最近はまってる歌手「Leann Rimes(リアンライムス)」

 私はオールディーズも好きだけど、やっぱりカントリーも好きなんだなぁと思い知った。久しぶりの書き込みなので文字少なめでごめんね(笑)

 まずこれ聞いてください。

 軽いカントリーヨーデル。なんとこの曲、13歳でのデビュー曲だって。

 デビューが早いから、まだ30歳なんだよね。Wiki 参照

 もう一曲紹介しておこうかな。

 アマゾンで安かったのでポチっとしました。デビューCDが送料入れて600円ちょっとだった。海外版ですけどね。


『最近はまってる歌手「Leann Rimes(リアンライムス)」』へのコメント

  1. 名前:オ-ルド爺さん 投稿日:2012/11/30(金) 13:13:44 ID:c010c27c5 返信

    なるほど、良い歌い手さんですね。それにしても新人(?)発掘が巧いですね。拙などは相変わらずメリ-・フォ-ドですから(苦笑)
     ところで、日本の西部音楽、またまた旧い言い方ですが、軽音楽と云っていたころはそうでしたよ。そのうちウェスタン・ミュ-ジックにかわり、カントリ-と呼ぶようになったのはいつ頃からでしょうか。
     日本人は「新文明」の取り込みがヤケに早い人種で、戦前からジャズ、タンゴ、シャンソン、ハワイァン、ラテン・・総てありましたが「カントリ-」はどうだったのでしょうか。
     (株)オ-マガトキという会社があって戦前のSPレコ-ドの復刻版をCDで出しており、3枚組程度でボックスになっています。昭和5年頃のものもあり懐かしいものがジャンルあれこれ色々あります。
     しかし、ウエスタンはまったく見あたりません。勿論、見落としている可能性はありますが・・・。
    日本の西部音楽の夜明けは何時だったのか。通の方は知ってるのでしょうけど、当方は浅学の極みで。
     メ-ルで教えて頂いた方法でテスト書き込みですので、続きはまた。

    • 名前:なかの 投稿日:2012/12/01(土) 09:29:49 ID:accc198a2 返信

       ウェスタンという表現は、カントリーミュージックの中の一ジャンル、というかジャンルでもない演奏時のスタイルのことみたいです。

       カントリーミュージックは元々「西部の音楽」ではなくて、北米大陸の地図をGoogleなどで見ると、かなり右によったところの北東から南西にかけて「アパラチア山脈」ってのがありますよね。これの右側、えらく狭いのが東部、左側の広大な部分が西部なわけです。

       ヨーロッパから渡ってきて住み着いた東部から、山脈を越えて西部へ開拓しつつ進む。いわゆる「Go! West!」の時代。西部開拓史とか言うんでしたっけ。
       ヨーロッパから持ってきた楽器のうち手軽に持ち運べる楽器、ギター、フィドル(バイオリン)、マウスハープ(ハーモニカ)、マンドリンなどを主体に最初のアパラチア山脈あたりで発展したのが「マウンテン」とか「ヒルビリー」。文字通り、山とか丘の住民の音楽。ブルーグラスなんてのもありまして、とにかくカウボーイ発祥の音楽じゃなくて、どちらかと言えば農民の音楽です。強いて言えば、カウボーイを題材にした歌がカントリーの中の「ウェスタン」かもしれません。

       もちろん、人に着いて音楽も西部に流れていくわけですから、カウボーイもカントリーは演奏するわけですが、西部劇の映画やミュージカルのヒットとともにテンガロンハットとカウボーイブーツの「ウエスタンスタイル」が一つの定番になり、そしてまたそれが派手で華麗でステージ映えするってことで「ウエスタンスタイルで演奏するカントリー」になっていったそうです。

       日本でカントリー全般を「ウェスタン」と呼んでいたのは、そうなった以降に日本に入ってきたということかもしれませんね。それ以前(戦前?)にはマニアくらいしか聞かなかったのかも。

       ああ、そういえば「ウェスタンカーニバル」なんてのでロカビリーもカントリーもポップスも全部一緒くたにやってましたっけ。ジャズやクラシック、シャンソン、ハワイアンなどの既知のもの以外の米兵が持ち込んだ音楽は全部まとめて西洋軽音楽、「欧米か!」のノリで「ウェスタン」だったのか?(笑)

       SP盤時代の復刻版が出ないのは需要がないってのもありそうですね。戦前のカントリーだと、私はカーターファミリーくらいしか知りません。それ以降だと、スリーハンクとかパッツィー・クラインあたりの有名どころをかろうじて知ってるくらい。1960年代ですね。でもスリーハンクのうち、スノウとウィリアムズはとっさに出るけど、もう一人がトンプソンだってのが調べないと思い出せない程度のにわかファンです。

      以下余談です。ここまでも余談みたいなもんだけど(笑)

       GoogleMAPとかで北米の地図見るとおもしろいですよ。カントリーミュージックの聖地「ナッシュビル(テネシー)」は西部の入り口(東部から見て)、アパラチア山脈のすぐ左にあるんだな、とか。カントリーロードで歌われてる地名、ウェストヴァージニアとかブルーリッジマウンテン、シェナンドーリバーはここらなのか、とか。

       例によって詳しく調べてません(^_^;) 記憶違いやら嘘八百やら書いてるかもしれませんので、鵜呑みにしないでくださいね(笑)

  2. 名前:オ-ルド爺さん 投稿日:2012/12/04(火) 15:50:06 ID:22d3b5900 返信

    ***「ヨ-ロッパから渡ってきて住み着いた東部から」***
    というくだりで、亜米利加東部へわたってきた人々の悲劇を描いた「天国の門」という映画を思い出しました。監督はあの「ディア・ハンタ-」を撮ったマイケル・チミノで、ある種の怨念を持って撮った映画のようです。
     この映画は「東部劇」というべきもので、現在のアメリカ人としては目をそむける開拓暗黒史です。案の定映画は大変な不評で製作した会社は破産したとか。
     拙メが見た印象は「秀作」でしたが、世間の反感は厳しかったようです。
    この映画に東欧の移民が持ち込んだ「あれこれ」がありました。彼らは貧しかった生まれ故郷の唄を祖国の歌として歌っていた訳ですから、カントリ-とは新大陸では無く、祖国のことだったのかもしれません。世代が変わり新大陸が祖国になればカントリ-ソングはその土地の歌になっていったのでしょう。
    ところで、日本の西部音楽の夜明けですが、終戦後、進駐軍放送で午後4時から4オクロック・ジャンボリ-とかいう番組を流していました。中学生の頃ですから昭和23年から24年頃です。今でもテ-マ音楽は覚えていますが曲名は判りませ
    ん。
     昭和25年前後にウエスタン・ランブラ-ズというバンドが流行り、拙も何枚かレコ-ドを買いました。残念ながらこのレコ-ドは昭和42年に今の自宅に引っ越しのとき、トラックの荷台からケ-スごと盗まれ他の貴重なレコ-ドもすべて失いました。
     さて、20年ほど前、ビクタ-からでた「戦後のジャズポピュ-ラ-史」という8枚組のボックスを求めたところ、その1枚に当時のウエスタンがあり、盗まれたSPの曲が総てが入っていました。当時数回聞いて、そのまましまい込んであるのを思い出して、先日取り出してみたところ「油井幸太郎」という人の解説パンフがありました。それによると「日本にウエスタン・ミュ-ジックが入ってきたのは、戦後間もなくコカコ-ラ-と共にアメリカ進駐軍が持ち込んだもの」とあります。
     その頃はウェスタンを熱心に聞いていました。とくにチャツク・ワゴン・ボ-イズは好きで生でよく聞きました。それにワゴン・マスタ-ズでしたか、小坂一也の
    デビュ-したステ-ジも見ています。  
     そのあと、ワイアンに走ったので、あとの事情はまったく知らないのです。
     前述の資料によると、チャック・ワゴンから平尾昌晃、ウィリ-沖山、中島そのみ、寺本圭一などが輩出したとあります。
     空襲の焼け跡からようやく立ち上がった頃ですがジャズもカントリ-もワイアンも良い時代でした。
     

    • 名前:なかの 投稿日:2012/12/05(水) 22:05:22 ID:9f7842a1e 返信

       やはり「ウェスタン」は戦後の米軍が持ち込んだってことですね。

       ウェスタン=カントリー、としちゃうと、レスポールやらメリーフォードやらの位置づけに困りません?(笑) 彼らをジャンル分けするとすればカントリーだと思うんですけど、決してウェスタンじゃないですよね。

       普通のAM放送も当然聴いてましたけど、極東放送、FEN(Far East Network)をかけてる時間の方が長かったと思います。は小学校高学年から高校時代までずっと聴いてました。番組名も曲名もわからず、ただひたすら流してるだけ。グランドオールオープリーだけは番組名がわかったので記憶に残ってます。野球やアメラグのシーズンになって中継が始まるとがっかりしたもんです。英語のスポーツ中継聴いたってどうにもならない。ニュースの時間は「わからないけどかっこいいなぁ」と思ってBGMの一種として流しっぱなし。ラジオから流れる英語のニュース、ほんとかっこよかったです。

  3. 名前:東海林 隆 投稿日:2014/03/18(火) 23:07:55 ID:8f2ee87ed 返信

    66歳の爺です、私もカントリーとオールデイズが大好きです、毎日聞いてます。
    まだパソコンがうまく使えません。
    レコード、テープ、CDそしてYouTubeです。

    • 名前:なかの 投稿日:2014/03/19(水) 17:31:18 ID:948373a64 返信

      いらっしゃいませ。年代的にはほぼ同世代ですね。東海林さんが団塊の世代まっただ中。私は団塊の世代の尻尾w

      最近はあまり音楽方面の記事は書いてませんが、そろそろそっち方面に向かいそうな気がします(笑)

      パソコンは慣れもありますので、使いこなそうと難しく考えずに、適当にやってればそのうちなんとかなります。

      Youtubeは最近広告がしつこくて辟易してまして、誰かの何かを聞きたいというときは仕方ないですけど、そうじゃないときはオールディーズやカントリーはインターネットラジオで聞いてます。

      右側サイドバーメニューにリンクとしてインターネットラジオ局を載せておきました。試しに聴いてみてください。Youtubeよりはるかに高音質だし、途中で広告にジャマされないので快適ですw

      オールディーズのインターネットラジオは
      96k Streamクリック→click hereをクリック→Click on your favorite media player’s logoの右側アイコンから真ん中の[MediaPlayer]をクリック。
      playlist.asx がダウンロードされるので、以降はそれを実行することで延々とオールディーズが再生されます。

      カントリーは
      Tune in をクリック→BROADBAND 128 kb/sの下のアイコンからMediaPlayerをクリック。
      128stream.asxがダウンロードされます。以降はそれを実行することでカントリーが延々と再生されます。