「 Win7 」一覧

Windows7 DSP版、単体売り解禁なんですね

 DSP版というのは、そもそも、自作パソコンをパーツを買って組み立てるとか、ショップブランドのパソコンを販売したりするときに「ハードウェアと込みで」販売してるソフトウェアのことです。OS以外にもあります。概ねパッケージ版より安価です。

 パソコン(やハード)の一部として売るのが条件なんですが、パッケージ版より安いためにそれなりの需要はあるわけで、「ハードウェアとセット」の部分を拡大解釈し、使おうと思えば使えないこともない店頭にはもう並んでないような小容量メモリーなどを抱き合わせて売られてます。「黒」ではないと思いますが、「白」とも言いがたく、かなり濃い「灰色」商品だと思います。もちろん実際に使う増設メモリやハードディスクなどとあわせて購入するなら完全に「白」です。

 パッケージ版との大きな違いは「箱に入ってない・説明書がついてこない・基本的なこと以外のマイクロソフトのサポートは有償でバンドルしたハードウェアを販売した店やメーカーがサポートする(ほら、たとえばNECのパソコン買ったらNECに相談するじゃないですか)」あたりですね。

 だからわかっている人はいいけど、わからない人には心配で手が出せない。OSだけを買うなら高額のパッケージ版を買うしかなかったわけです。

 さて、Windows7。パッケージ版の出荷は昨年秋で終了しました。XPからの乗り換えは、Windows8(8.1)パソコンにするか、まだ店に在庫がある分のWindows7パソコンをさがして買うかしか選択枝がなくなったように思えました。

 それがなんと2014年1月から、ハードウェアとの抱き合わせ縛りがないWindows7のDSP版がマイクロソフトから正式に販売されるようになってます。ちょっと驚き。DSP版と言いながら、箱や説明書を省いただけの廉価版単体売りOSです。新規のDSP版はサポートを販売店ではなくマイクロソフトで行うようです(有料)。

 いちどは出荷が終わったOSをDSPという廉価版で再提供するのはなにを意味するか。もちろんXPからの乗り換え需要狙いでしょうね。本音はXPから8に乗り換えて欲しいんだと思います。でも、初めてパソコンを使うならともかく、すでにWindowsパソコン使用中の方からするとWindows8は評判があまりよろしくない。私も以前そう書きました。Win7が手に入るならそのほうが良いと。

 現在XPで動いているパソコン。化石的に古い物でなければ、たぶんほとんどの場合 Windows7 でも動くように思います。うんと古いパソコンならXPのサポートがなくなるこの時期に思い切って新型に買い換えちゃうのも選択枝だと思いますが、そうでないなら、次回パソコンを買い換える時期が来るまでWindows7にしておくというのも選択枝だろうと思います。

Windows 7 のシステム要件」で大雑把に確認し、いけそうだなと思ったら
Windows 7 Upgrade Advisor」をダウンロードしてチェックしてみてください。

 プリンタなどの周辺機器を使い回すことを考えたら、XP32ビットからの乗り換えなら7も32ビット版が無難でしょう。現役の周辺機器ならたぶんほとんどメーカーサイトでWindows7版ドライバを提供しているのではないでしょうか。

 なお、アマゾンで検索してみましたが、まだ「灰色時代のセット(抱き合わせ)版」しかヒットしませんでした。販売店もそれらの在庫がまだたくさん残ってるってことですね。OSとしての中身は同じ物でしょうが、せっかく単体版が正規に出されたのですから、契約上の扱いが「灰色」であることを承知で買うのでなければ、抱き合わせ版には手を出さないほうが良いです。


パソコンを入れ替えました

 もう一ヶ月とちょっと過ぎました。一気にはセッティングができなくて(やる気が起きなくて)、従前の環境にたどりつくまでに一週間くらいかかったです。いまはとくに問題ないです(笑)

 せっかくのブログネタなんで、途中でなんか書こうと思ったんですけどね。特筆することがあまりありません。二年弱前に WinXP から Win7 に乗り換えたとき(WinXPからWin7へ(導入編))はOSの入れ替えなんで書くことけっこうあったんですけど。

 以前のパソコン、完全に壊れたわけではないです。数ヶ月前から複数の異音発生で気になってたら突然異音が一つ消えました。電源の排気ファンがいかれ、真夏にエアコンなしでしたから、一時間くらいで熱暴走してシャットダウン。電源だけなら5千円もしないで交換できるけど、もう一つの異音は経験上からハードディスクっぽい。これはやばいなと、電源だけ交換してももったいないし、電源とHDD両方交換して使うのもちょっとなあ、と思いまして。思いますよね?(笑)思い切ってパソコン買い換えです。

 従前のパソコンは Windows7_32PRO で今度のは Windows7_64HOME です。PROにしようかと思ったんですが、もうすぐWindows8 がでますよね。その Win8PRO を1200円でゲットできる特典付きだったので、とりあえずいまは高いプロにしないでもいいなってことで。

 メーカー製ではなく、前回と同じドスパラでBTOです。高度な使い方をすることはないので、安価な組み合わせを選択。当初58000円ほどで、これでいいかと思ったんですが、台数限定でほぼ同じ内容+SSDのマシンが5千円アップで出てるのを発見。型名としては「Prime Magnate IM SSD128」というもの。
 先のBTOでSSDを選択すると1万円ほどアップになるからかなりお得感があり、そっちを選択。結局64110円のパソコンです。メモリは8ギガ。

 これ大正解。いやSSD良いです(笑) 起動が速い。電源入れてデスクトップ画面がでて安定するまで18秒くらい。シャットダウンも速いから再起動も苦にならないです。

新システム
 パフォーマンスはこれくらい。実用パソコンとしては十分すぎ。ちなみにグラフィックボードは乗せてないです。マザーボード内蔵のオンボードグラフィックです。

旧システム
 ついでに旧パソコンのパフォーマンスはこれくらい。本体価格はそんなに変わらない。三年でここまで変わるんだね。

 あとは引っ越しなんですが、使い勝手的には同じ Win7 なんで手間は引っ越し後の設定だけ。新しい使い方を覚えたり模索したりはないので、その点は気楽でした。パソコンの入れ替えの時、私は従前と同じ環境(使い勝手)で使いたいのはそのとおりなんですが、全設定をそのままそっくり自動的に引っ越しさせたくはないんです。もう使ってないアプリなんかもありますしね。ゴミは持って行きたくない。ここらも2年前の「WinXPからWin7へ(導入編)」に書いたとおりです。それに今回はCドライブがSSDで128ギガしかありませんから、アプリ本体はCドライブとしてもデータ類は全部Dドライブいれないといけないし、自動引っ越しだとどうするのか考えるのもいやだった(笑)

 前回は一台のパソコン上のOS入れ替えですから、データの待避等それなりに苦労しましたが、今回は「まだ壊れてないパソコン」から新しいパソコンへのデータ移送です。方法はいくつもあります。が、問題なのはケチってディスプレーを新調しませんでしたから(だって無駄でしょ(笑))パソコン二台でモニタは一つしかありません。でもこれも問題なし。いまどきのパソコンは電源スイッチでシャットダウンを安全にできますから、画面なくても起動と終了ができる。事前に共用フォルダを作っておき、必要な物をそこに入れて新パソコンを操作してLAN経由で持ってくればいいわけです。ルート以下全部を共用にはできないし、こまかに全部を共用化するのも面倒だったので、それこそ「これとあれとそれ」みたいな感じで。

 で、始めてみたんですが、難航しました。けっこう共用化に取りこぼしがあって、ほしいデータにアクセスできません。そのたんびに電源落としてモニタを付け替えて、ってなんどかやってから気がつきました。リモートアクセス使えばいいんじゃない?って。
 ああ、これは便利です。新パソコン上に旧パソコンのデスクトップを出して、旧パソコン上のファイルをあっちやったりこっちやったりできる。でもリモートアクセスでは旧パソコンからデータを持ち出すのはできないのね。同時にLANもつながってるから、リモートアクセスで必要なデータを共用フォルダに移動して、ネットワークでデータを引っ張る。リモートアクセスって初めて使ったんですが、意外と便利でした。注意事項として、私は一人で使ってるので通常はパスワード設定してません。が、パスワード設定してないとリモートアクセスできない(ログインできない)ってことかな。これがわかるまで結局何回もモニタをつなぎ直す羽目になりました(^_^;)

 それともう一つ。うっかり見落としたのが周辺ハードウェアの64ビット対応の件。最近は滅多に出番がないキャノンのレーザーショット(かなり古い)が64ビットOS未対応でした。ドライバがありません。あんまり出番はないんですが、やはり使えないと困る。買い換えるお金はないしどうしようかと。
 LANでつながってれば、ローカルパソコン上のプリンタとして使えるだろうと思ったのが大間違い。それをするには新パソコン上にそのプリンタのドライバがないとダメなんですね。それがあるくらいなら苦労はしないんだってば。
 でもこれもリモートアクセスで解決しました。旧パソコンが完全に壊れたらおしまいですが、LAN経由で印刷したいデータを旧パソコンに送り込み、リモートアクセスで旧パソコン上からレーザーショットに印刷できました。


サウンドカードが壊れた

 「壊れた」じゃなく「壊した」が正しいです。以下のとおり、身に覚えがあるというか思い当たる節があるので(^_^;)

 私はパソコン歴長いですけど、サウンド機能関連はほとんど触れてきませんでした。再生は無くてはならずの存在でしたけど、録音はほとんどしてなかったです。今のパソコン(2008年暮れに入れ替え)になる前にスカイプを少し試しましたけど、マイク機能もせいぜいその程度。早い話があまり詳しくないんですね。

 Win7になり、サウンド機能の設定がXPとかなり変わりました。VISTAからこうなったようですが。サウンドカードは今年の6月に買ったのでドライバは Win7 対応です。

 詳しくないのにいろいろいじくって、どうやらまずい設定をしてしまった気配濃厚です。そんなに難しいことだとは思わなかったのでろくに調べもせずに、いろいろやりました。設定を多少間違えたところでパソコンは壊れない、と思ってますから。ハード関連は怖いですけどね。電源入れたままコードを抜き差しするとかはしない。けど、ソフトの設定で壊れるとは思ってない。うまくいかない設定だったらやり直せばいいくらいに思ってます。「復元」って手もありますしね。

 そこに「□このデバイスを聴く」ってのがありますよね。ここにチェックを入れないと、入ってきた音がスピーカから聞こえてきません。パソコンの中でなってる音、mp3 や wav ファイル、youtubeなどの音はスピーカーから出力されます。パソコンの外から入ってくる音はそのままではスピーカーに出ません。マイクからの入力なんかでもそうです。そう説明されてます。だからチェックを入れました。ラインにギターアンプをつなぎ録音テスト。録音もされ、同時に録音中の音がスピーカーから流れます。良い案配です。


 同じようにステレオミックスのプロパティにもこれがあります。当然のようにチェックを入れました。で、テストです。先に録っていたリズムボックスの音を流しながら録音を開始したら、スピーカーからイヤな音がしましたので、とっさに終わらせました。いやあな予感を感じながら検索して調べ始めました。なんと。ステレオミックスでは、そこにチェックを入れて録音を開始するとシステムの内部的にハウリングが起こり、高い確率でスピーカーが壊れるらしいです。ステレオミックスは「スピーカーに出て行く音を全部録音に回す機能」ですからね。幸いなことにスピーカーは壊れてませんでした。


 でも、どうもそのときにサウンドカードが死にかけになったようです。

 録音が不安定になり、サウンド設定画面を開いたりすると何らかの拍子で突然青画面で落ちる。必ずではないんです。うまくいくこともある。ステレオミックスのまま使ってればいいかと思ったんですが、ステレオミックスとライン入力を切り替えて使いたい理由があって、どうしてもそこを開くことになる。何度か青画面で落ちたあと、録音もおかしくなりました。音程は変わらないまま、録音データが倍速になったりした。ぴったり倍速です。音程は変わらずです。速度だけおかしい。どんなに検索してもそんな状況はヒットせずでした。ここでもうハード障害を疑わないといけないんですが、あきらめて寝たら翌日もとに戻ってたのでまだ欲が(^_^;)

 そのうち(って数時間後ですけど)、ステレオミックスが「この機能は使えません」表示になり、ライン入力の設定のまま録音を開始しても「このデバイスは使用中云々」が出て録音できず。再起動をしてもダメだったので、ここでやっとあきらめて内蔵サウンド機能を使うことにしてサウンドカードを外しました。

 ステレオミックスを使うにはもう一度買わないとダメかなと思ったんですが、ナイスなサイトを発見。
あたまにきたどっとこむ」なるすごい名前のサイトですが、内容もすごいです(良い意味で)。そこの「RealTekオーディオデバイス総合情報」に求める情報はありました。熟読し、書いてあるとおりに最新のデバイスドライバをrealtekから入手。ドライバを更新し、さらに書いてあるとおり「無効なデバイスの表示」にチェックを入れ、出てきたステレオミックスのプロパティを「有効」に変更。やった! マザーボード内蔵のサウンド機能でステレオミックスが使えるようになりました。

 せっかくサウンド機能が復帰というかうまくいくようになったことだし、MSP(Music Studio Producer)のマルチトラック録音も少しわかってきたので(これするときはステレオミックスじゃダメなんです)、週末にでも何か(エレキとか歌とか(笑))録音してみようと思ってます。