2009年11月17日一覧

すっかり Gmail 党になってしまった

 最初は迷惑メールフィルター代わりに使い始めたわけですが。

 使っているうちに、もうなんというか、便利さと快適さに負けました。サンダーバードに保存されているメールも、連続性のあるものはすべて Gmail に移動させちゃったです。サンダーバードは実質上「過去メールの保存箱」になりました。うーん、IMAP で同期させる必要もなさそうに思えてきた。Gmail でメインアカウントを使えるだけでいいんだよね。メールをローカルに保存しなければ、HDDの容量もかなり助かるわけだし。まあいまは容量余りまくる時代ではあるけどね。

 使い始めたときに設定したサンダーバードの「Gmail フォルダに入った物をいままでのメインアカウントに移動させる」のはやめました。新規のメールはもう Gmail 一本でやっていきます。送信も Gmail 一本。送信元は Gmail ではなくメインアカウントに出来るのでそれも問題なし。送信文書作成エディタも Gmail のほうが使いやすかったりする。

 FireFox の Google ツールバーに Gmail も登録してあるので、着信はそれでわかる。Gmail の起動は FireFox だと少しだけじれったいので、Google Chrome です。といっても、一々 Chrome を起動して Gmail に飛ぶわけではありません。

 最初に Chrome を起動し、Gmail にアクセス。Gmai の画面を出したところで Chrome の「ページメニュー(スパナの隣にあるアイコン)」をクリック。一番上にある「アプリケーションのショートカットを作成」をクリック。出来たアイコンをデスクトップとか、タスクバーのクイックランチとかに置いておく。それをクリックすることで実に速やかに Gmail が立ち上がり、Web メーラーというよりも普通のメーラーアプリなみの快適さです。立ち上がりはローカルで起動する普通のメーラーよりずっと早いです。

 問題点がまったくないわけでもない。メインアカウントに来たメールはすべて Gmail に転送する設定にしてあるんですが、転送できないメールがあります。というのは、ほんとの意味での「すべて」にはできないんです。以前携帯に転送してたときに事故がありまして、それ以降サーバ側でそうなったんですが、転送先からエラーで戻ってきたとき、すべてを転送だとまた送る。また戻る。で無限ループが発生してしまいます。あのときは、誰かがウィルスに感染して自動送信されたらしい巨大なのが来まして、転送先の携帯では受けきれず、サイズオーバーで戻された。それがまた着信メールとして転送され、無限の往復メールになって私のメールサーバがパンクしました。

 いまは、事故メールは転送しないようになってます。仕様としては以下のとおり。

メールの送信者を表す次のヘッダの「Return-Path:」「From:」「Sender」「Resent-From」「Resent-Sender」「X-Envelope-From」に下記の文字が含まれる場合。

Postman Post Postmaster Postmast Postoffice
sendMailer sendMail Mailer Mail daemon
mmdf nuucp uucp ops response
root bbs.smtperror bbs.smtp smtperror smtp
service services server system
Admin AMMGR Administrator

 で、こまったことに私の所属している神奈川県土地家屋調査士会からくる連絡メールがツールを使った自動メールで、送信アカウントが上記に含まれるものなんです。だから、土地家屋調査士会からのメールは「私の環境では」 Gmail に転送されないのでいままでどおりメーラーで読み出すしかない。これを無視して転送する設定も当然あるんですが、一回無限転送事故を経験した身としては怖くて無視する設定はできません。仕方ないからこれはサンダーバードで受けて、受けた後サンダーバードの Gmail フォルダに移動させることにしました。


関連すると思われる投稿