最近のウィルスバスター

 たくさんアクセスがあって「うざいとき」は目につくので気になるのですが、そういえば最近は気になってないなと、ふとログを見直したら、いつからなのかウィルスバスターの例のアクセスがまったくありません。エラーログを一週間分ほどトレンドマイクロの IP で検索してみましたけど見つかりませんでした。サーバのエラーログが一週間分(8日分かな)しか残ってないのでそれ以上は確認できません。

 減ったとかじゃなく、まったく完全にゼロです。この「なかのさんち」のアクセス者は平均で毎日80IP ほど。その半数以上が Google などの検索サイトから入ってきます。つまり、同じ人ではないと思うのです。リピーターが少ないというのもこれはこれで問題なのかもしれませんが、ほとんど自己満足なサイトだし、中身も濃くないですからね。知りたいことがあって検索してヒットして見に来て、がっかりして帰るんだろな、と思ってます。でもいまさら二番煎じ三番煎じで他のサイトから引っ張ってきた知識や情報をここに書く気もしないし、詳しいことが知りたければもう先人のサイトが星のようにありますからね。うちは調べずに書ける自分で知ってる範囲のみの書きたいことだけ書けばいいかなと(記憶確認や単語確認のために多少は調べてますよ~(^_^;))。

 とにかくそういうわけでたくさんの人が新規に「なかのさんち」に来ます。なのに、「売り上げNo.1(宣伝によれば、です)」なウィルスバスターユーザーがゼロとは思えないし、使ってる人の全員が「URL フィルタ機能」をオフにしているとも思えないのです。思えないですよね?

 ということは。

1:ウィルスバスター側でこの機能は無意味と悟り、機能しないようにした。
2:うちの徹底したトレンドマイクロからのアクセス拒否の結果、トレンドマイクロ側で https://nbbs.jp/blog へのアクセスをあきらめた(データベースにアクセス出来ない旨の登録がされた)。

 そのどちらかしかないように思う。「1」なら別にどうでもいいんですが、「2」だとすると、「アクセスできない(弾かれる=中身がない)のだからここは無害」なのであればいいとして、「アクセスできないのに行く人がいる。怪しい匂いがするからこのサイトは毎回確認するまでもなく永久ブラックリストに載せておこう」とかだと困る(^_^;)

 まあ、アクセスが途切れないのでそれはないと思うんですけどね。もし新規にアクセスしようとして「危険サイト」なんて言われたら、アクセスがもっと激減してると思うので。

 「ウィルスバスター アクセス 多い」のキーワードで、かつ更新日をこの一週間と限定して Google でサーチしてみましたけど、この件の記事はないみたいです。ウィルスバスターのファイアウォール関連が目新しかっただけです。以前は検索するとどこかで誰かが愚痴ってるのがヒットしてたので、やはり機能を削ったのかな。


関連すると思われる投稿