ブログ停滞中

 ブログ更新してから一ヶ月以上過ぎてしまいました。ネタなんていくらでもあります。雑文ですからね。研究成果を発表するわけじゃないし、書こうと思えばいくらでも書くネタはある。

 頭の中で何を書こう、あれを書こう、てな組み立てくらいまではできるんですよ。でもタイピングする気に全然ならないの。

 でも一ヶ月以上も更新無しじゃいくらなんでもなぁと思いつつ、最近のそのやる気のなさをネタにしてちょっとお茶を濁しておこうと思いつきました。って、まあ、書けば書けるんだよなってことにしかならないんだけどw

 昨年5月16日にひどい「めまいと吐き気」を体験しました。
 あれから一年。いちおう平穏無事に毎日を過ごしてますし、人間、のど元過ぎれば熱さを忘れる生物なんでもうめまいのつらさなんかすっかり忘れてますが。

 なんだかここ数日嫌な予感がするんです。まだふわっと来るまでには至らないんですけど、ふわっと来る直前の、もしかしたら?的な感覚。全然めまいとは関係ない単に体調が思わしくないだけかも知れない。体的な体調は全然悪くない。

 まずね、やる気が全然起きない。やる気スイッチって背中の自分の手が届かないところにあるって言われてますけど、手が届かないんじゃなくて存在すら感じない。

 私はパソコン好きです。毎日起きたらまずとにかくパソコン立ち上げる。ネット経由で音楽をかけっぱなしにしてインターネットニュースを読みあさる。朝起きたらって言っても9時半~10時ころですからね。すぐお昼になる。

 昼食食べながらTBSのひるおび中心にザッピング。食事終わったら録画してあるテレビ東京の「昼のアメリカンドラマ」。終わったらまたパソコンってな一日(毎日同じじゃないけど)なんですけど、なんかパソコン起動そのものが億劫になってる。

 横になりたくてしょうがない。眠いわけじゃないんですよ。パソコンいじるのも起きてるのもかったるい。横になりたいだけ。体力が落ちてるってわけでもなくて、とにかく起きてなにか考えつつ行動するってのが億劫。

 まあ、これだけ書けるんですから季節の変化が原因なちょっとしたもんですぐに戻ると思うんですが。

 矛盾してるかもしれないけど、やりたいことと言うかやりたい気持ちはあるのです。アレも書きたいこれも書きたい。宅録も再開したい。ギターも手元に出しておきたい。でもいざそれができるかというと体が動かない。手が出ない。

 ああ、でもこれ書いたら少し気分が変わったような気がする。とにかくなにか「きっかけ」が大事なんでしょう。

 新しいおもちゃを手に入れるってのも動き出すきっかけにはなりそうだけど、散財して変化なかったらもっと落ち込みそうだからそれはしないw

『ブログ停滞中』へのコメント

  1. 名前:オ-ルド爺さん 投稿日:2016/05/31(火) 14:01:47 ID:26b98fd0d 返信

     やる気スイッチですか。脳のどこかにありますね。
    「やる気」も「根気」も「元気」でないとオンしません。拙メがその最中です。「病気」状態から「元の気」状態に戻らないと「やる気」があっても「体力」が無くて「気力」がありません。(-_-;)
     まぁ、そろそろ寿命が尽きかけている「ジジイ」のことですから、他人から見たら当たり前の話ですが。

     「気力」というものは凄いもので「病は気から」という諺はある程度真理です。この言葉は「気」から病になるというより「病は気から治せ」ということだと思います。
     
    「気力」が「ある程度体力を維持する」という実話を読んで感心したことがあります。
    たしか「日本海軍物語」か「日本軍艦物語」という本で(書庫へ行って調べれば正確に判りますが、今のところ、その「気力」がありません)(失笑)
     船が撃沈されて何時間も波間に漂っていた水兵を救助したとき「安心しろ、助かったぞ!」と救助者が声をかけると本人は安心して、そのまま死んでしまう例が多いのだそうです。
     そこでどうするか。経験の知恵ですね。バケツに海水を汲んで甲板に並べておいて、助けた兵(もちろん半死半生状態で甲板に横たわっている)が死にかけるとバケツの海水を頭からぶっかけるのだそうです。そうすると当人はまだ海の中にいると勘違いして「生きようとして意識を取り戻す」とか。そこで「頑張れ!泳げ!国へ帰るんだぞ!」と声をかける。そうして命の間をもたせて軍医の手当を待つそうです。

     バケツの海水が「生命維持のスイッチ」になっているわけで、なにか「これに似たもの」が欲しいですね。
    孫娘が成人したら一緒にビールをのもうとか、夢のあるスイッチがいいですね。しかし、孫メ酒癖が悪そうです(笑)

     

    • 名前:なかの 投稿日:2016/06/01(水) 15:56:34 ID:222ea1477 返信

       私は元々エンジンがかかるのが非常に遅いんですよね。
       遅いというと違うのか。エンジンがかかる条件がシビアとでもいうのか。
       宿題や試験勉強はギリギリまで手をつけないタイプ、かな。ああ、その場合はエンジンがかかったとは言えないか。仕方なくやってるだけだ。

       なもんで、エンジンが止まっちゃって何もする気が起きないのはいままで何度も経験してます。燃料が切れた?
       突然なんかのタイミングでどこからか燃料が充填され、スイッチが入るとそれこそ怒濤の勢いになってうるさいくらいになります。

       飽きるってのとはまたちょっと違います。なにかに飽きるってことはあんまりない。ベクトルが今そっちには向いてないってだけ。

       一般的にはこういうときに「いまは充電中」って言えばいいみたいです(笑)

       生命維持のスイッチは「痛み・苦しみ」とか言われてますね。痛いとか苦しいとか感じてる間はまだ生存の可能性があるとか。生物の基本機能として、このまま放っておくと死んじゃうぞのシグナルで、もうほんとうにダメってなるとシグナルも途絶えて痛くも苦しくもなくなるってどこかで読みました。