宅録一覧

「A Fool such as I」歌ってみました

 リアンライムス聴いて、ベタなカントリーが歌いたくなり、じゃあ歌おうと取りかかってから三週間ほどかかりました。

 三週間かかって、見事に質素(貧弱)なバッキングしかできませんでしたけど、これ以上いじくると、たぶんイヤになってボツるのでここで妥協です。歌もリズムの入りが突っ込みがちだし、バランスもエンディングもおかしいけど、これも妥協です。なんでも妥協(笑)

 ドラムは最初の一小節ワンパターン作って残り全部コピペのリズムボックス扱い。ベースは頭の中で作ってからギターで音を確認しつつ少し打ち込んでは聴いて修正、を繰り返すんだけど、なぜか頭の中で作った音や動きと同じように打ち込めない。

 50代の時には想像もできなかったくらいに集中力の劣化が進んでるみたいです。

 これ、日本語タイトルだと「馬鹿な私」なんだけど、無理に訳さなくてもなあ、という気がします(笑) 


「バイバイラブ(ByeByeLove)」歌いました

 なんだか久しぶり(宅録もだけど(^_^;))のオールディーズです。でもジャンルはポップスじゃなくてカントリーかもしれない。

 オリジナルはリッキーネルソンだったかな。検索と...うーーん、エヴァリブラザーズがオリジナルと紹介されてるサイトが多いです。でも、やっぱりリッキーネルソンがオリジナルだと思う。両方とも1957年みたいだ。ああ、違うのか。ハローメリールーがリッキーネルソンでバイバイラブはエヴァリブラザーズが正解みたいです。

 私はエヴァリブラザーズので覚えました。でもカバーはたくさんあります。コニーフランシスなんかも歌ってます。サイモンとガーファンクルバージョンもありますね。

 私的にはこの歌はコットンフィールズと同じくらいの位置にあります。歌う、としての位置ね(笑) ちなみにハローメリールーも同じくらいです。

 で、バイバイラブ。ギターのカッティングが歯切れ悪いです。弾いてるときはそれなりにきちんと切ってるつもりなんだけど、再生して聴いてみると切れてないのね。何度かやりなおしたけど、疲れたので妥協しました。それともう一つ。なんだか少しテンポが遅いです。もう少し早くした方が良かった気もするけど、もうこれでいいことに(笑)


ベイビー・イッツ・ユー、歌ってみました

 BEATLES の Baby It’s You です。

 ビートルズの歌は初期のステージライブ中心のころのはそんなに難しくないんですが、あの高音部がでないんですよね。いまの若い人達はかなり高い音も平気で歌うみたいですけど、我々の時代はビートルズを元キーで歌えるアマチュアはほとんどいなかったんじゃないかな。だいたい3音(半音*3、E♭をCにとか)下げないと歌えなかった。今回もオリジナルGをFに下げてます。

 DAWは Cubase LE5 を使いました。