迷惑メール一覧

Gmailの使い方、おさらい

 以前書いたのを読み返してみたら、その後違うことに気がついて使い方を変えたのに書いたそのまんま放り出してあるのに気がついたので、焦って「おさらい」です(笑)

 使い方を変えた部分だけ書けば短いんだけど、検索で入ってくる人が古いのだけを読んじゃったりするんで、全面的に書き換えないといけないのかな。でもエントリーを削除すると Google 様を筆頭に検索ロボットってのが、「存在しなくなったエントリー」をいつまでもいつまでもしつこく読みに来てうるさいんで、過去のエントリーは消さずに、こっちへのリンクを追加しておきます。

 何を変えたか。

 「PCメールサーバーに届いたメールをサーバーの設定で Gmail に転送する」

 その部分。えらい勘違いをしてました。転送などする必要なかったんです。私、PCに来たメールを「いつものメーラーで一回開かないと(読み込まないと) Gmail に入らない」と思い込んでました。Gmail の pop やら imap やらで読んでくるのはPCメーラーと連携してるんであって、メールサーバーを読みに行くんだとは思わなかったんです。

 そういうわけで、PCのメールアドレスあてに届いたメールをサーバー上で Gmail に転送する設定なんかしないでも、そしてメーラーを起動などしないでも、PCメアドあてに来たメールはちゃんと Gmail で読めます。

 ということで、いままでのメールアカウントをそのまま Gmail で使う方法

 基本部分は以前書いた「新時代のスパムメール撃退法:Gmail を利用する」「すっかり Gmail 党になってしまった」と一部ダブります。

 ブラウザで Gmail に入り、「設定」から「メール転送と POP/IMAP」に入ります。転送設定はご自由に。popダウンロードは「しない」。「IMAP を有効に」します。

IMAP とは何ですか。
IMAP (Internet Message Access Protocol) を使用して、Gmail サーバーからコンピュータにメッセージをダウンロードしておくと、インターネットに接続しなくても Microsoft Outlook Express や Apple Mail などのアプリケーションでメールを閲覧できるようになります。
IMAP により、メール クライアント (デスクトップやモバイル) と Gmail が常時接続されます。

IMAP と POP の違いは何ですか。
IMAP では、POP とは異なり、ウェブ Gmail とメール クライアントとの間で双方向の通信が可能です。 つまり、ウェブブラウザを使用して Gmail にログインしているとき、メール クライアントや携帯端末で実行した操作 (例: “work” フォルダへのメールの移動) は、即座に Gmail で自動的に表示されます (例: そのメールに “work” ラベルが付けられます)。
IMAP は、複数の端末からメールにアクセスするのにも便利です。 メールを職場で確認し、携帯電話で確認し、帰宅してからもう一度確認する場合は、IMAP を使用すると、いつでもどの端末からでも新着メールにアクセスすることができます。
また、IMAP は動作がより安定しています。 POP ではメッセージが紛失したり、同じメッセージが何度もダウンロードされることがありますが、IMAP ではメール クライアントとウェブ Gmail との間の双方向の同期機能により、これらの問題を回避することができます。
Gmail アカウントで POP と IMAP のどちらを使用するか迷っている場合は、IMAP をお勧めします。

 「設定手順」をクリックすると「サポートされている IMAP クライアントのリスト」ページに入り、各メーラーの具体的な説明を読めます。具体的に一行ずつ手順が書かれてるので「そのとおりに」進めていきます。

 ここまでは手順に書かれてるとおりです。

 上記までで動いてしまうので「推奨される IMAP クライアントの設定」、この設定をうっかりすると見落とします。
 先ほどの「サポートされている IMAP クライアントのリスト」の上、「Google ヘルプ > Gmail ヘルプ > Gmail へのその他のアクセス方法 > IMAP > サポートされている IMAP クライアントのリスト 」となってるところの IMAP をクリックします。真ん中の「詳細」となってる列の真ん中辺に「推奨される IMAP クライアントの設定」はあります。そこで説明されてるとおりに設定して下さい。ここは設定しなくても動きますが、Google 側が「Gmail を最適な動作で利用するには、特定の設定を推奨します」と言ってるので聞いてあげましょう(^_^)

 最後に Gmail の「設定」から「アカウントとインポート」に入り、「POP3 を使用したメッセージの確認:」にお使いのメールアドレスが登録されているか確認して下さい。登録されてなかったら「POP3 のメールアカウントを追加」ボタンで追加できます。

 これで基本的な部分はおしまい。いつものメーラから自分宛に一通送ってみて下さい。Gmail に着信し読み出せるはずです。ただし、メールサーバ-に着信すると同時に能動的に転送する設定にしていればタイムラグ無しに Gmail 側に着信しますが、IPOP 等で同期させていると若干タイムラグがあります。着信をリアルタイムに関知するわけではなく、一定間隔でサーバーに問い合わせているからでしょうね。メールが来てるはずなのに Gmail に着信がないとき、Gmail の「設定」から「アカウントとインポート」に入り、「POP3 を使用したメッセージの確認:」から「メールを今すぐ確認する」をクリックすることで強制的に確認できます(思いの外時間かかりますが)。普通は放っておけばいつの間にか Gmail 側で確認できるようになってます。

 これで「いつものメールアドレスあてに来たメールを Gmail で読み出す」のはOKですが、これだけじゃメールの送信で困ります。送信メールも Gmail を利用して「いつものメールアドレスを送信者に使いたい」ですよね。

 Gmail からの送信メールをいつものメールアドレスを送信者とするには次のようにします。

 「アカウントとインポート」の「名前」に Gmail のメールアドレスが記載されてると思いますが、「別のアドレスからメッセージを送信」ボタンをクリックし、使いたいメールアドレスを追加登録します。架空のアドレスや他人のアドレス使用を防ぐため、登録したアドレスに確認メールが行きますから、その指示に従って設定を続行します。終わると名前が複数になりますので、どちらをデフォルトにするか設定します。デフォルトにしなかったほうも実際にメールを送信するときに選択できます。選択するときの初期値の設定です。

 これで全面的に Gmail を使うにもかかわらず、相手方には旧来のメールアドレスだけ教えてあればOKだし、送信するときもいつものメールアドレスから送信したようになります。注意点としては、届いた側からすると「送信者詐称」に引っかかって迷惑メール分類されてしまう可能性もゼロではないこと。ごく初期のころの Gmail は他のフリーメールと同じように迷惑メール業者もあったので、Gmail 自体を蹴ってしまう迷惑メールチェッカーもいまだにあるかもしれません。私は一日数百通の迷惑メールを受けますが、発信元が Gmail なのは一通もないです。Google の管理が厳しいんだと思います。

 仕事のメールだとそこらも気をつけないと大事なメールが相手に届かないなんてことも出てくるかも知れませんが、初めて出す相手だとこちらがどんなアカウントから送信しようと弾かれるときは弾かれるんで、気にしなくてもいいかもです。これは逆も言えます。初めてメールでやりとりする取引先などは迷惑メールホルダを何度も何度も確認しないと怖いですね。


関連すると思われる投稿


SpamMailKiller を使っている方へ

 メールのやりとりはもうすっかり Gmail のみになった私ですが、つい最近まで使っていた SpamMailKiller の仕様をふと思い出し、気になったので書いておきます。
(SpamMailKiller については 「Spamメール撃退ツール(Spam Mail Killer)」 を参照してください)

 ローカルで使う通常のメーラーから Gmail に完全移行できたのは、「Gmail で送信してもいままでのメールアカウントを送信者として使える」から。これが一番大きいです。この機能のおかげでメールアドレスを変更した旨のお知らせをあちこちに流さないで移行できました。

 でも、ヘッダー的にはあくまでも Gmail なわけです。となると「From のアドレス」と「Sender のアドレス」が違いますから、SpamMailKiller でスパムメールと認定される可能性があるのではないか、と。ふと気になりました。

 さっそく実験してみました。送信者を Gmail アカウントから変更してテスト用アドレスに送信。受ける側で SpamMaillKiller を実行。予想どおり見事にスパムメール扱いされて削除されてしまいました。

 ですが、削除理由が予想と大外れ(^_^;)
 予想としては、詐称メール、つまり「成りすましメール」として削除されるだろうと思ったのですが、違いました。削除理由を確認したところ(これができるのが SpamMailKiller の利点)以下のようになってました。

削除理由 : テンプレート (PLS906.TXT : TYPE-H) の条件が成立した
コメント : ARIN管轄IP経由のメールを削除 SN:20090311

 ARIN管轄IP の詳細は 「ARINに参加している国家・地域」 を参照してもらうとして、一言で言えば「アメリカ」もこれだってことです。Gmail ってアメリカの IP を経由するのね。

 ということで、SpamMailKiller をお使いの方は、テンプレート 906 番のチェックを外した方が無難なようです。


関連すると思われる投稿


うっかり踏みそうになる危ないリンク

 迷惑メールはタイトルだけ眺めて、仕分け間違いがないならそのまま削除してます。どなたもみなそんな風だと思います。

 さきほど、「あら? ほぼ間違いなく迷惑メールだけど、これは新手だな」と思ったのがありました。自分のアドレスから来るのはいつものことなんですけど、一ひねりあったわけです。

 で、中を覗いてみたらですね。うっかりすると踏んじゃいそうなリンクが書いてありました。これは例で、届いた迷惑メールがそうなっていたわけじゃないですけど、 http://www.google.co.jp/ ← こうなってたら Google へのリンクだと思いますよね。短縮URLでもないし、もしかしたらなんとなくクリックしてしまいそう。これはGoogle ではなく、Yahoo に飛ぶようにしてあります。

 メールだと、文字として書いたURLが自動的にリンク表記になってるという思いこみがありますけど、上のはそうじゃないです。リンクタグの文字表記部分にもURLを書いてるだけ。「この部分ね」、その「この部分」と書いてるところにURLを書いただけです。迷惑メールで届いた中身の実際のURLは google.****.com みたいになってました。実際に飛ぶ先は ****.com で、google. の部分はサブドメインとなります。サブドメインはサーバ管理者が自由につけられます。

 リンクのところにマウスを置けばステータスバーに飛び先が表示されたりしますけど、サブドメイン部分に「よく知ってる正しい場所」を書かれると、ほんとにうっかりすると勘違いします。

 しかも、今回の件では飛び先に迷惑メールが届いた私のメアドが引数としてくっつけてあり、 aguse のようなゲートウェイを使ってチェックするという手法を使っても、「どのメアドに配送したメールからのアクセスなのか」を把握されてしまいます。自分のメアドがアスキー文字で書いてあれば気がつくかも知れませんが、数字だけの相手が把握しているコード表記とかだと、好奇心に負けてゲートウェイでチェックしてみようと思ってしまうかも知れません。

 迷惑メールに記載されているリンクは絶対に踏まないこと、チェックもしないこと。それに尽きます。お気をつけ下さい。


関連すると思われる投稿