モバイルバッテリー買ってみた

 買ったきっかけは先日の緊急地震速報のアラート。前のスマホ時代のときはこの緊急速報が一回もなくて今回初めてでした。とは言っても初めてのスマホ使い始めてからまだ二年も過ぎてないんだけどね。深夜零時過ぎに夫婦二人のスマホが鳴り響いてマジでビビりました。誤報だったみたいで大きな揺れが来なくてほんとによかった。

 でもあの緊急速報のおかげでしばらくはパニクらないですみそうです。気持ち的にはね。震災対策ってどうしてものど元過ぎれば熱さを忘れる状態になります。たまには突然の注意喚起も必要かも知れない。余談だけど、警察のネズミ捕りなんかはその極致なんですよね。ぼけっと速度違反とか危険運転しないように注意喚起してるって建前らしい。さらに余談だけど、数年前に一時停止違反(ブログ内リンク)で捕まったとき、その時点ではかなり腹立ちましたが、冷静に考えるとあれがあってよかったんだろうなと思います。その後、確実に注意するようになりましたからね。運転歴40余年の間に基本や初心を忘れて自己流になっていたと思います。

 懐中電灯は3.11のあとに買ったこれがある(一台の左右側です)。光を当てておけば常に充電できるやつなので窓際のカーテンより外側に放置したままだった。手回しの充電機能もある。いじってみたら電灯はもちろん、ラジオもブザーもちゃんと鳴りました。これはこれで役に立ちそう。ラジオが役に立ちそう。

 次はライフライン。以前のメタル回線電話(アナログ)は端末側が停電しても局側が崩壊してない限り(回線網が生きてる限り)使えました。電話線を通じて微弱電流が来てるのね。デジタルのISDNが普及し始めた頃、ターミナルアダプタ(TA)なるものが必須だったのですが、これが停電だと使えなくなる=電話が使えない=ライフラインが確保出来ない、という問題があり、TAは電池内蔵でした。いまでいう無停電電源装置(UPS)の簡易なものですね。でも実際には一度も電池を交換したことありませんでしたw

 いまは固定電話が通じなくなっても携帯電話(スマホ)が一般的なんで昔ほどライフラインを論じることはないようです。もちろん有事のときは有線よりも輻輳問題がおきやすいようですが、物理的にまったく通信ができない環境よりはるかにマシであることには間違いないです。待てばなんとかなるはず。

 いずれにしても固定回線のネット環境は端末側が停電したら回線網が壊滅してなくてもそれだけでネットへの接続はできなくなります。端末側でどうしても電源が必要ですからね。スマホやケータイがあれば固定回線に関係なくライフラインは確保出来るし、なにより懐中電灯の代わりにもなります。無停電電源装置込みの通信端末みたいなもの。

 うちのスマホは格安スマホと言われるMVNOなので普段でも朝晩の通勤通学時間帯や昼食時間帯のネット環境はあまりよくないですけど、ないよりマシだし、ネット環境はMVNOの弱みはあっても通話環境はキャリアと変わりないはずです。通話SIMとして月額700円の基本料金を取られてる。通話はドコモとかauとかSBとかの電話用回線を利用してるのであってネット用データ回線を使ってるわけではないですから。

 というわけで、スマホが夫婦で二台あれば災害が起きてもしばらくは連絡はなんとかなりそう。問題は「電気なければただの箱」ってやつです。そろそろ充電というときにそういう最悪な事態に陥るのがマーフィーの法則ってやつで。

 となれば、やはり必要なのは予備のバッテリー。こいつを満充電しておけばいざってときにスマホを充電できる。

 さて、それまで全く知らなかった世界に突入なのでネットで調べまくりました。だいたい検討がついた。モバイルバッテリーって重さも大きさも値段もほとんど容量に比例するんですね。薄型とか軽量とか名乗っていても中身は同じ厚さで容器が薄いだけみたい。中のモジュールが同じなので(規格?)メーカーが違っても大きさも重さも同じなようです。選ぶ基準は「自分で必要とする容量(重さとのバランス)」と「メーカーへの信頼」だけでよさそう。よく言われる「バッテリーモジュールは中国製を避ける」というのはある意味正解で、ある意味不正解なようです。避けるったって分解して開けてみなければわからないしね。だいたいにしてここらの部品で中国製を避けたら何も買えない。肝心なのはバッテリーとして販売してる販社の信頼度だそうな。品質をきちんとチェックして保ってる会社、簡単に言えばアマゾンで好評なやつ、安すぎるのはあやしい、くらいは考慮したい。

 私たち夫婦のスマホのバッテリーが2700mAhなので10000mAhあれば約4回フル充電できる計算。これくらいあれば災害で生き残ったあと、救出されるまではなんとかなるだろうと。メーカーはBluetothスピーカーを使用中でその性能に満足してるAnkerにしました。アマゾンでの評価も高いし、すでに自分でAnker製品を使って信頼できるってわかってるからね。Ankerってもともとバッテリーで定評がある会社だったのね。知らなかった。

↓これ。2999円で買いました。

 バッテリーを調べてたら、高速充電器なんてのも発見。いままでタブレットもスマホも付録についてきた充電器とUSBケーブルを考えなしに使ってきました。知らないってのは怖いもんなしですね。
以下二つも合わせて買いました。充電器が2099円。ケーブルが999円。

 ちょっと高いかなと思いましたが、せっかく得た知識なんで活かそうと思って。
 結果として、この充電器とケーブル使うとスマホが残り20%以下から充電開始して以前だと3時間強かかってたのが、ざっと2時間くらいでフル充電可能に。
 この一時間差を大きいとみるか、そのためだけにこの投資はもったいないとみるか。使い捨てるわけじゃないですから、私はこの投資は妥当だと思いました。
 タブレット(アマゾンファイア)のUSBはタイプCじゃないので、そっちのケーブルも買うことに。799円。タブレットはモバイルバッテリーで充電するつもりはまったくないです。緊急時には使わないだろうし。が、在宅中に音楽プレーヤーとして一番使うのはこれで充電回数も多いので充電時間短縮はありがたい。でも短縮率で言うとスマホほど短縮になってない気がする。これって、端末が対応してないとあんまり意味ないのかな?

 二週間ほど前に到着し、フル充電したまま放置ですが、まだ満タンです。充電時と普段はチェックボタン押したときだけ小さな青い確認ラプが点灯します。ランプ一つが残量2500mAh、たぶん使わなければ数ヶ月充電しないでいいんじゃないかな。たまに確認してランプが減ったら充電しようと思ってます。いまんとこお出かけ中にスマホのバッテリーが切れるって事態にもなったことないので、持ち歩く予定はないです。モバイルなのにもバイルしないという。一応いつでも持ち出せるように三本セットの一番短いケーブルと一緒に附属の袋に入れてあります。

日本ブログ村
にほんブログ村 病気ブログ 1型糖尿病へ
にほんブログ村