2018年02月一覧

リブレ、早いもんで4週間過ぎて三つ目のセンサー取り付け

 フリースタイルリブレのセンサーは一つで2週間使えます。使えます、じゃなくて2週間しか使えません。「おおよそ2週間」じゃなくて、デジタルできっちりと2週間。有効期限切れ三日前から測定するたびに「あと三日」「あと二日」「あと一日」、期限当日になると「あと~時間」と表示されます。
 最初のセンサーは説明書に書いてあるとおり、起動後一日は不安定でした。リブレで49なんて表示されて(でも低血糖感なし)慌てて血液測定すると115だったり。二日目からは安定して血液での測定と大差ない数値を出してました。
 三週間目からの二個目はそんなことはなく最初からかなり精度よくて、気にして最初の一日は従来の血液測定と併用しましたが、最初から(一日目から)一桁(9以内)の誤差でした。これ、リブレの本体が学習してるんですかね?

 そして、本日三個目(5週目)に突入。前二回は左側に位置を少しずらしてつけたんですが、左右は毎回変えた方がいい(かぶれの問題)とどこかで読んだので今回は右腕側。

 取り付けたとき、三回目にして初めてちょっとした事件発生。よそのブログで見たことがあったんですが、自分の身に発生するとは思ってませんでした。

 風呂にのんびり入ってゆったりしてから新しいのをバシャッとつけたら。風呂入った直後はまずいんでしょうかね。見事に出血です。前回二個目も同じように風呂上がりでつけたんで、運なのかも。痛みは全然ありません。前二回と同じように怖々ではありますが、バシャッと取り付けた。うまくいった、よしよしと。ちゃんとついてるかな?と取り付け具合を触って確認。え?指が濡れた。風呂上がりでよく拭き取ってないところにつけちゃったのか?などと思いながら触った指を見たら真っ赤。いや、さすがに驚いてティッシュ当てて、どうしようかと。痛みはまったくないです。ただただ血が溢れてくるだけ。採血んときに針刺すときはチクッとするけど、抜いたあと血が溢れてきても痛みがないのと同じ感覚。

 なんで風呂に入ってからと言いますとw
 センサーをつけると、その部分は風呂入ってごしごしとは洗えません。入浴自体は問題ないです。きちんと防水されてます。
 でもやはり風呂入ってそこもきっちりと洗いたい。そのタイミングはセンサーを外して新しいのをつけるときしかないんです。


 このセンサー(前に使った画像流用)の真ん中の穴から血が。ほとばしるってほどでもないんですけど、したたり落ちる程度には出血してる。出血中の写真はないです。「そだ、写真撮らなきゃ」なんて全然思いもしませんでしたw
 しばらくティッシュで抑えてたら止まったようなんで、さてどうしようかと。これをはがして新しいのをつける? これ一つ当たり約7千円(自己負担それの三割)ですから安いもんではない。
 アボットに電話してみました。インスリンもそうですが、これらの医療品って24時間年中無休でサポート体制あります。フリーダイヤルで。家電製品とかの一般用品と違い、問い合わせる人が少ないんでしょうけど、待たされた経験ないです。電話即繋がる。

 聞いてみたら、血が止まらないなら外して別のところに新しいのをつけてくださいと。血が止まったなら一時間後(取り付けて起動してから一時間は測定できない)に測定してみて、センサーエラーにならなければだいじょうぶ。一日は安定しないから血液での測定と併用して、おかしいようなら外して取り替え。断言は出来ないが処方してもらった医療機関に持ち込めば新しいのと交換できる。アボットとしては医療機関から交換の申し出があれば拒否してないので医療機関次第です、と。

 一時間後に試して見たらエラーが出ずに測定可。フリースタイルリブレと血液での測定をし、大きなずれがないのも確認。でも予断許さずですかね。体内に留置されてるセンサーに血液が凝固したら測定できなくなるかも。ま、そうなったらなったで取り替えれば良いんで心配することはないかな。その問題が発生しなければ今回も装着直後から安定して測定できていそう。

 書いててふと気になったけどセンサーの真ん中の穴。なんであれがあるんだろw もしかして、こういう事態を想定して考えられてるんじゃないのかしら。装着時の血抜き用にw それ以外理由がわからない。

日本ブログ村
にほんブログ村 病気ブログ 1型糖尿病へ
にほんブログ村


フリースタイルリブレ使用感と感想

 前回も言いましたが、これ、革新的というか血糖値コントロールの革命というか。いままでにこういうものがなかったわけじゃないんですけどね。体につけて継続的に血糖値を測定するCGMとかありましたから。でも、格差補正っていったかな。結局一日数回(4回?)普通に血糖値を測定して機械に読み込ませないと血糖値に近い結果を望めない、つまり点ではなく線で変化を確認できるという利点はあっても、針を突き刺す血糖値測定は減らないという。ほかにも利用料が高かったりして使ってみたいとは思いませんでした。
 
 

 1月30日午後に使い始めてざっと一週間目、2月7日のグラフです。就寝前の0時半ころは血糖値154、就寝したのが1時少し過ぎ。夜の間は順調に血糖値が下がりつつ維持できてることがわかります。
 ちょっと寝坊して朝9時過ぎに起床朝食。朝食はヨーグルト、豆乳、野菜ジュースのみ(毎朝同じ)で26カーボ。私の場合、起床後から昼にかけて何も食べないでも常に血糖値が上がるので、26カーボに対して超速効を6.0打ってます。私のインスリンカーボ比は基本としてカーボ10gでインスリン1.8で計算してますが、朝だけそれに1.5~2.0単位くらい加算してます。
 昼の食前血糖値が146。65カーボの食事を摂って超速効インスリン12。
 グラフ見ると2時間後にピークが来てる。なぜ? インスリンが効いてない? 15時半くらいにまだ200オーバーだったので超速効を1単位追い打ち。突然一気に下がりはじめ1単位の影響ではないくらいに下がった。夕食前血糖値75。
 夕食は40カーボ(フルーツグラノーラ50g+牛乳200cc)で7.5打つところをマイナス1単位のインスリン6.0。1時間後くらいに急上昇したあと、就寝前には58と低血糖。これじゃ寝られないので補食を10g。

 この血糖値の変化、以前の食前測定だけだったら「起床(朝食前):124」「昼食前:146」「夕食前:75(途中で追い打ちしてなかったらたぶん100前後)」と、なにげに良いコントロールと思ってた可能性大。HbA1cは平均値なので、ずっとこんな調子でも6.5前後を長年維持出来てましたしね。

 これって、持効型(基礎インスリン)が多すぎるってことだよね。それ以外の原因だとすれば、インスリンの効き目ピークが私に合わないってことになっちゃう。GI値とかの関連ももちろんあるだろうけど、それにしても合わない。
 基礎インスリンが効きすぎてるから次の食前までには下がってるけど、摂取したカーボ消費に足りない超速効しか打ってないから途中は高血糖。この高血糖の山を平らにするためにその分の超速効を打ったら、山はなくなるけど谷が深くなって確実に毎回数時間後に低血糖になるはず。食べる量を減らすというのも手でしょうが、見てのとおりかなり少ないです。リタイアしてからはエネルギー消費が少ないので必然的(自然的?)に食べる量も減りました。

 という考えの基、2月7日から持効型を以前より1単位減らして様子みることにしました。
 ちなみに私の使ってる持効型の「トレシーバ」は有効時間が長くて半減期が24時間だそうです。つまり注射して一日経ってもまだ半分体に残ってる。一日一回注射したときに残ってる分は加算されていきます。具体的には最初に10打ったとして、二日目に10打ったときの体内残存量は15。三日目に10打つと体内残存量は17.5となるわけです。安定してくるのは一週間から10日かかる。
 トレシーバの注射単位を変化させても、その変化が体感できるのも一週間から10日かかるわけです。私の実感としては4日から一週間くらいかしらね。そのくらい経たないと減らしたとか増やしたとかの影響は感じないです。
 
 

 そして持効型トレシーバを1単位減らして約一週間。まだカーボインスリン比は1.8のまんまいじってないので食後に少し高めになるのは同じだけど、明らかに低血糖が減ってる。これもまた食前血糖値だけを見てたときは、120,120,112とかなり良いコントロールと思ってそう。なお、16時過ぎに10カーボ摂取してるのは「おやつ」ですw2単位追い打ちして食べました。

 1単位減らして一週間過ぎたので、本日(2月14日)からさらに1単位減らしてみました。また一週間くらい様子を見つつ、次の対策としてインスリンカーボ比を2.0(カーボ10gで超速効を2単位)にしてみようと思ってます。目標は全体的になだらかなグラフになること。

 ざっとまあこんな具合にフリースタイルリブレは役に立ってます。点ではなく線で把握できるからこそです。

 費用負担も患者側としてはいままでのとほとんど変わりません。医者側(病院側)は噂では出せば出すほど赤字(病院負担分が多い)と聞きます。ほんとかどうかは知りません。保険適用になったくらいなんだから赤字ってのは間違いなんじゃないかな。導入してないところは医者側として新しい物の導入がめんどくさくてイヤなだけ、あるいは業者側とのリベート問題もありそう。フリースタイルリブレのアボット社以外の血糖値測定器を導入してたとしたら、そこを切らないといけませんしね。アボットはたぶんこの製品で強気でしょうから病院側への見返りもきつそう。フリースタイルリブレを扱うことで赤字になるのではなく、懐に入ってくるものが減るってことではないか、などと穿った見方をしておりますw まあ大きな括りで、それを赤字と言うんだよということなのかもしれないけど。

 もう一つ。フリースタイルリブレのセンサーは当たり外れが多くて測定値が信頼できないという意見も他で目にしましたが、それはちょっと違うと思う。センサーそのものは組みたて方で精度が変わってしまうような物では無く、単純な工業製品。製品自体のバラツキは使用者が気にするほど多くないはず。
 センサーの精度が悪いんじゃなくて、付け方の問題だろうと思ってます。体のどこにでもつけられそうなのに、二の腕の裏側のみ(ん?こっちが腕の表か?)指定というのも「そこしかダメな理由」があるはず。インスリン注射をする腹などにつけられれば、服の上から計れるんだから使いやすいはず、とくに夏場のノースリーブを気にする女性なんかもつけやすくなるだろうに、そこがだめなのはやはり同じ「ダメな理由」があるからなんだと思う。深く追求するつもりはないけど、「そこにつけろ」と説明されてるんだからそこにつければいい。おそらく、有効な精度を得られる範囲(つける場所)が狭いのではないでしょうかね。同じ場所につけ続けるとかぶれが心配だけど、もうしばらく使い続けないとそこらはわからないですね。二個目は自分では少しずらしてつけたつもりだったんだけど、ほぼ同じ位置につけてしまった気配。

日本ブログ村
にほんブログ村 病気ブログ 1型糖尿病へ
にほんブログ村


フリースタイルリブレ、最初の二週間が過ぎました

 まずは写真を、

二週間つけたままのセンサー。つけ始めのときと見た目も感触も感覚も全然変わりません。
 
 

 剥がした後。若干赤くなってるように見えますが、心配だったかぶれとかかゆみとかは全然ありませんでした。写真、ちょっとぼけてるけどわかるかな。左の二の腕のこの部分を自分で写すのって難しいです。剥がした後、風呂入ってからもう一度写そうと思ったらもうどこがソレだったのかわからなくなってました。
 
 


 上が剥がしたあとのセンサー。針みたいに見えますけど、金属じゃないです。触ると柔らかい素材でできてます。でも思ったより長い。想像ではこの半分くらいの長さが皮膚に刺さってるというか埋まってるんだと思ってました。装着中は痛みはまったくなかったし、違和感もなかったです。年寄りで感覚が鈍ってるから? あちこちの利用者ブログを読むと違和感あったって書いてる人もいないわけじゃないです。
下が取り付けるときのアプリーケーターの「針」です。この針の内部に上の画像の柔らかいセンサーが入ってるわけです。
 
 
 体に貼り付けたセンサーには電源を使いません。分解してみないとわからないけど2週間持つ電池が入ってるのかな? 測定チップだと有効期限三年くらいあるのにリブレのセンサーはもらった時点で半年先までが有効期限でした。たぶん電池内蔵なんでしょう。
 測定器本体はリチウムイオンの充電式です。仕様書には通常使用で一週間と書いてありましたが、二週間使って半分くらい残ってました。測定する回数を最大限(15分ごと、一時間に4回)で計算すると一週間なのかもしれません。私は1~2時間に一回くらい。多いときでも1時間に2回は計ってないと思う。それでもいままでの一日4回が基本だったことを思えばかなりの回数計ってますけどね。

 さて。使用した感想を一言で言うと、
 もうこれなしじゃ1型糖尿病やってけない
 です。

 いやほんとにこれはすごい。医学(医療機器?)の進化はほんとにすごい。嬉しい。
 これがどのくらい画期的ですごいかって何にたとえればいいんだろ。在来線で8時間もかかってた東京大阪間が新幹線で2時間半とか?
 いや、ちょっと違うな。マニュアルミッションでクラッチつなぐのができないで大変だった人がオートマなら運転できるとか。うん、ちょっと近いかも。血糖値コントロールできなかった人ができるようになる、かもしれない。実際にHbA1cが高くてコントロールが難しいと言ってた人のA1cが改善されたという話はよく目にします。

 もう一つ、たとえましょうか。インスリン打ってる人しか興味ない話だからインスリンの話で。
 超速効型インスリンができるまでの人達は速効型で食事の30分前に打たないといけなかったようです。1型発症前に別件で入院してたとき、同室の糖尿病の方々見てて、この人達いまは病院だから30分前に注射できるけど(定時に食事がくる)、退院したらどうなるんだろうか、と心配になったもんです。
 たぶんその当時の人が食べる30分前に打つ即効型インスリンから食べる直前に打てば良い超速効型インスリンに変わったときもきっと同じように「世界が変わった」的な感想をもったんじゃないかなと思う。私は幸に発症時点(2006年)にすでに超速効型インスリンがありました。

フリースタイルリブレは血液を計ってるのではなく、皮下にあるグルコースの変化を計ってます。以下グルコース値と書くのはめんどくさいんで血糖値と表現しときます

 なにがすごいって、いままでは血糖値測定するのに一回ごとに測定器にチップを入れ、一回ごとに針で突き刺して血液を出して計っていました。測定チップも無限にくれるわけじゃないし、せいぜい一日4回分、月に120個。だから毎食前と就寝前の測定が基本で、食間は「あ、もしかしたらやばいか?(低血糖or高血糖)」と感じたときしか計りません。
 測定回数もそうですが、とにかくイヤなのがパッチンと針を刺して血を出すこと。冷静に考えればたいした痛みではないんです。生きていくためと思えばどうってことない痛みなんですが、イヤな物はイヤ。刺青というか逆刺青。いくら洗っても取れない内部からの点出血跡が点々とついていきます。

 当然の結果として、コントロールの目標は「毎食前の血糖値が想定内に収まってること」になってしまいます。食間はよほどの高血糖感や、低血糖症状が起きなければそれだけで安心してた。そういうコントロール方法でHbA1cも6.5前後を維持できてましたしね。

 フリースタイルリブレだといつでも確認できる。これ利点が多すぎて語りきれない。欠点がないとは言いませんが、車を持つと維持費が高いとかたまに故障するとかパンクするとか、せいぜいそんなもんじゃないでしょか。
 とにかく、外出中に突然低血糖(気味)になって焦ることがなくなるだけでも他のデメリットは無視できる範囲だと思ってます。

 計ったときだけのピンポイントな結果ではなく、センサーの内部では15分ごとに値が自動的に保存されており、測定器をかざしたときにその時点の数値での結果と、その15分ごとに保存されてる値を線グラフで見ることができます。つまり計った時点で「いま上昇中なのか、下降中なのか」がわかる。これってものすごく大事なことです。前に「10分て長い」のときに愚痴りましたが、低血糖の時、補食して上がってくるまでじっとしてられなくてついつい余計に補食して血糖値が跳ね上がることがあります。それを多少は抑制できます。

 
 そこらの使用感や使ってみての血糖値コントロールへの影響については稿を変えてもう少し続きを書きたいと思います。明日か明後日には書き込みますね。

日本ブログ村
にほんブログ村 病気ブログ 1型糖尿病へ
にほんブログ村