ツイッターのリプライ(@アカウント)の使い方

 以下、各種アプリ使用での話ではなく、http://twitter.com/ での公式 WEB 表示での話です。

 単純につぶやくだけのツイッターですけど、リプライやダイレクトメッセージなど、ちょっとしたことがわからない、って方、多そうな気がするんで書いておきます。

 まず、ツイッターは「つぶやき」ですから、その基本は「言いっ放し」です。でも、フォローされてる人(フォローしてくれてる人)のTL(タイムライン)に載りますから、自然と会話的に返事のつぶやきもします。

 その「返事的なつぶやき」を投稿するときに、リプライってのがありますよね。行頭に隙間を空けず「@アカウント 」を書くとそのアカウントの人へのリプライ(返事)となります。「返信」をクリックすれば書き込み窓にそれが表示されます。このリプライ、あまり多用するとわけわかんなくなります。AさんへのリプライはAさんとAさんをフォローしてる人のTLにしか載りません。リプライを送信した自分をフォローしてるだけの人には載りません。

 あと、Aさんが自分をフォローしてないとそのまま素直にはTLに載りません。こちらが一方的にフォローしてるだけの相手にリプライしたときは相手のTLには載らないわけです。言い換えると、自分がフォローしてない知らない人からの自分宛のリプライもTLには載りません。じゃあ届かないのかというとそうではないのです。ここらがわかりにくい極致かもしれない。ホームを表示させたとき、右側に縦に並んでる中、「ホーム」と書いてあるところの直下に自分のアカウントが出てます。それをクリックすると、自分宛のリプライのみ表示され、その中に「フォロー相手からではないリプライ」も出てきます。たまに確認するといいかもしれません。

 とにかく基本は「言いっぱなしのつぶやきである」ということ。よほどのピンポイントで相手にリプライするのでなければ、つぶやきにはつぶやきで返す。つまりリプライは使いすぎないほうがわかりやすいです。

 でも、やはり返事の相手を名指ししたいって気もしますよね。そういうときは @アカウントを行頭に持ってこなければいいんです。行末や行中に入れてみたりするのもいいし、「.@アカウント」みたいに行頭にピリオドつけちゃうなんてのもいいです。掲示板育ちの私には、「誰かとの会話であるんだけども、掲示板を見てる第三者にも向けてる」という意識があるんですよね。自分のつぶやきが人によって見えたり見えなかったりってのがどうも苦手意識があります。苦手っていうより違和感ですかね。それに一対一じゃなく、複数人で話題を展開してるときなど、名指しにこだわると @ をいくつも書くことになったり。一対一じゃないなら @アカウントはないほうがいい。

 リプライを多用しない利点もあります。自分のTLに入ってきたつぶやきが、なにか話が見えてこないってときが出てきます。そういうときは相手のアイコンをクリックしてその人のTLを見てみます。すると自分がフォローしてない人との会話の一部であることがわかったりします。そこからたどって新しい「自分がフォローしたいと思う興味深い人」を見つけることがあります。ありますっていうか、そんな感じでフォローを増やしていくとTLが要らないメッセージで埋め尽くされて読みにくくなるってことが遠のきます。

 どうするのが一番てのはないのがツイッターでもあるんで、私はこうしてる、そう思ってるってだけのことなんですが、参考までにどうぞ。

 他に、RTとかQTとかありますけど、そこらは図解入りで丁寧に解説してるサイトがたくさんありますから、さがしてみてください。一つあげておくと、 「Twitterの公式RT、非公式RT、QTの違いを分かりやすく図で描いてみた」がわかりやすかったです。