とりとめのない話し一覧

とくにテーマが無いものを書き連ねています。雑文です。

頭部MRIやってきました

 目まいがなかなか終息しません。
 前回四年前の目まいも終息するまで三ヶ月かかってますので、そう簡単に終息しないだろうなとは思ってるんですが。
 でも不快なんですよ。ほんとに不快。それにどうも前回のとは原因が違うようです。前回は終息まで三ヶ月かかりましたが、発作(と言うらしい)の頻度がもう少し間が空いてたし、初回以外もかなりひどかったのです。

 今回の目まいは一回一回はそれほどでもなく嘔吐用の洗面器を枕元に置くほどではないんです。目が回るから軽い吐き気があるけど実際に嘔吐するまでの勢いはない。横たわってれば問題ない程度。
 今回は初回から一週間~10日間隔でめまいが発生してます。
 もしかして、前回の終盤にもう入ってたりするなら嬉しいんだけど、楽観しない方ががっかりしないでいいよねw

 左耳の音声がダブること、音が割れることからこれはもう耳の異常しかないと思うんですが、やはり脳関連も心配ではありますので頭部MRIをやってきました。

 港北NTクリニック こんな症状でお悩みでありませんか

 そこらを見ると診てもらった方が良いなと思いますよね。

 自分の現在の症状を詳細にテキスト化してプリント、それを問診票とともに渡しましたので、通常の頭部MRI(怪我とか、転んで頭打ったとか)より細かく検査してくれたようです。三とおりの方法でスキャンしたみたいなこと言われました。MRIとMRAとなんとかってのと。
その場で説明されたもののよく覚えてないので検索してみたらこんな感じ

 結果はまったく問題なしでした。脳も、脳内血管も、くも膜下もどこも異常なしだそうで、めまいは耳の問題だけでしょうと。

 失敗したなと思ったのはw
 FreeStyleリブレのセンサー、まだ付け替えて一週間未満だったんです。頭部MRIだし上腕部だから平気かなと思ってたのと電話で予約入れたとき、最初は診察だけでMRI検査は数日後になると言われたので、じゃあどっちにしても問題ないやと思ったのですが。
 診察終わって、「一時間待てるならMRIもできちゃうよ」と言われ、つい「ではお願いします」って言っちゃった。
 予定どおり出直しますって言えばよかった。延々一時間待って検査室に入ってセンサー指摘されました。このときも出直しますか?と確認されたんだけどせっかく待ったんだし、FreeStyleリブレセンサー代数千円の問題より早く結果を知りたいとも思ったんで剥がしました。
 検査に20分ちょっと。さらにその結果を聞くために1時間近く待って結局到着してから三時間。予定外に時間かかると血糖値も心配なんだけど、FreeStyleリブレのおかげでだいじょうぶ。検査直前に補食を一回モグモグしました。

 費用は保険適用で約7千円でした。

 余談ですが、ここのドクター、雰囲気も話し方も日本テレビの天気予報(ソラジローのやつ)やってる木原さんにそっくりw
 は~い、っていう言い方とか、検査結果の説明も天気予報聞いてるみたいな感じがするw

 そういうわけでめまいについての今後は耳鼻科なんですが、今処方してもらってる薬、イソバイドってのがどうも前立腺肥大の排尿障害とぶつかるようなんです。イソバイドの効果効能「めまいを改善する」のほかに「眼圧を下げる」「尿の出をよくする」「脳内の圧を下げる」というのがあり、「眼圧を下げる」については眼科で併用してOKの確認をとりました。
 泌尿器科のドクターに、めまいの薬として耳鼻科でイソバイドを処方されたと話したら「尿の出を良くする」という効果は私の場合逆効果だと注意されました。
 排尿障害というのは真逆の二とおりがあり、尿がたまらないのでおしっこが出にくい場合と、おしっこがたまりすぎると出にくくなるのと。私の場合後者なのでイソバイドの利尿作用的な効果は逆。おしっこがたまるのが早くてつらくないですか?と。
 たしかに、この薬飲むようになってから就寝中の尿意がすぐ来て怖くて熟睡できなくなってます。うっかり尿意で起きないくらいに熟睡しちゃったら「あの恐怖再来」かと思うとストレスたまりまくり。昼間はトイレ行く回数増えてもどうってことないんだけど。
 耳鼻科の先生に体調や処方されてる薬を全部話した上での処方なんでめまいの改善を優先したんだろうと思うんだけど、そこらの説明はしてくれてないし、調剤薬局でもなんにも言われてない。薬の注意書きにはそこらは何も触れてないのでドクターの経験でしかわからないのかもしれない。
 まだジェネリックも出てない薬だし薬局では「薬の説明にある」飲み合わせくらいしかわからないのは仕方ないかもしれないけど、ドクターがそこらを知らないのかもと思ったら不信感が半端ない。

 耳鼻科、違うところに行こうと思ってます。検索したらバスで行けるところ(歩こうと思えば歩けないわけでもない、徒歩で20分くらい)に一つあって、電車で一駅にも一つあった。バスで行ける方のHPみたら、私の症状そのものずばりが載ってたし、そっちに行って診てもらおうと思ってます。

おまけ

日本ブログ村
にほんブログ村 病気ブログ 1型糖尿病へ
にほんブログ村


前立腺肥大による排尿障害、そしてめまい(2)

(1)からの続きです。

 おしっこを詰まらせ、尿パイプで尿を抜き、薬を処方され飲み始めてから三日後、大きなめまいがやってきました。耳鼻科で言われました。めまいの一つの原因が「ストレス」「寝不足」「睡眠不足」なんですと。どれも身に覚えがありすぎ。
 おしっこ詰まりで尿パイプ入れたんですからストレスは当然。熟睡しちゃって尿意で目が覚めなくて膀胱満タンになったらまたこれが、と思うと熟睡できない。水分摂るとおしっこたまるし、また詰まったらイヤなんで水分控える。だもんで、関連あるのかなと少し思ってます。でもたぶん実際には排尿障害とめまいは関連ないかもしれません。

 排尿障害改善薬タムスロシンの説明を読むと副作用に

この薬を使ったあと気をつけていただくこと(副作用)
主な副作用として、めまい、ふらふら感、かゆみ、発疹、蕁麻疹、胃不快感などが報告されています。このような症状に気づいたら、担当の医師または薬剤師に相談してください。

 とあります。私は四年前に強烈なめまいに襲われた前科があります。さあ薬の副作用のせいなのか、そうではなくめまいの再発なのか。ストレスのせいなのか。

 でもね、どうも副作用というには大きすぎると思ったんですよね。とても副作用の「めまい、ふらふら感」なんてものじゃなくて。朝10時頃に眼振(眼球が真ん中から右へ勝手に移動を繰り返す)が発生して夕方まで身動きできなかった。薬の副作用でのめまいなら眼振はなさそうだし、それほど酷くないように思う。

 じゃあ四年前の再来かと思ったけど、当時はなかった違う症状が一つ。左耳側だけ音がダブって聞こえました。ウチのスマホは喋るんですがそれがダブって聞こえた。スマホの再生がおかしくなったのかと家内に聴いてもらったらダブってないって。

 音の聞こえ方を説明するのって難しいけど、昔のオープンリールとかカセットテープとかのテープメディア時代が長いオーディオマニアならわかるかも知れない。巻いてあるテープの隣の面の転写というような音。かすかに違う音が聞こえてくる感じから始まって。

 そのうち、はっきりとダブって聞こえるようになってきた。エコーみたいに追いかけてくる音ではなく、ピッチ(音程)がわずかに高めにずれた二重音。
 そして、最悪時はそのダブって聞こえてくる音のピッチのずれ方がランダムになってきて、音痴の人が小さな声で斉唱してるような聞こえ方。四年前はこんなのなかったです。

 ただ、難聴にはなってなくて、「大人には聞こえない音」に書いたリンク先でチェックすると右は問題なく25Hzから13000Hzまで聞こえ、左も50Hzから12000Hzまでちゃんと聞こえる。この可聴域、ちょっと自慢だったりするw たしかここまで聞こえると耳年齢40代後半だったんじゃないかな。「耳年齢チェック」で検索するとわかります。40代後半ですねw 血圧(上100くらい)と耳だけは自慢できる。

 でも今回は左の低い方50Hzの聞こえ方が変。ピッチが少し狂って若干上にずれる。半音まではずれてなく、ほんとに若干だけど右と聞き比べるとわかる。75Hzからは左右同じピッチで聞こえる。

 耳鼻科行きました。ここまで書いた「そこらの説明」も箇条書きにして問診票に別紙のとおりとしてつけました。
 一通り検査して、四年前のはその後発作がないなら(四年も何事もなかったのなら)今回のと関連性は薄いし、前回のは何が原因なのかいまさらわからないが、今回のはメニエール病の可能性が高いと。
ただ、メニエール病ってそう簡単には確定できないみたいです。しばらく通院して症状を診ていかないと多岐にわたるめまいの原因がはっきりしない。
 現在のところ、可能性としては前庭神経炎かもしれないらしく、それだと完治が容易みたいなんで嬉しいんだけど。

 こんな小冊子をもらいました。中身だけで十ページほどあります。耳が詰まった感じで症状が繰り返すだとメニエール病だけど、目の動きが一定(横移動眼振)だと前庭神経炎なんだよね。耳が詰まった感じはあるけど聞こえにくいとか難聴はないし、音割れがある。で、眼振があるってわけで、単純な振り分けはできない。耳鼻科医もしばらくは二週間に一度通院してもらって様子を見て(診る?)いきたいと。内耳だと内視鏡突っ込むわけにいかないし外科手術みたいに切り開いて覗くわけにもいかないし、症状診て経験的知識というかデータベースに照合するしかないだろうね。

薬はこんなのを

 このイソバイドシロップってのが、まずい! 私、水薬初めてだと思うけど、やたらまずい。喉の奥に苦みが張り付いちゃってずーっと苦い。一日三回毎食後服用なんだけど、食事を数口残し、薬を飲んでから口直しに残りを食べないといつまでも苦い。
 ジェネリックがまだない薬なので高い。でも効能効果に「眼圧を下げる」「尿の出を良くする」ってのもあって、いま両方とも治療中なので一石二鳥感もあったりする。
 飲み始めてからまだ泌尿器科に行ってないけど、眼科ではドクターに眼圧下げる目薬と併用してかまわないと確認とってます。服用中の薬もわかったうえで耳鼻科で処方されてるので問題はないはず。調剤薬局でも飲み合わせに問題なしと言われたしね。

 めまいの再発はいまんとこだいじょうぶです。6日の月曜日に半日ダウンしたんだけど、それから数日(今日は5月11日土曜日)はとくに危ない感じはしてないので、そろそろ薬が効いてきたか、自然消滅期に入ったか。油断はできないけど、なんとかこのままいけるといいな。メニエール病だと長引きそうで不安。

 あとは、私にとって一番肝心な血糖値コントロール。乱れまくりです。たぶんストレスの影響だろうけど、食欲なくて何も食べなくても血糖値がぐんぐん上がる。それも変なタイミングで上がる。良い感じだなと思ってると突然上がったりする。で、その反動ではなく、それとは別に変なタイミングで低血糖気味まで下がる。補食してもあんまり上がらなかったする。
 つまり、めちゃくちゃって言っても良いくらい乱れてます。FreeStyleリブレなかったら、それだけでストレス加算になりそう。

日本ブログ村
にほんブログ村 病気ブログ 1型糖尿病へ
にほんブログ村


前立腺肥大による排尿障害、そしてめまい(1)

 タイトルの二件は別件なんですが、もしかしたら若干関係があるかもなぁ、ってくらいに連続して発生しました。

 最初に排尿障害。簡単に言えばおしっこが詰まりました。一滴も出なくなったのです。

 前立腺肥大があることは何度か書いてます。PSAも高いのでほぼ毎年一回泌尿器科で確認してまして、今年も確認しエコーと触診で前立腺ガンの疑いはないと言われました。一応昨年書いたものにリンク張っておきます。「前立腺肥大とPSA

 今年のPSAは昨年より若干下がってます。少しずつ上がってきたのが下がったんですからそれだけでガンの疑いはかなり減るんですよね。ガンだったら一方的にもっと一気に上がっていくはずだから。

 ただ、前立腺の肥大は続いてまして、今年の検査ではなんと100cc(正常なら20cc)にまで大きくなってると。
 これ、どんどん大きくなったらどうするんだろと思いましたが、前回書いたように排尿障害や頻尿で日常生活に支障が出なければ問題ないそうです。具体的にどのくらいまで肥大したらという指針はないんだそうで、とにかく日常生活に支障があるかないか。
 まあ最終的には外科的な解決をすることになるようですが、薬でそれが抑えられるウチは気にしないでいいし、処方薬もまだ不要でしょうと。

 という状況だったんですが.....

 ついにやってしまいました。「おしっこが全く出ない状況」に陥ってしまったのです。つい末尾に「w」をつけそうになってしまいましたが笑い事ではありませんw←ってつけてしまった。

 これまで「チョー出にくい」状況には何度もなってました。でもいずれも一度に出なかっただけでちょっと休んで改めてトイレに行くと残りも出てたんですよ。構造上そういうもんなんです。膀胱が膨らんで前立腺を圧迫するんで尿道が押さえられてしまう。少しでも出ればその分圧迫が減るのでまた少し出る。
 今回もそんなもんだと思って楽観してたのに、なんどトイレに行っても一滴も出ません。ためすぎてしまったようです。どんどん膀胱にたまっていく気配だけある。尿意は増す。お漏らしするんじゃないかってくらいたまってる。トイレに行く→出ない。焦る。けど出ない。

 泌尿器科に電話入れました。すぐ来なさいってことでタクシー呼んで泌尿器科へ。余談ですけどタクシーアプリって便利ですね。電話で呼ぶより楽だ。

 泌尿器科につくまで「お漏らししそうな尿意」で、もうどうかなっちゃいそうなんだけど、お漏らし出来るくらいならそれでいいんですよね。どう頑張っても出ないんだからお漏らしもない。
 泌尿器科についたら受け付けて待ち時間なんかなしですぐに処置。例の尿パイプ入れて、なんと400ccも尿が出ました。膀胱の容量ってのは人によって違うらしいので、これがパンク(破裂)寸前だったのかどうかはわかりませんが、マジで命を救ってもらった感がありました。ドクターは神。

 で、尿パイプ。これで三回目なんですけど、一度目は右副腎摘出の全身麻酔した手術での挿管だったのでわかりませんが、二回目の心臓カテーテルのときは非常に痛かったです。

 でも、医療って進歩するんですね。今回も「痛いですか?」と消え入るように聞いたんですけど、先生は「そんなでもないよ、昔は痛かったけどね」とさわやかにw
 痛かろうがなんだろうがとにかくやるっきゃないのですw
 全然痛くないわけじゃなかったけど、記憶にある痛さではなかったです。ずくずくっとした軽い痛みだけでした。挿入するパイプがしなやかになってるらしい。抜いたあとは排尿時に軽い出血とシミる痛みはありましたが、おしっこが出ない苦しさとは比べられないです。それくらいは許容範囲。

 この件で薬も処方されました。タムスロシン塩酸塩0.2mg。たぶんこれからずっと使うことになるんでしょうけど、薬代はたいしたことないです。一月分で数百円。それより、毎月通うクリニックがまた一つ増えてしまったのがつらいです。

 今後は二度とため込まないようにしよう、こまめにトイレに行こうと固く決心したのでありました。
 もしかしたらこの決意がめまいにつながった感があるんですが、ネットで検索すると関係ない気もする。

 とにかく、その「おしっこ詰まり」の事件からわずか三日後、めまいに襲われました。

 長くなるので「めまい」の件はまたあとで。いったん切ります。

続く

日本ブログ村
にほんブログ村 病気ブログ 1型糖尿病へ
にほんブログ村