ちょっとした失敗談

 どうってことのない話しなんですが、たまには何か書かないと(笑)

 定期的に服用する薬って、もう飲んだかまだ飲んでないのかわからなくなって困ることありますよね。一番忘れないのは「一日三回毎食前」ってやつかな。食前ってのはまず忘れない。インスリンがこのタイプ。インスリンの効き目のピークと食後の血糖値上昇のピークを考えるとほんとは食後すぐのほうが良さそうなんだけど、試してみたらこれは危ない。私の場合、食事してインスリン打たないと自殺行為になるのに(計算上、普通に食事してインスリンなしだと血糖値が500を越えてしまうはず)、そしてそんな危険を重々承知してるにもかかわらず、食後かなりたってから「あ!インスリンまだ打ってない」と気がつくことがなんどかあったんで、セオリーどおり食前打ちに戻しました。食事の直前というタイミングに何かする設定というのはまず忘れないです。

 食事に関係なく定期的に服用する薬。治療のための薬ならたまに忘れても問題ないとは思うんですけど、性格上そういうのできません。指示されたとおりにきちんと服用しないと、後日の診断で薬が効いてるのか効いてないのか医者が判断しにくいじゃないですか。そういう薬はピルケースにきちんと仕分けして入れておき、飲んだか飲んでないかわかるようにしてある。

 やっと本題(笑)

 私、睡眠障害があって医者に睡眠導入剤出してもらってます。で、医者が処方箋書かないと買えない薬だからけっこう効くんです。
 でも、場合によっては効かないこともある。飲み忘れると困る薬じゃないからピルケースには入れてない。床についてから「寝られちゃえば」薬を飲んだか飲まなかったなんて関係ないわけですからね。飲み忘れて困る薬ではない。困るのは寝られないとき。数時間寝付けないならもう一度飲めばいいんだけど、一時間くらい経って寝付けないとき。さあ、今日は薬飲んだのか、飲み忘れたのか。無意識に飲んじゃってると思い出せません。

 その「思い出せない」のを防ぐために自分なりのルールを定めてます。コーヒー(超薄いアメリカン)を常飲してまして、常にマグカップが机の上にあります。寝る前にそのマグカップを台所に戻し、そのときに睡眠薬を飲む。机にマグカップが残っていたらまだ飲んでない。とわかるようにしてるわけです。

 つい先日。ちょい複雑かつ急ぎの仕事があって数日がんばったあと、とある日の夕方4時頃オンライン申請までこぎつけホッと一段落したと思ってください。コーヒーをおかわりしようとマグカップを持って台所へ。よほどホッとして気が抜けてたんでしょうね。マグカップを持って台所に行くという動作で引き起こされたんだと思うんですが、睡眠薬を飲んじゃったんです。

 飲んだ瞬間、「あ、しまった」と思ったんですが、眠くなるだけだし、飲んでも眠れないときだってあるんだから二時間もすれば眠気も覚めるだろうと、そのまま仕事の片づけとデータ整理をしつつ、眠いなぁと時計を見たのが16:30だったです。

 そのあと「夕飯はどうするの?」という声で目覚めたとき、自分のベッドじゃないところで布団かぶって寝てました。19時でした。あら?っと思って聞いたら17時頃、眠いって言ってごろっと横になってすぐに寝ちゃったんで布団かけたと。16:30から、眠いと発し、ごろっと横になるまでの17時まで約30分。記憶がまったくありません。仕事はちゃんと片付けてあったし、パソコンの電源も落として自室の電気も消してあった。やることはやってる。私、よく聞くところの「飲み過ぎて記憶がない」とかも含めて記憶が無いって初めての経験です。ああ、手術の時の全身麻酔で経験はしてるな、あれもすごい経験だった。「はい深く吸って..1..2..3...」くらいで意識を失って気がついたら6時間後でベッドの上だった。寝てる間は記憶がないのは当たり前なんだけど、普通は寝付くまでを意識しませんものね。ものすごく不思議な感じがします。

 知らないあいだに仕事が片付いてるって、なんか嬉しいような気がしないでもないけど、怖い話しですよね。外出などしないでよかった。あ~、でも外出したりしてたら緊張もあるし突然寝ちゃうなんてないのかもしれませんけどね。とにかく以後気をつけます。