高度一万メートル

 高度一万メートルって言えばジェットストリームの世界ですよね。ものすごーく高い空のイメージがある。

 でも、一万メートルって、わずか10kmです。横に10kmの距離といったら、すぐそこ。空じゃなくて海もそう。一万メートルの深海って、すっごく深い海だけど距離にしたら10km。

 BGMにジェットストリームを流していて、ふとそんなことを思いました。上下に一万メートルって、地球の大きさからいったら「地表」って言ってもいいくらいなんじゃない?って。

 地球の赤道上に密着して紐を巻く。イメージとしてね。真円じゃないですけど、わかりやすく円周4万キロメートルの球体としたら長さにして4万キロメートル=4千万メートルの紐が必要です。その密着状態から1m浮かせる(地表から均等に1m離れる)には、4千万メートルの紐にあとどのくらい足さないといけないか。つまり4千万メートルの紐をどのくらい長くしたら1m浮くか、なんて話も思い出しました。

 これ、直感だけで考えるとけっこうな長さの追加が必要になりそうに思うんですが、円周が1メートルだろうが4千万メートルであろうが関係ないんですよね。円周は「直径*パイ」なんだから。半径を1m増やすってことは直径で2m大きくなるだけ。だから2m×パイ(3.14)で6メートル28センチ。それだけ長くすれば半径は1m増える。つまり地表から1m浮くんですね。4千万メートルの紐で考えれば6.28メートルなんて誤差のうち。0.000000157 です。でも1mも浮くんです。これ、すごいと思った。

 太陽からの距離なんかもすごいですよね。公転軌道が楕円だって言われて、ふーーん、そうなのか、程度にしか思わないし、楕円って言われると普通の円を引き延ばした楕円を頭に浮かべちゃう。でも公転軌道は地球の直径ほどもぶれてないんです。だって、小さな地球のその地軸が少し傾いてるってだけで夏と冬があるんですよ。もし公転軌道が楕円というほどの楕円だったら、地球は凍り付くのと焼けつくのを繰り返す。地球は太陽の廻りを正確な真円に近い軌道で廻ってる。オゾンがどうの温暖化がどうのって言ったって、ぜーーーんぶ誤差のうちみたいな気がする。神様の気まぐれで、ほんのわずかに太陽との距離が変わったら、もういま生存してる生命の生き残る余地はなさそう。人類の存在そのものが誤差のウチだよね。

 地球って山あり谷ありで、でこぼこしてる星みたいなイメージがあるけど、高度1万メートル、深海1万メートルってことはですね。地球の直径が約6370000メートルなんで、直径60cmくらいの地球儀を作ったとすると、約1mmのでこぼこです。針で引っ掻いた程度。3000mの山なんて0.3m。世界一の高さ「828.0mのビル」なんて 0.1m 以下。そこだけ針みたいに尖ってるわけじゃないし、海だって全体に深くなってる中に一万メートルの深海もあるわけだから。球体としては全体にピカピカに磨き上げた真鍮の球くらいにすべすべしてる。そんなのが宇宙の中に浮かんでるってなんかこう「え~?」って気がしません?

 何言いたいかわかんなくなってきちゃった。私は天文オタクではありません。小学校上がってすぐくらいから近視でメガネかけてるんで、お星様を見上げて興味を感じることがなかったです。でも、SFの宇宙物(スペオペって言えばマニアはわかる(笑))は大好き。ああ、飲み屋での会話みたいになってきて、さらに何が言いたいのかわかんなくなってきた。

 まさに「とりとめのない話」でした。


関連すると思われる投稿