Gllgle Adsens(広告)の不思議

 先日からこのブログにも GoogleAdsense の広告ガジェット(ブログパーツ)をつけています。サイドバー右上です。

 アマゾンとかの普通の広告ガジェットだと、「どの商品を広告するのか」は自分で決めて、自分ならこれ買うぞとか、このサイトに来る人はこんなものを買うかも知れないな、とか考えて無数の商品から選んで貼り付ける。

 ところが、GoogleAdsense は設置者が自分で広告を選んで出すのではないのです。Google と言えばキーワード検索ですよね。サイトの中をクロールして仕分けするのは得意中の得意技。Adsense のガジェットに出てくる広告は「1:そのサイトの内容に応じたもの」「2:検索サイトから何らかのキーワードで入ってきた場合はそのキーワードに関連したもの」が自動的に出てきます。ちょうどいいのが無かったときは公共広告機構の広告が出る。

 ポリシーの問題で、出て欲しくない広告ってのもありますよね。そういうのは選択されないように設定ができます。ちなみに、うちんちでは「ウィルスバスターの広告」は出ません(笑)記事で非難しておいて広告なんか出したらシャレにならんですもんね。あと、なんだかオカルト的な、宗教ではないんですが「信ずる者は救われる」みたいな広告も最初何度か出てたので拒否リストにいれました。これはたぶん以前の記事、 時間の感覚 あたりに関連してるんだと思う。

 だから、まったく同じように設置しても、私のところと息子のところ(Masatomo Nakano Blog Web開発を極める :WEB 開発の上流部分に興味ある人は見てあげてね。役に立つと思うよ) では違う広告がでる。

 という理屈なのはよくわかっているのです。が、疑問というか不思議というか。このブログのトップページに出る広告、「腰痛関連」から脱出できません。設置した当初はたしか腰痛の話もトップページに残ってましたから、それに反応してこれなんだろうなと思ってました。記事の各タイトルをクリックして個別のページに進めば「そのページに反応した広告(音楽系なら音楽系の、セキュリティ系ならセキュリティ系の広告)」が出ますので、設置方法は間違ってないはず。けど、トップページのはいつでも「腰痛関連」。

 だいたいにして、腰痛のこと書いたのって、たった一回なんですよ。しかもいまはトップページ内にはないです。なのに、腰痛関連から離れられないって、腰痛の呪縛なのか? やだな、腰痛の呪縛。

 それともトップページとかは関係なくて、サイト全体の内容から評価されて「このブログの方向は腰痛問題」と Google 様に分類されてるって事かも。こうやって「腰痛」って言葉をいっぱい使ったから、さらにまたその傾向ありってことになっちゃいそうだ。


関連すると思われる投稿

『Gllgle Adsens(広告)の不思議』へのコメント

  1. 名前:Michiko 投稿日:2010/02/18(木) 15:16:52 ID:76b4b59d6 返信

     そうそう、そうなのよ・・・とか思いながら読んでいて後半は大笑いしながら読み終わりました。ホントに何で「腰痛」なんでしょうね。トランポリン体操とかクリックしちゃいましたけど。
     なかのさんの所って腰痛関連とCD、音楽関連、あとはパソコン関連みたいな。
     Googleにどういう評価されているブログかって判断にもなるんでしょうか、ADS。私のところでも、これをつけてからブログがいっそう楽しくなりました。

    • 名前:なかの 投稿日:2010/02/18(木) 17:34:08 ID:bd13124d3 返信

      でもなんで「腰痛関連」ばかりなんでしょうね。と、思ってたら「ダイエット」も出てきた...ダイエットの記事なんて書いたっけ。ああ、BMIのことに少し触れたな。

       これが変化していくのを眺めるのも楽しみかもしれない。