雑学一覧

年が明けるとお正月。そして... 誕生日がやってきます。

 私の場合は、ですがw
 本日無事に満七十歳の誕生日を迎えました。それこそ「めでたくもありめでたくもなし」なのではありますが、自身としては「めでたい」ほうが大きいです。本音としてここまで生きてこられるとは思ってなかったし、もっと本音として「こんなに元気なまま」で、ってのがあります。そりゃあ、「寄る年波には勝てない」ってやつの持病はありますけど、全体的にはメチャ元気です。頭も含めて。
 今日の話は昨日の続き、今日の続きはまた明日、的な感じで言えば毎日毎日淡々とすごしてきてるだけで、昨日と今日、そして明日の違いなんてないんですけどね、「70」という数字を見るとやっぱりね、ちょっと自分で驚いてます。

 小さい頃はこの誕生日(日付ね)不満でした。一月六日ですよ。学校は冬休み。最近は月一回まとめてその月生まれの子の誕生会をクラスでするみたいですけど、昔はそうじゃなかった。
 まだ各家庭に電話もない時代だし、とてもとても仲良かった友だちを数人、冬休み前に約束して来てもらう程度だった。近所に学校友だちが居るだろうと思うでしょうが、なぜか私は小学一年生から学区外からの越境通学、電車で通ってたんです。私立じゃないですよ、公立の普通の小学校です。いまだに理由がよくわかりません。両親共に他界しちゃってるしいまさら聞けない。それこそいま思えばなぜか公立なのにそういう生徒が割と多い小学校(そのまま持ち上がりの中学校も)で、地域別に学外の班に入るんですが、1から9までが実際の地域割り。10班てのがあって他の班と同じくらい人数がいた。それこそ家から家まで電車使って一時間の相手と同じ班だったり。夏休みや冬休みに会える相手じゃないです。

 というわけで誕生日の思い出ってほとんどないんです。しかも、親としても年末年始でお金も使って、おせち料理も食べて、お年玉も渡して、親戚訪問して三が日も明けた一月六日ですよ。父はもう年始開けで職場の新年会なんかで疲れて帰ってくるし、みんな疲れてる。産んだときも大変だったろうなとは思いますが。

 ちなみに、孫一号の誕生日がクリスマスの日。きっとそれなりに思うところはあるんだろうな、と経験者としては思います。プレゼントはもちろん二回分相当になりますが、本人は楽しみが一回減るわけだしね。

 ってなわけで、本日無事に70歳を迎えました(しつこいw)。いやあすごいですね。ついに70代ですよ。若い頃、ここまで生き延びるとは思ってなかったのです。父が50代前半で亡くなってますし。父の年齢を越えたときは、ああ越えたんだと思ったけど、この先はそんなにないだろうなと思ってましたから。副腎摘出やらウツやら1型糖尿病発症やら重なりましたしね。

 節目の年といえば20歳になったときはそれほど感激もしなかった。今日から外で堂々とお酒もタバコもOKなんだなと思ったくらいかな。
 30、40、50のときもとくに何も思わなかった。歳を一番感じたのは20代後半。近所の仕事仲間の事務所に中卒の子が入ってきまして、干支が一廻り下だった。え~っと思いました。12歳も下の子がもう社会人なんだ、と。名前も顔も思い出せないんだけど、その一廻り下ってわかったときの会話だけが鮮明に記憶に残ってます。
 それともう一つ、25歳で子供を持ちましてその子が三歳くらいだったかな、外で遊ばせてたら、「~ちゃんのおじさん」って遊んでたもう少し年上の子供に呼びかけられまして、ああ俺はもうおじさんなんだ、そうだよな、親だもんな、と思ったとき。このときは意外にショックでした。

 60の時は還暦だし、それなりに思うことあったよな、もうブログやってたから何か書いたよなと思ってさがしてみたけど、何も書いてない。
 でも還暦だって書いた気がするよな..ツイッターかな?と思ってツイッターの過去記事アーカイブをリクエストして取得。けっこう時間かかります。リクエスト出して忘れた頃メールでリンクが届きました。リクエストしてから30分後にはまだ来てなくて、一時間後にふと気づいたら来てたから30~60分の間くらい。届いたリンクからZIPをダウンロード。中身はほぼ全部jsファイル。うーん、Javaスクリプトか。長文のreadme.txtは英語で意味がわからない。Javaスクリプトなら中身テキストだからツイートを確認したいだけならテキストエディタでいいやと、たぶんこれがつぶやいたデータと、5.6メガものデータを開き検索。
 [ 2010″]で検索。f3キー押しっぱなしで2010年の一月分見つけた。perlあたりで正規表現駆使して文字列探せばいいんだけど、もうperlの実行環境も入れてないし。力技で探した。

 むむむ。2010年1月のつぶやき。2010年に限らずその後の年末年始、毎年似たようなこと書いてるね。正月だから昼酒でいいんだとか、肴が美味いとか。よほど後ろめたい気があるってことだ。

誕生日前日(あ、標準時か。日本だと4日の午後? あ、逆か、6日の朝9時かな)

“created_at” : “Tue Jan 05 00:11:11 +0000 2010”,
“favorited” : false,
“full_text” : “最近の驚き、1:テレビのリモコンってテレビに向けないでもいいんだね。2:電子レンジって中で廻る物と思ってたら最近はそうじゃなくなったらしい。3:60歳になると1800円の映画が1000円で見られるらしい!”,

 これ、還暦祝いに子供たちから32インチのテレビを年末にもらったからだと思う。当時は32インチのテレビまだ高かったんですよ。

誕生日当日

“created_at” : “Wed Jan 06 12:11:10 +0000 2010”,
“favorited” : false,
“full_text” : “誕生日、節目ではありますけどめでたいかどうかはわからんですね(笑) もう冥土の旅への一里塚そのものじゃないかと。あ、そうか。先へ向けてのめでたいじゃなく、ここまでこぎ着けたことへのめでたさってのもありかも。うん。それなら確かにめでたい。”,

 やっぱり同じようなこと書いてること再認識。この歳になると10年なんて昨日みたいなもんだから。思考ルーチンも変わらないんだよ、きっと。80になったときも書きそうだ。

★70歳になると60代とはいろいろ世間の扱いも変わってきます。
運転免許更新
 更新時にいままでとは違う「高齢者講習」が必要になります。金も時間もかかる。リタイアしてからもう車も手放したし、レンタカー借りるかなと思ったけど借りたことないし、免許返上しようかと思うんだけど、返上すると「いま使ってる免許証」がそのまま身分証明として使えるんですよね。「運転経歴証明書
 この「いま使ってる免許証」ってのがちょっとイヤなんであります。というのもゴールド免許創設時代から何十年もゴールドだったのに、前回更新時の直前に一時停止違反やりまして、初めてゴールドじゃなくなったんです。次回更新時にゴールドに戻る。そうなってから返上したい。だから金と時間かけてもう一回更新しないわけにいかない。注意書きによると年末年始の高齢者講習は混み合うんだそうだ。誕生日が一月六日だからどうしても年末年始になる。免許更新とは別にもう少し早く講習だけ受けられるのかな。ま、そのときが来ればわかるでしょ。来年(つまり本年末から)と思ってたらまだ二年先だった。自分のブログで知ったりしてw

国民健康保険
 いま三割負担ですがこれが二割負担になります。所得制限がありますけど、私は年金のみだから制限内です。誕生日からではなく誕生日の翌月からね。理由は毎月負担額の上限があるかららしいです。日割りという概念がないのでどうしても誕生日の翌月一日からにならざるを得ないらしい。一日生まれだとその月から適用だって。

敬老パス

横浜市の場合ですけど、年額8000円(基本)で横浜市営地下鉄と市内を走るバスが乗り放題になります。私の年収だと一割引の7200円だって。あくまでも横浜市内。横浜市の制度であって神奈川県の制度じゃないですからね。JRはもちろん私鉄も横浜市内だけ走ってる鉄道路線ってないので適用外。
 バスで市外に跨がる路線は「市内から乗るか、市内で降りる場合のみ」適用。ウチは横浜市の北の外れで徒歩で川崎市に行けちゃう位置なので当然バスもそっち行くのがあるけど、乗るときはいいとして、帰りは「どこそこで降ります」って申告するのかな。一回やってみればわかるか。
 敬老パス、来年度は見直しがあるそうな。10月1日から9月30日までの年一期なので次の更新時にはなんらかの変化あると思う。ここらはツイッターに書いたので張っておきます。
 もういくつかコメント書いてるんだけど、全コメントをツリー表示して貼り付けはできないのね。つぶやき部分をクリックすると続きが読めます。

ではでは。今年もよろしくお願いします。

日本ブログ村
にほんブログ村 病気ブログ 1型糖尿病へ
にほんブログ村


行動ターゲティング広告をいろいろと設定してみる

 以前にも似たような話を書いたんですが、かなり前なのでリンク切れが多発してるし、整理してもう一度書いておきます。ちょっとまとまりに欠けた長ったらしい文章ですが、興味があったら読んでみてください。

 あちこちのサイトで広告が出ます。一応「興味関心がある」ようなものが出てくる仕様になってます。これを行動ターゲティング広告といいます。こちらの心を読んでそれらを表示しているわけではないのは当然ですw ではなにをもって「興味関心がある」と判断して選択表示しているのでしょうか。

 一言で言えば、どのサイトでどんな内容のものを見たのかを記録し、集めて分析してるのです。あらためて聞くと怖いですか? でもそんなに怖いことでもないんですよね。

 インターネットでの通信ってのは、決してこちらからこっそりと知られずに相手を覗き見してるわけではありません。一見、こちらから「見に行ってる」ように思いますが、そうではなく、ブラウザがこちらから相手のサイトにリクエストを出し、相手のサイトはそのリクエストを受けて、表示する内容を「こちらのブラウザに送ってくる」のです。送ってもらうためにリクエストを出すときに一緒にこちらのIP情報(他、ブラウザなどいくつかのこと)を相手に伝えてます。そこらに「個人情報」が含まれることはありません。インターネットでは自らが提供しない限り自分の個人情報は相手が勝手に知ることはできません。ウィルスにでも感染してない限り、自分の個人情報を相手に送信することはありません。ただし、自らが提供した物(どこかの会員になるときとか)が意図しない理由(原因)でよそに流れることはあります。

 ちょっと余談ですが、最近NTTを語ったような(実際はNTTでもプロバイダ本体でもなく単なる悪質代理店)プロバイダ勧誘の電話が多いと思います。それにたいして「自分の情報を知ってる、誰が流したんだ、NTTか?」と怒る人もいます。が、ほとんどの場合、最初は何も知らないままランダムで勧誘電話を掛けてるんです。カマを掛けてくるというか。最初はフレッツのお得な情報とか誰にも通用する会話から入ってくる。で、いまの通信速度に不満はありませんかとか会話に入ってしまうと、その中でついいま使ってるプロバイダの名前とか言ってしまう。するとあちらのメモには「この電話番号の相手の使ってるプロバイダは..」などと情報が蓄積されていき、その濃い内容の個人データが高値で取引されまた別の業者に廻る。買った業者は最初から「現在どこそこのプロバイダをお使いと思いますが、プロバイダはそのままでお安くする方法があります」などと、より具体的に勧誘してくるようになります。めんどくさくなって「資料を送ってくれ」などとなれば住所氏名まで知られてしまう。つまり自分でばらしてるのに、ばらしてる意識がない、あるいはずっと以前のことで忘れてしまってるだけってのが多いです。
 電話勧誘なんてそれに限らずろくなもんじゃないので「話を始めたらダメ」です。電話番号が表示されるなら0120は出ないか、出ても即切る。この件については総務省も注意喚起を出してます。リンク張っておきます。
余談終了

 でも、どのIPの端末と通信してるのかは相手が知っても、その端末を「誰が」使ってるのか、つまり個人を特定してるわけではないです。
 基本は電車の切符みたいなもの。駅で切符を買って改札通って目的地まで行き、そこで改札通って外に出る。切符を見ればどこから乗ったかわかります。でもその切符を持ってた人がどこの誰かはわかりません。Suica(モバイルSuicaなど含む)などはもっと細かく知られてしまいますけど、みんな気にしてませんよね。知られる、というか最初にこちらから登録してるんですから相手は知ってて当たり前。

 インターネットの通信はそんなもんです。Suica(モバイルSuicaはクレカ情報なども情報提供してるわけでw)などと比べればなにも把握されてないも同然なくらいしか知られないです。

 Googleなど、こちらの動きを記録して、「興味ありそうで、効果がありそうなな」広告を表示してくるんです。そしてGoogleは「パートナー」と称していますが、早い話がそのデータを商品として他社に売ってます。それがGoogleの商売です。それらの儲けを元にGmailやら検索やら金がかかるコンテンツを無料で提供してる。民放が無料で視聴できる(実際は無料ではなく広告を見させられてる)のと同じ。ただし、すでに書きましたが「いわゆる個人情報」を収集して販売してるわけではありません。Googleのアカウント取得の時などに提供する個人情報は別の話です。

興味ない広告がよく出てくる?

 それはいくつか理由が考えられます。

 1:こちらの興味と関連させるために広告側にキーワードが設定してあります。そのキーワードとして内容に全然関係なく、多くの人が興味を惹くキーワードを仕込んであったら? こちらの興味に関係なく表示されますよね。かなり前はこれけっこうありましたが、この仕込みをGoogoleは鬼のように嫌います。広告で喰ってるGoogleの根源に係わりますから。で、徹底的にそれらの広告主を排除してますので、いまでは滅多にないと思います。Google以外でも同じような制限をつけてるはずですが、取り締まりが甘い広告配信社があるのかもしれません。

 2:キーワードに関連づけって「キーワード一致」だけではないのです。連想というか、風が吹けば桶屋が儲かる式に「え?それとこれが関連してくるの?」みたいなものもあります。ほとんどこっちです。

 いずれにしても、無関係な広告が出るようになってきたら、自分のデータがどうなってるか確認することをお勧めします。

Googleの広告表示は「Google広告設定」である程度制限できます。以下に入り、好みのトピックとなってるところを眺め、入らないのは×をクリックしておきましょう。
広告のカスタマイズ
GOOGLE 広告の仕組みについての詳細 ← 目から鱗的な人もいるかもしれない

Youtubeおすすめ動画と検索結果を管理する」で方法を確認してください。

Yahoo!は「行動ターゲティング広告」で無効にできます。

アマゾンは「表示履歴の管理」に入り、そのページ内にある「表示履歴」に進むのと、左側にあるメニューから「おすすめ商品を絞り込む」などを使ってコントロールします。

楽天は「行動ターゲティング広告」で無効にできます。
 上記の楽天は「行動ターゲティング広告」に入るとここまでに羅列したところプラスそれ以外のリンクが載ってます。でも飛んだ先で何をしたら良いのかよくわからないサイトもあったりしますし、行動ターゲティングを制御しても広告の量が減るわけではないです。「関心がある」と思われた広告が減ってランダムのが増えるだけです。あまり細かく設定する意味ってなさそうに思う。

 あと、使ってるブラウザによって違いますが、ブラウザの設定にもそこら関連があります。

GoogleChrome:「設定(ブラウザ上部右端の縦三点)」→「詳細設定」→「プライバシーとセキュリティの項目内」「閲覧トラフィックと一緒に「トラッキング拒否」リクエストを送信する」をオンです。

FireFox:「設定(上部右端≡)」→「オプション」→「プライバシーとセキュリティ」「トラッキング防止」

MicroSoft Edge:「設定(上部右端…)」→「設定」→「詳細設定」→「プライバシーとサービス」「トラッキング拒否要求を送信する」をオンです。

 なお、どのブラウザにもクッキー関連の設定がありますが、いまどきのサイトはクッキーを拒否するとまともに表示されない可能性が高いです。クッキーは悪者ではないのでオフにしないことをおすすめします。

 なんでユーザーがこんなめんどくさいことを、と思う方もきっといると思います。が、コンテンツってタダじゃないんです。かなり金がかかってる。それを無料無償で利用できるってのはそれなりの理由がある。何度も書きますが、民放と同じ。広告収入でまかなってるのです。それがいやなら「有料コンテンツ」を利用するしかないです。テレビで言えばNHKですかね。

日本ブログ村
にほんブログ村 病気ブログ 1型糖尿病へ
にほんブログ村


一日三食で血糖値をコントロールするのは無理なんじゃないかな

 以下は、インスリンを毎回注射してる場合の話です。インスリンポンプの人は違うと思います。

 FreeStyleリブレのおかげでいろんなことが見えてきました。
 いままでは毎食前に血糖値を測定し、これから食べる物の炭水化物(糖分)を考えてインスリンを打つ。
 だから食前がある程度の範囲(80~120くらい)に入ってればうまくいってると思うわけです。それがそうではないことを連続した血糖値の動きを目の当たりにして知り、ビックリしました。

 で、思いましたよ。朝昼晩の一日三食で人工的な血糖値コントロールするのは無理なんじゃない?って。考えて見ると、一般に一日三食だけなんて人ほぼいないですよね。少なくとも朝昼夕晩の最低4回でしょうか。夜食も入れると五回。夕方のは食事と思ってないでしょうけど、けっこうな量の炭水化物をみなさん食べてますよ。おやつ、としてね。学生さんなんか学校帰りにラーメン食べたりするでしょ?w 夜食にカップラーメンとか。

 ちょっと思い出したんですけど、江戸時代までは「食事という概念では」一日二食だったらしいです。あらためて調べたわけじゃないんで間違ってるかもしれませんが、基本、朝食と夕食だけ。途中は「おやつ」扱い。
 まだ電気もガスもない時代、照明がロウソクやら油しかなかったころですから、活動の基本は「日の出から日没まで」なわけです。
 夜は何するにしてもやりにくいので、昼間せっせと働くから昼飯なんぞあらたまってのんびり喰ってるわけにいかないってことかも。午前に一回、午後に一回軽く食べることでだいたい食間が均等に3~4時間くらいになるんですよね。でも「おやつ」は「八つ時(季節によって違うけどだいたい午後2時頃)」から来てるんだとすると午前のはなんて言うんだろ。おやつ、ではないよねw 現在の午前10時頃、江戸時代の四つ時らしいから、およつ?
 ちなみに江戸時代までの時刻はいまのように固定ではなく、季節によって変動します。つまりとにかく「日の出から日没まで」が基準です。

 話を戻してw
 摂取する炭水化物とそれを消費できるインスリンをワンセットとして人工的に調節するんですから三時間くらいしかコントロールできないです。

 補食ってのもありますけど、それはあくまでも低血糖気味になったときに血糖値を上げるために食するもので、予定しておくものではないですし、血糖値を上げる目的ですからそのときにインスリン注射はしない。

 とにかく、実際には一日三食ではないのに、「朝昼晩の食事」という固定概念を元に医者は一日三食を前提に考えてます。間食はするなと。1型糖尿病の場合、食前にインスリンを打ちますが、それが一日三食+基礎インスリン分として、注射針は4本/日でしか計算されません。月平均で120個です。そして、注射ごとに必ず針を変えろ、使い回すなと指導されます。つまり、一日三食しか食べてはいけないという前提で考えてる。

 まさに机上の理論を押しつけられてる感じがします。当然私も一日4本の計算で処方してもらってますが、こまめに追い打ちするようになってから毎回付け替えてたら足りなくなります。かといって余らせても処理に困るので、基本の三回の食前に新しいのにつけかえる。その後はキャップだけしてつけっぱなし。必要に応じてインスリン追い打ちってやってます。医者にも言ってはありますが、黙認状態。それで良いですよともそれはダメとも言われない。ああ、そうですか、だけ。
 なお、今回の話に関係ないですけど私はインスリン注射の時は消毒綿使いません。以前、1型患者の懇親会があったとき、自身が1型のお医者様がいらして、「この針を刺した程度で感染する細菌がいたら、こんな消毒綿で消毒できない。この程度の傷は日常茶飯事にできている」と。もちろん、他人との針の使い回しは絶対にないって条件で、ですよ。血糖値測定で針を刺すときに消毒綿で拭くのも、消毒がメインではなく表面の汚れを落とすため(不純物が混じると測定値が狂うから)、だそうです。

 再度、話を戻してw
 色々試して見ました。朝食は抜かないです。だいたい8時台。一般の人より遅いと思う。リタイア族ですからね。朝早く起きなければならない理由がないw

 で、朝が遅いですから12時の昼飯は後ろにずらす。14時~15時くらい。朝食からけっこう時間開きますけど、私の場合、起床してから数時間は何も食べなくても血糖値が上がっていきます。だから食事が遅くなったからといって低血糖になる確率は低い。リブレで血糖値を確認しつつ、です。

 夕食は19時~20時くらい。しばらくこれを続けてみたんですが、やはり昼食は昼に食べないと落ち着かない。出かけるのはほとんど午後なんです。午前中は在宅。だから、昼食を後ろにずらすと都合が悪いときが出てしまいます。

 次に、昼食は12時に食べるけど、量を極端に減らす。いままでの半分くらい。で、在宅してるときは15時~16時にもう半分くらいを食べる。出かけててもほとんど16時過ぎには帰ってきますから。

 これでなんとなくうまくいってます。3時間から4時間で一日四食ですね。

 結論:血糖値をきっちりコントロールしたいのなら、「ダラダラ食べてダラダラとインスリンをうつ」、これが最高だと思います。現実には無理なんで(ポンプなら無理じゃないかも)一定間隔で食事をする。これも無理かw リタイア族だから可能な方法ですね。でもなるべくそれに近く、朝・昼・夕・晩の4回食事制にすればいいかもしれないです。晩ご飯のあと、4時間くらいで血糖値が下がり気味になってくるので、就寝時のパターンから考えて(これもリブレあってこそわかる)わずかに(3g~6g程度)補食しときます。

 ああ、やはり「FreeStyleリブレ様々」でありますね。

おまけ:最近補食用として愛用してる食べ物がこれ。


 だいたい何にしても小袋(小分け)になってないとダメなんですけど、こういうものは小分けになっていても一袋で炭水化物15g~20gあるんですよね。そうすると簡単に補食用として使いにくい。かなりの低血糖を起こしたときだけしか補食できない。
 この商品、一袋わずかに炭水化物3.2gです。それがたくさん大袋に入ってる。こんな少量の小袋って一般需要ないんじゃないかしらね。
 この会社(株式会社でん六)の企画室だか経営者にインスリンを打ってる(1型か2型かわからないけど)人がいるんじゃないかと想像してますw


 左端が一袋をお皿にあけてみたところ。さすがに少ない。一袋食べるときはわざわざお皿使わないですけどね。そのまま手のひらにザッとあけて一気に口へ。三袋くらいまとめると晩酌のおつまみになります。それでも炭水化物約10gですよ。20gの小袋開けて、ちょっと食べて残しておこうと思いつつ、つい全部食べて血糖値爆上がり、なんて失敗がなくなります。

日本ブログ村
にほんブログ村 病気ブログ 1型糖尿病へ
にほんブログ村