2015年01月06日一覧

めでたくもあり めでたくもなし

 昔の人はうまいことを言いました(笑) 

 「門松は冥土の旅の一里塚」と一休和尚の句です。そこにタイトルの「めでたくもあり めでたくもなし」と続くんですね。

 誕生日に成長を祝う歳とうに過ぎました。誕生日はゴールまでまた一歩近づいたよの合図でしかないです。

 65歳ということで、本日無事に年金受給年齢になりました。

 年金といっても、私の場合、会社に雇用されたことはないので厚生年金はありません。二十歳になったときに当時の大田区役所洗足池出張所に出向いて手続きした国民年金だけです。巷でいわれる年金話しはほとんどが厚生年金に絡んでますよね。糖尿病と言えば2型のことというのと同じくらいの確率で。国民年金だけって人は少数派のようです。

 国民年金だけだと受け取る金額はほんとに少ないです。きっちり全期間(40年)納めたとして、もらるのは年額で70万くらい。これで生活していけるとはとうてい思えない金額です。

 ま、それは別の話として、その微々たる年金を受け取るための手続きをしないといけません。微々たるといってももらうともらわないでは大違いですからね。

 その手続きがね。なんだこれ! おまえらなめてるのか! と言いたくなるほど面倒な書式になってます。一見丁寧な説明がされてるように見えたのですが、突然知らない用語が飛び出してきたり、そこまでで説明されてない選択枝が出てきたり。しかも無駄に長い。この通知が来たってことはそんなことはそっちでわかってるだろうが、というようなことまで細かく細かく書かせる。

 そこらの用語というか様式、お役所のやりそうなことを多少は理解出来る私ですらめげそうになる書式なんですよ。しかもオンラインではできない。年金事務所に持参するんですね。じゃあ、このわからない部分は持参したときに聞いて書き込もうとか思っちゃうわけですよ。だから窓口が混雑するんです。事前に用意したものを置いてくるだけじゃないんだから。

 実は今日年金事務所まで行ってみたんです。車で。そしたら駐車場満杯。近くのコインパークでいいやと思ったらそっちも満杯。少し待ってみたけど全然空かないんで帰ってきちゃいました。明日また徒歩で行ってみますけど、きっと窓口で待たされるんだろうな。ユウウツです。