想い出のグリーングラス、歌いました

 英題は長いですね。The Green Green Grass Of Home です。

 酔った勢いで弾き語り一発録りしてみたものの、テンポが一定じゃなくて後付けでのMIDIのバッキングが乗りませんでした。どんどん走っちゃうとかじゃなくて、全体としてはつじつまはあってるんだけど、部分的に早かったり遅かったり。歌として聞く分には言われてもわからない程度だと思うんだけど、MIDIの機械的なテンポと合わない。

 仕方ないんで、先にドラムをごく単純に一小節作って全部コピーしてメトロノーム代わりに。つまりリズムボックス代わりにしてギターと歌をやりなおし。ちなみにシラフです(笑)テンポも若干遅くしました。トムジョーンズ他、プロのはさらにもう少し遅いです。

 実はそこまででかなり飽きちゃった(^_^;)

 いまさら説明するまでもないけど、私の目的はDTMじゃなくて、単に歌いたいだけなんですよね。MIDIで歌のバッキングを作ろうとしてるだけ。だから先に歌っちゃうとそれだけでかなりの部分は満足しちゃって、そのあとバッキング作るモチベが続かないです。
 でもまあ、乗りかかった船だしせっかくここまでやったんだからとベースを入れてピアノを入れて。どちらもかなり適当なところで妥協です。ドラムもリズムマシン代わりに入れたのをそのままです。

 テンポと言えば、メトロノームも鳴らしていたんだけど、あれって思いっきり単純に、ピッピッピッと鳴ってるだけだから、歌にのめり込んじゃうと聞こえているんだけど聞いてない状態になっちゃうみたい。同じように単純でもドラムになると一応テンポだけじゃなくてリズムもあるんで外さないでいられる感じかな。

 次回からはバッキングを先に作り、それをバックに歌うなり弾き語りするなりし、最後に全体的な手直しをするという基本に戻ります。弾き語り一発録音のままでいいじゃないかって言われると、まあそれはそうなんですが。ベースくらいは入れたい。ベースが入ってるのと入ってないのとじゃ感じが全然違いますからね。


関連すると思われる投稿