めまいのその後、耳鼻科で仮釈放になりそうな感じでならなかった

 もうほとんどめまいの兆候はなくなりました。起床時にたまに「あら?」と思うことがあるものの、耳詰まり感や音割れまで行かずそのままおさまってます。

 本日、耳鼻科クリニックでも、そろそろ大丈夫そうだねと言われ、とりあえずいまは二週間に一度の通院が一ヶ月くらいにはなるのかなと思ったら、二種類処方されてる薬のうち、漢方薬(ツムラ五苓散17番)は当面止めておきましょうってなり、薬を減らしたので様子を見ないといけないからまた二週間後に来てね、と。

 経験上、たしかにそういうもんなんですよね。薬が増えると身体に合うかどうか副作用が出ないかどうかを診るために最初はわりと短期で診ることになる。薬が身体に馴染むまで10日~2週間くらいかかるのは身体で知ってる。
 その逆もありでありまして、離脱作用(離脱症状?)って言いましたっけ、薬をやめるときも二週間くらいで様子を診てもらった方が安心なのではあります。これがあるんで医者の処方薬を自己判断で勝手に増やしたりやめたり、もうよくなったからやめとこなんてしちゃいけないのです。痛み止めとかかゆみ止めとかの対処療法薬ならいいのかもしれませんけど、長期間にわたって服用する薬の自己判断は危険。
 逆に言うと、飲み始めて即効で効くような薬なんか怖くて服用できないですよね。じわじわと蓄積されて効き始めるわけで。まあ、漢方薬は離脱作用も少ないとは言われてるようですが。

 めまいも自然に収束してもう大丈夫なのか、処方されてる「アデホス」が効いてるからおさまってるのかわかりません。鹿威し(シシオドシ)みたいに少しずつ水がたまってきてそれが一気に排出されてめまい発生、って感じでしたから、もう水がたまらなくなったとは思いにくいんです。体質の問題もあるでしょうし。だから、薬の効果で水がたまらないうちに常に排出してる状態の可能性もある。アデホスを少しずつ減らして変化がないか見ていくことになるんだと思います。

 いずれにしても、医者は患者を離さない、って感じはしますw

 前回もらい忘れた「聴覚が一番悪かったときの検査結果」ももらってきました。

DSC_0464


 一番悪かったといっても、実際に一番悪かったときではないです。なぜって一番悪かったときは一歩も歩けなかったから。めまいがおさまり数日して外出できるようになったあと、耳鼻科に駆け込んだときの検査結果です。一歩も歩けないときも調べてみたいけど、たまたま入院でもしてるときに発作が起きないと無理でしょうね。
○で結線してるのが右、×が左です。

 ちなみにデシベル(dB)というのは音の強さ(音圧)の単位です。ゼロデシベルが人間の聴力限界でそれを1とし(1と決め)、20デシベルごとに10倍になります。20デシベルまで聞こえると40デシベルまでの人より2倍耳が良い、って意味ではありません。

 10デシベルで静かな息の音、20デシベル(ゼロデシベルの10倍)だと葉っぱが風でゆれてカサカサってする程度の音、40デシベル(ゼロデシベルの100倍)が静かな図書館内の音、一般的な会話は60デシベル(1000倍)程度と検索したら出てました。地下鉄内で100デシベル(10万倍)。

 聴力検査で20デシベルあれば上等もいいところみたいです。
 40デシベルでもたぶん日常生活にほぼ問題ないと思います。その一番悪かったときの左だけ30~40でもいわゆる難聴感はまったくなかったですから。もっとも右が聞こえてたからってのもあるでしょうけど、ステレオ的な音場定位感もおかしくなかったです。生活音って静かな図書館程度の音より大きそうですから。

 今日の検査分はまたまたもらい忘れちゃったのですが、前回検査したときの結果が以下のとおり。今回もそんな感じで前回から変化ないし、この歳でこれ以上はよくなりようがないと思う。

DSC_0465


 見てわかるとおり、なんで私はこんなに耳(聴力)がいいんだろってくらいすごいです。人間、取り柄はあるもんです。

 ただ聴力が良い(音が聞こえる)のと「良い音で聞こえるか」はどうやら別問題のようで、めまいが酷かったときは左耳の音割れが不快で音楽を聴く気になれませんでした。とくにイヤフォンとかヘッドフォンなんか全然ダメ。気持ち悪くなっちゃいます。
 そこらの不快感がなくなり再び音楽を常時聴くようになったら、スピーカー(とイヤフォン)に不満が出ちゃって。不満というよりいつまた耳がおかしくなるかわからないし、もういい歳だし、良い耳で音楽を楽しめるのもそう長いことはないだろなって考えたら少しでも良い音で聴いておきたいと思った、のほうが正解かな。
 でも部屋が部屋ですから「オーディオ」に凝るようなスピーカーもアンプ類も置けません。オモチャの延長でしかないんですけど、ちょっとだけいまよりマシな状態にしました。

 この話は「物欲」としてまた別の機会に。

★-------
10/13:編集追記

日本ブログ村
にほんブログ村 病気ブログ 1型糖尿病へ
にほんブログ村

『めまいのその後、耳鼻科で仮釈放になりそうな感じでならなかった』へのコメント

  1. 名前:オ-ルド爺さん 投稿日:2019/09/03(火) 14:18:16 ID:377065018 返信

    そろそろ耳のトラブル終わりそうですね。安心しました。
    それにしても耳が良いですね。音楽愛好者の特徴です。趣味というのは知能の問題と身体的能力とが関わっています。体力が無ければ登山の趣味は持ち得ない。悪い喩えですが目が見えなければ絵画鑑賞の趣味は持ちようが無いし、耳が聞こえなければ音楽の趣味は無理です。耳や目が駄目でも音楽史や絵画史で云々という人が居ましたがこれは別次元の話。
     耳が良いと云っても
    1 聴力が良い     これは物理的に証明できる
    2 周波数の認知    これも証明可能
    3 音質の認知     これは個人的感覚で数値的に証明できない

     音楽愛好家、器楽の演奏家、オ-ディオ愛好者は、この123を満たしている人に多いと思います。
    なかのさんは1についてはグラフつきで証明済み(鉄証です)
    2についても「絶対音感」か「準絶対音感」を持っているのではないでしょうか。というのは30-40年前ですか、日本経済新聞の文化欄に出ていた「荒城の月に半音を」というエッセイに驚いて話をしたところ、いきなりその部分を歌ったのです。最初普通に唄って次に「花の宴」の「え」の音を半音換えるのならともかくいきなりですよ。あれには驚いたな。この話忘れているでしょうね。(註1)

     「絶対音感」・・・憧れますよ。実は「準・・・」だと思うけど身内に二人いました。一人は弟。もう一人は息子です(故人)
     弟は本能的特質で楽器はあとから、息子は5歳からピアノを習いました。かく言う拙メは完全なオンチです。それだけに「憧れる」のです。ただ弊害もあって息子は原曲とキィが違うと「気持ち悪くてしようが無い」とよく云っていました。
    平成10年(1998)年、最相葉月氏が著した「絶対音感」(註2)は音に興味がある人は必読の名著ですが、この本や別の本にも似たような事例が書いてあります。
     ある家庭の主婦(音楽には全く関係ない)ですが銀行へ行って待っている間館内に流れている音楽を聴いていると気持ち悪くなるのだそうです。原因はエンドレステ-プの疲れ垂れで音程が狂っているためとか。
     あこがれの交響楽団にようやく入れたのに自分の基本ピッチと違うので健康障害を生じて泣く泣く退団したというバカな話もあります。おそらくピッチインフレの時代かも。
     このビッチインフレを厳しく糾弾し続けたのが故山本直純氏で今は大方442Hzに落ち着いています。(註3)
     ともあれ、「絶対音感」はプロの音楽家で20人に1人、一般人で20万人に1人だそうで、中野さんは「特殊な人」の可能性がありそう。
    「50Hzの聞こえ方が変、半音まではずれていないが」というのは凄いことですよ。
    G1の音は49.00HzですがG1♯は51.91Hz・・その差は2.91だから「半音はずれていない」としてその半分だとしたら1.455Hzで信じられない!!だけど解る人には解るんだよなァ(口惜しい・・!!笑い)  
    *オクタ-ブ表記は国際式 A4=440  ヤマハ式は440=A3

     音の美しさの感性、これもなかのさんは楽器をやっているから相当なものだと思います。自分の音を少しでも綺麗にしたいと励むのはプレ-ヤ-の本性で必然的に音の美の感性は鋭くなります。
     とにかく早く完治して音楽を聴いて、ギタ-を弾いて、唄って健康に障り無い程度に飲んでください。

    (註1) 現在聴いている「荒城の月」は滝廉太郎の死後山田耕筰が改変(編曲?)した     もので
         1 キィをロ短調からニ短調へ
         2 小節数を改変
         3 3小節目の4音目 歌詞の「花の宴」の「え」のG♯音を改変して半音       下げてGに

     現在では「荒城の月 半音」と入れて検索するとガザガサ面白い話が出てきます。
    「荒城の月を勝手に改変した山田耕筰の悪逆非道」なんて過激なのもあって笑っちゃいます。尚、色々な歌手が原曲と改変版の両方を歌っています。

    (註2) 「絶対音感」 1997年第4回小学館ノンフィクション大賞 ベストセラー 

    (註3) 基準ピッチは従来「勝手方式」だったが1939年ロンドン会議でA=44
    0Hzに定められた。バッハの時代は415Hzでバロックピッチと言われ、そ
    れ以降ピッチは現在半音程度上がっているという。日本でもたしか1948年
    頃統一したのだが、数ピッチでもあげると音が華やかになるので「掟破り」が
    横行し山本直純が怒ったわけである。
         カラヤン時代のベルリンは415で規定体重オ-バ-で戦うボクサ-みたい。
        ヨ-ロッパでは他にも多いとか。
        我が国ではN響はじめ多くのオケが442Hzだそうです。

    • 名前:なかの 投稿日:2019/09/03(火) 21:09:48 ID:11ab3caac 返信

       残念ながら絶対音感は持ってないです。
       相対音感はそこそこあると思いますが、基準音を聞いてからそんなに長く持たないので準絶対音感もないですね。
       母方に従兄弟が一人いまして、彼が絶対音感持ちです。父方の従兄弟は何人いたかな、けっこういるんだけど、三姉妹のうち一人が絶対音感持ちだと聞いた気がします。
       でも、普通に誰でも鼻歌歌いますでしょ。で、毎回大きくキーが違うってことないって思いませんか。だれでも準絶対音感に近い物を持ってるんだと思います。テレビにしろCDにしろ聴いた音楽とか知ってる音楽を鼻歌でフンフンとするんですから。

       耳の方は生まれつきの物が大きいと思いますけど、喉(歌う方)の方は練習次第だと思います。よく、自分は音痴だと言う人がいますけど、ほとんどの人が音痴ではないです。だって自分で音痴って言ってるのは音程が狂ってるってわかるってことでしょ?

       それがわかるなら音痴じゃないです。

       喉は楽器と同じです。練習しないと楽器を演奏できないように声で音程を取れません。私もピッチが甘くて決してうまいとは言えないです。アルコールが少し入ると少しマシになるw これもそういうものらしいです。リラックスすることでピッチが安定し、喉も開くようです。飲み過ぎたらピッチコントロールできなくなると思うけど。
       最近は加齢のため(だと思います)、一段とピッチが甘くなってます。音がより安定しなくなってます。出した声が耳から入ってそれをまた声にフィードバックするのがどんどん衰えていくんでしょうね。若いときはそれがタイムラグ無しに瞬時に出来るからピッチの安定につながり、練習すると歌がうまくなるのはその部分です。プロは毎日発声練習してその衰えを防ぐんでしょうね。

       荒城の月の件はまったく覚えてません。が、半音の差って大きいですよ。認識できない人っていないんじゃないかな。本物の「音痴」の人以外で。意識してないだけだと思う。ドレミファソラシドのとき、ド全レ全ミ半ファ全ソ全ラ全シ半ドなんて意識しないで出来てませんか?
       荒城の月、いま試しても問題なくできますねw
       ただですね。上から降りてくるときの半音違いってわりと簡単なんです。
       下から上がるときの半音違いって難しくて、自分では使い分けてるつもりでも常に半音下がっちゃって「ピッチが甘い」って結果になりやすいです。上がりきれない。

       キーについてはとくに原曲にこだわりはないですね。歌うのが好きなので「自分の音域」にあわせてキーを変えるしかないし、「歌」の場合、クラシックと違ってキーそのものがカバーする人によって違うのをたくさん聞いてますから。
       インストゥルメンタルだと、キーを変えると演奏しにくいってのはありそうかな。そこらはヴォーカル主体か否かで感覚が違いそう。

       テープの伸びだの、レコードのターンテーブルのワウフラは確かにイラつきます。が、気持ち悪くなるほどでもないです。つまりはたいしたこのない耳なんだと思いますw
       今回の左耳の音割れ(二重に聞こえる)、かつ、二重部分のピッチが違うのはもう音楽を聴くって気にはまったくならない状態でした。

       50Hzの聞こえ方についてはちょっと誤解がありそうです。左耳だけ単体(単音)で聞いて「正しい音より少しずれてる」と思ったわけではありませんです。
       右から聞こえてくる50Hzと左から聞こえてくる50Hzの音が左側だけわずかにピッチが高く聞こえた、という意味です。その場で比較しての違い認識ですからたぶん普通にわかると思います。左右同時に聞くとミックスされちゃってわからない程度でも、交互に聞くとわかります。

  2. 名前:オ-ルド爺さん 投稿日:2019/09/08(日) 15:26:26 ID:f65526c67 返信

    従兄弟に「絶対音感」の持ち主がいるとか。それは有名なCHI・H氏ではないですか。
    ストレ-トに書いてよいものか解らないのでイニシャルにしましたが。
    彼は3歳からピアノを習ったとか、ウィキペデァの仕込みですが。

    「絶対音感」の謎についてベストセラ-の本が一冊書けるほどのタネがあるわけですが、 そのひとつ、なぜ音楽に無関係な人に「絶対音感」があるのか・・という謎です。

     この春面白い本を読みました。目眩がひどく何も出来ないのですが本だけはどうにか読めるので「暇つぶし」でアレコレ読んでます。
     トンデモ本だという噂もある橘玲氏の「云ってはいけない、と続編の「もっと云ってはいけない」の2冊です。
    「それを云っちゃあお終いよ」なんて言葉がありますが、この本には「云ってはいけない」ことになっている***の遺伝率などが書いてあるのですが、それは別として遺伝率で特別にに高いものがあります。 以下同書から

    認知能力
    性格
    才能    とジャンルがあるうち才能の

    音楽  92%
    執筆 83%
    音程 80% (絶対音感のことです)

    他の遺伝確率は50%前後がおおいのですがこれは不思議です。

     例の本「絶対音感」によると乳幼児の音の認知は 「ある音に対して、例えば440Hzの場合、脳細胞のA-B-C-Dが反応結合して440の音を覚えるとか。
    このあとは拙メの推理ですが、次に445Hzの音を聞くとA`-B`-・・・とダッシュのついた記憶が残る。次に450の音を聞くとダブルダッシュ付きの記憶細胞が残る。
     結局A4の音に対して3種類の記憶があり、440の音を聴いたとき脳は3種類のうちのどれなのか迷ってしまう。実際はもっと迷う範囲が広いでしょう。拙がそうですから。
     ところが音楽家のガキは、失礼・・御子息御息女は胎児の時から骨伝導で正確なピッチのみを聴いているはずです。生まれても始めから親のレッスン音は聴いているだろうし、CHI・H氏のように3歳からピアノをやっていれば正しい音しか知りませんから迷いようが無い。
     仮説ですがもう一つ。ことによると親の脳のABCDを胎児の脳がコピ-してうまれるのかもしれない。執筆能力が83%遺伝する説明が付きます。
     中野さんのご両親は声楽を能くしたとか。おそらく胎児幼児から正しい音を聴いていたのだと思います。それに比べて拙メはSGとウクレレを始めた16歳のとき「調子笛」で初めて「やや正しいピッチ」を聴いたわけで、それまでに正しいピッチ以外の色々な「周辺音」が蓄積されていて音感は汚れきっていたという訳でしょう。オンチの所以です。
     音楽に無関係な人が絶対音感を持っているというのは親か本人に絶対音を聴いて蓄積したという過去が必ず在ると思います。
     この話は中野さんに相当反論されそうです(笑い)

    * 池辺晋一郎氏がTVのインタ-ビュ-で絶対音感について「無いよりはあった方が
    良い」と云っていました。そんなものらしいです。

    * 世間で言う音痴は音階音程の不安定な事を指すようですが、身の回りに耳の良い人
    ばかりいるので基準が高止まりします。まぁバンドをやろうなどというレベルでは
    曲を聴いてキィが解らないのはオンチ族に類すると思って居ます。

    * リズム音痴とかハ-モニィ音痴とかあるそうですが、長岡鉄男氏の著書によると
      サラウンド音痴というのが居るそうです。

    • 名前:なかの 投稿日:2019/09/09(月) 09:06:55 ID:5542fd0a0 返信

       従兄弟は有名かどうかは別として、ソレですw
       一応イニシャルだけでお願いします。

       音楽に限らず、なんでもそうだと思いますが育つ環境が影響すると思うんですよね。世襲ってのはあながち間違いじゃないんではないかと。蛙の子は蛙ってやつ。トンビがタカを産むなんてのもありますけどね。これ、子供が「タカ」だと親のトンビが認識できなければトンビのままです。認識できないからトンビなわけで。
       とくに専門分野に属するもの、器材が必要なもの、器材とは言わなくても本なんかもそうですかね。学者の子供は学者になりやすいでしょうし、彫刻家の子供は彫刻家になりやすいと思います。医者とか法曹関係とか。みんなそう。スポーツ分野はもっとでしょうね。加えてDNAですか。

       うちは父方、母方共に音楽家多めです。母の姉(その従兄弟の母)は自宅でピアノの先生やってました。父の兄は学校の音楽の先生でやはり自宅でもピアノ教師してた。父の妹はお琴のお師匠さん。自宅でお弟子さんをとってました。
      その伯父のところにピアノを習いに行ってたのが私の母で、そこで父と知り合ったとか。母は喉を壊したとかで歌ったのを聞いたことはないんですが、声楽科出身だったそうです(本人が話題にしなかったのでよく知らない)。

       ただ、うちはあまり裕福ではなく家も狭かったのでピアノはもちろん楽器の類はありませんでした。でも「電蓄」も「手回し蓄音機」もありまして、SPレコードはたくさんあったし、子供向けのレコードもかなりあったのは記憶してます。

       だけど、聞く耳だけ良くてもミュージシャンにはなれないですね。ひらめきと創造性がないとダメって高校のときにギター始めて悟りました。アドリブができない。耳コピだけは練習すればうまくなるけど。そこから先には進めないです。従兄弟はそこらも含めて総合的に才能があったですね。さらに高校生のときからそれなりの場所に出入りするという積極性もあった。結局、やる気(行動力)が重要な気もします。

       サラウンド音痴ってのはあるだろうと思います。目で言えば乱視ですかね。左右の音像定位が一定にならないんじゃないかしら。
       もし、左右ではなく前後(360度)のことだったら、それは「訓練」でなんとかなるかもしれませんね。耳は二つしかないので基本は左右の音像定位しかできません。首をわずかに動かしたときにどちらに音が移動するかで前後を判断してます。首を固定してじっとさせて目をつぶり音を出してもらっても前後は判断できないです。前からの音なら右むくと左耳は音源に近づき右耳は音源から遠ざかります。後ろからの音ならその逆。その位相を脳が瞬時に判断して前後の判定を出す。突然音が聞こえたとき、キョロキョロするのはそのためのようです。