2010年12月18日一覧

大腸内視鏡検査

 ちと心配な点があったので結果が出るまで書けませんでした。一応検査結果は悪くありませんでした。まあ、結果如何に関わらずネタにしちゃうかもしれませんけどね(笑)

 大腸がんや男性の前立腺がんは非常に進行の遅いがんということで、毎年じゃなくても定期的に検査すれば早期発見できるようです。基本の検査は検便(大腸)と採尿(前立腺)ですから別に痛くもかゆくもないのですが、サラリーマンじゃない私は自分で健康診断を手配しないといけなく、ついつい忘れがち。

 さらに1型糖尿病を抱え、数ヶ月に一度採血と採尿をしてますので、なんとなくそれらの検査を受けてる気になってしまう。実際には血液も尿も一度にすべての検査を勝手にやってくれるわけじゃなく、医師の指定した部分しか検査しません。私の場合、内分泌系の異常に関するデータしかチェックされてない。(検査項目が増えれば費用もかかるから)

 私、実は8年前に大腸ポリープが一つ見つかって内視鏡検査やってます。最初なんで見つかったんだったけな。副腎摘出1年後の検査でCTだったかMRIだったかで見つかって内視鏡検査に進んだような気がします。当時の技術ではその場で簡単に取れる形ではなかった(平たいタイプ)し、いわゆる「良性ポリープかつ大きくないもの(5ミリくらいだったかな?)」だったので放置してありました。大きくなるとがん化することもあるわけで、そのときは5年に一度検査しようと思ったわけです。そう思っていながらその四年後に「1型糖尿病」になり、それでもう気がいっぱい。あっという間に8年過ぎました。

 この間、いろいろあって、大腸・前立腺以外はいろいろな検査をしてます。頭のてっぺんから足の先まで。CTやらMRIやら、今年は心臓カテーテルもやりましたっけ。4年間であれこれ検査を受けると毎年の総合健康診断を忘れてしまうのも仕方ないと思いません?(^_^;)

 それじゃいけないと、11月になってやっと思い腰を上げ、総合健康診断を受た結果、検便で潜血(大腸再検査)、採尿でPSA6.0(前立腺再検査)、二つの要再検査を突きつけられました。前立腺の方はあまり気にしてません。加齢による前立腺肥大ってのもあるし、念のために検査を受けますが、万が一がんだとしても(確率は2割くらいらしい)、PSA6.0くらいでの発見なら大きな問題はないらしいのでいまんとこ楽観してます。

 大腸の方は、そういうわけでポリープ持ちなんでちょっと青くなりました。いくら進行が遅いと言われていても8年間放置してましたからね。そんな命に関わるようなことをなぜ放置してたのかって言われても自分でもわかりません。自覚症状がまったくないってのは言い訳にはならないんですよね。そもそもが自覚症状が最初はないんだし、ポリープがあるのはわかっていたんですから。とにかく「まーーーーーーったくすっぽり気持ちから抜け落ちていた」んです。まあ、それだけ「1型糖尿病のショックが大きかった」ってことかもしれません。再検査を告げられた時点でかなり落ち込みました。なんで忘れていたんだろうって。

 検査の結果はセーフでした。まだがんにはなっていませんでしたが、大きさがそれなり(10ミリだって。8年で5ミリ成長したわけだ)になっていましたので、今後は危なくなる大きさだから取りましょうってことになりました。来年2月末ごろ二泊三日でです。そっちは内視鏡検査の延長みたいな感じで痛みはほとんどないってことで内心ほっとしてます。今月27日から二泊三日で行う前立腺検査がとてもイヤ。何がイヤって例の尿道パイプを入れるそうな。さらに検査時は麻酔するけど、終わってからしばらく(数日?)痛いらしい。憂鬱です。

 ところで、内視鏡検査。腸の中を覗くわけですから、事前にきれいにしとかないといけません。前日は検査食、当日は朝から絶飲食です。血糖値コントロールがけっこう大変でした。

 包装は素っ気ないですけど、中身は立派なレトルト食品だったりおやつだったりします。私は普段から一日1500キロカロリーなんで、その検査食だけでも物足りなく感じはしません。逆に検査食って炭水化物多すぎ。普通一日で2000~2500キロカロリーくらい取りますから、空腹感が我慢できないと困るからだと思います。エネルギー補給飲料(かなり味の良いジュースです)は一つ残しました。ビスコもソフトビスケットも全部は食べなかった。グレープゼリーは「良いの?ほんとに食べても良いの?」状態(笑)好きなんですよ、こういうの。ありがたく食べさせていただきました。でも血糖値跳ね上がりでしたけどね。