昔の夏はいまほど暑くなかったですよね

 よく聞きます。あれはほんとです。昔の夏はこんなに暑くなかった。
 データを持ってきてああだこうだと言うつもりはないです。あくまでも体感と記憶の話。昔...私が子供の頃、60年から50年くらい前(8歳から18歳くらい)。
 昔はね、クーラー(エアコン)なんてなかったんですよ。各家庭にもオフィスにも学校にも車の中にも。車は窓開けて走ってた。三角窓なんてのがありましてね、それを開けて角度を調整すると良い風が入ってきた。
 そういえば、余談になっちゃうけど電気冷蔵庫なんてものも8歳のときにはまだ我が家になかった気がする。氷を入れる冷蔵庫も高かったから、我が家ではお茶箱を改造し、中に銀紙貼り付けて角氷(氷屋さんが売りに来る)と冷やしたい物を入れてた。バターとか果物とか。電気冷蔵庫が来たのは10歳くらいのとき。近所の人が見学に来て製氷室を見て、電気冷蔵庫と言ってもやはり氷入れるんだねと言ったのが印象的で未だに覚えてる。氷は入れるんじゃなくて出来ちゃうんだよと言ったときの驚いた顔も。
 ちなみに、冷蔵庫を英語でなんというか知らない人多いよねw クールボックスでもアイスボックスでもフリーザーでもありません。Google翻訳あたりで確認してね。

 20代後半、1970年代後半になっても家庭や職場のエアコンはまだ少なかった。珍しくはなくなってきてましたが。家庭の全部屋エアコン設置なんてのはまだまだ。家庭ならせいぜい一部屋、家族が集まる部屋だけ。今風に言えばリビング。当時はお茶の間w
 職場でもビル内にあった私の事務所はビルが全館冷暖房だったけど、登記所なんかは新築のとこ以外冷房はなかったように思う。本局と言われる横浜地方法務局だって石川町にあった頃は木造の建物で冷房は無し。扇風機のみでした。私は25(1975年)で開業しましたので、聞いた話しじゃなくて自分で見たそのまんまの記憶です。

 車のエアコンもどうだったかな。20歳前後(1970年)はまだ珍しかった。1980年が近くなって少し普及したくらいでしょうか。うちは父が車好きで60年代後半にはもう車にクーラーがついてました。それに父の友人を乗せて(私も一緒に)真夏に旅行に行ったとき、その人が「今日は涼しくて絶好のドライブ日和だったね」と。父ががっかりしてました。クーラーがあったからなのに、と。

 エアコンで部屋(車の中)を涼しくするとその分確実に外は暑くなります。涼しくした分は外が暑くなる。いやいや、涼しくした分だけじゃないですね。涼しくするにはコンプレッサーとかその他の動作で発熱もします。その暑さが加算されます。もちろん発電するときにも発熱してるだろうし、送電線も熱を持ちます。屋内(車内)を涼しくするためにそれ以上の発熱が伴ってるのは当然です。

 ヒートアイランドとか言うんでしたっけね。都会の近年のこの暑さはもう異常。

 郊外ならまだマシかも知れないけど、都会の近郊は都会と同じだと思います。密集度は違うだろうけど、都心部の熱は上に上がり少しだけ下がって廻りに降りて行くでしょうから、熱の傘状態だと思う。

 えと、何を言いたくてこんなことを書き始めたかって言いますと。

 小学生が熱中症で亡くなりましたよね。このクソ暑い中、なんで昔と同じような外でのイベントやるんだろうと不思議に思うんです。夏の甲子園大会や、その予選もそう。もう真夏にやる時代じゃないですよ。春と秋でいいじゃないですか。夏休みじゃないとダメならもう夏の甲子園は廃止。春だけ大きくやればいい。テニスなどのスポーツも同じ。屋内でできるものなら良いけど、外のコートは禁止にしたほうがいい。ナイターでもいいだろうけど、予選をすべてナイターってのも難しそう。予選だけ夏前に済ませておくとかではダメなのかな。

 東京オリンピックはどうなるんでしょうか。二年後の夏は今年より涼しいんでしょうか。

 熱中症危険注意報なんてのも出ますから、私は極力日中の外出避けてます。リタイアしてるからこそ出来ることですが、外出の必要があるときも体調には気をつけてます。暑い日に出歩くと血糖値が下がり気味になる感じがするんで(リブレのおかげでよくわかる)自販機の微糖コーヒーなんかで水分と糖分の補給を欠かさないように気をつけてます。
 外に出ないで済むなら出ないようにしたほうがいい。現場作業がある職種はほんとうに大変だけど、作業に余裕を持って休み休み出来るように予定を組んで欲しい。
 現役時代は真夏だろうが真冬だろうが外での仕事がありましたから他人事ではないのです。

 みんなが一斉にすべての冷房をやめれば涼しくなるかもしれないけど、絶対無理。自分とこだけちょっと涼しくと思う人がたくさんいるだろうから。なんだか、米国の銃社会問題と似てる気がするw

日本ブログ村
にほんブログ村 病気ブログ 1型糖尿病へ
にほんブログ村