して録音とかのオーディオ録音はできないみたいです。でも、専用ってのは、ある意味使いやすいってことでもあるんだよね。オーディオ録音するのはMSPを使い、そのバッキング(伴奏)パートをMIDIで作るのに Domino を使うといいかも。ってことでいじってみました。

 ドラムのパートもMSPだとドラムの各パートの名前が出てなくて、「資料」の真ん中より下の方にある「Percussion notes」を見て、鍵盤のどこが何に該当ってのを確かめつつ実際に音を聞きながら選択するんで、ドラムなんか叩いたこともない私には難しかった。

 この「Domino」だとドラムを選択すると左端にドラムのパーツ名が出ます。とてもわかりやすい。といっても、パーツ名を知らないとわからないわけで、「ドラム/パーカッションの入力方法 ~準備編~(リンク切れ)」を参考にプリントアウトして名前を確認しました。

 試しにドラムパートを8ビートで作り始めたら面白くなって少し打ち込んでみました。型を作って延々とコピペではなく、それなりに打ち込んでます。簡単とはいえめんどくさいです。時間もかなりかかりました。ついでにピアノもちょっと打ち込んでみた。ピアノが弾けなくてもMIDIなら演奏できます(笑)


こんな感じです。左端が鍵盤ではなく、ドラムのパーツ名になってます。


音階のある楽器だとMSPと同様に鍵盤になります。

こんな感じに聞こえます。
MIDIドラムの打ち込み練習(ピアノ付き)

 適当に作ったのでイントロでもなく曲の途中でもなく、まあ雰囲気だけのものですけど、ベースも入れてみるつもり。でも、ドラムとピアノだけでも、そこそこカラオケにはなりそうですね。


DTMって言うんですね

 MIDI使ったり、多重録音したり、パソコンのサウンドで遊ぶのを「デスクトップミュージック、DTM」って言うんだって知りました。

 かなり長い間パソコンオタクをやってますが、サウンド系はほとんど、いやまったく触らないまま来てました。音楽大好きなのに、パソコンと音楽を結びつけるきっかけがなかったんですね。

 パソ通時代にもMIDIはありましたが、なぜか私の興味の範疇であるポップスと絡めて考えなかったんです。クラシックとかテクノとかそっち方面のものだと思い込んでいたみたいで、これを歌の伴奏に使って自分で録音するなんて考えもしなかった。

 今回興味を持って始めてみて、何が困ったかって、その使われている用語です。そりゃ「エフェクタ」と言えば効果のことだし、エコーとかそんなもんだろうくらいはわかるけど、その程度しかわからない。リヴァーブとエコーの違いさえ知らなかった。用語がわからないとMSPの使い方読んでも意味するところが全然わからないわけですよ。

 まさに「何がわからないのかわからない」状態。パソコン初心者の方が用語わからなくて困るだろうなというのを実感できる困り具合(^_^;)
 解説サイトに行っても「用語がわからない」ので説明されてることの基本がつかめないんですよね。

 やってるうちなんとかなるだろうと Music Studio Producer(MSP)をいじくり回し、ごくごく入り口の部分がなんとかなったみたいなんで、あらためて知識探索の旅に出かけました。

SOUND ENGINEERING BIBLE

 そこがものすごく良いです。名前からして「サウンドエンジニアバイブル」ですから。ノウハウ的にはもう10年も前のものだし、この進化の激しい世界ですから時代遅れなんでしょうが、用語の理解という面では古さは関係ないです。そのサイトの右の下の方にある「第一章」から「第拾壱章」まで。何度も読むとだんだんとわかってきます。とくに「第八章エフェクター」は自分の歌やギターをオーディオ録音する際の知識としては非常に役に立ちそうです。

 さてと、次なる課題は「MIDI音源」でしょうか。MSP付属(内蔵?)の音源だと、今ひとつ切れがなくって.....そういう問題じゃないのかもしれないけど、うーー、またまた「わからないことがわからないので説明できない」状態になってます。なんとかしなきゃ。


Music Studio Producer(MSP)で遊ぼう:その2

 多重録音とくれば、やはり一人デュエットですよね。

 ハモるのがやりたくて、以前40年前の録音を載せた「海(「懐かしい品々」 の下の方にあります)」にチャレンジしてみました。

 MIDI部分の打ち込みを始めてから歌にたどり着くまでに一週間かかりました。月曜日に始めて毎日ちょこちょこいじり、昨日土曜日はほぼ一日。今日も一日いじってました。MIDIの達人たちから見たら幼稚園児のいたずら程度のものなんでしょうが、本人はけっこうおもしろ楽しくやれました(笑)

 MIDIトラックはベースともう一つの計二つ。音色はビブラフォン。最初ピアノとかオルガンとかいろいろ変えてみたら、ビブラフォンの音がきれいだったので決定。かなり細かく音を設定したので時間かかってます。

 オーディオトラックはギター(アコギのみ)二つと歌二人分の計四つ。歌は録り直し一回目でめんどくさくなっちゃって、というか、それ以前の部分で時間かかりすぎて疲れちゃったので適当です。

 MSPいじりはこれでしばらくお休みの予定。この程度で一週間かかりますから、そろそろ根気がね(^_^;) またそのうちその気になったら何かします。

「海」