2020年09月一覧

Spotifyの続き:再生に結局何を使ってるか

ストリーミング(Spotify)の再生など(ブログ内リンク)の続きです。

 使ってないスマホ(アクオスSH-M05)をしばらく自宅用の再生機として使っていたんですが、やはり起動のたびに音量調整しないといけないのが思いのほか煩わしい。

 しかもですね。Bluetoothのバージョンのせいなのか、SH-M05の機種固有の機能なのか。Bluetoothスピーカ(JBL CHARGE3)の音量調整とスマホの音量調整がリンクしちゃってまして、音量の細かな調整ができません。たぶんスマホの設定がおかしいんだと思うけど、見直すのはめんどくさい。

CHARGE3はアップデートしてCHRGE4になったようですね。

最初に買ったAnker SoundCoreもその音がめちゃ気に入って長女の婿さんにも勧めちゃったんだけど、どうしても低音部が物足りなくてJBL CHRAGE3に移行しました。これはかなり満足してます。

 スピーカー側の音量を触るとスマホ側の音量調整バーが現れてそっちが一緒に上下する。つまり、どっちで操作してもスマホの音量調整しかできない。androidスマホの音量調整って無段階じゃなくて、階段状に変化するんですよね。感覚的にかなり荒い階段状。調べたらもっと細かく調整するためのアプリなんかもあるようですが、ちょっと本末転倒な気がして手を出す気になれません。

 イヤホン(ヘッドフォン)再生ならそのくらいの大まかな調整でいいんだと思うけど、狭い部屋で鳴らすスピーカーの音量調整って「私は」かなりこだわりがありまして。こだわりっていうか、心地良く聞くための音量って大きくもなく小さくもなくじゃないとイヤ。ちょっとでも大き過ぎると耳触りに感じちゃう以上に気になって楽しめないし、小さいとそれまたイラつく原因になります。いや、ギリギリの大きな音量で聞きたいだけなんですが。耳の敏感さは関係ないと思う。

 この旧スマホ(SH-M05)以外の手持ちの機器(音の悪さでしまい込んだ7インチタブレット含む)は再生側とスピーカー側の音量調整が独立しててスマホ側が階段状の調整でも、スピーカー側の調整と組み合わせてちょうど良い音量調整ができます。

 数日どうしたものかと悩みつつ、はたと思いついたことが。私はなんで自宅(室内用)と外出時のイヤホン用に再生機器をわけてるんだ?と。

 うーーーん。考えてみたら私は最初スマホは持ってなくて外出時はMP3のケータイプレーヤー。室内ではパソコンからオーディオインターフェイスと中華デジアン経由でオーディオ用のパッシブスピーカーを鳴らしてました。
 書いた記憶があるのでブログ内検索したら出て来ました。10年前はこんな感じでアクティブなパソコン用スピーカーだったですね。「PCスピーカーを買った:ブログ内リンク」

 パソコン使ってないときでもそのためだけにパソコンの電源オンにしてた。昔のような独立したオーディオ機器はもう持ってないですから。宅録始めてオーディオインターフェイス買ってからはさらに中華デジアン経由でパッシブスピーカー。いまはJBLのブックシェルフSTAGE A120が繋がってます。50年以上前の青春時代、あこがれのJBLです(笑)もうお手頃価格ですねぇ。

 で、アマゾンタブレットを買って(初めてのタブレット:ブログ内リンク)、パソコンを使わないときの再生はそっち、となったわけです。その後スマホも買い、外出時はスマホで再生。もうそのときから内外で再生機器を分けるという前提の思い込みだったみたい。

 これ、分ける必要ないんじゃない? タブレット買ったときはスマホ持って無くて外出時もこのタブレットをバッグに入れて持ち歩き、あとからスマホ導入で内外をわけたことから始まった習慣で、いま現役で使ってるスマホ(アクオスSH-M12)一本に任せたら解決じゃない?

 やってみたら、手持ちの再生機の中で現役のスマホ(SH-M12)が一番良い音だった。一番新しいから当然なのかな。いやほんとに再生機で音かわりますね。

 一件落着めでたしめでたし。

 とはいかずw

 外出時に使うイヤホン用のイコライザ設定で家のBluetoothスピーカーを鳴らすと低音が効きすぎます。そりゃそうです。特性が違いすぎる。
 となるとやっぱりあれか。ウォークマン買っても(ソニー嫌いだから買わないけどw)、Wifi機能があってストリーミングも可能な携帯オーディオ買っても結局話しはそこに行き着くわけだ。家の中で使うのと外に持ち出すのとでは音質(イコライザ)設定が違ってくる。一台で内外を賄うには毎回設定変更が必要でめんどくさすぎる。機器を使い分けるしかなさそうです。

 ということで話しはぐるっと一周して、室内ではバッテリーがへたってきたアマゾンの8インチタブレット(第七世代)を使うしかないって結論に行き着きました。タイムセールかなんかで現行の8インチタブレット(第十世代)の特売があったら買いましょうかね。

 あと、蛇足ですが外出時にイヤフォン鳴らすだけなら音源はなんでも気にならないです。音質も音量調整の荒さも。イヤホンそのものの音質が物によって大きく違うし装着の仕方でも音質がガラッと変わるので再生機の性能を気にする必要がほとんどないですから。室内でスピーカー鳴らすとスピーカー側は一定なので再生機の音質に左右されて使い分けると気になるのです。

 そういえば、外出用のイヤフォンも完全ワイヤレスのJBLです。もうすっかりJBLに取り囲まれてる(笑)
 JBL TUNE120TWS、こいつももう新型が出てますね。世代交代が早い。

日本ブログ村
にほんブログ村 病気ブログ 1型糖尿病へ
にほんブログ村


ストリーミング(Spotify)の再生など

 Spotifyを聞くのに家にいてかつパソコンを起動してない(使ってない)ときはアマゾンのタブレット(Fire HD8 第七世代)を使ってるんですが、最近どうも電池の持ちが悪い。
 このタブレットは音楽再生にしか使ってなくて以前は一日延べ二~三時間ほど使って四日程度もってたのに最近は二日くらいでバッテリーがなくなる。

 Fire HD 8、これいつ買ったんだっけ。ブログ内検索しても出てこない。これの一つ前の7インチタブレットが2016/01みたいです(初めてのタブレット(ブログ内リンク))。
 買い換えたときはブログネタにしなかったみたいですね。購入履歴でさがしたら2017/08でした。なんで買い換えたんだっけかな。タイムセールで安かったからかな?
 買い換えて三年か。毎日使ってるからバッテリーが寿命?

 それと、スマホのSpotifyアプリにはあるイコライザーが、ある日突然タブレット版にはなくなってしまいました。以前はあったんです。たぶんアップデートでなくなったんだと思うんだけど、いつなくなったのかはわからない。なんでなくしたんだろ。
 音がね、あれ?ちょっと違うと気がついて設定見たらなくなってた。
 駆動してるのは小さなBluetoothスピーカーだから低音域を少し上げないとではちと物足りない。いまはJBLのCHARGE3を使ってて以前よりずっと豊かな低音が出てはいるのですが。

 アマゾンタブレットにGooglePlayストアを入れてそこからインストールしたのがいけないのかと、アンインストールしてアマゾンストアから入れ直してもダメ(同じ物だった)、Googleを入れたのがいけないのかと工場出荷値にリセットして最初からやり直してもダメ。

 ってことでここからいろいろと試行錯誤開始ですw

 まず、以前の7インチタブレットを引っ張り出してきました。音楽聴くだけにしか使ってないので速度とかキレイさとか全然関係ないので使えればいいんだよね、7インチのほうが使うには軽くていいかなと、

 使ってがっかりです。何この音、って。デジタルな音源再生で、しかもハイレゾとか全然関係なく、同じアプリのストリーミング再生をBluetoothで同じスピーカーに飛ばしてるだけなのに、音がめちゃ貧弱。
 いままでデジタル音源の再生は再生機の能力はあんまり関係しないんだと思い込んでました。まさかここまで違うとは。もちろん同じ音源での比較です。とても耐えられなかったので7インチタブレット利用案はボツに。壊れてるわけじゃないし、なんかの予備機くらいにはなりそうなので捨てずに取っておきます。

 次に、以前使ってたスマホ(アクオスSH-M05)を取り出してセットアップ。ちなみに今使ってるスマホは今年5月に買い換えたアクオスSH-M12です。

 セットアップ後、アンインストール出来る物はすべてアンインストール。アンインストールできないものも「無効にする」で少しでも軽く。とにかくSpotifyとAmazonMUSICが使えればいい。あ、Radikoもか。SIMも入ってないし、余計なものは要らない「音楽再生機」として使うだけ。

 音も悪くないし、電池の持ちもBluetoothをオンにしっぱなしで4日以上、使わないときは小まめにBluetoothをオフにすると5日以上電池が持ちます。SpotifyもAmazonも曲をダウンロード出来るので、外出時もスマホからではなく、こっちを利用すればスマホのバッテリー減少も多少は助かる(はず)。

 で、問題も。

 なぜだかわからないんですが、電源オンのたびに音楽再生のボリュームが毎回真ん中あたりまで戻ってしまい、気がつかずにスピーカー慣らしちゃうと大音量になってびっくりします。たぶん「無効」にしてはいけない常駐の何かを無効にしちゃってるんだろうと思ってますが、一つっつ確かめるのもめんどうなので起動のときに毎回ボリューム調整してしのいでます。

 ここで一段落のはずが、さらにいろいろと興味が出て泥沼進行中。

 いや、こういう使い方するなら、汎用のスマホを使うより音楽再生専用機、それもどうせならハイレゾが使えるのを検討すればいいんじゃね?って思って。昔懐かしい名前のウォークマンはどうなんだろと見たら、うーーん、えらい高いのね。せいぜい一万円くらいで買えると思ったら最低でも(それも型遅れ品でも)2万円軽く超える。

 じゃあ、iPodとかは? とか気にしだしたらほんとに泥沼。

 単なる再生機なら数千円からあるけど、欲しいのはSpotifyなどのストリーム音源を扱えること、ですから。モバイル通信は要らないけどWifiが使えて本体で直接取り込めないと意味ないし。

 調べてって、Fiioなるメーカーに行き着いた。中国の会社だけど評判良いのよね。フラグシップ機は16万もする。つまり安い物だけを提供する会社ではなさそう。私、中国製だからって全部排除するつもりはないです。いわゆる中華デジアン(デジタルアンプ)ってのをもう何年も前からパソコンにオーディオ用のパッシブスピーカつなぐのに使ってて満足してます。現在二代目。安いんですよ。最初に使ったのは三千円でお釣りが来る程度のもの。今使ってる二代目は最初ので不満はなかったんで、もう少し奮発して五千円弱のもの。

 でもFiio、一番安い普及機でもそんなにお手頃ってわけではなく、2018年型のウォークマンと大きく違うわけじゃないし、ちょっと上になるとウォークマンやiPod touchと並んでしまう。iPodはApple使ったことないので敬遠するとして、同じ価格帯勝負だったらやはりウォークマンかな。

 だけど、知る人ぞ知る、でありますが私はソニー嫌いなんです。ああ困った。調べすぎて疲れちゃったので、しばらくはアクオスSH-M05をポータブルプレイヤーとして使うことにしましょかね。スマホとしてのキビキビとした動きは必要としないので省エネスイッチを常にオンにしておけばバッテリーも長持ちしそう。

 Fire HD8の最新世代(いまは第10世代)がタイムセールで安く出たらそっちも考えることにします。でも、タブレットってちょっと重いんですよね。音楽再生のためだけに使うのにあの重さはw
寝っ転がって操作すると疲れます。

日本ブログ村
にほんブログ村 病気ブログ 1型糖尿病へ
にほんブログ村