オールディーズなどいかがでしょう

 厳密なジャンル分けだとオールディーズとは言わないかも。私にとっては昔の曲はみんな「オールディーズ・バット・グッディーズ(Oldies But Goodies)」なんであります。

 再生が始まったらブラウザを最小化しちゃって、別にブラウザ起動したらいいと思う。つまりブラウザをプレイヤー替わりに使う。私は Youtube の再生リストを流すときは Chrome 使ってる。Youtube と Chrome はどちらも Google なので相性良さそうだから。別に相性関係ないんだけどね。FireFox で再生してもう一つ FireFox 起動しても同じ。

 曲目は変動します。以下の曲目はこのエントリー投稿時のものです。BGMとして流しっ放しでどうぞ。

(Youtubeのリンク先がなくなってしまったのでリンクは削除simaした)

『オールディーズなどいかがでしょう』へのコメント

  1. 名前:オ-ルド爺さん 投稿日:2009/11/22(日) 14:45:56 ID:001f30032 返信

    同一人物ばかり出てきたのでは白けるだろうと遠慮しているのだけど、ちょつとコメント。オ-ルディズはその時代を知っている人だけが享受できる特権で古くてヤボでもお袋の味といえる。CDの時代になって化石のようなものまで現れ有り難いです。100円ショツプのダイソ-でOLDIESというCDが20枚位出たのを10枚だけ買った。あとは既に売り切れで残念。1枚に14曲入っていて何でもありで音も良い。
    嬉しかったのはミルス・ブラザ-ズが7曲あること。1930年頃のものらしい。古いものは新星堂が復刻しておりあれこれ持っているが、さすがにミルスはないみたい。音の化石万歳です。

    • 名前:なかの 投稿日:2009/11/22(日) 16:19:16 ID:07d1d627e 返信

      いっくらでも書いてください(^_^) 気にすることはないです。

      「オ-ルディズはその時代を知っている人だけが享受できる特権で古くてヤボでもお袋の味といえる。」
      異論を唱えて申し訳ないですが、違うと思う。音楽に古いも新しいもないです。良いものは良い。好きなものは好き。自分の耳に心地よければ良いので、その時代を知っているかどうかは関係ないと思います。私がここで紹介することで、それらを耳にして、へぇこれいいじゃん。と思ってもらえばいいと思う。

      私が生まれる予定も無かった頃の音楽だって、好きなものは好きなんです。オールディーズなる言葉は単なるジャンル分け。音楽のジャンルって何かしらのカテゴリーに分けないと整理しにくいってだけのことだと常日頃思ってます。

      ところでミルスブラザース。実はもう Youtube で収集済み。さらに先ほどコメントを読んでからいくつか追加しておきました。そのうち記事にしようかと思ってますけど、先にここにいくつか動画埋め込みではなくリンク張っておきますね。1930年代の音源がまともに聴けるのもすごいですし、動画が残ってるのもすごい。なお、エイムスブラザースならLP一枚持ってます。ミルスブラザースは持ってないです。

      別窓で開きます。
      THE MILLS BROTHERS – SING ABOUT THE LADIES
      The Mills Brothers – TIGER RAG
      The Mills Brothers (“Paper Doll”)