第三者のコンテンツ一致(4):解決編(たぶん)

 これまでの経過は
第三者のコンテンツと一致が来た
第三者のコンテンツ一致:その後
第三者のコンテンツ一致(3):その後の後
を見てください。「(3)その後の後」で書いた二回目のコンテンツの一致が来たあとの異議申し立ては再び一回却下されました。

 そこまでは申し立ての理由を選択枝の中から「私のコンテンツ利用は、該当する著作権法に基づくフェアユースまたはフェアディーリングに関する法的要件を満たしています。」を選んでいました。フェアユースの意味をよくわかってなかったんです。許諾の範囲だからこれかなと思いました。フェアユースの意味を調べてみたら、これはちょっと違う。

 今回はJASRACとのやりとりで理論武装できてますから、異議申し立ての理由は選択枝の中から「正当な権利所有者からこのコンテンツを使用するライセンスまたは書面による許可を得ている。」を選びました。

 JASRACとYoutubeのいわゆる「包括契約」というのはYotubeがJASRACに権利があるコンテンツの使用料として全売り上げから一定割合をJASRACに支払うというものです。Youtube側でアップロードされた物を個別に合法的なものかどうか審査するわけではないです。

 YoutubeがJASRACに使用料を支払うためには、合法的(著作権を侵害していない)なコンテンツのアップロードが必要なわけです。したがってアップロードする前に著作権について許諾を得ている必要がある。Youtubeにアップするために個別に申請して個別に承諾するのは物理的に無理でしょうから、この許諾は「JASRACの条件に則っていれば」自動的に得られる物。個別に書面が出るわけではないですが、条件に則っていれば「Youtubeにアップするための(そのためだけの)ライセンスを受けている状態」なわけです。

 そいうわけで「許可を得ている」んだから制限を受ける謂われはないんだと主張してみました。数日過ぎたあと、通知が来ました。今度は単純に却下とか相手の取下ではなく、「(抜粋要旨)その根拠を示す書面を画像で示せ。あるいは根拠を示すURLのリンクを張れ」と言ってきました。ちょっとドキドキしながらJASRACデータベースコードを書き、さらにJASRACへのリンクをいくつか張りました。

 結果として数日経った本日、何事も無かったように相手の申し立ては消えていました。消えた理由の通知もなく、メールも来ませんので、いつクリアになったかはわかりません。管理画面を毎日チェックしてないので。管理画面を見ると「第三者のコンテンツ一致」が消えてるだけです。実にビジネスライクというかGoogleという外国企業らしいというか。余計な手間をかけさせたね、ごめんね、とまで言ってもらうつもりはないですが、痕跡(この経過の履歴)くらい残したってよさそうなもんなのに。

 で、思うんだけど、普通ここまでやらないんじゃないかな(^_^;) どこかであきらめて相手に収益が入る広告をつけた段階で「それくらいだったらいいや、アカウント削除の危険冒して主張するのは...」で終わっちゃうんじゃないでしょうか。
 今回の件で調べまくったら、ちょっとおもしろい記述(Googleのね)を見つけ、想像を絡めるとおもしろそうな話しになるんですけど、長くなるのでまた近いうちにってことで。(近いうちに、の続きはこちら「Youtubeというもの」)

『第三者のコンテンツ一致(4):解決編(たぶん)』へのコメント

  1. 名前:bonbon 投稿日:2014/05/03(土) 01:14:34 ID:29f2bd337 返信

    私も同じ目にあっているので、困って探していたら、このサイトで説明してあるので大変参考になりました。
    私は、警察へ相談したのですが、あなたは容疑者でも犯罪者でもないので、犯罪は起こってない。
    と言われました。なので、相手には
    「私は著作権上正しい権利の曲を使用している」と言いました。
    ですが、あなたが違反だと言い張るのならば、警察へ相談して正式な法に従って下さい法的に解決しましょう」と
    メールでお願いしましたが、全く返事すら返ってきません。

    返信ひとつ無しの申立人なので、やらせ噓なんだろうな。と思います。

    「不当なイジメに遭っているレベル」で精神的に、しんどいです。
    youtubeに問い合わせも電話も繋がらないようになっている仕組みで、
    あれはわざとですか・・・?

    投稿する人にはなぜ、「不当」なんでしょうか?

    youtubeというのが、「広告収益化」するのが目的のサイトなのだから
    youtubeが犯人なんですか・・・・。ならば、イジメやってるだけなんですね・・・。
    広告収入目的。

    もうyoutube使うのやめる事を検討にいれます。「不法」「俺様が規則」な場所にして平気なのが許せない。
    何らかの方法を考えたいです。
    許せないです。ああいうやり方は。でも「無料だから文句いうな。」傲岸不遜すぎる。
    もうちょっとまともな動画掲載出来る会社を見つけます。法律無視しないような・・・。

    • 名前:なかの 投稿日:2014/05/03(土) 11:43:29 ID:99941643c 返信

       Youubeの「第三者のコンテンツと一致」はあくまでもビジネスの範囲であって民事ですから警察は動いてくれないと思いますよ。

      「私は著作権上正しい権利の曲を使用している」

       これは「そうでないと言ってきた相手」に主張すべきことだし、相手はその言い分(反論)を受ける方法を提示してますから、一方的ではないです。実際に、手続きをしたあと強制広告は消えましたしね。

       とにかく警察は「民事不介入」ですからこの件では動かないでしょう。

       Youtubeは日本発祥の企業じゃないですから、日本人の体質に合わないシステムだろうとは思います。阿吽の呼吸とか、空気を読む、察する、などのウェットはなし。ドライにドライに割り切る。とりあえず主張する。相手が飲めば(反論しなければ)主張が通り、反論があってそれに理があれば引き下がる。

       運営側に電話は通じない、というか公開してないですね。Google本体がそうですよ。問い合わせページはあっても、Q&AやらFAQやらのリンクリンクリンクでたらい回しになる仕掛けになってます。一般人は問い合わせメールも電話もできないようです。わざとと言えばわざとでしょうけど、そういう運営をしてる組織なんだ、日本の営利組織とは考えの根っこが違うんだと思うしかないです。

       いじめではないと思いますよ。「そういうビジネスであり、それを承知で無料で(一見)で利用しているだけ」です。それこそ「いやなら使わない」だけってことです。無料だから文句言うな、もちょっと違う。広告で利益を稼ぐGoogleとしてのビジネスモデルです。そういうシステムなんだとわかって利用する。か、しないか。利用の強制もないわけだしね。

       ただ、利用する側として選択枝がすくないんですよね。ニコニコも視野にいれたんですが、私のような年寄りの下手なオールディーズカバーは居所がなさそうだった。DTMで宅録したりしてる人はメインがオリジナルみたいだし、カバーの人はみなうますぎ(^_^;) やはり底辺の大きなYoutubeが居心地よさそう。いまのところはね。

       それと、彼らは「法律は無視してない」です。JASRACと包括契約して著作物使用料をきちんと払っているのもその一例。とにかく「Googleが無料で使うことを前提に公開しているサービスはすべてその上に出す広告が目的」だという大前提を理解しないと腹が立つだけ損です。

       それと、「JASRAC管理曲を音源からすべて自作したカバー」が許容範囲なのですが、そのルールに則ってるかどうかは機械的判断はどうも難しいようです。オリジナルの音と異なるところまではわかっても、使われている音源がすべて自前かどうかまでは無理。ですよね? だから判断ツールで「第三者のコンテンツと一致」の結果でたら、とりあえず強制広告をつける。あとでその「第三者(曲の作詞作曲者とは限らない、音源に権利がある人もいるかも)」からクレームが来たときの支払い分を確保しておく。投稿者からすべて自前、自演だと反論が来てから「ほんとうにそうか」を審理する。この部分、自動じゃなくて人の手が入ってる(人間が審査)してるようです。

       ってところだと思います。「Youtubeというもの」にも書きましたが、Googleはすべての訴訟に耐えられるようなやりかたをしてるはずです。

  2. 名前:star 投稿日:2015/04/02(木) 03:54:54 ID:8a7f66b2b 返信

    BMG_Rights_Management、ムチャクチャな団体ですよね、ほんとに。私も明らかにJASRAC管理楽曲で独自演奏でカバーして投稿したのですがBMG_Rights_Managementがゴチャゴチャ言ってきて、私の場合、2回抗議手も突き返してきて、削除されましたよ。悔しいいいい!
    権利泥棒ですよ!この団体。YouTubeの仕組みもおかしいですよね。あまりにも言ったもん勝ちじゃないですか。自分の所在も明かさずに(こっちは晒して)ダダこねてれば最終的には運営に削除までさせられるんだから。
    ホントに悔しい

    • 名前:なかの 投稿日:2015/04/02(木) 15:35:18 ID:13498c116 返信

       異議の申し立てをしたのに削除されてしまったということは「JASRAC管理曲を自演している」ということが伝わらなかったってことだと思うのですが、JASRACの作品コードも書き添えました?

       Google(Youtube)は民間の営利企業ですから、争いに巻き込まれないように自衛してます。疑わしきは罰せずではありません。合法だと確証を得なければ削除してしまうのは仕方ないように思います。同じ理由でむちゃくちゃな団体の言いなりになってる可能性はものすごく低いです。どちらから訴訟を起こされても板挟みになって困りますから。

       アレンジにも著作権があるので、楽曲に問題無かったとしても、もしかしたらJASRACに委託されていないアーティストの完コピは危ないのかもしれません。

  3. 名前:詐欺奨励 投稿日:2018/02/24(土) 16:00:28 ID:df411a130 返信

    BMG_Rights_Managementの著作物を無断使用していると再審請求は拒否、動画は強制削除の対象になりました。
    再審請求には、JASRAC 管理CODE、作曲者の氏名、ミュージシャンの氏名、使用楽譜の出版社、ピアノ編曲の採譜者、ここまで書いてもBMG_Rights_Managementは、自分の著作物を使っていると主張します。最初から広告詐欺を目的としている詐欺団体に正論は全く通じません。
    ところが、詐欺団体の主張する著作物のISBN CODEをYouTubeへ質問すると非公開と逃げます。これって怪し過ぎるのでは !!

    • 名前:なかの 投稿日:2018/02/24(土) 22:36:20 ID:73f16d452 返信

      宅録から遠ざかっちゃってるので最近の事情をわかってないんですが、なにか変わったんでしょうか?
      Googleはどちらからも訴えられたくないはずなので、詐欺に荷担してるってことはないはずです。
      とにかく最近はここらのことを調べてないのでアドバイスなどはできません。ごめんなさい。