FreeStyleリブレ センサー不調の原因ってもしかして保管状態?

 この夏約2ヶ月間、「FreeStyleリブレのセンサー、涼しくなって問題なくなりました(ブログ内リンク)」にも書いたように絶不調でした。

 涼しくなってからはセンサー機能(精度)としては全く問題なく、血液測定との誤差はほとんど一桁でおさまっています。

 そのこととは関係なく、一昨日センサーを交換したとき、後述する状態になってしまい、何かヒントはないかと説明書を熟読しなおしたときに「え?」と思う記述を発見。今回のブログメインとしては後述の分なんですけど、こっちの件も驚いたので先に書きます。

 以下、センサーの添付文書から抜粋しておきます。ユーザーなら現物があるはず。持ってない(使ってない)けど読みたいかたは販社(アボット)のサイトにPDFがあります。

【保管方法及び有効期間等】
1. 保管方法
センサーの保管温度: 4 ~ 25 °C

 え?と思いません? 導入時にそんな説明受けてません。ユーザーの皆さんは知ってました?添付文書を読めといわれたらそれまでですが、薬剤と違って普通の電子機器にしか見えません。私、こういう説明書、かなり熟読するんですけど、当然のように普通に部屋で常温保管してました。エアコンあるといっても、25度なんかにはウチはしません。ちょっとエアコン強くしようかって思っても設定が26度、実際上の室温は28度程度でしょうか。30度弱で十分涼しいです。

 もしかして、これが原因?間違った保管方法のために劣化してた? 使用後二日で無反応になったのもこれが原因でおかしくなってたのかしら。

 使用環境条件は以下のとおりなんで使用中にこの条件から外れることはなさそうです。北の地方の真冬に外で、はどうなんだろうかと思いましたが、皮膚につける装置であり体温は36度程度ありますからね。使用中のセンサーが10度以下の環境に置かれるってことはないんじゃないかな。

5. 使用環境条件
センサーの操作温度範囲: 10 ~ 45℃
センサーの操作湿度範囲: 10 ~ 90%(結露のない状態)

 次回診察時に主治医にこの保管条件については報告しておこうと思います。

 なお、よくあちこちで腕以外につけてる話を聞きます。が、使用法として
装着部位
センサーアプリケーターを使用して、必ず上腕の後ろ側に装着してください

 と指定されてます。血液を計っているわけではないので、メーカーの想定以外の使い方はしないほうがいいです。「上腕の後ろ側(二の腕のプニプニしてるところですね)」以外に装着した場合の測定精度や途中の剥がれに文句つけられないと思ってます。

 さて、後述すると書いた「今回の出来事」について。
 もう10ヶ月連続で使っていて初めての出来事で、類例を調べようと検索しまくりましたが出てこないのでセンサーと関係ない可能性もあります。
 センサーをつけた側(今回は左腕)の肩から小指の付け根くらいまでがしびれました。
 一昨日夕方にセンサーを交換したときに、装着したときはいつもと同じで痛みもなく一時間後に測定開始したときも誤差一桁で、ああ今回も順調だなと思ったんですが。
 いつもなら「つけてる感」がまったくないのに、今回は腕になんかついてる感が取れない。しかも、涼しくなってからは痒みも出てこないのに、今回はつけた直後から真下が少し痒い。
 そのうち左側だけ、なんだか肩こり状態に。私、数年前まで慢性肩こり持ちだったので肩こり感はよく知ってます。強度の近視なんでどうしても肩が凝るらしいです。が、仕事をリタイアしたことと、二年ほど前からアリナミンAを服用するようにしたらすっかり肩こりとは無縁になってました。

 久しぶりの肩こり、やだなと思いつつ肩を回したり動かしたり。全然取れません。でも我慢できないほどではなかったので当日はそのまま就寝。
 翌朝目覚めたとき、軽く寝違えて筋でも痛めたかと思うような痛み。どうも肩ではありませんで、その下の肩甲骨あたり。寝違えたんだよね、と思って湿布を貼ってもどうにもなりません。そのうち腕、肘から左手小指までなんか違和感が出て来て居ても立っても居られないようなうずく痛みと不快感。肩と肩甲骨あたりに自然に涙が出るような鈍痛。重度な肩こり経験者にはわかると思う、あの痛みが肩から指までです。

 これ、まさか、センサーの針が神経というか針灸でいうところのツボをついてしまったのかしらん。と、思いつつ、検索してもそんな症例を訴えてる人は皆無。やはりセンサーのせいじゃなく、寝違えかしらと半信半疑。なにせ付け替えてまだ一日ですからね。安いもんじゃないし、再使用はできないし、じゃあ試しに外してみようかとは早々簡単には決断できません。片側だけ肩こりってのもなんか変なんだけど。

 そのうち左半身だけ(肩から腕だけじゃなく、足も含めて)、脂汗というか冷や汗というか暑くもないのに汗を掻き出した。だらだらってほどではなく、じっとりって感じだったから冷や汗じゃなくて脂汗かな。
 家内に肩と肩甲骨をもみほぐしてもらい、若干痛みが治まったところでなんとか就寝。私、睡眠障害があって睡眠導入剤服用してるんでこういうときは便利なのかも。夕方間違ってこれ飲んで意識失ったこともある(ブログ内リンク)くらいけっこう強いw
 強引に就寝できちゃう。夜の間は痛みで目が覚めることもなく翌朝、少しやわらいでいたけど、一向によくなってなかったし、昼に掛けて痛みが増してきたのでこれはもうセンサーのせいに違いないとあきらめて剥がしました。
 剥がしたらかなり急激に(数時間)、痛み(痺れ、違和感)がおさまり、肩こりだけが少しだけ残った感じに。これ、違和感のために肩にかなり不自然に力が入ってたんだと思う。これで違和感が取れなかったらセンサーのせいじゃないと思うけど、センサーの針がなにか神経みたいなところに触れてたんでしょうかね。

 もし、次回似たようなことが起きたら、お金の問題にこだわらず、早めに決断してはずそうと思いました。いや、本音はお金の問題じゃなく、数が足りなくなっちゃうのがイヤだなの想いの方が強かったです。余分(予備)に処方してもらえないか頼んでみよう。

 そして、「ストレスで血糖値は不安定になる」というのを体感しました。もちろん1型歴12年超ですからそういう体感はなんどもありますが、グラフで視覚化出来るという意味での初体験です。
左から三枚、普段はこんなもんです。高いときは高いし低いときは低い。様子見て補食とインスリン追い打ち微調整でなんとかなってます。
四枚目、センサー交換したあとの今回の出来事中。補食とインスリン追い打ちの繰り返しでまさにジェットコースターでした。

 現役社会人のかた、学生さん、血糖値コントロールほんとに大変だと思います。めげずにコントロールがんばってくださいね。私はリタイアして毎日が日曜日。こんなんで愚痴こぼしたら現役のかたに申し訳ないと思いつつ。

日本ブログ村
にほんブログ村 病気ブログ 1型糖尿病へ
にほんブログ村


たまにはYoutubeでも

 Youtubeでも、ってタイトルにしたけど、実は最近Youtubeはほとんど利用してないです。たまにどこからかのリンクたどった先で動画見る程度しか使ってない。

 音楽系はもうYoutubeまったく使ってなくてアマゾンプライムオンリーです。

 理由は二つ。流し聴きするので動画(画像)は要らないです。タブレットで再生してBluetoothスピーカーで音出してるか、あるいはパソコンで何かしながらパソコンで再生してデジアン経由で普通のスピーカー(パソコン用アンプ内蔵のアクティブじゃなく、オーディオ用のパッシブなスピーカー)鳴らしてる。
 前者のタブレットで再生する場合、Youtubeは画面閉じちゃうと終了しちゃうんですよね。動画(つまり広告)を見せるのが目的だから当然なんだろうけど、流して聴くには使いにくい。見てもない画面表示でバッテリー消費するのはちょっとイヤだし。
 さらに音質がね。一部のYoutube(vevoなどの公式など)以外、音質が悪くて気にし出すとどうにもならない。Youtubeは本来動画込みでというか、貴重な動画が音声付きで見られるのが身上だと思う。

 さらに、無料のアマゾンプライムミュージックでほぼ満足してたんですが、最近ついに有料(月750円)のに入ってしまいまして。もう検索ワードさえ何とかすれば聴けない曲はないって状態。
 メロディだけ思い出して曲名も歌手名もきちんと思い出せないとなかなか行き着けないんだけど、そういうときは適当に思いだした言葉でグーグル検索してYoutubeでそれかどうか確かめるって段取りが有効でありますw

 で、たまには自分の好みの曲を紹介したいなと思ったのでありますが、アマゾンプライムミュージックへのリンクってどうすれば良いのかよくわかんない(単純にリンク張ればいいのか?)のと、有料版に入っちゃいまして、聴いてる曲が無料で聴ける範囲なのか有料なのかがよくわかんない。それに無料のほうといってもアマゾンプライム会員限定だからそっちも有料と言えば有料だし。アマゾンプライムに入ってる人多いとは思うけど。

 というわけでYoutubeの動画を埋め込みたいと思います。

一曲目。
 Ronnie Milsap(ロニー・ミルサップ)のLost in the Fifties Tonight、失われた50年代って訳すのかしら。Tonightはどこに入れようw
 何が好きって、この曲全部好き。出だしから好きだけどサビに移る直前のところとか、サビの部分とか、シュドゥ シュビドゥのバックコーラスとか、間奏のサックスとか、雰囲気とか、もうね、なんていうんだろ、ドツボなんですよ、私の。
 音もこれはvevoなんでそこまで悪くはないです。でもやはりアマゾンプライムミュージックにはかなわないかな。

 

もう一曲
 The McGuire Sisters(マクガイアシスターズ)のSincerely(シンシアリー)
 オールディーズです。いや、ジャズと言った方がいいかも。私にはオールディーズ。とくに説明は要らないかw シンシアリーで検索するとマクガイアシスターズのではなくThe Moonglows(ムーングロウズ)のがたくさん出てきますが、そっちも嫌いじゃないけど、やっぱりマクガイアシスターズが好き。このオールディーズのジャンルでの「~シスターズ」ってとにかく好きなんです。
 音質は50年代の人達でそのころの録音ですからモノラルだしそれなりではあります。アマゾンで聴く場合、「The McGuire Sisters」をコピペして検索しないと見つけられないかもしれません。
 

日本ブログ村
にほんブログ村 病気ブログ 1型糖尿病へ
にほんブログ村


モバイルバッテリー買ってみた

 買ったきっかけは先日の緊急地震速報のアラート。前のスマホ時代のときはこの緊急速報が一回もなくて今回初めてでした。とは言っても初めてのスマホ使い始めてからまだ二年も過ぎてないんだけどね。深夜零時過ぎに夫婦二人のスマホが鳴り響いてマジでビビりました。誤報だったみたいで大きな揺れが来なくてほんとによかった。

 でもあの緊急速報のおかげでしばらくはパニクらないですみそうです。気持ち的にはね。震災対策ってどうしてものど元過ぎれば熱さを忘れる状態になります。たまには突然の注意喚起も必要かも知れない。余談だけど、警察のネズミ捕りなんかはその極致なんですよね。ぼけっと速度違反とか危険運転しないように注意喚起してるって建前らしい。さらに余談だけど、数年前に一時停止違反(ブログ内リンク)で捕まったとき、その時点ではかなり腹立ちましたが、冷静に考えるとあれがあってよかったんだろうなと思います。その後、確実に注意するようになりましたからね。運転歴40余年の間に基本や初心を忘れて自己流になっていたと思います。

 懐中電灯は3.11のあとに買ったこれがある(一台の左右側です)。光を当てておけば常に充電できるやつなので窓際のカーテンより外側に放置したままだった。手回しの充電機能もある。いじってみたら電灯はもちろん、ラジオもブザーもちゃんと鳴りました。これはこれで役に立ちそう。ラジオが役に立ちそう。

 次はライフライン。以前のメタル回線電話(アナログ)は端末側が停電しても局側が崩壊してない限り(回線網が生きてる限り)使えました。電話線を通じて微弱電流が来てるのね。デジタルのISDNが普及し始めた頃、ターミナルアダプタ(TA)なるものが必須だったのですが、これが停電だと使えなくなる=電話が使えない=ライフラインが確保出来ない、という問題があり、TAは電池内蔵でした。いまでいう無停電電源装置(UPS)の簡易なものですね。でも実際には一度も電池を交換したことありませんでしたw

 いまは固定電話が通じなくなっても携帯電話(スマホ)が一般的なんで昔ほどライフラインを論じることはないようです。もちろん有事のときは有線よりも輻輳問題がおきやすいようですが、物理的にまったく通信ができない環境よりはるかにマシであることには間違いないです。待てばなんとかなるはず。

 いずれにしても固定回線のネット環境は端末側が停電したら回線網が壊滅してなくてもそれだけでネットへの接続はできなくなります。端末側でどうしても電源が必要ですからね。スマホやケータイがあれば固定回線に関係なくライフラインは確保出来るし、なにより懐中電灯の代わりにもなります。無停電電源装置込みの通信端末みたいなもの。

 うちのスマホは格安スマホと言われるMVNOなので普段でも朝晩の通勤通学時間帯や昼食時間帯のネット環境はあまりよくないですけど、ないよりマシだし、ネット環境はMVNOの弱みはあっても通話環境はキャリアと変わりないはずです。通話SIMとして月額700円の基本料金を取られてる。通話はドコモとかauとかSBとかの電話用回線を利用してるのであってネット用データ回線を使ってるわけではないですから。

 というわけで、スマホが夫婦で二台あれば災害が起きてもしばらくは連絡はなんとかなりそう。問題は「電気なければただの箱」ってやつです。そろそろ充電というときにそういう最悪な事態に陥るのがマーフィーの法則ってやつで。

 となれば、やはり必要なのは予備のバッテリー。こいつを満充電しておけばいざってときにスマホを充電できる。

 さて、それまで全く知らなかった世界に突入なのでネットで調べまくりました。だいたい検討がついた。モバイルバッテリーって重さも大きさも値段もほとんど容量に比例するんですね。薄型とか軽量とか名乗っていても中身は同じ厚さで容器が薄いだけみたい。中のモジュールが同じなので(規格?)メーカーが違っても大きさも重さも同じなようです。選ぶ基準は「自分で必要とする容量(重さとのバランス)」と「メーカーへの信頼」だけでよさそう。よく言われる「バッテリーモジュールは中国製を避ける」というのはある意味正解で、ある意味不正解なようです。避けるったって分解して開けてみなければわからないしね。だいたいにしてここらの部品で中国製を避けたら何も買えない。肝心なのはバッテリーとして販売してる販社の信頼度だそうな。品質をきちんとチェックして保ってる会社、簡単に言えばアマゾンで好評なやつ、安すぎるのはあやしい、くらいは考慮したい。

 私たち夫婦のスマホのバッテリーが2700mAhなので10000mAhあれば約4回フル充電できる計算。これくらいあれば災害で生き残ったあと、救出されるまではなんとかなるだろうと。メーカーはBluetothスピーカーを使用中でその性能に満足してるAnkerにしました。アマゾンでの評価も高いし、すでに自分でAnker製品を使って信頼できるってわかってるからね。Ankerってもともとバッテリーで定評がある会社だったのね。知らなかった。

↓これ。2999円で買いました。

 バッテリーを調べてたら、高速充電器なんてのも発見。いままでタブレットもスマホも付録についてきた充電器とUSBケーブルを考えなしに使ってきました。知らないってのは怖いもんなしですね。
以下二つも合わせて買いました。充電器が2099円。ケーブルが999円。

 ちょっと高いかなと思いましたが、せっかく得た知識なんで活かそうと思って。
 結果として、この充電器とケーブル使うとスマホが残り20%以下から充電開始して以前だと3時間強かかってたのが、ざっと2時間くらいでフル充電可能に。
 この一時間差を大きいとみるか、そのためだけにこの投資はもったいないとみるか。使い捨てるわけじゃないですから、私はこの投資は妥当だと思いました。
 タブレット(アマゾンファイア)のUSBはタイプCじゃないので、そっちのケーブルも買うことに。799円。タブレットはモバイルバッテリーで充電するつもりはまったくないです。緊急時には使わないだろうし。が、在宅中に音楽プレーヤーとして一番使うのはこれで充電回数も多いので充電時間短縮はありがたい。でも短縮率で言うとスマホほど短縮になってない気がする。これって、端末が対応してないとあんまり意味ないのかな?

 二週間ほど前に到着し、フル充電したまま放置ですが、まだ満タンです。充電時と普段はチェックボタン押したときだけ小さな青い確認ラプが点灯します。ランプ一つが残量2500mAh、たぶん使わなければ数ヶ月充電しないでいいんじゃないかな。たまに確認してランプが減ったら充電しようと思ってます。いまんとこお出かけ中にスマホのバッテリーが切れるって事態にもなったことないので、持ち歩く予定はないです。モバイルなのにもバイルしないという。一応いつでも持ち出せるように三本セットの一番短いケーブルと一緒に附属の袋に入れてあります。

日本ブログ村
にほんブログ村 病気ブログ 1型糖尿病へ
にほんブログ村