骨密度やら脈波やら頸動脈エコーやら検査いろいろ

 ブログネタがずいぶんたまってしまいました。
 毎年11月はいろんな検査をしてます。あんまりブログネタにしてないようで検索しても出て来ませんでした。これ、もう覚えてられない年頃なんで備忘録兼ねて今年の分はまとめておこうと思います。

 検査したのは同じ日ではなく11月に入ってばらばらなんですが、その検査結果の診断は月末の1型糖尿病定例診察の日にまとめて受けました。これらの検査、健康な(だと思ってる)人はあんまり受けないかも知れません。1型糖尿病で定期的に診察を受けてるが故の、一病息災効果だと思ってます。しつこいですが、超初期の緑内障が発見出来たのも1型糖尿病で定期的に眼科検診を受けていたためです。私は緑内障で失明する心配はほぼなくなりました。白内障の進行度も一緒にわかってしまうんですが、こっちはいまんとこ全然問題なしだそうです。

 まず骨密度、前回書いたのが「悪化していた骨密度、若干改善の兆し(ブログ内リンク)」で2015年12月ですね。その後2016年も2017年も検査してます。検査結果を見ると毎回若干改善していくというw

 骨密度はこの歳になると、しかも1型糖尿病なので一度下がった(薄くなった?)骨密度はほっとけば悪くなる一方、頑張っても現状維持が精一杯と言われてるようですが、なんと今回も改善してます。ほぼ横ばいなんですが、横ばいも努力の成果でしょう、きっと。自分で言うのもなんですが、けっこうがんばってますもん。

 次に、脈波、これは心電図検査も兼ねてます。前回書いたのが「血圧脈波と頸動脈エコー検査(ブログ内リンク)」で2016年6月。これは昨年もやってます。昨年のデータ、画像化してなかった(ブログに載せなかった)ので紙のファイルをさがすのがめんどくさい。二年前の画像と今回の画像を並べて載せておきます。しかし、心臓カテーテルまでするしかなかった不整脈(ブログ内リンク)はどこへ行ったんだろ。8年前か。引き金は1型糖尿病発症だったかもしれないな。1型発症から4年でストレスがピークになったのかも。


 血圧脈波、baPWVもABIも前回より悪くなってます。これも年齢相応ってことで推定血管年齢は68歳なので大きな問題はなし。理想はこれが実際の年齢より下になることでしょうが、欲は言いません。年齢相応なら良しです。医者もそう言ってました。
 なお、右上腕部を計ってないのはFreeStyleリブレのセンサーがついてるためです。血圧計をそこにがばっとはめるわけに行かないので省略ってことでした。

 頸動脈エコー検査、これも前回と一緒で「まったく問題ない、血管の厚さも正常、プラークがほぼない、どの部分もプラークの厚みがゼロに近いかまったくないか」とのことでした。私、悪玉コレステロール値が高いんです。主治医にしてみたらそこが気になってるんで(定期的に血液検査してるんでわかる)、動脈にプラークがまったくついてないのが不思議なんだとか。検査の結果がこう(プラークがない)なんだから悪玉コレステロールの数値は体質ってことなんでしょう、ってことで。それでもやはり少し下げようねってことで試しにこの二ヶ月は大好きな脂っこいものを自制しようと思ってます。ああ、豚のロースが食べたい....
 なお、頸動脈をエコーで見るのはそこが一番動脈にエコーをあてて見やすいからだそうで、動脈は一部を見れば全身どこも似たような状況になってるので一カ所見ればいいそうです。

 あと他に、気になってるPSAも検査してるんですが、上記のとおり診察時に検査結果の話が多岐にわたり、雑談も多くなってPSAの数値を確認し忘れました。短い診察時間で一度に多くを聞きすぎると待ってる人に悪くて気持ちが焦ります。次回定例診察で確認します。なにせPSAの数値毎年上がってますからね。泌尿器科は今年も二月頃診察してもらってます。「前立腺肥大とPSA(ブログ内リンク)」参照

 自覚症状としてはいまんところ何も変化なく、排尿がきつくなったということもないので、前回から半年目の検査はしてません。今回の検査結果を持って来春に泌尿器科で再診してもらうつもりでした。なお、仮にガン化していたとしても(たぶんそれはないと思うけど)、前立腺ガンは進行が遅いガンの筆頭だとかで、年に一度診てもらえば問題なさそう。さらに歳ですから場合によっては放置しても寿命のほうが先に来ることもあるとかで、排尿困難などの生活に支障を来さない限り自分としてはガンの心配はしてないです。

 今回の一連の検査の他に、先日(12月4日)インフルエンザワクチンを打ってきました。徒歩圏内で一番近い、「診療科目」的に普段は行かないクリニックです。診療科目は脳神経内科でMRIができることを売りにしてる内科。引っ越してきた早々に発見し、そのうちめまいの関係でお世話になるかもしれないなあと思いつつ行ったことがなかった。
 感じの良い先生だった。注射を打つ場所を決めるのに、FreeStyleリブレセンサーの跡(丸く赤い跡)がたくさんあるのを見て、これはなんですかと。
 説明してセンサーを使って見せたら大喜びしてた。話には聞いてたけどこれですかって。そこらはちょうど予防注射を普通に打つ場所とかでちょっと悩んだあげく、かなり上の方に。ここに打つのは初めてだなあ、痛かったらごめんね、っ言われた。打ったあと、腫れる可能性もあるし、触ると痛みが続く場合もあるので、センサーをつける可能性の有る場所は避けておきたいって。良い先生だ。

 実際、数日後に注射打った側にセンサー付け替えたんだけど、注射跡は触らなければなにも感じないけど触るとズキッと痛かったから、センサーつける場所に打たれてたら困っただろうなと思った。初めて見るセンサーなのにそういう気を遣ってくれる医者ってやっぱり偉いよね。

日本ブログ村
にほんブログ村 病気ブログ 1型糖尿病へ
にほんブログ村