Win7一覧

Win7その他、設定など雑感

 使ってるうちに思い出したことや新たな発見、感想などの雑感をいくつか。

 まず、これから導入しようかと思ってる人が一番知りたいであろうこと。「で?XPと比べて良くなったの?」ってことから。良くはなったと思いますよ。でも、新しい機能を触るのはまだこれからで、よくわかってません。いままでと同じ使い方をしたときに、いままでよりすっきり感はあります。だけどこれって「セットアップしたばかりだから」、というのもありますよね。

 Win7の新しい機能をどこかでみて、ああこれを使ってみたいなと思うならともかく、そうでないならわざわざXPから乗り換える必然はなさそうです。あと数年でXPのサポートは終わるから、どうせそのときにイヤでも乗り換えるしかなくなる。まあ、いま乗り換えても悪くはないと思います。

 人間って、良い方に少し進んでもあまり実感できないんですよね。パソコン然り。大幅に改善されないと「良くなった」という感じを受けにくい。で、少しでも環境が悪くなると気がつきます。新しいパソコンに乗り換えても良くなったと思わないけど、しばらく使ってから元のパソコンいじるとびっくりするんだよね。全然違うじゃないか、と。快適な環境への順応は早い。XPとWin7もたぶんそんな関係だと思います。

 さて、新たに見つけたおかしな点、気になる点などをいくつか。

(1)
 Windowsフォトビューアー(XP時代の「画像と FAX ビューア」)で画像を見ると色が変です。誰でもがそうなわけではないらしい。環境によってということですが、直す方法を検索して見つけました。同じ障害に当たる人は必ずいる(笑)

コントロールパネル」→
色の管理 →
デバイス →
ディスプレー選択 →
このデバイスに自分の設定を使用する、にチェック →
プロファイルを反転させて追加 →
試しに一番上にあったsRGB~を選択」 →
Okで戻ったら規定のプロファイルに設定

 これで一応直りましたが、これだけでいいのかどうか不明。いまのところこの色の件での不具合は他に出てませんからこれでいいのかも。

(2)
 ウィンドウをドラッグして端に行くと勝手にサイズが変わります。「便利な新仕様」ってことになってますが、正直いってうざいです。ウィンドウサイズは勝手に変えないで欲しい。ドラッグして左右に振ると他の窓が全部閉じるってのも、慣れれば便利かもしれないけど、まだいまのところ便利だとは思えない。これらを抑止するには、

コントロールパネル →
コンピューターの簡単操作センター →
マウスの動作の変更 →
ウィンドウの管理を簡単にします →
ウィンドウが画面の端に移動されたときに~をオンにしてOK。

(3)
 何か起動すると頻繁に承認画面が出てきます。しかもバチッと(音はしないけど)画面が反転して。セットアップ直後などもうイヤってほどそうなります。

ユーザーアカウント →
ユーザーアカウント制御設定の変更 →
スライダーでレベル調節

これでかなり減らせます。セットアップ直後でいろいろやるときはスライダーは一番下で良いと思う。そのあとは自分でしか使わないパソコンなら一番下のままでよさそうだし、そうじゃなくても下から二番目で十分。それとその上は機能的には同じで、画面が反転するかどうかが違うだけ。

(4)
 デフラグが初期設定だと定期的にデフラグを実行する設定になってます。夜中の設定になってるけど。スリープで落としたまま寝ちゃう人だと、その時間に勝手にパソコンが起き上がってデフラグするみたい。私は寝るときはシャットダウンなんでたぶん自動実行されない。かといってパソコンを使ってるだろう時間に勝手に実行されると重くなるだろうから自動実行は切った。

管理ツール →
ハードドライブの最適化 →
スケジュールの構成にはいり、「スケジュールに従って実行する」のチェックを外す。

Win7のデフラグは最後に実行した日時が表示されるのでわかりやすい。一回やってみたら実行中のグラフィック画面が出なくて寂しかったです。あれを眺めてるの好きだったのに、さびしい。

スケジュールを有効化したまま、管理ツールからタスクスケジューラに入ってもスケジュールの変更はできるみたいです。

(5)
 コメント返信にも書いたけど、GodMode ってのもあります。「Windows 7の各種設定が格段に使いやすくなる」と説明サイトに書いてあったけど、そうは思わなかった。どの設定で何ができるのかがわかってるならコントロールパネルに全アイコンを出して使った方が使いやすし、どれで何かできるのか知らないなら、GodMode を見たって途方に暮れるだけ。

GodMode を利用するのは以下のとおり。めちゃ簡単です。

 空のフォルダを新規に作り、そのフォルダの名前を

GodMode.{ED7BA470-8E54-465E-825C-99712043E01C}

に変更するだけです。


WinXPからWin7へ(設定編)

 さて導入は難なく終わりましたが、ここからが大変です。OS入れ替えのときだけでなく、ゴミ掃除目的で同じOSのクリーンセットアップのときも同じですけどね。

 きちんとしたというか、一般的な設定方法などは検索するとたくさんあります。それらにも目を通すことをおすすめします。それにWin7そのものにも「はじめに」なんてのがあり、そこの中から「Windows 7 を初めてご利用になる方へ」へも飛べるようになってます。つまり、その気になればかなり深いところまでわかるようになってます。

 でもそういうのを先に調べるって、なぜかしないんですよね。いきあたりばったりでいじくっちゃう。それでもなんとかなるのがWindowsである、ともいえますよね。
 以前と違う操作感を「こういうものだ」と慣れていくのを期待するか、前と同じように操作できるようにするのか。そこらの感覚の違いもあると思います。私は後者主体の折衷型かしら。

 ということで、「直感作業ではわかりにくかったこと、躓きそうになったこと」を主体に書いておきます。セットアップ直後のドライバ類のインストールなど当たり前のことや、インストール直後のアップデートなどなどはここでは省きます。

 XPとWin7ではコントロールパネルに入っているもののジャンル分けがかなり違いますので、目的の設定を捜すのが大変でした。

 「拡張子」を表示させることと、隠しファイルを表示させること。それがまずは第一にきます。こない?私は来るんです(笑)何をするにしてもまずはそうしないと落ち着かない。その段階からして「はて?」の連続。フォルダの設定が見つかりません。Windowsキー+Eで開いても、コンピュータ(XPでのマイコンピュータ)を開いてもフォルダの設定が出てきません。

 コントロールパネルを開くと8個のジャンルに分かれていて、クリックして進んで行っても奥が深すぎ。ジャンル分けもXP時代と違いますから直感で探せません。あとで考えると「直感ならこっちのジャンル分けの方がピンとくる」と思いましたが、いじくってる最中は困りました。XPと同様に、いろんな設定はコントロールパネルから進まなくてもあちこちから同じ設定画面にたどりつけるのですが、いままではいけた方法でいけなかったりします。たとえば、デスクトップを右クリックして画面のプロパティから入ったデザイン変更などは簡単にたどりつけません。

キャプチャ ←コントロールパネルを「大きいアイコン」で表示させた画面です(右端はタスクバーです)。画面右上の方にある「表示方法」から「大きいアイコン」もしくは「小さいアイコン」をクリックすれば、全部のアイコンが出てきます。いろいろといじくるタイプの人はこうしておくことをおすすめします。フォルダオプションもこれなら見てすぐ発見できます。フォルダオプション「表示」の中はXPとほぼ同じでした。とりあえず「拡張子」と「隠しファイル」を表示させるようにしてここはおしまい。なお、関連付け関係の設定がなくなって、関連づけを変更した後のアイコンになってくれないし、変更の仕方もまだわからないです。


 ここからがスタートですね。真っ先にMSEと自動更新ツールMseNotifyを入れたのは言うまでもありません(笑)

 最初に悩んだのは「クイック起動」。画像のとおり、私はタスクバーにクイック起動を置いてあります。4:3サイズのモニタのときは普通に画面下に配置していましたが、現在のモニタは 1440*900 のワイドなので横長なので右端に置いてあります。ちょっと幅を広げ、クイック起動に二列にアイコンがあります。通常の用途はこれと、デスクトップにあるいくつかで十分です。

 XP時代はツールバーのプロパティから置けました。ところがWin7ではこれが簡単に見つからない。検索して調べたところ、お仕着せのクイック起動はなく、置きたければツールバーを右クリックのコンカレントメニューから「ツールバー→新規ツールバー」で自分で好きなフォルダを設定すればそれがクイック起動になることが判明。早速てきとうなフォルダを作り、そこにショートカットを放り込んで設定。ちなみにこの画像はWin7についてる新ツール「Snipping Tool」で取り込みました。

 デスクトップのデザイン(ショートカットの配置)や、ウィンドウの文字サイズ設定も悩みましたが、デスクトップ右クリック→個人設定→ウィンドウの色(画面下の方にあります)→デザインの詳細設定、でXP時代のと同じ設定ダイアログが出ることを発見。無事に設定できました。この「ウィンドウの色とデザイン」で「指定する部分」から「アイコン」を選択し、フォントの種類とサイズを設定するとブラウザのブックマークなどの窓の左側に出るメニュー文字サイズもそれになって見やすくなります。

 フォントといえば。XPでは自分で入れなければならなかったメイリオも最初から入っています。でもメイリオはプロポーショナルなんですよね。日本語文字は等幅なんだけどアルファベットがプロポーショナルなんで全体としてプロポーショナル扱い。つまりテキストエディタでは使えません。選択枝に出てこないのです。これは困ります。私はTerapadですが、一度テキストエディタでメイリオ使ったらもう二度とメイリオ以外には戻れません。仕方ないのでXP時代に使ってた改造版等幅メイリオもフォントフォルダに入れました。
 こんなことになるとは思わずに、フォントのバックアップはしてなかったので、自分で書いた記事を読みながら再びもらいに行ってきましたが、様相が少し変わってたので、「WinXPで使うフォント(メイリオ)の話し」 の内容も編集してなおしておきました。下の方に入手先など書いてありますので、参考にどうぞ。

 Windowを開けたり閉めたりするときの、シュワーってなるアニメーション。それを止める設定もなかなか行きつけませんでした。結果的にはなんのことはない、コントロールパネル「システム(コンピュータアイコンを右クリックしても同じ)」から「システムの詳細」に入れば懐かしい設定ダイアログが出ました。「システムのプロパティ」です。そこの「詳細設定→パフォーマンス設定」でいままでどおりに設定できました。フォルダ内の画像など、XPでは表示方法から縮小表示を選びましたが、Win7ではここで「アイコン代わりに縮小版を表示する」としないと表示されないようです。

 あとはと...スキャナの起動方法が少し悩んだかな。XP時代の「カメラとスキャナ(だったっけ)」がなくなって、Windows Fax and Scan になってます。で、起動するとFAXしか出てこなくて、どうやったらスキャナが起動できるのかアタフタしました。アクロバットのスキャナ取り込みPDF作成は問題なくできるので認識できてることは間違いないけど起動方法がわからない。ラスベク変換用にBMPでの取り込みが必要なんで焦りました。わかってみればなんということもなく、Windows Fax and Scan を起動すると最初がFAX画面なんですけど、画面左下に切り替えメニューがありました。なぜ最初それに気がつかなかったのか不思議なくらいはっきりとメニューがあります。そこでスキャンをクリックし、メニューバーの「新しいスキャン」をクリックすればいままでどおりにスキャナが使えました。

 同業者向けの話としては、不動産登記のオンライン申請。ICカードリーダのドライバとかアクロバットの設定とか、いままでどおりごく普通です。日調連から「らくらく」をもらってきて、それを使うだけで問題なく環境が整いました。登記情報提供サービスで図面類を見るためのJAIは最後に別途インストールです。ただ、オンライン申請サイトでのICカード起動に、例の「長時間かかる問題」が発生してます。あと数ヶ月だからこのまま様子をみます。

 ほとんどメモを取らずに一気に突き進んだんで、たぶん書き忘れてることいくつもあると思いますが、一応こんなところです。コメントいただければわかる範囲でレスします。XP時代のオンラインソフトは今のところ全部動いています。市販ソフトの「マイトークFAX7」だけが残念なことにWin7非対応でした。古すぎるんで仕方ないかな。現行版のFAX9を買うことにしました。高いソフトじゃないし、A3までパソコンから直に送信できるのでこれがないと困りますからね。


WinXPからWin7へ(導入編)

 Win7の導入だけならわざわざ書くまでもなく簡単でした。CD(DVDか)を突っ込んで起動して進めるだけ。途中何回もクリックを聞いてくることもなく、ほったらかしとけば終わります。新品のまっさらパソコンにWin7入れるならなんの問題もないでしょうね。旧機に載せ替えるとなれば事前にそれなりの確認が必要です。

導入前に確認したこと。
(1)自分のパソコン(とその周辺や使ってるソフト類)がWin7に対応してるか。
 これは「Windows 7 Upgrade Advisor」 で確認ツールを入手できます。
(2)アプリやドライバ類はVISTA対応になってればまずだいじょうぶだと思います。私の周辺機器では10年物のキャノンレーザーショットが心配でしたが、それ以外はパソコン本体も2008年暮れに買い換えたものだし、ほかにはブラザーのインクジェット複合機があるくらい。

 以上二点だけ確認して、いけると判断しました。ただ、プリンタが使えなくなると困るので、安全を考えて32ビット版です。Win7 pro 32bit に決めました。

 XPからWin7に乗り換えるにはOSの上書きアップデート(アップグレード)ができないので、現在の環境を保存しないといけません。と、どこをみても書いてあります。Windowsファイルは「old」なるフォルダに残るって書いてあったけど、どういう形で残るのかよくわからなかったから、あてにしないことに。

 いわゆる「引っ越しツール(Win7にもついてくる。それだけダウンロードも可、市販品もあり)」とかバックアップツール使ったりすると、ゴミ屋敷から引っ越すのにゴミまで運ぶようなもんだよね。それはイヤなのでお宝だけ選別して残すことにしました。いずれにしてもアプリのインストールや細かな設定はどうしても必要になりそうだしね。メールはGmailに移行しちゃったし、画像もオンラインサーバに。音楽はYoutubeのを貼り付けてるだけで実体は自分のところにはない。パソ通時代みたいに膨大な掲示板ログもない。実に身軽です。ATOKもインターネットディスクにユーザー辞書を同期させてるので、いつでも元通りにできる。

 Adobeアクロバットもいったん登録解除。これ、解除しなかったらどうなるのかなと思ったけど、試して無駄になったら困るので素直に登録解除。

 ブラウザはブックマーク(お気に入り)だけ保存。Firefoxの仕様はなかなかいいです。復元すると元どおり。Internet Explorer他は内容は復元できるけど順番がソートされちゃって元に戻すのが大変。

 仕事で使う物優先に考えたんだけど、仕事で使ってるもので設定のバックアップをわざわざしないといけない物って、私の場合ほとんどないんだよね。ほとんど初期設定のままか、わずかな設定(データの保存場所指定とか)しかしてない。めんどうなのはCADと一太郎くらい。一太郎はオンラインに環境保存できる。CADは設定ファイルに出せる。あちこちのIDとかパスワードは元々ファイルで管理してるんで、とくにすることなし。使ってるオンラインソフトのサイトはブックマークに入ってるし。

 データは保存したし、必要な環境設定も保存した。忘れ物はないかな?とか考えていても終わりがないので、さあ行くぞとDVDセットしてパソコン起動。新規インストールを選択。

win7-1
起動してからこの画面になるまでけっこうかかりました。途中フリーズしたんじゃないかと心配になるくらいです。

win7-2
この画面になって、そのまま「次へ」を押しました。その後、普通なら何度か選択枝がでたり、確認画面が出て止まりますが、このセットアップは最後にプロダクトキーを求められるまで、途中一回も止まらなかったような気がします。時間にして全部で40分くらいで完了しました。

 ところが、Win7を起動してビックリ。全然ゴミ掃除になってません。ゴキブリやらネズミやら混じってたゴミ屋敷を解体新築して、選んだ荷物を運ぶ込む手配をしたのに、入居してみたらゴキブリの死骸とネズミの死体に囲まれ、ゴミも宝も混在のまま全部残ってるリフォームしただけの家だったといえばいいかしら。

 で、残ってるデータ類。見る(参照する)だけならいいんですが、そのままじゃ書き込みできません。ファイルだけじゃなくフォルダにも書き込みできませんからiniファイル形式のフリーソフトなど、残ってるから動かせるなと起動して設定しようとすると設定ファイルが保存できないのでエラーになります。unixのパーミッションみたいなイメージ。自分がオーナーじゃないと書き込みできない設定になってます。外すのは簡単で、フォルダのプロパティを出して、セキュリティ→編集→自分のユーザー名反転→フルコントロールにチェック、で使えるようになります。もちろん新規に作成したデータファイルは自分がオーナーですから大丈夫ですが。

 少し使ってみましたが、ゴミが残ってるのがイヤな以外とくに問題はなく、動作確認はできました。もう一回セットアップするのは面倒だったんで、このまま行こうかと思いましたが、まだ何もインストールしてないし、思い直してもう一回セットアップ。こんどはフォーマットからやりなおしてゴミ掃除することに。

win7-3
「Windowsのインストール場所~」の画面で「次へ」を押す前に「ドライブオプション詳細」をクリックするとこの画面になります。ここでフォーマットを選択してから先に進めばクリーンセットアップになります。パーティションで分けたDドライブには影響しません。そこのワンステップが違うだけで他はさっきと同じ。Windows7のインストールに関しては簡単に終わります。時間かかるにはそのあとですね。

[設定編に続く]