ハロウィーンなんて私の若い頃にはなかった。

(ブログのリハビリ兼ねて雑文を)

 ハロウィンがどうとかこうとかってネットニュースにあるので日頃思ってることを。

 バレンタインデーで女の子から男の子へ告白的にチョコ送るっていつごろから普通になったのかな。
 検索すると戦前からあったらしいけど、女の子から男の子へってのは1970年代かららしい。でも1950年生まれの私にそんな時代はなかったですよ。
 貰ったこともないし、1960年代半ば過ぎの青春時代に誰かが誰かにあげたなんてのも聞いたことない。
 1974年に結婚したけど結婚前にも後にも家内からそんなの貰ったことないし、なんでくれないの?なんて思った記憶も無い。娘達が大きくなって社会人になったころ、娘達から義理チョコは貰った気がする。いまはもうそれもないw

 恵方巻きなんてのも、それこそつい数年前まで知らなかった。そんなのがあるって知ってからも太巻きなんて買ったこともない。買おうとも思わない。

 日本人はお祭り好きってことなんだよね。誰かが音頭とってお祭り始めるとすぐ便乗して楽しんでしまう。

 でもお釈迦様の花祭りはなんで無視なのがよくわからん。カタカナ語じゃないとだめなのかと思いつつ、恵方巻きは日本語だしなあ。

 検索したらクリスマスは戦前からあるのか。あるったって一部の信者達の話しだしね。
 諸説あるようだけど、元々大正天皇祭(大正天皇御崩御日)で12月25日が祝日、クリスマスと同じ日なので行事として定着した、となってるのがなんとなく納得。

 でも結局は大衆心理を利用した商業的なものですよね。クリスマスにケンタッキーフライドチキンを食べるなんても広告洗脳大成功な逸話の一つだし。

 米国のドラマ大好き人間として一つ解せないことが。なぜ感謝祭(サンクスギビングディ)はハロウィーンほど定着しないんだろ。
 日本人の性格としてハロウィーンより感謝祭の方がよほど受け入れやすいと思うんだけど。商業的に利用しにくいのかな。

 クリスマス「イブ」もそうだけど感謝祭も他者とのコミュケートではなく、キリスト教国家では家庭で家族と過ごすイベントなんだよね。
 クリスマス、は外に出て大勢ではしゃぐイベント?
 私はクリスチャンじゃないんでその二つ(イブと当日)の区別が難しい。宗教ネイティブじゃないとわかんないかも知れないね。とくに日本人には。

 感謝祭、食品業界や精肉業界あたりで冷凍七面鳥を大々的にキャンペーンすればけっこう売れそうな気がする。
そのまんまクリスマスにケンタッキーってのを駆逐してターキーを流通させるとか。
ちなみに、私、七面鳥って食べたことないですw

 七面鳥、まるごと一羽は夫婦二人じゃ無理だけど、オーケーストアあたりで小さなパックでもあったら買って食べてみようかな。

日本ブログ村
にほんブログ村 病気ブログ 1型糖尿病へ
にほんブログ村


関連すると思われる投稿

『ハロウィーンなんて私の若い頃にはなかった。』へのコメント

  1. 名前:OGG 投稿日:2021/11/21(日) 15:14:25 ID:7fd8e85ff 返信

    ある程度の世代として全く同感です。
    70歳くらいから上の世代かな。PCなんて無かった世代。拙メなどは昭和10年(1935年)生まれだからPCどころか電気冷蔵庫もエァコンもマイカ-もテレビも無い時代から現在に至っている。極端なことを云えば昭和20年5月の横濱大空襲のあとは鍋も釜も包丁も皿も箸も無かった。

     戦前のことだがキリスト教徒は知らないが普通の家庭にクリスマスなんて無かった。
    地方の話では無い。住んでいたのは京橋3丁目、運河(当時京橋川)を挟んで25メ-トル先は銀座1丁目という場所である。
     それが昭和20年代末期になると銀座はクリスマスイブでドンチャン騒ぎ。
    この変身のすさまじさは何だろうか。
     日本人は宗教に対して厳格性を求めない。だから異教徒のお祭りを取り込んで楽しめる。だいたい二神教の国はほどんと無いと思う。一つの国の中にあれこれ宗教はあるだろうけど信じるのは1つの宗教で、神前結婚をして仏式葬儀で終わるなんていう器用な事は無いらしい。
     古い世界辞典があったので日本国の宗教構成を見ると
    「神道+仏教 76%」 「仏教のみ16%」「その他8%」だそうである。
    ざっとだが世界197国をみても「○○教+○○教」という並立スタイルは一つも見つからなかった。ただし、完全に調べたわけでは無いから見落としか有るかもしれない。

     とすると神道は「お祭り」があるが、異教のクリスマスを祝って「花祭り」をやらない不条理は解せない。もし、「クリスマスを祝ってはいない、遊びにしているだけ」というのなら異教に対して失礼では無いか。
     ちなみに長女が行っていた大学は「花祭り」行事をやっていた。

     バレンタインは昭和30年頃リ-ダス・ダイジェストを読んで知っていたが異国の話だった。それがメリ-チョコレ-トとかいうお菓子屋さんの知恵で1958年に行事を始め、わずか10年で定着したと云うから驚く。
    ハロウインは誰れが始めたのだろう。原宿表参道のパレ-ド説(1983年)や
    97年のデイズニ-ランド説があるけど、これも国民行事化しはじめている。
     
     恵方巻き・・・これについては松尾貴史が「ちょつと違和感」というコラムで厳しく咎めている。これは「関西の花柳界の下品な悪い遊び」が起源だそうで、家庭に持ち込むような筋合いのものではないらしい。 

     最後に七面鳥のこと。
    鳥はいろいろ食べたけど七面鳥は大味で旨くはないです。勿論味覚は個人の感性の問題だから、念のため「七面鳥は旨いか」というワ-ドで検索してみた。
     その結果は圧倒的に「不味い」でした。
    今まで食べたものは、雉、山鳥、小綬鶏、雉鳩、山鴫、田鴫、どれも肉味にクセがある。どれも旨くは無いが雉鳩を除いて不味いと云うほどでは無い。しかし七面鳥は不味い方に近い。
     旨いのは甲の鳥と書く鴨と代用の合鴨、それに鶉。昔良く行った焼き鳥屋の雀も旨かった。鴨は1羽だけ穫ったことがある。食べるか剥製にするか悩んだが剥製にして居間の壁に「長野43年」の狩猟徽章と共に飾ってある。

     異教徒のお祭りはあと3ッある。
    感謝祭
    謝肉祭
    復活祭

     10年後、「昔はイ-スタ-なんて無かった」なんてまた書くかも。
    以上、あれもこれも「昔は無かった」世代とし同感のいたりです。