オールディーズ一覧

たまにはYoutubeでも

 Youtubeでも、ってタイトルにしたけど、実は最近Youtubeはほとんど利用してないです。たまにどこからかのリンクたどった先で動画見る程度しか使ってない。

 音楽系はもうYoutubeまったく使ってなくてアマゾンプライムオンリーです。

 理由は二つ。流し聴きするので動画(画像)は要らないです。タブレットで再生してBluetoothスピーカーで音出してるか、あるいはパソコンで何かしながらパソコンで再生してデジアン経由で普通のスピーカー(パソコン用アンプ内蔵のアクティブじゃなく、オーディオ用のパッシブなスピーカー)鳴らしてる。
 前者のタブレットで再生する場合、Youtubeは画面閉じちゃうと終了しちゃうんですよね。動画(つまり広告)を見せるのが目的だから当然なんだろうけど、流して聴くには使いにくい。見てもない画面表示でバッテリー消費するのはちょっとイヤだし。
 さらに音質がね。一部のYoutube(vevoなどの公式など)以外、音質が悪くて気にし出すとどうにもならない。Youtubeは本来動画込みでというか、貴重な動画が音声付きで見られるのが身上だと思う。

 さらに、無料のアマゾンプライムミュージックでほぼ満足してたんですが、最近ついに有料(月750円)のに入ってしまいまして。もう検索ワードさえ何とかすれば聴けない曲はないって状態。
 メロディだけ思い出して曲名も歌手名もきちんと思い出せないとなかなか行き着けないんだけど、そういうときは適当に思いだした言葉でグーグル検索してYoutubeでそれかどうか確かめるって段取りが有効でありますw

 で、たまには自分の好みの曲を紹介したいなと思ったのでありますが、アマゾンプライムミュージックへのリンクってどうすれば良いのかよくわかんない(単純にリンク張ればいいのか?)のと、有料版に入っちゃいまして、聴いてる曲が無料で聴ける範囲なのか有料なのかがよくわかんない。それに無料のほうといってもアマゾンプライム会員限定だからそっちも有料と言えば有料だし。アマゾンプライムに入ってる人多いとは思うけど。

 というわけでYoutubeの動画を埋め込みたいと思います。

一曲目。
 Ronnie Milsap(ロニー・ミルサップ)のLost in the Fifties Tonight、失われた50年代って訳すのかしら。Tonightはどこに入れようw
 何が好きって、この曲全部好き。出だしから好きだけどサビに移る直前のところとか、サビの部分とか、シュドゥ シュビドゥのバックコーラスとか、間奏のサックスとか、雰囲気とか、もうね、なんていうんだろ、ドツボなんですよ、私の。
 音もこれはvevoなんでそこまで悪くはないです。でもやはりアマゾンプライムミュージックにはかなわないかな。

 

もう一曲
 The McGuire Sisters(マクガイアシスターズ)のSincerely(シンシアリー)
 オールディーズです。いや、ジャズと言った方がいいかも。私にはオールディーズ。とくに説明は要らないかw シンシアリーで検索するとマクガイアシスターズのではなくThe Moonglows(ムーングロウズ)のがたくさん出てきますが、そっちも嫌いじゃないけど、やっぱりマクガイアシスターズが好き。このオールディーズのジャンルでの「~シスターズ」ってとにかく好きなんです。
 音質は50年代の人達でそのころの録音ですからモノラルだしそれなりではあります。アマゾンで聴く場合、「The McGuire Sisters」をコピペして検索しないと見つけられないかもしれません。
 

日本ブログ村
にほんブログ村 病気ブログ 1型糖尿病へ
にほんブログ村


ルート66、スタイル変えて歌い直してみました

 宅録始めて間もないころ、一音一音DAWに一生懸命打ち込んでオールディーズ(ポップス)のルート66を歌いました。ジョージマハリスのカバーです。あれからもう三年半過ぎるんですね。早いもんだ。

 そのときに「4ビートスイングのルート66もいずれ挑戦してみたいと思います。」と追記したんですが、Band-in-a-Boxをゲットして、そうだこれでやってみようと。

 4ビートスイングですから、「ジャズスウィングトリオ」。ベース、ピアノ、ドラムのベタな4ビートスイングを選択してやってみたんですが、いまひとつ乗れない。乗れないから聴き返してもつまらない歌にしかなってない。下手だから(^_^;)

 試行錯誤の結果たどりついたのが「ブルースシャッフルカルテット」。ベース、オルガン、ドラム、リズムギター、リゾネートギターのカルテットです。カルテットって書いてあるのになぜか5人組(笑)

 あまり納得のいくできではないです。ポップススタイルのに慣れきってるからか、何回やりなおしても気に入らないんだけど、一区切りつけないと次に進めないので、ここらで妥協しときます。とくに誰かのコピーってわけじゃなくて、イメージで適当にやってます。当初はチャックベリー的な何かを頭に浮かべてたんだけど、そのうち全然別物に。

 コード進行は典型的な12小節のブルースコードです。「G G G G7 C C G GD C G G7」ってなやつね。サビもメインも延々とその12小節を繰り返してます。前回のポップスもそのままですが、今回もジャズらしい装飾は一切使わずに素直にそのまんま配置してBand-in-a-Boxにお任せしてできたのがこの伴奏です。

 以前のポップスのもこっちに載せときます。いま聞いてみて、「おお、自分頑張ったな」と。自分で言うのもアレですけど、ポップススタイルの方が似合ってるんだと思う。
 でもまあ、もう年々進化するんじゃなく、年々退化していく歳ですからね。いまより3年前のほうが元気ありそう。でも、いまもまだまだ踏ん張れてる気がするし、もう少し先までだいじょぶかなとも思います(笑)


TheLonelyOne(ザ・ロンリー・ワン)歌ってみました

 元歌はナットキングコールです。

 Band-in-a-Boxをゲットしたので伴奏を作って歌ってみました。「Band-in-a-Boxを試しにいじってみた」にアップしたのとスタイルとテンポは同じ物です。ボンゴを普通のドラムに入れ替えて、オルガンはやめました。

 練習ってこともあり、いろいろいじったので前のとずいぶん違った感じになっちゃいました。良いのか悪いのかは別として、「このパートはこれで良い」と思っても、うっかりとボタンを押し間違えてベースとかギターとかトローンボーンとか弾き方が変わっちゃいました。あ!っと思っても保存してなかったり上書き保存しちゃったりです。

 新規生成すると前のはどこか行っちゃって同じ物を作れない。ほんとに良いんだか悪いんだか(^_^;)

 間奏のメロディライン以外、すべて自動生成したものです。ドラムのフィルイン(おかず)とか、イントロやエンディングも自動生成したもの。左右のバランスとか音量は適当にいじってます。ドラムだけでもこれで作るとやる気出るかもです。ギターなんか私が弾くよりずっとうまいし(笑)

 作った伴奏をCubaseに移して歌の部分を録音しました。一声ですからBand-in-a-Boxでそのまま録音してもよかったんですけど、音声録音はCubaseが慣れてるし、エフェクトなんかもある程度わかってるので。ボーカルのエフェクトは、

コーラス:一人二重唱効果っていうのかな。音程が少し安定して聞こえる(笑)
リバーブ:いわゆるエコー

をかけてます。さらにCubase附属のイコライザをボーカル用にして使ってます。