内視鏡一覧

大腸ポリープ切除

 大腸ポリペクって言うそうな。22日(火)~24日(木)までの二泊三日で行ってきました。ポリペクそのものは楽もいいとこです。採血がないだけでも楽です(笑) ポリープの切除もその後の止血もまったく無痛。腸の内側は神経ないみたいですね。もっとも、腸の内側に神経あったら大騒ぎだ。便が移動するたびにモゾモゾと感じることになっちゃう。

 取るときに、「ではいまから取ります。痛みはないですが、もし激痛があったら言っててくださいね」と。思わず「はい」と素直に返事しましたけど、一瞬考えて「おい、激痛があったら黙ってろと言われても黙ってられないだろ」と思いました(^_^;) 腸を破ったりしちゃうと激痛だそうです。そのまま開腹手術に移行だとか。事故率は0.3%(1000人に3人)らしい。

 ポリペクは麻酔も無しです。腕に注射は一本しましたけど、緊張しないようにするためとか言ってました。取るときは完全無痛。取るまでの時間よりそのあとの止血処置のほうが時間かかりました。縫う(といってもホッチキスみたいなものかな?)場所をどこにするか医者二人で相談しつつ決めていました。それももちろん無痛。時間にして計30分くらいかな?

 今回の病室。いつものとおり六人部屋ですけど、運良く窓際のブースになりました。3階だから景色はあまりよくないけど、開放感いっぱいです。
 

 入院したその日は大腸検査前日の検査食ってやつを昼と夜に食べるだけ。入院当日にやることはそれだけ(検査食食べるだけ)。うーーん。これなら一泊二日でもいいんじゃないの? 内視鏡検査の時は前日自宅で検査食で、翌日朝から病院行って日帰りだったんだしね。

 で、二日目。朝から絶食(前の晩からだけど)。9時からニフレクなる「経口腸管洗浄剤」を飲みます。これも前回は9時前に到着して外来でやったんだよな。前回はその件について殆ど書いてないから書いておこう。

 これね。2リットルを二時間かけて飲みます。早い話が下剤です。飲めない味ではありませんけど、2リットルですからね。ビールなら飲めると思うけど(笑)スポーツドリンクの味が濃い感じのを2リットル飲むときついです。数十分過ぎたころから猛烈にトイレ行きたくなります。何度目かから排便してる感じもしなくなり便器に座ると同時に水のように出てきます。だんだん色が薄まってきて、ああ腸内がきれいになっていってるんだなって実感できます。トイレがウォシュレットじゃなかったら耐えられないと思う。最後の方はウォシュレットのお湯が当たるだけでひりひりとしてきますから。ウォシュレットで洗ってペーパーをそっとあてて水気を吸い取るって感じです。拭くなんてのは絶対無理。

 

 11時までに全量飲み終わって、お昼頃までに完全にきれいにならなかったら(出したあと看護士さん呼んで確認してもらう)、浣腸だそうです。私は前回も今回も時間内にちゃんときれいになりました。

 加えて今回は途中10時から点滴も始まりました。翌朝10時まで24時間だそうです。あ、そうか。これがあるんで前日からの入院じゃないとダメなんだ。病院って退院時のチェックアウトがだいたい9時から10時頃です。だからチェックインが「受付が10時半くらいで病室に入るのが11時頃」となります。朝からの点滴を控えていると当日入院では間に合わない。外来で始めておいて、昼から入院でもいいんだろうけど、下剤飲みつつ点滴してトイレに行ったり来たりしながら入院手続きやベッドの説明、入院着への着替え、なんか考えるとたしかにめんどうだ。

 お約束のように点滴針は一回では挿せませんでした。24時間だから利き腕はつらいってことで左手をじっくり見てから狙いをつけてズブリ。失敗。他に左手に候補地が見つからなく、利き腕の右手になりました。しかも、うまいところを見つけてくれず、手首に近いところになっちゃいました。動かさないようにしてたんですけど、どうしても右手を使ってしまい(だって、トイレに何回も行くんですよ)、一回盛大に液漏れしてしまいました。幸い、針が外れたのではなく、針とチューブのつなぎ目が外れただけだったので、挿しなおしはありませんでした。その後、より意識して右手首を動かさなかったら、翌日上腕部が筋肉痛に。添え木でもして手首が動かないようにしてくれたらよかったのにね。

 

 さて、この点滴、困った問題がありました。500mlを6時間かけて落とします。それを4本。その500ml中にブドウ糖が25g入ってます。一時間あたり約4gのブドウ糖が連続して体に入って来ます。血糖値コントロールが難しい。点滴を落とす速度を微調整して対処するしかないのに、看護士さん、誰一人として1型糖尿病を理解してなくて、わかってもらうのが大変でした。カーボカウントで血糖値コントロール?カーボカウントってなに?な雰囲気なんですよ。彼女たちは「この一本を6時間で落とす」と設定が決まっていればそのとおりの速度に調整するのが義務みたいなもんですから。なかなか遅い設定は納得してくれない。不安で二時間ごとに血糖値を自分で測定したんですけど、最初の段階で260まで上がった。説明をあきらめてドクター呼んでもらおうかと思ったんだけど、なんとかわかってもらえ、その後は150くらいで安定。

 さて、ポリペク後は2時間はベッドの上にいてくださいと言われたくらいしか書くことはないです(笑) 翌朝10時までに下血や血便が出なければOK。予定どおり問題なく無事に退院できました。

 今後二週間は念のための食事制限があります。制限っていっても「なるべく」って注釈がついてるからあんまりきっちりとしないでいいみたいだけど。毎日健康のために考えて食べてるメニューが全滅に近いです。繊維質の多い物、消化が良いとは言えない物はだめなんですね。野菜やフルーツの殆どが「だめ」です。玄米ご飯もだめ。海藻もだめ。コーヒーなどの刺激物もだめ、辛いのもだめ。極度に熱かったり冷たかったりの食べ物もだめ。お風呂も入浴は避けてシャワーのみ。アルコールはもちろんだめです。ま、なんとかがんばれるでしょ。


関連すると思われる投稿


大腸内視鏡検査

 ちと心配な点があったので結果が出るまで書けませんでした。一応検査結果は悪くありませんでした。まあ、結果如何に関わらずネタにしちゃうかもしれませんけどね(笑)

 大腸がんや男性の前立腺がんは非常に進行の遅いがんということで、毎年じゃなくても定期的に検査すれば早期発見できるようです。基本の検査は検便(大腸)と採尿(前立腺)ですから別に痛くもかゆくもないのですが、サラリーマンじゃない私は自分で健康診断を手配しないといけなく、ついつい忘れがち。

 さらに1型糖尿病を抱え、数ヶ月に一度採血と採尿をしてますので、なんとなくそれらの検査を受けてる気になってしまう。実際には血液も尿も一度にすべての検査を勝手にやってくれるわけじゃなく、医師の指定した部分しか検査しません。私の場合、内分泌系の異常に関するデータしかチェックされてない。(検査項目が増えれば費用もかかるから)

 私、実は8年前に大腸ポリープが一つ見つかって内視鏡検査やってます。最初なんで見つかったんだったけな。副腎摘出1年後の検査でCTだったかMRIだったかで見つかって内視鏡検査に進んだような気がします。当時の技術ではその場で簡単に取れる形ではなかった(平たいタイプ)し、いわゆる「良性ポリープかつ大きくないもの(5ミリくらいだったかな?)」だったので放置してありました。大きくなるとがん化することもあるわけで、そのときは5年に一度検査しようと思ったわけです。そう思っていながらその四年後に「1型糖尿病」になり、それでもう気がいっぱい。あっという間に8年過ぎました。

 この間、いろいろあって、大腸・前立腺以外はいろいろな検査をしてます。頭のてっぺんから足の先まで。CTやらMRIやら、今年は心臓カテーテルもやりましたっけ。4年間であれこれ検査を受けると毎年の総合健康診断を忘れてしまうのも仕方ないと思いません?(^_^;)

 それじゃいけないと、11月になってやっと思い腰を上げ、総合健康診断を受た結果、検便で潜血(大腸再検査)、採尿でPSA6.0(前立腺再検査)、二つの要再検査を突きつけられました。前立腺の方はあまり気にしてません。加齢による前立腺肥大ってのもあるし、念のために検査を受けますが、万が一がんだとしても(確率は2割くらいらしい)、PSA6.0くらいでの発見なら大きな問題はないらしいのでいまんとこ楽観してます。

 大腸の方は、そういうわけでポリープ持ちなんでちょっと青くなりました。いくら進行が遅いと言われていても8年間放置してましたからね。そんな命に関わるようなことをなぜ放置してたのかって言われても自分でもわかりません。自覚症状がまったくないってのは言い訳にはならないんですよね。そもそもが自覚症状が最初はないんだし、ポリープがあるのはわかっていたんですから。とにかく「まーーーーーーったくすっぽり気持ちから抜け落ちていた」んです。まあ、それだけ「1型糖尿病のショックが大きかった」ってことかもしれません。再検査を告げられた時点でかなり落ち込みました。なんで忘れていたんだろうって。

 検査の結果はセーフでした。まだがんにはなっていませんでしたが、大きさがそれなり(10ミリだって。8年で5ミリ成長したわけだ)になっていましたので、今後は危なくなる大きさだから取りましょうってことになりました。来年2月末ごろ二泊三日でです。そっちは内視鏡検査の延長みたいな感じで痛みはほとんどないってことで内心ほっとしてます。今月27日から二泊三日で行う前立腺検査がとてもイヤ。何がイヤって例の尿道パイプを入れるそうな。さらに検査時は麻酔するけど、終わってからしばらく(数日?)痛いらしい。憂鬱です。

 ところで、内視鏡検査。腸の中を覗くわけですから、事前にきれいにしとかないといけません。前日は検査食、当日は朝から絶飲食です。血糖値コントロールがけっこう大変でした。

 包装は素っ気ないですけど、中身は立派なレトルト食品だったりおやつだったりします。私は普段から一日1500キロカロリーなんで、その検査食だけでも物足りなく感じはしません。逆に検査食って炭水化物多すぎ。普通一日で2000~2500キロカロリーくらい取りますから、空腹感が我慢できないと困るからだと思います。エネルギー補給飲料(かなり味の良いジュースです)は一つ残しました。ビスコもソフトビスケットも全部は食べなかった。グレープゼリーは「良いの?ほんとに食べても良いの?」状態(笑)好きなんですよ、こういうの。ありがたく食べさせていただきました。でも血糖値跳ね上がりでしたけどね。


関連すると思われる投稿