不整脈のその後

 ゴールデンウィーク直前に心臓カテーテル検査を受けまして、その場でのアブレーション(焼杓)ができず、当面は薬を服用しつつ定期的に診察を受けて様子を見ることになったのですが。

 その薬、「メインテート」なるものが主に高血圧治療に使われる、つまり血圧を下げる薬なんですね。心臓を休める=血圧を下げることらしい。
メインテートの説明

 その説明だと糖尿病云々とありますが、私はそこらは関係ありません。そこでいうところの糖尿病とは2型糖尿病のことです。

 それはともかく、この薬、よく効きます。心臓のドキドキ感はほとんどなくなりました。なんだかとても楽です。

 が、しかし(笑) なんどか書きましたが私は低血圧なんです。なんかの拍子で上が60くらいまで落ちると数時間動けなくなることもあるくらいの低血圧。まあ、そこまでは滅多に下がりませんけどね。上80くらいまでなら普通に動けます(ちとだるさは感じるけど)。70まで下がると、動けはしますけど、やばいって気になってきます。

血圧グラフ
 低血圧の人が血圧下げる薬飲むとどうなるか。心臓カテーテル検査を受けることに決まった4月中旬から血圧を記録してありますのでみてください。メインテートは4月29日から服用を始めてます。

 グラフ部分の140と90にラインがあるのは、「上と下がその範囲に収まっていれば正常」という意味です。普通は「血圧の管理」といったら高血圧のことしか考えないです。

 グラフを見れば一目瞭然。薬を飲む前と飲んでる最中と上下で10は違います。脈もかなり遅くなる。数値は平均値しか出てませんけど、5月中の「上の最低記録」は75で「下の最低記録」は42です。脈も普段は70前後だったのが、50~60くらいに落ちてます。

 あまりにも低すぎるので6月7日の診察で、この薬はやめることになりました。8日から服用してません。グラフでもその日を境に上下が上がってます。血圧は良いんですが、脈拍数も少し上がり気味かつ動悸も再び気になるようになってしまいました。ということは、不整脈の心配も出てくるってことかもしれないのが気になります。

 薬の影響が切れるのに10日くらいかかるってことで、影響が切れた頃の21日からまた24時間心電計「ホルター」ってのをやることになってます。数値には出てこなくても影響が切れるにはそれなりの日数かかるのかも知れないですね。

 この暑さの中、ホルター心電計取り付けて電極は汗で剥がれたりしないんだろうか。それと汗でかゆくなったりしたらイヤ。どうなるんだろか。それがいまから気になってます。