レコード一覧

オールディーズはやっぱり「いいね!」

 最近ステマ(ステルスマーケティング、広告と思わせないような広告記事)問題を聞きますが、これはステマじゃないです。知らない人がいるんだろうなと思うと、もったいなくて宣伝そのものです(笑)

 以前もオスカーピーターソンのCDで書きましたけど、Amazonで、もう「異常」じゃないかと思うほど廉価なCDがあるんです。一回でも買うとAmazonからお薦めメールが来るんでわかると思うんですけど。

 いわゆるベスト盤で過去のアルバムから適当に(といったら失礼か)ヒット曲をCD一枚分集めたCDだけじゃないのです。過去のアルバムそのものを数枚(7枚とか8枚とかそれ以上とか)をCD2~4枚くらいに集めて、千円前後。安いのは600円くらいから、せいぜい千数百円まで。

 私はLP(レコード)をいろいろと持ってたりするんですが、それをデジタル化するには、想像以上の根気と時間がかかるのは体験済です。LP片面20分程度をデジタル化するには20分じゃすまないんです。一度できちんと音飛びも音割れもなくデジタル化出来る確率は低い。両面をデジタル化するのに下手したら半日かかる。LP一枚でですよ。結局何枚デジタル化したんだっけかな。片手で足りちゃう枚数(^_^;)

 それがデジタルリマスターしてるのもあるかなり音質の良いアルバム数枚分を収録したCDが複数枚セットで千円前後です。おかしいでしょ!?って言いたくなる価格付け。

 ベスト盤じゃなくて、と書きましたが、50年代60年代のオールディズ寄せ集めのもあります。これがまあとても良いです。一昔前で言えば手持ちの音源で持ち歩き用のミクスを作るようなといえば良いのかしら。あの手間と時間無しでそれが出来ちゃう感覚。

 サイドバーにAmazonのスクロールするリンクをつけてみました。同じ物の横スクロール版をここにもつけておきます。とにかくお得だと思います。デイブ・ブルーベックのTake Fiveなんで、CD三枚組で送料無し898円ですよ。なんで?

 ただ、価格はかなり頻繁に変動するようなので、クリックした時点で「安くないじゃないか!」ってことはありえます。そこらは適当にご勘弁くださいね。


関連すると思われる投稿


Oscar Peterson(オスカーピーターソン)のCD

OscarPeterson いや、驚きました。オスカーピーターソンのアルバム(LP)が7枚分。CD4枚におさまって、なんと1190円ですよ。

 私がジャズにはまったのは、18歳くらいでしょうか、友人の家でオスカーピーターソンを聴かされたときに、愕然としてはまりました。ベースはレイブラウン。アルバム名は忘れた(^_^;) そのLPは私も買いましたし、結局複数枚持ってるんですが、ジャズ系列は開けにくいほうのレコードケースにしまっちゃったのでいまは探し出す気力がありません。

 それまで私のジャンルにジャズはありませんでした。ナットキングコールはジャズとは思わず聴いてたし、そうか、ボーカルはジャンルとしてはジャズに入るのも好きで聴いてたっけ。こういうインスト系は食わず嫌いだっただけかも。

 アマゾンからお薦めメールが来て飛びついちゃいました。4枚で全51曲、4.4時間です。収録アルバムは「My Fairy Lady」「Ben Webster Meets」「Fiorellio!」「The Sound of the Trio」「West Side Story」「Very Tall」「Night Train」の7枚分。ベスト盤じゃなくて、各アルバム全曲入ってる。

 最初に届いたCD。二枚目の最後の曲が途中で再生できなくなっちゃう不具合がありました。そこでCDがカラカラと空回りしちゃって終わらない。さてどうしたもんか、安いし、一曲だけだからあきらめるかな。と思ったんですが、アマゾンのポリシー見たら不具合があったら交換してくれるってなってたから、返品と交換申し込み。実に簡単なのね。昨日返品(交換)を申し込んだ段階で即発送の手配になって翌日(今日)、もう届きました。早い(笑)


関連すると思われる投稿


ルーフトップ・シンガーズ(Rooftop Singers)

Rooftop Singers
 男性二人女性一人のフォークグループです。当時はモダンフォークとか言ってました。古くからある民謡(トラディショナルフォーク)に対しての区分けですね。

 この構成(男男女)だと当時(1960年代)の日本ではピーター・ポール・アンド・マリー一択でした。もちろんPPMは大好きですが、ルーフトップ・シンガーズはジャンル分けではフォークでも、匂いというか雰囲気というか色合いはかなり違います。
 アコースティックな編成(ギターやバンジョーにウッドベース)で歌うSwingするグループといえばいいのか。オリジナルメンバー紅一点のリン・テーラーはジャズヴォーカリストでもあります。

 Wikiによればアルバムは1963,1964,1965年にそれぞれ一枚ずつの三枚しか出てなくて、三枚目の1965年の「Rainy River」から女性ボーカルがシンディスチュアートに代わりそれ以降アルバムは出ないまま1967年に解散と。

IMGP0061
 LPも持ってるんだけど、ジャケットの写真が「Rainy Riverのカラーのもの」をモノクロにしたもので、これはリンテーラーじゃないんだよね。収録されてる曲のほとんどはリン・テーラーので、数曲だけシンディ・スチュアートのが入ってる。ジャケット裏面左下の小さな画像はリン・テーラー。こっちをジャケットに使って欲しかった。

 そのLPをデジタル化してあるんで、よく聴いてるんだけどもっと聴きたくて、いつものとおりYoutubeで検索しまくっても、Youtubeにほとんど上がってない。あるのは彼ら最大のヒットである「Walk Right In」ばっかり。

 CDも、まあ普通のお値段というか私から見たら高いのしかない。普段1000円前後のしか買わないのです。

注文
 そうこうしてるとき、アマゾンさんって心を読むのか(笑)、ルーフトップ・シンガーズのCDをお薦めしてきた。曲は手持ちのLPとかなりかぶってる。でもまあ27曲も入ってるし、安いからいいやで即注文。昨年暮れの話しです。今回この記事を書こうとアマゾン見てきたら値段が元に戻っちゃってる。安くなったら価格表示も安いのが出るみたいなんで一応載せておきます。

なお、このCD,試聴できます。それぞれ30秒くらいね。
「Rooftop Singers – Best of the Vanguard Years CD」


関連すると思われる投稿