「第三者のコンテンツと一致」が来た。

 「悲しき街角」をYoutubeにアップしたら久しぶりに「第三者のコンテンツと一致」の警告が来ました。最初にアップしたときは何もこなかったんですけど、音割れに気がついて翌日一度削除し、再度登録しなおしたら速攻で警告が来ました。最初のにはなんで警告が来なかったんだろう。

 今回は架空の団体ではなく、「BMG_Rights_Management」なる、どうやら正当な法人らしい。そこの「アーティストや団体」にはデル・シャノンも含まれてる。でも世界的規模にしてはえらく少ないな。

でもね、私のアップロードはJasracの「JASRAC管理楽曲が含まれた動画をニコニコ動画やYouTubeなどの動画投稿(共有)サイトにアップロードする場合の注意事項について、以下のフローチャートでご確認ください。」にあるとおりの条件は満たしてる。フローチャートや下の方にある「ご利用上の注意」にある「利用できる音源」も問題ない。全部自演ですからね。

 つまり違法なことはしてないし、文句を言われる筋はないんです。

 さっそくいつものようにその旨を明記して異議の申し立てをしました。いつもはそれで終わり。一件落着なんですけど、今回は却下されてしまいました。却下されて再度「第三者のコンテンツと一致」警告が出て「申し立てが復活しました」となってます。

 ちょっと怖くなって冷静に検討してみました。

 「悲しき街角」(に限らず毎回ですが)はJasracのデータベースで確認してますので、問題はないはずだし、警告が出ても「動画は利用、再生できる状態です。」ってなってるし、アカウントに×マークもついてないのでとりあえずしばらく様子をみます。広告が入るみたいなのがシャクだけど、理論武装出来ないままYoutube(Google)に異議申し立てをするのは怖い。Googleは広告を見てくれるグーグルを使うだけのユーザーにはやさしいけど、参加型のユーザーには容赦ないですからね。

 でもなあ、国内で問題ないならその外国の団体がつける広告を受け入れる筋はないと思うんだけど。JASRACに質問してみよう。Youtube(Google)って問い合わせが出来ないんですよ。FAQのたらい回ししかない。問い合わせ窓口がありません。黙って広告をつけさせろってことでおしまいですね。場をYoutubeからニコニコとか他の共有サイトに変えるのも考えないといけないかな。どこにアップロードしても著作権に関しては同じなんだけど、少なくとも日本人が運営してる場所なら問い合わせを出せそうだから。