読書一覧

のだめカンタービレがおもしろい

 いまさら?って話ではあります。

 私、32インチの液晶テレビが家に来るまで、テレビってほとんど見てませんでした。ましてや和製ドラマなど完全に無視してました。まあ、いまでもドラマはほとんど見ないですけどね。

 春頃、のだめカンタービレ劇場版前編後編をテレビで見まして、こりゃあ面白い、こんなのを毎週テレビドラマでやってたんだと(笑)

 映画を見る前に知っているだろう前提何も無しで見たんで、ちょっぴり意味不明なところ(とくにわかんなかったのが、峰龍太郎関連のエピソードかな)もあったんですけど、それでもおもしろかった。

 とにかく掛け値無しに私好みで面白かったので、これは「そもそもの始まり」から見ないと落ち着かないってなり、じゃあDVD借りようかと思ったんだけど、映像だと見るのに当然それなりに時間かかるからどうしようかと。コミックならあっという間に読めるよなぁということでコミックを1から一気読み。図書館でコミックを借りられるって今回初めて知りました。昔々の私の知ってる頃の図書館は、マンガは貸し出し対象外でした。館内で読むだけだった。

 コミックを読んで驚いたのは、原作が2001年からでテレビドラマ化が2006年秋だから、当然実写化なんてことは考えずに始まってるわけですよね。でもなにこの「実写化(配役)を想定したようなキャラ設定」。野田恵はどこからどうみても上野樹里しかいないだろうし、他のキャラもそう。ベッキーだってウエンツだって他にはまる役者いないじゃん。と思った。もっとも、先に映画を見ちゃったから、刷り込み現象で絵のキャラを見ると映画の役者が出てきちゃうってだけかもしれないんだけどね。たぶんそう。きっとそう(笑)

 図書館様々です。一度に6冊しか借りられないんですけど、1~17まではすんなりと、借りては読み、借りたら次を予約して返すときに新しいのを借りて。で一気に読み進められました。
 が、18からはなぜか予約数が気が遠くなるほど多くて、18と19を借りられたのは予約後約2ヶ月弱のつい最近。20以降にいたっては、今日の段階で以下のとおり。


23と24を二週間ほど遅れて予約したのは、その時点でその二冊の予約が他より少なかったからです。コミックの場合、連作であろうと図書館は順番を待ってくれません。後のが先に来ても借りないといけない。でも順番どおりに読みたい。だからわざと遅らせました。まさかこんなに消化されないとは思わなかったんで。遅らせるなんて小技の意味はまったくなかったです。

 それにしても「22」の予約消化速度、異常。予約した時点(5月12日)で待ちが192だったんですよ。2ヶ月たって22しか進んでない。このまま待ってたらいつ読めるか検討もつかない。

 ちょっと切れまして(^_^;) 今日徒歩で外出したついでに新横浜駅前のブックオフに寄ったんですが、コミックって「なんとかコミック」って名前がわからないとさがすの大変なのね。あいうえお順に並んでない。店内を一通り歩いてはみたんだけど見つからなかった。コミックはこの階層だけじゃないみたいだし、店員さんに聞くのも恥ずかしいし、暑いし、疲れたし。あきらめて帰宅してからオンラインのブックオフで購入。送料考えると店で買うよりちょっと高めだけど、もう一度暑い中ブックオフに行くよりはいいかと。

 明後日には届くでしょう。楽しみです。

のだめカンタービレWiki

のだめカンタービレの登場人物Wiki


関連すると思われる投稿


ダーティペア(高千穂遙)

 他に読みたいのがいくつも発掘されたので後回しにしてました。でも、ちょっと読み始めたらもう止まらない。この文体、めちゃくちゃ好きです。

 高千穂遙氏といえば「クラッシャージョウ」らしいんですけど、私はクラッシャージョウは読んでないんです。それが発表された当時は和製スペオペにあまり興味がなかったんじゃないかなって気がする。でもWikiみたら年代的(1977年だって)にはそうでもなさそう(読んでておかしくない)なんだけど、なんで手を出さなかったのかな。逆にダーティペアはなんで興味を持ったんだろう。覚えてないけど、SFマガジンかもしれないし、月刊アスキーかもしれない。他のSF雑誌の影響かもしれないな。

 とにかく1980年当時にダーティペアにはまったのです(笑)いま読み直しても当たり前のようにはまる。もってたのは以下4冊。

1 ダーティペアの大冒険
2 ダーティペアの大逆転
3 ダーティペアの大乱戦
4 ダーティペアの大脱走

(一冊だけアマゾンリンク張っておきます。残りはそのリンクの中にあります。)

 1~4まで一気に読みました。4の最後って「待て!次号!」みたいな終わり方だったのね。もうすっかり忘れていたけど、こりゃあ読まないわけにいかないです。上のアマゾンリンクの「こんな商品も」の中に「ダーティペアの大復活(5)」ってのがありました。リアルタイムにそんなに時間開けずに4作読んだ気がしてたんだけど、「ダーティペアWiki」によれば、1から4まで9年もかかってる。記憶っていい加減だな。4の「大脱走」のあと、5の「大復活」が出たのは10年以上もあとのつい最近、2007年1月だって。文庫に入った年だろうけど。驚きでした。7作目に至っては文庫になったのが2010/3だって。待たないで済んで良かった。

 (3)の「大乱戦」にクラッシャーのチームが出てきます。後書きによれば、クラッシャージョウシリーズって年代的にはダーティペアの20年ほど後らしい。ここに出てくるのはクラッシャー・ダン。ジョウのお父さんみたい。この「大乱戦」の内容をそのままクラッシャー側からの視点で書いた「ドルロイの嵐:クラッシャージョウ外伝」って作品があることを知りまして、それも読みたいなと。

 でもなんだかいまさら文庫本の新しいのを買う気にもなれなくて。んで、ブックオフに行きました。新横浜の駅前にあります。初めて行ったわけじゃないんですが、本の売り場は初めて。CDの売り場に数回行ったことがあるだけ。行ったけど、欲しい物が無くてというより多すぎて全然わからないうえに、あの「タバコのヤニの臭い」が気持ち悪くてね。長時間いられなかったのでCDも買ったことありません。初めて本の売り場に行ってみたけど、やっぱりよくわからん。高千穂遙の名札はあっても違う本しかないし、SFだけ固まってるとこには日本人のはないし。帰ってきちゃいました。表紙の絵が絵なんで、お店の人にも訊きにくい(^_^;)

 結局、ニョーボが図書館の常連なんで、図書館のオンライン検索でさがしてもらってオンライン予約して借りてきました。「ドルロイの嵐」と、ダーティペアの5~7。計4冊。いま「ドルロイの嵐」読み終わり、「大復活」に取り組んだところです。

ダーティペア
←こんなのです。図書館の分類も「ティーンズ」なんてなってる。おじさんだって読むんだぞ。

 
 ほんとは私は本を借りるのってあまり好きじゃない。物欲ってのとは違うと思うんだけど、本は自分の物にしたいんだよね。たとえ一回しか読まなくても持っていたい。自炊っていうらしいけど、裁断してスキャナで取り込んでってのはたぶん(絶対?)しないと思う。最初から電子書籍だったらどうなんだろ。買うかな。買わないかも。わかんないや。でもまあ今回は読みたい気持ちに妥協しときます。そのうち慣れて平気になるんでしょう。


関連すると思われる投稿


読書熱、未だ冷めやらず

 この20年くらいでたぶんいまが一番パソコンに向かってる時間が短いと思う。携帯デジタルオーディオ(iPodでもウォークマンでもなくて、MP3を突っ込んであって、イヤホンで聴くやつ。こういうのの総称というか略称というか、短く言うとなんていうの?)で音楽聴きながらベッドの上で寄っかかって座って読書三昧。手元に出してあった文庫本はもうとっくに読み終わり、次なる段ボール箱を開けてます。

 なぜか積み重なった段ボールの一番下の箱と思い込んでましたので、億劫に思ってたました。前回、上の方の数箱を開けてますからね。そこに本はなかったからそう思い込んでた。そんなわけないんですよね。なにせたくさんあるんだから一箱なんてことはない。上から順に取り出してみたら前回開けた箱のすぐ下の箱も本でした。


 開けたところはこんな感じ。残念ながらいまから読みふけろうと思うようなのは10冊に満たなかった。ほとんどが火星シリーズ金星シリーズや、レンズマン、スカイラークなどなど、いますぐ読み直す気が起きないシリーズ物でした。また改めて他の箱をさがさないとダメらしい。嬉しかったのは、本の他に楽譜本が何冊か出てきたこと。なんでこっちにも分散してたのか思い出せないけど、こっちに入ってた方が、当時ずっと使ってた分だったのを思い出しました。


 一冊の文庫本を読みだしたら、途中で突然読みにくくなりました。あら?目がおかしくなったのかなと思いました。よく見たら、紙質が違うんですね。一冊の文庫本で二種類の紙が使われてる。くっきりと二色になってます。地が白いままの部分は文字がくっきりしてて読みやすく、焼けて黒ずんだ部分は文字が沈んじゃって読みにくいんです。手触りも、白い方はなめらかで、黒い方はザラザラとした紙質。始めてそんな本に出会ったのでちょっと驚きでした。
 

地が白いままのページ 焼けてしまってるページ

 買うときの新しい本だとそんなことわからないしね。これは運なんでしょかね。


関連すると思われる投稿