雑学一覧

最近の物欲。カメラが欲しい。カメラについて語ってみる。その(1)

あけましておめでとうございます。
 正月早々、物欲の話です。書き出したら止まらなくなっちゃって話が全然まとまらないので「その1」としました。長いだけのそれこそ文字どおりの「とりとめの無い話」です。続きはまたすぐに書きます。解像度とかの話ね。

 ここんとこ最近、無性にカメラが欲しい。コンパクトデジカメとスマホはあるので写真は撮れるんだけど、写真が撮りたいんじゃなくて「カメラが欲しい」のです。わかってもらえるかしら。
 私、カメラと写真はまったくのど素人ってわけではないです。カメラも写真も基礎知識はそれなりに持ってます。中学時代は写真部と放送部、高校時代は写真部と軽音楽同好会(写真部は一年で退部しましたw)でしたので。年取って、そこらの思い出がこみ上げて来始めてるのかもしれない。

 シャッターボタンを押したい。
 ファインダーが覗きたい。って。すっごく思うんです。

 スマホのタッチパッドで撮影するのも、液晶パネルで撮影範囲を確認するのも飽きた。
 ものすごく「写真」が撮りたいというわけではなくって、カメラをいじりたい。カメラを持ちたい欲求。だから物欲w

 とくに大きいのが「シャッターボタンを押したい欲求」ですかね。いや、ファインダーを覗きたいのとセットだな。カメラをかまえてファインダーを覗いてシャッターを切りたいのです。

 となるとファインダー付きのカメラを買うっきゃないってことになるわけで。
 だけど、昔のレンズシャッターカメラのようなレンジファインダーのは欲しくない。いまさらって感じなんで。となると結局一眼レフになりそうなんだけど、調べてみると一眼レフじゃなくても電子ファインダーってのがあるのね。デジタルデータなんだからあって当然。私、それでいいです。レンズを通った画像を見れれば(ら抜き言葉だってATOKに言われちゃったw)それでいい。銀塩カメラにする気はないとなればどう転んでもデジタルデータなんだし、ファインダーだけ光学式なんてわがままは言わない。

 経験上、レンズ交換はできてもしないので一眼レフである必要は無い。
 レンズ交換しない理由:交換用のレンズを持ち歩くのは重い、かさばる、めんどくさいなどなど。「交換レンズなんて高くて買えない」ってのもある。

 広角から100mm前後(35mm版換算、35mm版では50mmが標準(等倍)です)くらいまでのズームがあれば十分。広角と標準があればそれでもなんとかなる。望遠って、たとえば2倍だと距離を半分近づけばいいだけなんです。
 けっこう大きな差と思う人もいると思うけど、そんなことない。100mの距離から撮す写真も50mの距離から撮す写真も「遠景」という意味ではそんなに変わるもんじゃない。
 遠景じゃないなら10mの距離から写せる被写体なら5mの距離に近づくのは容易なことが多い。近づけなくても、自己満足で撮るだけの写真なんて「そういうもん」と思えば割り切れる。まあ、撮ろうとする(撮りたい)写真の内容にもよるけど、私の欲求にそこらはないです。

 中学時代の写真部顧問が言ってました。逆立ちして撮った写真も、崖からロープでぶら下がって撮った写真も、普通に撮った写真も、写真は写真。どうやって撮ったかなんて見る人には関係ない。標準一本で普通に撮ればいい。って。どうやって撮っても良い写真は良い写真なんだよ、って。

 そして、高機能高性能な一眼レフはやたら重いです。いまさら1Kgを超えるカメラをぶら下げ、交換レンズやらなんやらかんやら抱えて写真紀行なんてする気はさらさらない。撮るのは結局コンデジで十分な被写体ばかりだろうしね。

ここで一回切ります。話は続きます。


関連すると思われる投稿


うどんも好き

 ラーメンも好きだしパンも好き、結局小麦が好きなだけかも知れない。グルテンがどうのとか言われてるけど気にしない。パンしか食べない西欧人だって長生きする人は長生きしてる。

 茹でて袋に入ってるのも嫌いではないんだけど、あれって量が決まってるでしょ。余らすわけにいかないし。
 だから乾麺専門です。スパゲティもそうだけど、乾麺なら好きな量を食べられる。多い目に好きな量ってわけではなくて。普通は一人前だと乾麺換算で100gくらいなのかな。そこまでは食べないのです。
 1型だからってだけではなく、もう歳だからね。美味しいものは食べたいけど量はちょっとだけ少なめでいい。
 ファミレスにシルバーメニューがなぜないんでしょね。残すのもったいないんだよね。これからはシルバー対象の時代になるんじゃなかったのか。受けると思うんだけどなぁ。

 スパゲティの時のも書いたけど、乾麺のうどん、炭水化物の量はおおよそ、乾麺100gで炭水化物77gです。そこにさらにいろいろ入るので、メインだけで77gはきつい。70gで炭水化物54g。65gで炭水化物50g。52gで炭水化物40g

 そこらを基準に、具に何を入れるかでゆでる量を決めてます。
薩摩揚げとかキムチとか入れるときは麺を少なめにして合計で50~60以内に収まるようにしてます。

 うちで常備してるうどんはこれ。かなり長い間これなんで、きっといつも行くスーパーで常備してるんだと思う。ちなみにいつも行くのはオーケーストア。どこが地元なんだろ。横浜かしら。港北区都筑区にいくつもある。

 この播州うどん(播磨製麺)って、少し細めなんだけど、ネットで検索しても高級品しかヒットしない。驚くほど高い。1kgで千円以上する。うんと安く見えるやつでも1kg500円以上。
 播州って、そうめんの揖保乃糸の産地なんですね。知らなかった。うちで買ってるのは1kgで280円。なんなんだろ。スーパー専用商品なのかしら。
ああ、素麺もうどんと同じで乾麺100gあたり炭水化物77g前後です。

 このうどん、とっても美味しいです。太めのスパゲティ? いやまさにスパうどんw
 茹で時間8分だからスパゲティだと1.7mm相当くらいかな。でもそれよりは太いです。デュラムセモリナか普通の小麦粉かの違いかもしれない。

 つゆはこれがお気に入り。炭水化物が一食あたり4.4gあります。無視できない量なのできちんと加算します。具は適当。油揚げを刻んだのとかネギとか。

 ほていの焼き鳥缶(塩)とかを入れたりします。こいつが炭水化物0.2gという優れものw 似たような缶がたくさんあるけど、炭水化物が少ないのはこいつだけです。

 スパゲティの時に書いたカレーの缶詰をぶちまけまけたりもします。ゆでたうどんにスープなしで。というか、私にとってスパゲティもうどんも同じ扱いなんです。唯一しないのがスープスパ。うどんスープにスパゲティを入れたことはないです。ああ、でも試さないといけないかな。

 が、うどんスープスパにはしませんが、塩味の代わりにうどんスープを使います。けっこう塩分あるので一人前一袋入れると塩っぱすぎます。半分くらいかな。画像のスパゲティはツナをのせてますが、基本味はうどんスープです。

日本ブログ村
にほんブログ村 病気ブログ 1型糖尿病へ
にほんブログ村


関連すると思われる投稿


ご飯に合うものはスパゲティにも合う、の続き

 簡単でおいしいインスタント的なスパゲティ、もう一つ。

 普通のカップ麺だとお湯入れて三分かかるよね。袋麺だとゆで時間5分くらいのも普通にある。スパゲティは太さにもよるけど、最近スーパーで安く買えるのは1.6mmでゆで時間6分のが多い。つまりインスタント麺と時間的にたいして変わらない。
 ほんとはブイトニあたりの1.9mm、ゆで時間10~11分くらいのが好きなんだけど、スーパーじゃ売ってない。高いからかな。アマゾンなら買えるけど高い。スーパーで買えるイタリア産のデュラムセモリナ100%で手頃な価格のを買うのが一番。デュラムセモリナ100%でも国産のはどうしてもどこか違うんで買わない。国産のは「スパうどん」だと思ってるし、うどんならうどん食べた方が絶対いい。

 インスタント麺と比べて変わるのは「具」を用意する時間くらいだと思う。肉だの野菜だの具を作るって考えるからめんどくさいんであって、茹でて簡単な具(ふりかけとか)をあえるだけならほんとにインスタントと同じ。一食当たりはずっと安い。あ、お茶づけ海苔なんかもけっこういけますよ。一袋全部ぶちまけると塩っぱくなるので要注意だけど。
お茶づけ海苔とかふりかけみたいなドライなやつんときはオリーブオイル必須。

 納豆と生卵です。ご飯に納豆は普通だし、卵かけご飯も普通なんだけど、納豆に生卵混ぜる人ってあまり多くないような気がする。なぜだろ。おいしいよ。納豆は挽き割りのほうが麺と絡んで食べやすい。納豆附属のタレだけだと若干味が薄いので例によってふりかけを少し混ぜます。かつお節と、紅ショウガ乗せて完成。ちょびっとタバスコも振ったり。ウェットな感じなんでオリーブオイルは使いません。
 チープな味が嫌いな人には好かれないかもしれないけど、私としてはマジにうまいと思ってます。納豆と生卵。体にも良いし。

 ついでにもう一つ。レトルトカレーも当然ですがご飯にもスパゲティにも合います。手軽だしおいしいし好きなんですが、私には問題がいくつかありまして。

 一つは炭水化物の問題。ルーを使ったカレーってどうしても炭水化物多いです。ざっくりとした感じでレトルトカレー100gあたり炭水化物10g見当。
 二つ目は、量が多い。だいたい一袋200g程度ですかね。スパゲティ70g(乾麺で)くらいしか食べませんので一袋じゃ多いんです。でもレトルトカレーって残しにくい。もちろん食べられない量じゃありませんけど。

 20gも炭水化物あると、メインであるスパゲティを減らさないといけない。両方で70gは気分的に重いのです。ロールパン2個で炭水化物30gくらいなんで、レトルトカレー食べるときはそっちかな。

 見つけたのがこれ。チキンとインドカレー バターチキン。インドカレーだけど、原産国はタイってなってる。ま、いっかw
 100gで炭水化物5g。一缶で115gなんで炭水化物約6g弱。似たような名前でチキンとタイカレーってのもあるんだけど、食べ比べてこっちのほうがおいしかった。タイカレーは少しすっぱいのが売りかも知れない。
それと、イナバの缶詰カレーで同名だけど缶のラベルデザインが少し違ってわずかに炭水化物が多くて(100gで6g)量も125gのがある。なぜなんだ。スーパーでは見たことない。やはり高いからか。

 これは行きつけのスーパーで一個110円くらいかな。これ、量もちょうど良いです。ご飯と一緒にがっつり食べる人には少ないかもしれない。ナンとかパンとかと食べるのかな?
 アマゾンにもあるけど高いです。一つ145円*24個=3480円+送料650円。
 単価の安い一般食品はたいていアマゾン高い。スーパーの方が安いですね。

日本ブログ村
にほんブログ村 病気ブログ 1型糖尿病へ
にほんブログ村


関連すると思われる投稿