クリスマス一覧

今年ももうすぐクリスマス

 去年書いたのにリンク張って使い回し。正直言って、1年以上もブログを続けられると思ってなかった。また来年の年末も同じこと書くのかな。

 クリスマスの歌(曲)って名曲多いよね。オールディーズみたいな言い方をしないから、名曲がどんどんたまっていくってことかもしれないね。毎年この季節になると浮かんでくるメロディが誰にでもあると思う。メロディラインを残し、その時代時代に受け入れられるリズムに乗り換えて聞かせてくれるのもうれしいし、心に残る新しい歌が出てくるのもうれしい。

 他の曲だってそうなんだよね。良い曲はいつになっても良い曲。最近はカバーブームとか言うらしいけど、私はそれでもかまわない。アレンジには時代があるんだろうけど、メロディラインに時代はないと思う。クリスマスソングじゃないけど、「エリーゼのために」なんて何回ヒットしたんだかわかんないくらいだよね。

んじゃ、昔の記事へのリンクを

ちょっと早いけどクリスマスソング(2009.11.18)

そろそろクリスマス(2009.12.16)


関連すると思われる投稿


そろそろクリスマス

 イブまであと一週間(と、プラス一日だ)。ということで再びクリスマスの歌です。

 前回のときに「Aly & AJ」なる姉妹デュオを知り、いくつか聴いてるうちに完全にはまりました。一日何回か彼女たちを集めた再生リスト流してる。聴いていてすごく安心感があります。声質ももろに好み。この姉妹はディズニー系なのかしら。私、潜在的にディズニー系の歌とか歌い方、ハモり方が好きなんだよね。ほら、独特の味付けっていうか雰囲気があるでしょ、ディズニーの音楽って。いまでもディズニーチャンネルってのがあるようだけど、スカパー!とかの有料番組だから見られない。

 それにしても、欧米の人たちはクリスマスソング歌わせるとほんとに似合いますね。クリスマスソング、どれもこれも秀逸。

 ゴスペルが基調のビアンカ・ライアンとかコニー・タルボットは元々が賛美歌のクリスマスソング歌うと生き生きしてる。教会で普通にコンサート開いたりするもんね。彼女らの歌も混ぜようかと思ったけど、混ざりっけなしで Aly & AJ のクリスマスソングのみ集めました。とか言いながら、最後に三曲だけビアンカの曲も入れてしまいました。やっぱりビアンカの歌い方と声、私のツボにはまりすぎ(笑)

 Aly & AJ のクリスマスソング。題名ではピンと来なくても実際に聴くと、昔どこかで聴いたような気がする曲が多いです。始めて聴く曲ももちろんありますが。逆に、ああこの曲はこういう題だったんだとか思う。ラパパンパンの歌が「Little Drummer Boy」とかね。ラパパンパンって太鼓の音だったのか。

(以下、Youtubeへのリンク、仕様が変わってアクセス出来なくなったので削除しました)


関連すると思われる投稿


ちょっと早いけどクリスマスソング

 一つ聴いたらコレクション欲が止まらなくなっちゃった。クリスマスの歌って名曲+名演奏多いよね。

 11月も真ん中過ぎたから早すぎるってこともないか。いや、やはり12月に入ってからだったかな。

 同じ曲のアーティスト違いの曲がいっぱいです。とくに「Rockin’ Around the Christmas Tree」がたくさん。つまり私はクリスマスソングの中でもその曲が特に好きなのです。さらに、カントリーっぽい匂いがする人(グループ)が好きなのです。

 全体的にしっとりなのはほとんどなくてにぎやかなクリスマスソング全16曲です。

 もちろん、Connie Talbot は外せませんです。コニーちゃんが三曲。一番最後の〆にコニーちゃんのホワイトクリスマスを持ってきました。

 初っぱなの「Aly & A.J.(エイリィ & エィジェィ)」は Youtube でクリスマスソングを聴き歩いて初めて聴きました。一発で気に入りました。当時、姉の Aly が16歳、妹の A.J. が14歳だそうです。とてもそうは見えない。終わったあとに少し同じ曲がゴミみたいについてて気になるけど消せなので我慢。

 日本人のもお気に入りを二曲。桑田さんのも入れようかと思ったんだけど、単独で聴くとすばらしいのに、こういうのに混ぜるとなんか浮くんでやめた。あと、超定番のビングクロスビーとかシナトラとかアンディウィリアムスとか、そこらのもどこでも聴けるのでやめときました。


関連すると思われる投稿