60年代ポップス:その2

 ポップスはアメリカンなものだけじゃないんで、それらも混ぜて「その2」です。記憶に残ってる物をカタカナのアーティスト名やかすかに覚えてる邦題から検索してさがし、さらにそれらを見てからアルファベットで再検索したりして集めました。

 全部実際に聴いていてた曲です。思い出せた曲だけね。もちろんもっとたくさんあるけどきりがない(笑) オールディーズ関連でもういくつめだろう。まだまだ重複しないですね。

 邦題とカタカナのアーティスト名を並べておきますね。

恋の特効薬(サーチャーズ・イギリス)
ダウンタウン(ペトラクラーク・イギリス)
夢見る想い(ジリオラチンクエッティ・イタリア)
雨(ジリオラチンクエッティ・イタリア)
内気なジョニー(ジョニーソマーズ・アメリカ)
踊ろよベイビー(デルシャノン・アメリカ)
星をつかもう(テリースタッフォード・アメリカ)
レツゲツギャザー(ヘイリーミルズ・アメリカ)
悲しき少年兵(ジョニーディアフィールド・アメリカ)
ほほにかかる涙(ボビーソロ・イタリア)
ヘイポーラ(ポールとポーラ・アメリカ)
コングラチュレイション(クリフリチャード・イギリス)

 この中で、一番想い出深いのは「レツゲツギャザー」。自分の意思で初めて覚えた英語の歌なんです。中学一年のとき。英語の歌詞を読んだわけじゃなくて100%耳コピです(笑) ドーナツ盤を何度も何度も少しずつ針を行きつ戻りつさせて、「レツゲツギャザー イエイエイエー ワルチアアイコンバイン~ レツゲツギャザー ワドュウセィ~」とかカタカナで紙に書いて覚えました。でもその後歌うことはなかったんで、出だしの部分しか思い出せませんでした。

 次に覚えたのは前に「オールディーズなどいかがでしょう」にも入れたし自分でも歌ってみた、ジョージマハリスの「ルート66」。これは大人になって飲み歩き始めたあとも歌ってたので歌詞はほぼ覚えてます。完全にじゃないとこが悲しいけど。覚えたのはジョージマハリスのポップスなんだけど、カラオケだと飲み歩いてた当時はナットキングコールの4ビートジャズのしかなくて、歌うときのメロディラインがごっちゃになってしまいました。

 あと、今回検索して初めて知ったんですが、悲しき少年兵は日本だけでのヒットだったんですね。知りませんでした。良い歌なのにな。なんでアメリカじゃヒットしなかったんだろう。あまりにもストレートだからか?

『60年代ポップス:その2』へのコメント

  1. 名前:クロムジナ 投稿日:2010/09/04(土) 07:21:37 ID:f62f4d8fd 返信

    ヘイリー・ミルズ、 良いですね。 私は彼女を映画で ファンになりました。

    「レツゲツギャザー」は「罠にかかったパパとママ」の挿入歌。
    雑誌の附録のソノシート版で、何回も聴きました。 古い話だなぁ。

    • 名前:なかの 投稿日:2010/09/04(土) 15:36:57 ID:15e3635a2 返信

      あ、ドーナツ盤じゃなくてソノシートだったような気がしてきました。私は映画も見た記憶ないし、テレビドラマも日本ではなかったですよね。歌がヒットしたわけでもないからレコードを買ってくるってなさそうですね。