ギター関連の小物をいくつか買いました


 まずはチューナー。ずっと音叉でチューニングしてたんですけど、初めてナイロン弦張ったらめげました。スチール弦だと張ったあと数時間もすれば安定してきます。数回音合わせするだけで済むし、普段は六本の弦の相対的な音が合ってれば気にならないので、毎回音叉を使うわけでもない。弦と弦の相対チューニングでなんとかなる。
 ナイロン弦だとそうはいかないんですね。2~3日は合わせても合わせても狂ってくる。最初のウチは10分くらい弾いてる最中にもう音がバラバラ。4日目くらいから安定はしてきたんですが、一日一回は音叉で基音を確かめないとだめ。一週間もたてば張りっぱなしで良いだけ楽かもしれないんだけどね。ってなわけでうんと安い電子チューナーを買いました。付加機能がなにもないチューニングだけのもので KORG AW-2、オンラインショップの最安値で約1300円(送料別)でした。アマゾンなら送料込みで約1600円。これで手持ちの音叉の周波数を確かめてみました。440のところで針がぴたりと止まります。まったく狂っていません。最安値の電子チューナーですけど、チューニングってことならまったく問題ない品物でした。

 弦は結局一週間も経たないうちにスチール弦に戻しました。スチール弦用のアコギにナイロン弦はダメって言われるけど、音の点では別に気にならなかったし(囁くようにしか弾いてないので音の張りとか伸びとか気にならない)、こういう音も良いなと思ったんですが、スチール弦で最適な弦高に合わせてサドルを削っちゃったんで、ナイロン弦だと1~3弦がフレットに接近しすぎてうまくない。低フレットを押さえたとき、ちょっと強く弾くと他のフレットに弦が触れちゃって音がミュートされちゃう。ちなみに、私は「エクストラライト」という根性のない弦を使ってまして、太さは一弦で 0.01インチ(0.25mm)ですが、ナイロン弦だと一弦の太さは 0.028インチとか書いてあります。三倍近い太さですね。スチール弦とナイロン弦でサドルを使い分けないとだめみたいです。そのうち削っておこうと予備のサドルを二つ買いました。一つ600円(送料別)。アマゾンなら送料込みですけど少し高い。バラ(単品)で買うならアマゾンの方が安いね。


 マイクのホルダーが見つからず、ビニール紐で縛り付けたんですが、やはり向きを変えられないのは不都合なので、ホルダを二つ買いました。一つ300円。
 ついでにマイクスタンドもあったほうがいいかと、ブームスタンドの一番安いやつを一本。1800円という驚きの安値だった。普段はブームを外して直立マイクスタンドで使う。想定外だったのは、ソニーのステレオアームにつけるためにホルダーを二個買ったのに、ホルダーのネジサイズが合わなくてステレオアームにつけられなかったこと。ホルダーの説明によれば、ネジのサイズは「5/8インチ」「3/8インチ」のどちらかで、どちらもアダプターにより対応となってたのでだいじょぶだと思ったんですが。マイクスタンドではなく、40年前のマイクの付属品ですからね。そういう普通の規格とは違うみたいです。仕方ないのでマイク一本だけ使うことにしました。ステレオで録る意味ないし、これでかまわない(笑) 調べたところPF1/2なるアダプターを使えばいいらしいけど、いまんとこはパスしておきます。


 あと、サムピックとかペグ回し(弦を張り替えるときに糸巻きをくるくる回す器具)など、数百円のものをいくつか。

 全部同じオンラインショップで購入。小物ってオンラインだと安いなと思っても送料かかってがっかりしちゃうけど、必要なものをまとめて買えば送料が一つ分になってお得です。別々に買うときはさがしまくって一番安い店、しかも楽天かyahooでポイントがたまるとこにするんですけど、小物が複数になるとそれぞれ最安値の店が違うんですよね。安い小物なんだから、違ってもたいした金額じゃないし、ポイントがつかない店の方が小物は全般的に安いことを再認識しました。なお、アマゾンは送料がないので、数千円以上のものだと割安感がありますけど数百円のものだと割高になってしまいます。小物をまとめて買うなら送料有りの一店舗でまとめて買うのが一番安そうです。

『ギター関連の小物をいくつか買いました』へのコメント

  1. 名前:オ-ルド爺さん 投稿日:2010/09/15(水) 14:35:03 ID:31f2f4ade 返信

    電子チュ-ナ-は便利ですね。耳でチュ-ニングすると20セントぐらい狂いますが、メータ-だとばっちり。ウクレレ、ギタレレ専用のを使っていましたが、最近娘が全音対応のを買ったので今はそれを使っています。A6チュ-ニングはC♯とF♯があるので有り難いです。ナイロン弦は落ちつくまで1週間はかかります。特に1日の温度の変化が激しい季節はダメです。ギタ-再開は楽しみですね。またあれこれ教えてください。

    • 名前:なかの 投稿日:2010/09/15(水) 21:08:51 ID:35f764b8d 返信

      電子チューナー、ほんとに良いですね。いままでは音叉で五弦を調弦。あとは相対的にそこから調弦してって、最後に一弦を六弦と合わせ、一弦から逆に合わせていって....
      そんなのを数回繰り返してました。
      音の微妙な違いは「うねり」で判断してました。耳にだけ頼る自信なかったから(^_^;)
      それでも相対合わせだと一弦と六弦の二オクターブ差がなかなかきちんと合わせにくい。

      私が買ったチューナーはたぶん市場最安値の1300円。だけど、チューナーとしてはかなり高機能です。入力はマイクとピエゾどちらもできるし、A0(27.50Hz)~C8(4186Hz)まで対応してる。「何にチューニングする」ってやりかたじゃなくて、入ってきた音をチェックして測定して表示。測定精度は±1セント。弦を張って、たとえば六弦をDくらいのところから測定しつつペグを回していくと最初はDが真ん中にあって音が上がっていくとだんだん針が右に移動、なお上げていくと表示がE♭に変わって針が左に。上げていって針が右端までいくとEの表示に。という案配です。好きな音にチューニングできます。もう音叉使用の相対チューニングには戻れません。