ポップス一覧

オールディーズはやっぱり「いいね!」

 最近ステマ(ステルスマーケティング、広告と思わせないような広告記事)問題を聞きますが、これはステマじゃないです。知らない人がいるんだろうなと思うと、もったいなくて宣伝そのものです(笑)

 以前もオスカーピーターソンのCDで書きましたけど、Amazonで、もう「異常」じゃないかと思うほど廉価なCDがあるんです。一回でも買うとAmazonからお薦めメールが来るんでわかると思うんですけど。

 いわゆるベスト盤で過去のアルバムから適当に(といったら失礼か)ヒット曲をCD一枚分集めたCDだけじゃないのです。過去のアルバムそのものを数枚(7枚とか8枚とかそれ以上とか)をCD2~4枚くらいに集めて、千円前後。安いのは600円くらいから、せいぜい千数百円まで。

 私はLP(レコード)をいろいろと持ってたりするんですが、それをデジタル化するには、想像以上の根気と時間がかかるのは体験済です。LP片面20分程度をデジタル化するには20分じゃすまないんです。一度できちんと音飛びも音割れもなくデジタル化出来る確率は低い。両面をデジタル化するのに下手したら半日かかる。LP一枚でですよ。結局何枚デジタル化したんだっけかな。片手で足りちゃう枚数(^_^;)

 それがデジタルリマスターしてるのもあるかなり音質の良いアルバム数枚分を収録したCDが複数枚セットで千円前後です。おかしいでしょ!?って言いたくなる価格付け。

 ベスト盤じゃなくて、と書きましたが、50年代60年代のオールディズ寄せ集めのもあります。これがまあとても良いです。一昔前で言えば手持ちの音源で持ち歩き用のミクスを作るようなといえば良いのかしら。あの手間と時間無しでそれが出来ちゃう感覚。

 サイドバーにAmazonのスクロールするリンクをつけてみました。同じ物の横スクロール版をここにもつけておきます。とにかくお得だと思います。デイブ・ブルーベックのTake Fiveなんで、CD三枚組で送料無し898円ですよ。なんで?

 ただ、価格はかなり頻繁に変動するようなので、クリックした時点で「安くないじゃないか!」ってことはありえます。そこらは適当にご勘弁くださいね。


悲しき街角(RunAway)歌ってみました

 デルシャノンのRunAwayです。普通にランナウェイっていうとシャネルズになってしまうのがちょっと悲しい(笑) シャネルズも大好きですけどね。

 オリジナルはB♭なんですが、とてもそこまで声が出なくて無理なので一音半下げてGからです。いまの若い人たちには出る音域なんでしょうね。オールディーズの時代はビートルズもそうですけど、E♭とかB♭が多くて三つ下げてCとかGとかからやるのが普通でした。

 ここまで下げても一番高い音はEです。ギターで言えば一弦の開放音のEです。ファルセットの部分じゃなくて地声の部分ね。とおして聞くと高い方がちょっとフラットしてるけど、何度やっても全部のピッチがあうことはないので妥協です(笑)

 間奏部分のオルガンがこの曲の見せ場(聴かせ場?)なのでがんばってみました。ピッチベンドめんどくさい。

 そういえば当時の邦題は「悲しき」っての多いですね。悲しきインディアン、悲しき少年兵、悲しき片思い、悲しき足跡、悲しき雨音などなど。検索しないでパッと浮かぶだけでもそれ以上あります。

 街角だと「花咲く街角」なんてのもあったな。歌詞的にはそっちのほうが悲しきだと思うんだけど(つぅらいだろおぅが、さあ、お泣きクライクライクライ、なんて歌詞)、先にRunAwyが「悲しき」を取っちゃったから使えなかったのかしら。

最初にアップロードした音源に音割れがあったのに気がついたので差し替えました(2013/11/25)。


「ルイジアナママ」歌ってみました。

 うーーん、ほんとに久しぶり(笑) 動画はもちろん画像もなしです。Youtubeに乗せたくはなかったんだけど、ブログで音声だけ公開すると著作権問題がクリアできないんですよね。YoutubeというかGoogle様々なんで、使わせてもらいます。

 リハビリってことで適当です。なんか発声が追いついてない感じ。テンポが乗ってない。下手なら下手なりにノリが良ければそれなりなんですけどね(^_^;)

 オールディズ大好きって言っときながら宅録したのってオールディーズはほとんどないんですよね。オールディ-ズらしい曲はルート66くらい。レパートリーはけっこうあるんだけど、とりあえず歌ってみたい曲はオールディーズではなかったってことかな。

 なつかしの「ロッケンロール!」です。日本語。 カバーだからオリジナルって言わないかもしれないけど、日本のオリジナルは飯田久彦です。

 Youtube で「ルイジアナママ」を検索すると日本語のカバーいっぱい出てきます。当時はポップスを日本語でカバーするの当たり前だったけど、ほとんどの日本語訳詞は漣健児さん(さざなみけんじ、と読みます)。すごいよね。当時の譜面(手持ちの譜面)どの譜面見ても訳詞「漣健児」ってなってる。もしかしてたくさんいる人の屋号みたいなもんかと思ったこともあったけど、検索してみたらたったお一人だった。すごい。