スマホ、乗り換えて良かったと思う

FREETEL REI からシャープ AQUOS sense lite SH-M05へ。です。

 最初のスマホ、一昨年(2016年)暮れにREIを使い始めたときは初めてのスマホですから比較対象するものがありませんでした。唯一すでにもっていたタッチパネル端末のアマゾンファイアタブレットとの比較は出来ますが、用途が違うのでタッチ感くらいしか比較できない。
(REIの使用感や、毎月の通信費については何度か書いてきてるので省略します)

 乗り換えて、スマホの二年間の進化はすごいなと思いました。グレードとしてはよくわかりませんが、こんども高級機ではないです。REIが約二万円、こんどのアクオスが約三万円。少し高い。でもたぶん二年前の機種と価格で比較できないんじゃないかなと思ってます。

 思い出してみると30年以上前のパソコン大進化時代もそうだったんですよね。OSの進化(アップデート)も早かったし、ハードやソフトの進化もメチャ早かった。価格の下降も早かった。二年落ちの中古を買うより新型を買った方が安いなんてこともありました。極端に言うと、二年で機能は倍に、価格は半分に。感覚的にはそんな感じ。

 いまのスマホの世界もそれに近いんではないでしょうか。若い人達が数年でスマホを買い換えるのもわかる気がします。目に見えない部分での進化もたくさんある。

 スマホを買い換えただけじゃなくモバイル契約先も変えました。というか、話の順番としてはそっちがメインなんですけどね。それもすでに何度か書きましたので省略します。
 乗り換え先はBIGLOBEモバイルです。最適解かどうかはわかりません。
 端末購入は一括払いではなく、BIGLOBEの特典利用(キャッシュバック)のために24回毎月1240円払いにしました。この「特典」と称する物はずっと同じではないようです。結果的には金銭に換算して同じくらいになると思うんですが、内容を定期的に変えてるみたいなのでそこらは自分で確かめてください。

 FREETEL時代は契約額は毎月990円(データ290円、電話700円)で、低速通信なら通信量の限度無しで追加課金なし、通常の速度は毎月100MBまで追加課金なし、1GBまで月300円追加という「使っただけ払う」契約でした。速度自体はMVNOなので推して知るべし的な速度です。平日午後12時~午後1時くらいまでの昼食時間帯は外で通信できないくらいになってました。もちろん家でWifiならそういうのは関係ないです。これはBIGLOBEに乗り換え後も前より若干マシな「昼時でも通信できないほどではないかな」程度。それはイヤなら(不都合なら)毎月数千円払ってメジャーなキャリア使うしかない。

 それ以外の時間帯もFREETELの低速通信モードは実用と言うには無理があるくらいの低速度でしたが、外出中はメールとGoogleMAPくらいしかインターネットをしませんでしたのでとくに不都合は感じませんでした。テキストデータならなんとかなります。いざってときは通常モードに切り替えれば済みますし。とはいってもオンラインで外から低速モードと通常モードを切り替えるにはFREETELのサイトにアクセスせねばならず、そのアクセスがままならないという缶詰の中の缶切り状態も何度か味わってます。家を出る前のWifi中に切り替えてから出かけるようには心がけていたんですが、たまにね、忘れて出かけちゃうw

 BIGLOBEモバイルでは低速モード自体がないので切替忘れということはありません。毎月3GBまでの契約です。この3GBを夫婦二人でシェアしてます。当初私だけで使ってみて、どのくらい使うか確かめたら500MBも行かなかったので、二人で3GBなら余裕という計算。通信費は私が1400円(ISPがBIGLOBEなので)で家内はシェアSIMだから900円。どちらもデータSIMではなく電話の出来るSIM。夫婦二人で通信費(いわゆるスマホ代)2300円です。もちろん電話の通話料は別で30秒10円の従量課金です。カケホーダイもありますけど、二人ともほとんど電話かけないからね。カケホーダイオプションはつけてません。夫婦間の外からの連絡はSMSです。一通3円。

 で、FREETEL時代は「使っただけ課金」なんでなかったんだけど、余った分は翌月に3GBまで繰り越せる。頭ではわかっていても実際にそうなるまで実感してなかった。5月から使い始めて、最初に2.5GB余った(500MBしか使わなかった)ので6月は5.5GBが上限。6月は当然ながら3GB以上余ったので7月はまるまる6GBまで使える。とにかく二人で3GBまではまず使わないから、3GBの契約なんだけど、ずっと毎月6GBまで使える状態w 余裕だね。

下の画像は7月2日にキャプチャしたもの。7月1日に10MB使ったってことですね。これはシェアSIMなので二人(二台)分です。

 

 さて、スマホのほうの感想も。シャープ AQUOS sense lite SH-M05のスペック
バッテリー容量 2,700mAh、REIのときは3000mAhでした。容量は減ったんですが、バッテリーの持ちはなんだかこのSH-M05のほうが格段にいいです。

 クソ暑くて引きこもってると4日くらい平気で持ちます。

 連続してお出かけしても2日以上充電しないで済んでます。もっとも外でインターネットはほとんどしないですけどね。シャープのIGZOディスプレーってのが効果出てるんでしょうか。いや、理屈はよくわかってないですけど。

 SIMフリーの安いスマホとしては珍しいらしいのですが、おサイフケータイ/NFC機能あります。モバイルSuica使えます。Googleペイも使えます。日本製ならではってことらしいです。
 エモパーなる「おしゃべり機能」があります。OK GoogleのようなAIにはほど遠いんですが、こちらから話しかけないでも勝手に喋ります(自宅にいるときだけの設定にしてる)。ニュースやら天気予報などを勝手に喋るだけですけど、けっこうかわいいです。ベッドの上にポンと放り出すと、「痛い!」って言いますw

 USBコネクタがタイプCです。上下を意識しないでいいというのはなにげに楽です。ただ、いまんとこ私が使ってるタイプCはこれだけなので他と共用できずにいるのが面倒です。他もそのうちタイプCの機器に入れ替わって行くのでしょう。

 指紋センサーあります。REIもあったので新鮮さはありませんが、逆に最初から指紋センサーユーザーなのでこれがなかったらめんどくさいと思うだろうと思います。留守電機能内蔵してます。簡易とはうたってますが応答メッセージを自分なりに録音できないだけ(お仕着せのものだけ)くらいで使用感に問題ないです。フリーSIMの格安スマホだと留守電機能は無料電話の転送機能を使ってなんとか工夫するか、キャリアに300円払って留守電機能を契約するかなのでお得感あります。まだ電電公社時代にプッシュホンの留守電機能は有料で電電公社に払ってたのが、NTTになって留守電機能付き電話機を買って留守電が無料になったときの驚きと似たような感覚(笑)

 あと、防水/防塵はわかってましたが、耐衝撃も機能してるのをはからずも実感してしまいました。昨日、うっかりとベランダから落としてしまいました。落とした瞬間は気がつかずに目視してません。直後に気がついてベランダから見下ろしたら落ちてました。

 上の画像の①に仰向けで落ちてました。落ちてる位置的に見て、途中で崖の間地ブロックにぶつかって何度かバウンドしたはず。放り投げたのではなく、落ちた、のですから。あんな遠くには落ちない。
 ものすごく運が良かったと思います。②③④(コンクリート平面)に直撃してたらダメだったかも。車に落ちてたら車も傷ついたかも。ちょうど土の草の生えてるとこに画面を上にして仰向け状態で落ちてた。画像の布団を干してるのは下の階、その下にまだもう一層あって、さらに崖になってます。かなり高い。崖側から見ると地上5~6階程度の高さ。
 もしかしたら階下のベランダに乾してある布団に一度ぶつかって衝撃がやわらいだ可能性もありますね。布団にぶつかってから崖にスキージャンプの着地みたいに斜めにぶつかって、そのまま滑り降り、最後にジャンプして草の上に落ちた、なんて想像も。
 手帳型ケースに入れ、保護フィルムを貼ってあるのも功を奏したと思います。備えあれば憂い無し(笑) スマホ本体はまったく無傷。凹んでるとこもないです。手帳型ケースが一部切れた(表面が一部剥がれた)だけ。ああ、滑り落ちてこすったような傷はないですね。機能的にも全然異常なしでした。もし耐衝撃じゃなかったら運良く画面は無傷でも動作に異常が出てるかも知れない。なにせ、あの高さから落下ですから。

 手等型ケースはこれ使ってます。私が買ったときは1199円でした。アマゾンの価格、変動しますねぇ。Keepa – Amazon Price Tracker必須でしょう。私はChromeですがFireFox版のアドオンもあります。

 もう一つ。FREETEL REIは購入時Android6でした。1年半使ってずっと6のままで進化しなかった。シャープのアクオスは発売以降OSアップデートは二年間で最大2回まで対応するようです。SH-M05は2017年12月に発売。今年の5月に買ったとき、OSはAndroid7でした。先日アップデートが来てAndroid8に更新されました。何が変わったのかまだよくわかりませんが、こういうものはやはり新しいほうが好き。

 こういうサービスはありがたいと思う。Androidが来年12月前までに9になるならそこまで面倒見てくれるってことだろうし、冒頭に書いたように2年から3年たったらスマホの買い換えも考えた方が良さそうなので、それまで最新OSが使えるならそれで十分。

 ほかにもいくつか「へぇ!」と思ったことがあるんですけど、知識が足りないのでOSが持ってる機能なのか、スマホ自身が持ってる固有機能なのかの違いがよくわかってない。Android7から8になって増えた機能などもわかってない。6になくて7にある機能も理解してなかったのに、ましてや7から8への変化なんて知るわけがない。REIにあってこっちにないのはスマホ固有の機能の可能性も高いしね。曜日と時間を決めて電源オフと電源オンの機能がREIにはあって、たまにはシャットダウンした方が良いと思って使ってたんだけどアクオスにはなかった。あれはOSの機能じゃなかったってことね。

 なお、AQUOS sense lite SH-M05は7月に新機種(AQUOS sense plus SH-M07)が出てます。1万円ちょっと高くなってるみたいだけど、BIGLOBEのセットにももう入ってますね。これ、5月に買い換えを決断した時点で夏モデルが出るってニュース見て知ってました。でも少し高くなるし、私の使い方なら価格差ほどの違いはないだろうと見なかったことにしました。
実際にBIGLOBEでの支払いはSH-M05より月400円くらい高くなってます。一万円ほど高いやつの24回だからそのくらいだね。ま、二年後にはもっと進化したのが出てるでしょう。

日本ブログ村
にほんブログ村 病気ブログ 1型糖尿病へ
にほんブログ村