糖尿病一覧

明け方に尿閉やらかしました。

 やってしまいました。一年ぶりです。夜9時を過ぎたら水分摂らないようにしてるんですけどね。
 前日夕方、久しぶりにコーラをコップいっぱい飲んだけど、それか?
 飲んだ分が体に取り込まれちゃって寝るまでに排出できなかったってことかな。水分補給にはコーラがいいのかも。
 毎日一錠飲む薬(タムスロシン)のおかげで一年間なんでもなかったので油断してたのかも。

 いつもは就寝後から起床までの間に二回程度トイレに起きます。一回目は就寝後二時間くらい。二回目は早くて三時間、四時間くらいあくときもあります。その後また寝るわけですから睡眠時間は確保されてるし、日常生活に支障は来してません。昨晩は一回目のトイレのとき、なんか出が悪いなと思ったんですが、とくに気にしませんでした。二回目のトイレで尿閉。初めてだったら焦りまくるだろうけど、二回目ですから、ああ尿閉しちゃったと。この時点ではそんなに深刻に考えてません。水分摂り過ぎたわけじゃないし、一気に深刻なほど膀胱満タンにはならないだろ、タクシー呼んで夜間診療所とやらに行けばそれで済む、程度に考えてました。

 ところがそうはいかなかった!

 昨年春の尿閉は平日夕方だったので、前立腺肥大で通ってる泌尿器科クリニック(センター南の木村クリニック)で処置してもらい、思いのほか痛くなく、医療の発展はすごいなと思ったのに(前立腺肥大による排尿障害、そしてめまい(1))(ブログ内リンクです、別窓で開きます)、今回はもう拷問並の激痛でした。医療の発展じゃなくて医者の腕だったんだと痛感。

 寄りによって日曜の朝。ま、日曜じゃなくても木村クリニックが開くまで我慢出来ないと思うけど。
まずは検索して近くの夜間救急センターに電話。と、メッセージが流れて24時までなんだって。知らなかった。夜間というのは普通のクリニックが終わった後の20時~24時のことらしい。
 流れるメッセージにあった、時間外(夜中とか)に診てくれる病院を探してくれる「なんとかセンター(気持ちが焦ってるので電話番号書き留めるだけで精一杯)」へかけなおし。
 こっちの住所を言いながら状態を話し、とても長時間は我慢出来ないと言ってるのに、最初に紹介されたのは、なんと中区の診療所。無理。港北か都筑でないですかと質問し、次に教えてくれたところに行くことに。そこに電話してOK取ってタクシーでいって、タクシー代4600円也。
 尿閉に気づいてからここまでですでに1時間半くらいかかってます。尿意感がもうせっぱ詰まりそう。

 焦ってるから、今思えばなんで気づかなかったんだろうってことが一つ。横浜労災病院の救急外来に電話して確認するのが先だったんだよね。断られる可能性もあるけど聞くだけ聞いて損はなかった。泌尿器科はかかってないんだけど、診察カードあるし、一応かかりつけ病院だし。そっちだとタクシー代4千円弱。

 病院に着いてから受付し、割とすぐに処置室へ。でも医者が来ない。仮眠でもしてたんだろな、と待つことしばし。
 ER緊急救命室見てるから、わかるよ。明け方の急患にベテラン医師があたるとは限らないよね。マスクしてるからわからなかったけど、しゃべり方は若い感じの女医さんだった。尿パイプ入れていくとき、拷問並の痛さ。持続する痛みかつ少し進むと激痛。痛いだけじゃなくなかなか導尿出来なくて尿パイプを前後に動かすから痛み倍増。動くと危ないから力抜いて動かないでって言われるんだけど、ズキッときたら「うっ!」なりますって。あれを耐えて、ビクッとも身動きしない人がいるとは思えないです。
 でも導尿(尿パイプ)って医者になるための学校で最初のうちに教え込まれるって聞いてたんだけど、やっぱりそれでも専門にしてないと不慣れなんだろね。

 処置後の痛みがまだ続いてる。排尿時の出血は二回で止まったけど、しみる痛みはまだ続いてる。
 ストレスで食欲無し。怖くて水分もあまり取れずに帰宅してからさっきまで横たわってた。


 帰宅してから時効型インスリン(トレシーバ)だけ定量打ち、水分はここまで麦茶コップ一杯半くらい。食事はまったく無しなのに血糖値が上がりっぱなし。ストレスで高血糖っての、またも検証してしまったw
 膀胱や尿道が変に傷ついてないか心配なので、一晩経っても排尿時の痛みが消えなかったら、明日一番で木村泌尿器科に行ってきます。痛みがなくなってたら次回定例診察時まで待つことに。

 久しぶりのブログ更新がこんなのでアレだけど、まあ備忘録なのでお許しをw

日本ブログ村
にほんブログ村 病気ブログ 1型糖尿病へ
にほんブログ村


関連すると思われる投稿


初めてインスリン(超速効)を打ち忘れた

 1型糖尿病歴14年と半年。初めて食事のときの超速効を打ち忘れました。
(たぶん、初めてだと思う。記憶にないだけかもしれないけどw)
 なぜ忘れたかなぁ。とくに思い当たる節はないです。食事前に計算して打つ単位を決め、いつもならセットして目の前に置いてから食事の用意をしつつタイミングを見て注射します。食べる直前ではありません。5分程度前かな。食べる物によっては15分くらい前に打つと良いらしいんだけど、あまり早く打って、もし何らかの事情で食事が出来ない状態になったらイヤだなとか考え過ぎちゃって、だいたい5分程度前~直前です。

 なぜか、今日の夕飯時にそれをしなかった。リブレで血糖値はかり、食事予定の炭水化物を計算してリブレには打ち込んだんですが、実際に注射器を目の前に出す用意をなぜかしなかったようです。

 食事(20時頃)をしてそのままアマゾン動画を見て2時間後、血糖値をはかってびっくり。


 22時の段階でこんなになってました。なぜか右側に「↑」が出てない。一瞬何がどうなったかピンと来ず、もしかしてインスリン打ってないのか?と思うも、外出したときに家の鍵かけたかどうか思い出せないのと一緒でどうしても思い出せない。でもこれは絶対に打ってない状態だよなと、打つ予定だった単位を注射。

 

 22:30ごろ、さらに急上昇中。インスリン打って30分じゃ効いてこないですね。

 

 23:00ごろ、ようやっと上げ止まり。「→」に。

 

 23:30ごろ、トレンドは「→」だけど、少し下がり始める。

 

 24:00ごろ、注射してから二時間。やっと下がり始めた。
 ここで、ふと不安にw
 食べる前に計算したインスリン量を打ってしまったけど、これってやばいよね。
 だって、上がらないように食前に打つんであって、食後二時間ですでに300以上に上がっちゃってるわけです。それを下げる分+まだ上がりきってなく、これから上がる分を推測して打たないといけなったんじゃないかな。つまり食前の計算より数単位少なく打たないとダメだった気がする。

 実際、これ書いてるあいだに血糖値、急降下中。怖くてあと二時間くらいは起きてないとダメだな。たぶん寝る前に要補食になると思う。

 事後報告はとくに書かないと思いますが、14年と6ヶ月も失敗してなかったのが奇跡で、きっと「1型あるある」の一つでしょうねw

日本ブログ村
にほんブログ村 病気ブログ 1型糖尿病へ
にほんブログ村


関連すると思われる投稿


「めまい」はそろそろ終わりに向かってそう(希望的観測)

 前回更新からかなり過ぎてしまいました。
 体調最悪ってことでは全然ないんですが、めまいがそのまま居座ってて「文章」を書く気にならなかったんです。ちょっと前からめまいは起きてないんですが、暑さのために文章を起こす気になれなくて、うだうだと少し書いてはそのままって状態に。短文で済むツイッターにはそれなりに投稿してたんですけどねw

 そんな風に良い状態になってきて、ブログも更新しないとなと。

 と、ここまで書いたのはもう10日ほど前。「暑さのため」状態がそのまま続いて放置してました。

 めまいは7月15日を最後に「めまいと言えるほどのめまい」は起きてません。もう一ヶ月近いですね。
 それまでのめまいはパターンが決まってて「耳詰まり感がひどくなる」「翌日音割れ感が顕著になる」「さらにその翌日目が回る」だったのですが、最後のめまい(7月15日)はそのパターンにはまらず突然目が回りました。ほぼ半日(8時間くらい)横たわったのはいつもと同じ。

 耳詰まり感はめまいの直前に顕著になるだけで、めまいとめまいの間もずーっと続いてはいたんです。気にしないときは気にしないけど、ふと気づくとわかる、という感じで。音割れも同じ。ずっと音が割れて(左耳だけ)るんですが、通常の生活での会話とか日常音はあまり気にならず、イヤホンなどは違和感(不快感)でダメって感じ。めまいの直前(と最中)だけ顕著に割れて聞こえてた。めまいがおさまると最初に戻ってそれの繰り返し。

 そんな感じだったのが7月15日の「前触れ無しの突然のめまい」のあと、数日後の起床時からまったく耳詰まり感も音割れも気にならなくなりました。

 耳鼻科の先生に報告しても「突然治癒するってことはあまり考えられない」と半信半疑な感じです。一ヶ月から二ヶ月めまいの発作が起きなかったらとりあえず今回の症状は一段落であろうと。でも薬が効いてるだけかもしれないので薬だけはしばらく続けた方が良いだろうとも言われました。いまは隔週通院ですが、あと二回ほど通院したらその後は一ヶ月に一度、状態確認と薬の処方のために通ってねって。うーーん、客を手放さない感じかなw

 今回は4月に最初のめまいが来てざっと三ヶ月強。四年前は5月に最初のが来て8月までやはり約三ヶ月。原因は違うだろうとの診たてだし、四年前は音割れなんかなかったので違うんだろうけど、なんだか不思議です。今回収束してもまた数年後に三ヶ月悩むのかも知れない。

 ちなみに、検査結果が悪かったときはこんな感じ。日付が写ってないけど7月3日です。

 もちろん一番悪い時じゃないです。だって、一番悪いときは一歩も外に出られないので検査なんかできないから。
 めまいが終わって何日かして、そろそろ外を歩けるかなってときの耳の状態です。
 ○のラインが右耳で×のラインが左耳。0(ゼロ)に近ければ近いほど「耳が良い」状態で20dBより上なら通常は問題ないとされるレベルだそうです。
 左耳が1000Hzより下がかなり悪い。125Hzまでしかないけど、それより下はもっと悪いはず。前(5月11日)に書いたけど、音割れとともに、低音部のピッチがわずかに違ってました。この検査ではそういうのは出ないけどね。前に書いたのを抜粋しておきます。

ただ、難聴にはなってなくて、「大人には聞こえない音」に書いたリンク先でチェックすると右は問題なく25Hzから13000Hzまで聞こえ、左も50Hzから12000Hzまでちゃんと聞こえる。この可聴域、ちょっと自慢だったりするw たしかここまで聞こえると耳年齢40代後半だったんじゃないかな。「耳年齢チェック」で検索するとわかります。40代後半ですねw 血圧(上100くらい)と耳だけは自慢できる。

 でも今回は左の低い方50Hzの聞こえ方が変。ピッチが少し狂って若干上にずれる。半音まではずれてなく、ほんとに若干だけど右と聞き比べるとわかる。75Hzからは左右同じピッチで聞こえる。

 検査結果表が125Hzから8000Hzまでしかないのは、そこまで聞こえれば生活するにはそれ以上はおまけみたいなもんだからなんでしょう。

 ゼロに張り付くような人もいるんですか?と訊いたら、小学生でとくに耳が良いという子くらいしかいないでしょうね、と。

 そして、耳詰まり感も音割れもピタッと止まった数日後の検査結果がこれ。7月17日。

 これがベストではないです。その二週間後に検査したときはもっと良い結果だったんですが、いろいろとこのめまいは今後どうなるのかなどを話し込んでたらこれをもらうの忘れちゃったw

 なお、処方薬は二種類もらってますが、一つ(漢方薬:ツムラ五苓散17番)はめまいの薬というより、主にめまい時の吐き気を押さえる薬です。酔い止めですね。これは今後処方無しでいいのかもしれない。
 もう一種類、アデホスコーワも直接の「めまいの薬」ではないんです。血流の流れをよくする薬となってます。
 めまいの原因って確定診断が難しく(MRIもエコーも内視鏡も不可)、症状にあわせて判断するしかないようで、私の場合、三半規管に水がたまってそれが鼓膜を押し、音が割れたりしてるのだろうってことで、利尿効果と血流をよくすることで水分除去を主体にしたみたいです。めまいがおきると水がほぼ排出され、また一週間かけてたまってくると目が回るという循環かな? なんだか「鹿威し(ししおどし)」的なものを想像してしまいました。
 それがなぜ突然水がたまらなくなったのかはドクターも首をかしげるだけでよくわからないらしい。元々がそういう原因じゃ無かった可能性もあるな、と自分では勝手に思ってます。通院しなくても(薬を飲まなくても)時間経過で治ったんじゃないかとも思ってます。なんとも言えないけどね。

 ついでに、「利尿作用ということならコーヒーや紅茶、アルコール飲料なども効果あります?」と訊いてみたところ、あるとは言われませんでした。症状改善以前に別の問題でお薦めはしないそうです。そして、この薬はコーヒー紅茶よりずっと利尿作用は少ないそうです。最初に処方された「イソバイド」なるゼリー状の薬は利尿作用が強く、前立腺肥大の排尿困難持ちの私には夜間かなりつらかったです。寝る直前にビール飲んだくらいの尿意と尿量で睡眠不足で倒れそうだった(誇張じゃなくマジで)。昼間はこまめにトイレ行けばいいだけなんですけど。

 ツイッターに書いた「無性に音楽が聴きたい症候群」については別のブログネタがあるので、後日またその気になったら書きます。ちょっとだけ書くと、いつまた耳がおかしくなるかわからないと思ったら、耳が大丈夫なうちはもっと良い音で音楽聴きたいなと、物欲の嵐に襲われたという話しでございますw

日本ブログ村
にほんブログ村 病気ブログ 1型糖尿病へ
にほんブログ村


関連すると思われる投稿